インプレッサ試乗レポート・自動車比較と評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 スバル インプレッサ
著:ヒラリー男爵)

スバル・インプレッサ・試乗インプレッション「1」

当ページで取り上げているのは、スバル・インプレッサ(GP2)。当記事では2012年式のスポーツ・1600ccをメインに試乗レポートを掲載します。グレードは1.6i-Lがメイン。ハッチバックの「スポーツ」とセダンの「G4」という2つのボディタイプがラインナップされています。

※2015年モデルは味付けが大幅に変化しています。別途試乗レポートはリンク先にて。
インプレッサスポーツ(2015年)試乗レポート

内装内装2
スバル
  • グレード:“1.6i-L”
  • 型式:GP2
  • 車両価格:約170万円
  • デビュー年:2012年10月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. このpage - インプレッサ(スポーツ)「1-1」・内装と動力関連
  2. 分割page - インプレッサ(スポーツ)「1-2」・乗り心地の良さとアイサイト
  3. 分割page - インプレッサ(スポーツ)「1-3」・グレードやセダンとの比較
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

試乗車概要・今回は2本立て

スバルスバル

 

先代のインプレッサは最初にハッチバックのみデビュー。その後にセダンを追加という形でした。今回のモデルでは最初からハッチバック&セダンの両方が用意されます。ハッチバックは「スポーツ」、セダンは「G4」というサブネームが付き、車両型式も「GP2」、「GJ2」と異なります。
基本モデルのエンジン排気量は1600ccと2000ccがあり、それぞれに組み合わせられます。

車両価格はスポーツ、セダン、どちらも一緒。155万円〜となります。売却(下取り)価格で差は出るでしょうが、基本的に好みで選べるボディタイプ。
両方のリアシートに試乗しても、リアシートの静粛性に体感上の違いは感じられませんでした。クルマのキャラクター的にも1600ccモデルではどちらも同じような感じ。スポーツの方もかなりコンフォートな味付けです。

スバルっぽくなくなった?

このインプレッサを一言で表すと、スバルっぽくなくなった。つまり普通の日本車という感じになりました。その分、各部のクオリティは大幅にレベルアップ。これがトヨタの影響なのか??
見える部分では例えばカタログ値での燃費向上。車室内スペースの広さを感じさせるエクステリアデザイン。さらに運転すれば現代のトレンドに沿っていると感じられる感触に。わかります。我が道を行くじゃやっていけないわけですね。

これなら比較的長く乗ってもすぐに古ぼかしくなることもなく、安心して買える雰囲気がプンプン。そもそもスバルはモデルサイクルが長い。コンパクトな乗用車は現行型モデルという点が重要ながら、今回のインプレッサなら現行モデルの中古車を選択しても全然問題なさそう。古ぼかしさを感じるのはしばらく先になるのが予想できます。

しかしなんだかんだいっても、地味なのは相変わらず。これはインプレッサの宿命かな。おじいちゃん向けかオタク御用達という面は相変わらず。スバルらしく中身はがんばっているので、地味で気持ち悪いクルマかどうかは販売台数と人気が判断してくれます

アイサイトという特別な武器もあるのでインプレッサのイメージを覆してくれることを期待します。

追記:2015年マイナーチェンジ後、スバルらしい味付けに大変化!

エクステリア・デザイン(フロント)この試乗レポートは2012年式インプレッサでの試乗レポート。乗り心地がよかったりするモデルです。その後、2015年に発売されたインプレッサスポーツに試乗。乗り味に関する印象は全く異なっています。乗り心地、ステアフィール、コーナーリング感覚、CVTのセッティング等々、別のクルマのように変化しています。

同グレードでの価格アップは約5万円。チープになったと感じる部分含め、スバルらしい変化といえばまさにそんな感じの大変身。別ページにてレポート掲載中。

内装について

ドアトリム

インプレッサの内装、デザインについては相変わらず無骨なスバルデザイン。パッと見は普通なんだけどどこなく不格好(ドアトリム除く)。なぜかドア内張のデザインだけ、洗練されているように思う。

全体的な質感については軟質ウレタン(ソフトパッド)を主要部位に採用しているため、最低限、見栄えはいいし、傷やシミも付きにくそう。

ただし、軟質ウレタンの厚みは極薄。(決してスキンの宣伝じゃありません)。しかし本当に極薄。触ってしまうと逆に残念に感じる方も多いはず。このあたり惜しいのはスバルの商品企画だなと妙に安心したりもする。

触らなければいいのか?そうです。触らず、細かいところを見ず、メータパネルや液晶表示部だけを見て下さい。メインメーターにはメッキリングが付き、スピードメーターとタコメーターの中央には液晶の表示部も付く。そしてインパネ中央にはグラフィカルなマルチインフォメーションディスプレイが!
この位置にディスプレイがあると、内装の細部に目がいかないために、立派な内装に感じる。そんな意味からもここの液晶部は重要。(最廉価グレードでは省かれる)。

サブディスプレイ

ベースグレードだとこんな感じで、外気温、燃費、時計が表示されます。このクラスだと時計が省かれる車種もけっこうあるので、これはナカナカ。

インプレッサといえばレガシィ。大胆にも同じスバルのレガシィ、しかも同世代と比較しても、ほとんど同じ質感を持っているといっていいかもしれない。メーター内デザインや手数、インパネ細部はレガシィの勝ちながら、全体的には同レベルに見える。逆に言えば相対的にレガシィの内装質感は低いワケ。車両価格と車格が違いますから。

フロントシートに関して

シート生地※写真は2015モデルのフロントシート。

フロントのシートに関して、この部分については従来まで出来の悪かったスバル車として考えれば、大いに進歩。でもまだまだ残念。ホントの表面だけ柔らかく、その下は固い。言葉に直すと素晴らしい感じになるが、これがまるで絨毯の上に100円均一のクッションを置いた様な感じ。表皮もジャージとはいえよくわからない安っぽさ。

シートに関してはトヨタのオーリスやアベンシスといった質感あるシートには全く届いていません。ただし、乗り心地は柔らかいのでそこまで気にならないと評価できます。

試乗レポ・動力性能

エンジンに関して、率直にいうとパワー不足。新しい型式となるFB型ですが、主な改善点は燃費対策そしてCVTとのマッチング向上というところでしょうか。

4人乗車すると加速力は1300ccレベル。そりゃ時速60キロくらいしか速度を出さないなら普通に走ります。でも80キロからの再加速なんてヘタスりゃ軽ターボレベル。余裕は全くありません。
2人乗車ならまあ走ります。だけどトヨタで比較すれば1500ccと変わらず。あえて1600ccの意味はあるのかどうか?(4気筒のトヨタ車全般、全開時の加速はいいです。質感は最悪)。

このFB型エンジン、質感という点でも今一歩ながら、振動や騒音という面ではトヨタよりマシ。良い面だってちゃんとあります。トヨタの1Nと比較すれば振動は全域で少なめ。低回転で耳障りな音やゴロゴロとした振動を出しますが、アクセル開度の大きい時に使う回転数で、滑らかに。だからどちらかといえば良くできている。

もちろん実用エンジンということを考えると、コスト優先の可能性が高い。そのため毎日の足にすると粗が目立ってくる可能性は残ります。元気な日もあれば疲れた日もありますからね!

ミッション(CVT)について

シフトセレクター

CVTの制御はいかにもCVTらしいもの。これも新しいチェーン式(リニアトロニック)ということですが、制御自体は先にエンジン回転が上がって、後から速度が付いてくるタイプ。それがハッキリしてます。

絶対的な加速力を重視していることが想像出来ますが、全開にすると不自然この上なし。個人的には嫌いなフィーリング。
ついでに普通に加速するときでもアクセルの踏み加減が難しいのもあまり変わらず。

冷静に考えれば、第一世代がとにかく最大出力の回転数を保つ制御、それと比較すれば多少なりとも良いフィーリングで、少しは自然にエンジン回転数が上がっていく。そして途中で回転数キープに入る。いってみれば1.5世代と評価したいCVTの制御。トルクに余裕のある2000ccモデルならもっと自然な可能性がある。

良い点としては、金属ベルトの音がしなくなり、静粛性は高い。ごく低速時でもギクシャクすることもない。現在CVTにお乗りの方ならすぐにわかると思います。

同じスバルでもレガシィDIT(直噴ターボモデル)では、ステップモードというステップATの様なプログラムのモードが選択できたり、しっかり考えられています。実用性ならインプレッサ、逆にクルマに興味がある方はレガシィターボをどうぞということですか。。。
参考:レガシィ(セダン・DIT)試乗レポート


インプレッサインプレッサG4

従来より寝かされたAピラーの角度

エクステリア(サイド)細かいところですがスバル車にしてはAピラーが寝ています。これにより室内の開放感アップとトレンドにそった外観デザインとなっているわけです。スピーカーも遠い位置に置けます。

こんな事がなぜ注目点か?スバルの水平対向エンジンの場合、今まではピラーを立てるしかできなかったとのこと。しかし今回はがんばって出来るだけ寝かせた、とのことです。
正確にはピラー根本が前身したような、エンジンフードからキャビンはボッコンと出っ張っている感じは変わらず。

従来までのスバル車といえば、伸びやかなエクステリアよりも視界の良さを重視していた模様。今回Aピラーが寝ると不安になるのが、コーナーリング時の視界。右に左に頭を振って先を見なければならない車種も多くある。
インプレッサはどう?三角窓のサブピラーがないので、特別Aピラーを意識しないで走行できます。

この視界の評価というのは体格によって変わる可能性があるので、ディーラーでの試乗時はぜひチェックしてみて下さい。

スバル インプレッサ(スポーツ)

スバル

impreza (インプレッサ)

  • 試乗グレード:“1.6i-L”
  • ミッション:CVT
  • 型式:GP2 (セダンはGJ2)
  • 価格:170万円程度

エンジン概要

  • 排気量:1600cc
  • エンジン型式:FB16(水平対向4気筒)

その他概要

  • ボディサイズ:4415/1740/1465mm
  • 車重:1260kg
  • 新車時価格帯:155万円から233万円
  • 発売時期:2011年10月〜(セダン含む)
    2011年12月〜(スポーツ)

車両型式

  • GP2 - 1600cc・ハッチ
  • GP3 - 1600cc4WD・ハッチ
  • GP6 - 2000cc・ハッチ
  • GP7 - 2000cc4WD・ハッチ
  • GJ2 - 1600cc・セダン
  • GJ3 - 1600cc4WD・セダン
  • GJ6 - 2000cc・セダン
  • GJ7 - 2000cc4WD・セダン
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

インプレッサのバッテリー適合詳細


インプレッサスポーツ&G4

GP2 - FB16 1600cc 2012年〜
1.6i - 55D23L

GP2 - FB16 1600cc 2012年〜
1.6iL - Q / 85特殊企画

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

音はがさつでも振動少なめ。惜しい。全開時のパワー感ちと足りず。

駆動系質感 5段階評価

CVT、なんだかもっさり。制御も旧世代的。

足回りの質感 5段階評価

柔らかい系でそれなりの質感も忘れず。ベースグレードに価値あり。

内装の質感 5段階評価

コストダウン一辺倒には見えません

外装の質感 5段階評価

以前よりは高級に見えるかな

快適性 5段階評価

アルファだって快適性を重視する時代。星4つに自信なしwww

若々しさ 5段階評価

イメージは人それぞれ。これは筆者の偏見。

お買い得度 5段階評価

安価なグレードにアイサイトを設定して下さい。




角の出っ張りが、クルマを大きく見せる。

アイサイト無しの外観
アイサイトありの外観上の画像:アイサイトなし。下の画像:アイサイト有り。結構目立ちます。

パワステフルード
油圧パワステか電動パワステか、情報交錯なら実車で確認が1番。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。