インプレッサ(2015年製GP2)自動車比較・辛口評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2015年記事 スバル インプレッサ
著:ヒラリー男爵)

インプレッサ(2015)試乗インプレッション「1」

当ページで取り上げているのは、スバル・インプレッサ(GP2)。当記事では2015年式のスポーツ・1600ccをメインに試乗レポートを掲載します。グレードは1.6iがメイン。初期モデルとは異なり、1日試乗しただけで感じるスバルらしさがたっぷり。価格上昇も最小限で独自の魅力を持つクルマです。

内装内装2
スバル
  • グレード:“1.6i”
  • 型式:GP2
  • 車両価格:160万円
  • デビュー年:2011年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. このpage - インプレッサ(2015)「1-1」・個性が強いキャラクター
  2. 分割page - インプレッサ(2015)「1-2」・エンジン&CVTの特性特徴
  3. 分割page - インプレッサ(2015)「1-3」・乗り心地とコーナーリング感覚
  4. 分割page - インプレッサ(2015)「1-4」・触れにくい細部のネタ、評価総合

スバルらしさ十分、2015インプレッサ

2015年インプレッサ

2012、2013モデルを試乗し、今回2015モデルも試乗できたインプレッサ、初期モデルとはあまりにキャラクターが変わったので、改めて試乗レポートを掲載しました。

以前のレポートでは「スバルらしさが薄れた」という事から書き始め。今回は逆に「スバルらしさを強く感じる」クルマになっています。
この記事を書いている現在、2015年。クルマはスキンチェンジと呼ばれる小変更や一般的なマイナーチェンジによって内容が変わるわけですが、場合によってはモデルチェンジに近い変更もされます。ボディデザインはほぼ一緒、車両形式も一緒、でも乗り味は全然違うなんて事も。

2015年インプレッサに試乗した感想を一言にまとめると、「日常の快適性は犠牲に、たまに一瞬の輝きを味わえるクルマ。スポーティカーのノリに近い」。初期モデルと試乗したグレードは異なりますが、以前はもっと、純粋にカローラのライバルみたいでした。今回、不安になるほど異なる乗り味に自問したり、調べればまた異なる疑問が沸いたり。

そんな感じですが2015モデルもハッキリわかる長所があって、それが運転を楽しむという部分だからスバルらしい。ハッキリした長所があるから自信を持って選べる。そんなクルマだと思いました。

試乗車概要

エクステリア:フロント斜め今回の試乗車は2015年式インプレッサ・スポーツ。グレード「1.6i」。車両形式GP2でFFです。1600ccエンジンを搭載する最もベーシックなグレードで、車両価格160万円。

このグレード、3ペダルMTも用意されていますが今回はCVT。しかし驚くことに油圧パワステとの組み合わせ。MTのみ油圧パワステかと思っていましたがそうじゃありませんでした。CVTで油圧パワステのモデルです。

インプレッサの魅力を考えた時、とても大きな魅力を持っているのがこの「1.6i」というベースグレード。価格設定が絶妙です。
ここ数年、コンパクトカーの車両価格が上がり、さらに購入時の値引きも減少傾向で、ちょっとしたクルマも高い!ヴィッツやノートなどのBセグメント車、高いと思いませんか??このインプレッサなら、もしかしたら同じような価格で1クラス上が購入出来るかもしれませんね。

以前の1.6iLと大きく異なる印象

エクステリア:サイド2015年インプレッサ「1.6」に乗り込んで走り出せば、ちょっと運転しただけでいろいろな違いを感じることができる。乗り心地は固いし、ハンドルは重い。CVTのプログラムは全くの別物etc...。良いとか悪いとか、質感とか好みとかじゃなくて、キャラクターが全然違う!

確かにインプレッサはインプレッサなんだけど、なんだか全く別のクルマのよう。前回、とっても乗り心地が良いと評価させていただいたけど、今回は日常走行をしている限り、快適性は低すぎる。サスペンションは動くんだけど路面のザラツキをめっちゃくちゃ拾うんだよね。これによって乗り心地不快だしノイズは凄いし。

さらにハンドルの感触含め、時速60km以下の市街地走行では、なかなかインプレッサの魅力が見えてこない。良い部分もあるにせよ、率直に言って、短所ばかりだ。

数時間ぶっ通しで試乗を行い、走行パターンを変えたらインプレッサの長所がいろいろ理解できたつもり。でも乗り始めから数時間、リアシートでの同乗含め、この乗り味はどうしちゃったの??って本気でビックリした。

不本意ながら他の方の評価が気になってw

スバル今回のメインリポーターは不肖ヒラリー男爵。目立つ特徴を自分なりに理解し、一通りの試乗を終えると、どうしても初期モデルの乗り味と評価が気になってしまう。確か、プレミオのシャシーに採用した方がいいってほど乗り心地で質感だって悪くないと思ったし、CVTやステアリングの印象も全く異なった味だったのを覚えてる。

十分に印象強かった2012年インプレッサだけに、感触は覚えてるんだけど、ほんの少し不安なので、自動車評論家の記事を探してみました。
そしたら例えば国沢先生、2012年12月のカートップで「日本車で5位に入る」と仰ってる。「インプレッサXV」の事を10年前のスバル車のようとも併記されているので、安心して信用出来るレポートかと。

本音としてちょっと安心。やっぱりインプレッサ、大きく変化したみたい

インプレッサスポーツGP2・デビュー当時の簡単試乗レポート

変化で特徴色濃く、価格上昇は最小限

このGP2インプレッサ、小変更=進化の方向が、とても共感できる。特に2つの点において素晴らしすぎるとうなずくばかり

一つは変わらぬ価格設定。デビュー当時は約155万円。2015年のマイナーチェンジを経た価格は約160万円。額面上の価格は上がってるけど、この間に消費税率が上昇。160万円の3%といえば48000円。全く値上げされてないといっていい。

そしてもう一つがスバルらしい乗り味への変化。スバルらしさがなければ積極的に選ぶ理由は薄い。カローラやヴィッツの派生車種なら他にいっぱいある。長所も短所も味が濃いからこそやっぱりスバル。

例えばトヨタ、最近は素晴らしくまとまったクルマが多いけど、マイナーチェンジで価格が上がる上がるw 良いモノなら高いのはしょうがないってちょっと待て、以前なら1クラス上が買えた価格だぞwww
モデルチェンジを含めればマツダもそう。どちらも絶妙なオプション設定で乗り出し価格にビックリすることもある。仮にデミオやアクセラで新旧比較すれば、値引きオプション含めた実売価格は30万円位変わるのも不思議じゃない。

価格アップをしないで長所を伸ばすとすれば、見えない部分でコストダウンは行われていることでしょう。でもこれによってスバルらしさがより際立つとすれば、消費者にとってとてもすばらしい事。価格へ転嫁されない魅力アップ、全てのマイナーチェンジで期待したいですね。

試乗:内装

インテリア助手席前の装飾パネル

内装と言うことで運転席周辺を見て触れてみる。基本的な部分でいえば軟質パネルが採用されている事に好感を持つ。場所はダッシュボード上部とドアトリム上部。残念ながらこれによって見た目の質感が上がっているワケじゃないので、触ってみないと大差ないのが残念。ちなみにドアトリム上部はソフトパッド付きといっても極薄。

この軟質パネルに加え、ベースグレードから加飾パネルが装備される(画像右)。インパネセンターのサブディスプレイ含め、素材にはお金を掛けているのだろう。

液晶表示部ドアトリム

ひとつずつ部品をみればお金が掛かってそうな雰囲気はある。しかしダメ出ししたい部分は多く、各部の形状だったりチリ(隙間)だったり、乗員への配慮(気配り)の不足だったり。

各部のデザインは無骨でごっついイメージ。これは好みだろう。どちらかといえば奥行き感が表現されていない点で、やや古ぼかしい感じを受ける。

筆者が気に入った部分はドアトリム(ドア内張)の形状。特別なデザインというよりは普遍的。そんな方向性で端正にまとまっている。またインパネに繋がる部分もそれなりに一体感を感じさせる形状にデザインされている。

気配りが足りないと思う点。1箇所ではなく2箇所でもない。もう少しある。例えば加飾パネルの反射防止に関する部分だったり、反射しやすい光沢と光が当たる位置にあるハザードスイッチ。また重い上に滑りやすいハンドル表面、反射が映り込むドアミラーなど。一部は文章後半で触れています。

エアコン操作部

エアコン操作部はダイヤル式。これの回し心地が悪い。こんなにチープな回し心地、他にどんなクルマがあったっけ?あったことはあったのだがパッと思い出せるほどじゃない。
まあこのインプレッサのキャラクターを考えれば、これはどうでもよい部分かな。

温度調整のダイヤルは夜間、ちょっと照明がわかりにくい。コールドかホットか、よくわからなかったから目一杯回すのが吉。

インプレッサインプレッサG4

パワステは油圧とパワステが混在

油圧パワステこの画像はエンジンフード内、バンパー側から見て左奥。何かと言えばパワステフルードのリザーブタンク。

GP2インプレッサは電動パワステのモデルと、油圧パワステのモデルが両方ある。

今回試乗した「1.6i」のCVTは、油圧パワステだった。単に油圧と言うだけでなく、ハンドルは下手なスポーティモデルより重い。にも関わらずハンドル表面はシボが浅くて滑りやすく、中立から過敏な特性。あまり運転しやすいタイプじゃない。

完全に未確認情報ながら聞いたところによれば5MTのモデルだけ油圧パワステというハナシもあるし、CVTで電動パワステというハナシもある。不安な時はエンジンフードを開けて直接確認しちゃうのが簡単。

スバル インプレッサ

スバル

impreza (インプレッサ)

  • 試乗グレード:“1.6i”
  • 型式:GP2
  • 新車時価格:約160万円

エンジン概要

  • 排気量:1600cc
  • エンジン型式:FB16

その他概要

  • ボディサイズ:4420×1740×1465mm
  • 車重:1250kg
  • 新車時価格帯:160万〜235万円
  • 発売時期:2011年12月(スポーツ)

車両型式

  • GP2 - 1600cc・ハッチ
  • GP3 - 1600cc4WD・ハッチ
  • GP6 - 2000cc・ハッチ
  • GP7 - 2000cc4WD・ハッチ
  • GJ2 - 1600cc・セダン
  • GJ3 - 1600cc4WD・セダン
  • GJ6 - 2000cc・セダン
  • GJ7 - 2000cc4WD・セダン
当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

インプレッサのバッテリー適合詳細


インプレッサ ハッチバック

GP2 - EJ15 2000cc 2008年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

CVTプログラムが変わって評価一転。中回転で質感を味わえる。

足回りの質感 5段階評価

アブソーバーの減衰力、出方が立派。

内装の質感 5段階評価

素材感は悪くないんだけど、気配り足りず。

外装の質感 5段階評価

質感自体は悪くないけど、けど、販売台数が表してる。

快適性 5段階評価

特に低速時、ドライバーも同乗者も厳しい。ゴムブッシュと車外ノイズがちょっと。

スバルらしさ 5段階評価

スバルらしさを感じる乗用車

お買い得度 5段階評価

一芸に秀でて価格がリーズナブル




乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。