インプレッサ試乗P2/乗り心地とアイサイト

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 スバル インプレッサ
著:ヒラリー男爵)

インプレッサ(スポーツ)・試乗インプレ「2」

スバル・インプレッサ(GP2)。当記事では2012年式のスポーツ・1600ccをメインに試乗レポートを掲載しています。ハッチバックの「スポーツ」とセダンの「G4」という2つのボディタイプがラインナップされています。
前ページからの続きになります。

当ページは2ページ目です。「サスペンション印象と乗り心地の良さ、アイサイト体験」などを掲載中。

内装内装2
スバル
  • グレード:“1.6i-L”
  • 型式:GP2
  • 車両価格:約170万円
  • デビュー年:2012年10月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - インプレッサ(スポーツ)「1-1」・内装と動力関連
  2. このpage - インプレッサ(スポーツ)「1-2」・乗り心地の良さとアイサイト
  3. 分割page - インプレッサ(スポーツ)「1-3」・グレードやセダンとの比較

※2015年モデルは味付けが大幅に変化しています。別途試乗レポートはリンク先にて。
インプレッサスポーツ(2015年)試乗レポート

このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

試乗レポ・サスペンションと乗り心地の印象

ボディ下部足回りと乗り心地、これはインプレッサ=スポーティという印象を持って試乗すると、肩すかしを食らいます。「スポーツ」なんてサブネームが付いていても、キャラクターはコンフォート系

なんというか、カローラとかプレミオ/アリオンみたいな柔らかさ。いやカローラよりショックアブソーバーがスムーズで柔らかく感じます。乗り心地に高級感はないがこの柔らかさは快適当然シャシー各部や内装パネルからのノイズも少なめです。
いやホント、乗り心地の柔らかさは素晴らしい。これこそインプレッサ最大の特徴。もう少し重厚感があれば高級感も感じさせてくれそうですが、そこまで求めるのは欲張りすぎでしょう。

それから試乗時、せっかくだから工事で舗装を剥がしている道路も走ったのですが、ここでの評価もまた良かった。例えばトヨタ車の場合、平らな道では快適で質感もあるが、道が悪いととたんに振動とノイズが酷くなる。そんなクルマが多いわけですが、このインプレッサならそんな道でも一定レベルをキープ

聞けばこのGP系インプレッサのショックアブソーバーはショーワ製とのこと。ショーワ製といえば一昔前は特別良いモノではなかったが、現在は日本メーカーの中では良い仕事している感が強い。自動車評論家の皆様もとても良いとおっしゃっています。
さらに!他の自動車では新車時に固く感じても2000kmくらい走行するとスムーズになったりしているので、新車試乗時よりも購入後に良くなる可能性も十分ある。試乗車はほとんど新車でした。

このシャシーをプレミオ/アリオンに利用した方がいいんじゃないの?

荒れた道ではそれくらい良いと思います。


※2015年製インプレッサ・スポーツ(グレード1.6i)では、ものすごく印象が異なっていました。ゴツゴツをダイレクトに拾います。個体差や改良による変化、そもそも見当違いの可能性も考えられます。申し訳ございません。

試乗レポ・ハンドリング

ステアリングに関して、これは一言でいうと安っぽい。ハンドルを回した時の感覚はとても安っぽく、100万円代前半のクルマ、それも評価の低いマーチと同レベルの質感。インプレッサがDE3デミオに負けちゃうのか。そう思うとちょっと残念。

ペースを上げた時に感じる路面インフォメーションが少ないというか感じにくい。どっしりしてない。スムーズな感じがない。言葉で表すのは難しいがこんな感じ。そういえば電動パワステの煮詰め不足なのか気のせいなのか、交差点で急にハンドルが重く感じる時もあった。

ただし、アンダーステア、オーバーステアというタイヤがグリップを失う直前などは、今回未チェック。この領域でステアリングインフォーメーションが豊富だったらホントすみません。
細かな部分までこだわりを持って作られるスバルのクルマ、マイナーチェンジや年次改良で多少変わる可能性も期待してます。

インプレッサはサスペンションも良くボディ剛性も良いといわれるが、この良さがハンドルから伝わってくるかどうかはまた別問題。普通に走っている分にはそんなに違いはないというのを改めて認識させられる。


パワステフルード※1:インプレッサはモデルによってCVT搭載車でも油圧パワステが採用されています。こちらはハンドル重い。ただしステアインフォメーションは良好です。
写真の黄色いフタが、パワステフルードのリザーブタンク。油圧パワステと判断しやすいポイント。

※2:文中に出てきたデミオ、質感は全くありませんが気持ち良くドライブできる走行安定性の持ち主。よかったらこちらもご覧下さい。
マツダ・DE3デミオ試乗レポート

十分スムーズな各スイッチ

各スイッチの触り心地。これに関しては非常に好ましい!ステアリングスイッチもエアコンのダイヤルも申し分なし。
ライバル比較ではオーリスには大勝。ティーダとアクセラにはちょっと勝ち。それどころか格上のマークXジオにも勝る。160万円〜というインプレッサの車両価格を考えればメチャメチャいい。

良いモノ感なんて結局、お値段次第なわけだから、「低価格でも直接手で触れる部分だけはなんとか!」なんて企画されたクルマはとっても好印象!だってインプレッサの1600ccならBセグメントコンパクトカーと近い価格で販売されているんですよ。本当はBセグレベル以下だって驚かない。それが納得できるスイッチが付いているんですから。

押しやすく、押した感触のしっかり残るスイッチは安全性にも貢献してくれるはず。他車にあるようなフィルムスイッチや引っかかるスイッチなんて論外です。

多分コレ、個人的な好みというより絶対的な評価として成立するレベルでしょう。すべての日本車がこのレベルに達してくれることを切に願います。

モデル途中で質感ダウンの可能性

エアコン操作部※ご注意下さい。いつかのマイナーチェンジ後は、大幅に質感ダウンしている可能性があります。
グレードは1.6iにてチェック。特にエアコン操作部のダイヤルは軽自動車レベルかそれ以下に悪化しています。コストダウン?

試してみた!アイサイト

アイサイトありの外観アイサイトはカメラで衝突の危険をチェックし、自動で緊急ブレーキをかけてくれるシステム。「衝突軽減ブレーキ」とか「エマージェンシーブレーキ」などと呼ばれる。
なかなか一般道ではテストしづらいけど、試してみたい。。。
そんな欲求はスバルディーラーで満たすことができる。スポンジの壁に向かって実際に試すことが出来ます。(2012年現在、ディーラーごとの対応状況は不明です。)

今回、速度を変えての2パターンにプラスして、同乗者としての体験、そしてエキストラ3人を呼んでの多人数乗車でのパターンを体験。貴重な経験ができました。試乗車はインプレッサの他にレガシィアウトバック。

ちょっと確認事項を多く盛り込み過ぎちゃったんで、全部の感触を覚えてはいません。強く印象に残った点は下記。

  • ほとんどフルブレーキのように強く減速する。もちろん停止直前に緩めてくれるわけもない。
  • メーター読み時速30kmで試すと壁まで10cmの隙間を残して停止。そして時速40kmで試しても、ほとんど同じ隙間を残して停止。
  • 速度が高くないから、乗員が増えて車重が増えても減速力は変わらないし、前後バランスなども気にならない。
  • カロナビのカメラは効果ないのにピッピッとやかましい。アイサイトには余計な主張はなさそう。

まあこんな感じで予想通り、とても素晴らしいものでした。

現状、システムにより期待度と信頼度は様々

衝突軽減ブレーキと偏に呼んでも、実はメーカーによっていろいろなシステムが混在してる。システムによって頼れるシチュエーションが違うから、付いてりゃ安心というわけじゃないのでご注意下さい。
そして、「レーザー」と「レーダー」をごちゃまぜにしてる営業マンが多すぎ!レーザーは光でレーダーは電波。一般的にハイテクなのはレーダーの方。さらに、「単眼式カメラじゃ距離を測れるわけない」なんておっしゃる方も!
新しい技術だから、興味があったらインターネットで基本を調べた方がいいかもしれません。


 

インプレッサインプレッサG4

アイドリングストップについて一言

走行中、信号待ちなどで停止するとエンジンが止まるアイドリングストップ。燃費はもちろん、エンジンの振動を感じなくなるので快適。そしてインプレッサのアイドリングストップでは、ブレーキペダルはそおっと踏んでいるだけでいいので、思いっきり踏んでいないといけない車種よりラク。

ブレーキを離してエンジンがかかる時間はちょっと遅め。クランキングの音も盛大に聞こえてきます。マツダのアイドリングストップと比較すれば、今回の感覚では、マツダの方が素早くエンジンが掛かる気がします。またハンドルはちょっとでも動かすとエンジンがかかる。

解決しない疑問点が一つ、エンジンが始動する時には、それなりのガソリンを使用してしまうと思うのですが、ストップした方がいいのか?しない方がいいのか??このあたりはどうなんでしょう。今のところ勉強不足でわかりません。わかったら追記します。

スバル インプレッサ(スポーツ)

スバル

impreza (インプレッサ)

  • 試乗グレード:“1.6i-L”
  • ミッション:CVT
  • 型式:GP2 (セダンはGJ2)
  • 価格:170万円程度

当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


アイサイト無しの外観
アイサイトなし

アイサイトありの外観
アイサイト有り。カメラが2個、結構目立ちます。中古車を探しに行ってもアイサイト付きはすぐわかる。現在の所、お値段は割高感ありあり。


ステアリングスイッチ。押し心地は標準的。


昔ながらのオーディオ。ナビゲーションシステムが必要なければこれになる。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。