BRZ試乗P2・重心の低さとは

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 スバル BRZ
著:ヒラリー男爵)

スバル・BRZ・簡単試乗レポ「2」

注目度抜群でデビューしたスバルBRZ(ZC6)グレード「S」。日本車では久々に登場のFR&MTのコンパクトクーペ。トヨタ86と兄弟車です。
ミッション6ATモデルと6MTモデルに試乗したのでその時の印象をまとめています。

当ページは2ページ目です。「重心の低さって?リアシートにも座ってみた」などを掲載中。


スバル
  • グレード:“S”
  • 型式:ZC6
  • 車両価格:約270万円
  • デビュー年:2012年3月〜
  1. 分割page - BRZ簡単試乗「1-1」・概要とエンジンやミッション印象
  2. このpage - BRZ簡単試乗「1-2」・重心の低さって?リアシートに乗車
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

試乗レポ・足回りの印象

横滑り防止装置足回り、サスペンションに関して、スポーティカーとして比較すれば柔らかめ。基準をスポーツセダンとして比較してもやや柔らかめ。つまり乗り心地いいです。

ショックアブソーバーの動きもそこそこ良く、低速域から動いてくれます。伸び側の減衰力はもう少しあった方が・・・なんていうのはアフターパーツに交換しちゃえばOK。むしろガタガタ道でも神経質にならなくていいのは大きなメリットだと思います。

おもしろクルマといえば他にいくらでもある。でも足の良くないクルマだっていくらでもある。クラウンだってショックの動きは渋い渋い。そういった時にBRZのこれは非常に大きな優位点。ふわふわなクルマから乗り換えれば固く感じるかもしれませんが、ちょっと乗っていれば不快に感じなくなる。慣れてしまえば、足が動かずドタバタいうだけのクルマよりよほど快適かと思います。

重心の低さって?

重心が低いと何がいいか?わかっていそうでわからないテーマです。F1マシンなら重心が低い方がパフォーマンスがいい=速い。とメリットがハッキリしています。しかし市販車ではどうなのか?ただ重心が低いとアピールされてもよくわかりません。

筆者は一時期、ラジコンをやって重心なんてのも考えたけど、クルマだってラジコンだって、体感出来ないカタログ上の利点なんて、最もどうでもいいこと(ただの自己満足にお金出せる人間になりたいとも思うけど)。

BRZでも86でも大々的にアピールされる重心の低さ。もっと具体的でわかりやすいアナウンスを望みます。
一つ言えることは、重心も数ある要素の一つでしかないということ。重心が低いだけじゃ自慢にもなりません。ホイールベースにトレッド、シャシー性能、サスペンション、アライメント、様々な要素が集まってクルマは設計されるわけです。
ここからは想像ですが、重心が低いとロールが減る。動的アライメント変化が少なくなる。サスを柔らかくできる。乗り心地がいい。それから地面に這いつくばっている感じがする。フラフラしない。などなどメリットが考えられます。

試乗した感触で筆者が感じる事と言えば、BRZの場合は、サスは柔らかめ。そしてブレーキしてハンドルを切るとスッとノーズがインを向く。そんな感じを味わえますが実際問題、スポーティクーペはどれもそんな感じ。それからハンドルを急に切っても、雑に切っても、グラッとロールすることはありません。フロントの手応えもそのまま。こういった点が安定感という言葉で表されているような気がします。

追記:わかりやすいのは日産リーフかも?

BRZや86を試乗しても、重心が低いという感覚がわからない??
普通に納得です。日常的に優れたクルマにお乗りなら、ディーラーの街中試乗で重心が低い感覚がわからないというのは、全然普通の感覚だと思います。

そこで登場させたいのが日産リーフ。ちょっと運転してこの”重心が低い感覚”がわかりやすいのは日産リーフ。お馴染みの電気自動車です。

リーフは実用性最優先のクルマかと思いきや、意外にも走りに関する部分がよく出来ています。サスペンションは柔らかいのですが、とても曲がりやすい。ゆっくりハンドルを切っていくコーナーでも、奥が回り込んだヘアピンでもOK。
少々大げさながら、ステアリングに伝わるフィーリングだって印象的。リーフのそれは意図的な味付けでしょうが、実用一辺倒ではなく、走っている実感やクルマとの対話感を考えてくれているようで妙に嬉しい演出

筆者リーフには今まで、マイナーチェンジされたいくつかのモデルを運転しています。そこで思うのは最初期モデルが最もスポーティを意識した味付けという点。それから多人数乗車とドライバー1人乗車で操縦感覚の変化を比較すると、つまり乗車人数による変化は普通のクルマよりが大きいんじゃないかという点。乗員の着座位置等で重心上がっちゃうのかもしれません。

重心が低い感覚ってどんなのだろうと思ったら、リーフに試乗してみるのをオススメ。ただしリーフが欲しくなっちゃっても知りませんよ(笑)いまならBRZより安く買えます。

リアシートに乗ってみて

リアシートは荷物おきくらいのスペースしかありません。がんばれば3人乗れますが(運転席の後ろは無理)、助手席のシート位置は目一杯前。助手席のパッセンジャー、膝はグローブボックスにあたります。

肝心のリアシート。狭いのさえ気にならなければ、意外にも快適。
リアサスの音が入ってくるのでうるさくはありますが、乗り心地は許容範囲内。というかスポーティFF車のようにリアサスが固くないのが良い!さすがFR車。例えばレクサスCT200(Fスポーツ)のヘボリアシートよりましかもしれません。

BRZか86か

メーターエアコン操作部

大きな違いは装備面。トヨタ86の場合には「ベースグレード」と「Gグレード」にはデジタルスピードメーターが付かない。つまり86の場合にはGT以上のグレードに限定されてしまいます。
そしてその場合、86は赤黒コンビの内装になります。好みが合えばいいのですが、この色合いはあまりにも時代遅れ。オタク感漂う色合い、嫌だという人も多いと聞きます。

対してBRZなら全グレードで室内カラーは黒系。そしてデジタルスピードメーターも付く。さらに86に対するグレードで少しずつ装備がいい。ベースグレードにエアコンを付けることもできる。ただし価格も少しずつ高い。といっても何も気にせず買うならBRZがオススメ

ただ、これだけじゃクルマを選べないのが問題。トヨタのディーラーは全店扱いなので家の近くのディーラーで買える。さらには一般的にトヨタのサービスは快適。営業も気さくな人が多い。
逆にスバルのディーラーは数が少ない。営業マンはクルマ好きなキャラクターを持たれる方が多く、クルマの話はできるが、上品な営業マンらしい営業マン、それなりに高級なものを販売するという意識じゃないような。女性の営業も多そうだが、「高級」と呼べるようなタイプはあまりいないような気もする(インターネットなどのうわさ)。
クルマは楽しいおもちゃ、これがスバルの社風?


BRZのコクピット身長172センチの筆者が座ると、ハンドル上端と鼻が同じくらいの高さにシート高を調整できる。

ライバルと比較して

常識的な金額で買えるクルマというのは必ず長所があって欠点がある。BRZはそれが極端なクルマ。つまり趣味性が高いクルマなわけですが、なんだかんだいって絶版車も含めるとライバルは豊富なんです。

  • ロードスター・・・BRZと似たようなキャラクター。ちょっと遅い。外車ぽくて大人っぽい。
  • S15シルビア・・・楽しいしパワーもある。改造パーツも豊富。
  • S2000・・・ワンランク上のおもちゃ。エンジンすごい。操作性もすごい。乗り心地は悪い。
  • RX-8・・・なんといってもロータリーエンジン。加速感は似たり寄ったりだがフィーリングがいい。
  • アルテッツァ・・・意外に広いリアシート。十分スポーティだけど乗り心地は悪い。エンジンもちょっと。
  • CR-Z・・・BRZよりコンパクト&ライトウェイト。フラットトルクが魅力で燃費良好。お財布優しい。

エンジンが良ければ全て良し!そんな方はコレ!

  • 100系チェイサー・・・1JZ直6は音良し感触良し。マニュアルでターボ、FR、4ドア。
  • 80系スープラ・・・2JZ直6は音良し。包まれ感のコクピットはBRZを買う前に味わって。
  • GT-R全般・・・カーン!と響く音はしびれまくり。まさに6気筒のホンダエンジン版といっても良し。
  • ホンダVTEC系・・・DOHC-VTECエンジンはまさに官能的。誇りを持てるエンジン。タイプR系はピーキー。
  • レガシィ2000ccターボ・・・なんだかんだいって味がある。デロデロドロドロ。。。

スバル BRZ

スバル

BRZ

  • 試乗グレード:“S”
  • ミッション:6ATと6MT
  • 価格:270万円程度

概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン:FA20(水平対向4気筒)

その他概要

  • 車両型式:ZC6
  • ミラーtoミラー:1970mm
  • ボディサイズ:-
  • 発売時期:2012年3月〜
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


リアシート、広さはFDレベルでも乗り心地よし。


フレームレスバックミラー。上級グレードからの装備になる。


イルミネーションは車内全体で赤系。便利装備は充実、アナログチックなスイッチでコクピットな雰囲気を演出。


VSCにはノーマルの他にスポーツモード有り。少しは滑りを許容してくれるとのこと。
トヨタ系VSCは作動するとほとんど加速できない上に減速も強いが、BRZのVSCはどうか?


2014オートサロンでの一台。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。