BRZ試乗P1・自動車比較評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 スバル BRZ
著:ヒラリー男爵)

スバル・BRZ・簡単試乗レポート「1」

注目度抜群でデビューしたスバルBRZ(ZC6)グレード「S」。日本車では久々に登場のFR&MTのコンパクトクーペ。トヨタ86と兄弟車です。
ミッション6ATモデルと6MTモデルに試乗したのでその時の印象をまとめています。

スバル
  • グレード:“S”
  • 型式:ZC6
  • 車両価格:約270万円
  • デビュー年:2012年3月〜
  1. このpage - BRZ簡単試乗「1-1」・概要とエンジンやミッション印象
  2. 分割page - BRZ簡単試乗「1-2」・重心の低さって?リアシートに乗車
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

試乗車概要

BRZはCセグメントサイズのクーペで、エンジンは2000ccの水平対向4気筒。ミッションには3ペダルMTとステップ式6ATが用意されます。車両価格はメイングレードでおよそ250〜300万円。
注目のポイントはボディサイズと駆動方式。ボディ全長は4240mmとコンパクトながら、FRパッケージを採用。後輪駆動です。近年ではこのサイズ以下の後輪駆動車といえば、国産だとロードスターとかラッシュ/ビーゴとか数えるほど。あんまりラインナップされていませんから貴重です。

またこのクルマはご存じの通り、「トヨタ86」と兄弟車。しかも全店販売。だからスバルディーラー&トヨタ全チャンネルで購入可能。試乗車は大型店舗でよく用意されているとのことです。
スバルBRZとトヨタ86、だいたい同じようなグレードで同じような価格が設定されていますが、微妙に装備が異なるので注意が必要です。

ベースグレードの内装

例えば左画像のような内装をしたベースグレード。エアコンレスなんですが、スバルBRZならオプションで装着可能。価格は確か10万円くらい。

筆者が試乗したのは上級グレードとなる「S」のATとMTのドライバーズシート、それからリアシートにも乗車しました。しかし現在のところ、以前のスポーティタイプのクルマと違い、タイヤが滑るレベルまでの試乗はしていません。非常に限定的な試乗です。

BRZのポジション

BRZは一言でいえばインプレッサクラスのクーペ。サイズもコンパクト。価格だけ見ればミドルクラスながら、どちらかといえば特殊なクルマなので割高なのは仕方なし。(メーカーから見れば割安なのでしょうが・・・)。

外装のデザインは昔ながらのノッチバッククーペ。好きならいいんでしょうが細部は安っぽい。また内装の質感は軽自動車レベル。その代わり、追い込める部分は割り切りよく追い込んでいて、今までの市販車とは違う、そんな部分も多数有り。

基本的に、内外装の質感どうこういう人には向かないクルマでしょう。大事にする人にも向きません。もっと憧れちゃうクラスのクーペを買うべき。
BRZは運転が好きでクルマをおもちゃ感覚で楽しめる人に向けたクルマ。踏めるときはいつでも全開。急ブレーキで快感を感じ、立ち上がりでいっちゃうような人。クルマでエクスタシーを感じられる人なら普通の乗用車ではなくやっぱりこだわったクルマが最高なハズ。

今までの市販車にはなかった、思い切った部分、例えば低いシートポジション。フェンダーのなんちゃってダクト、うるさい室内、乗り心地も考えられた足回り。さらにはボンネットを開けるとフロントフェンダーのインナーライナーは見えるし、バルクヘッドにはミッションの大きな穴が見える。バッテリーはギリギリまで後ろに積まれている。

全体的に、クルマ好きが改造した車のよう。一言でいえばヤンチャです。

室内に乗り込んでみて

エアコンスイッチ等ドアを開けると自動的に窓が少し開きます。そしてドアを閉めたら自動的に閉じます。室内の圧力が抜けるため、軽くドアが閉まるいい装備。(その代わりドアのヒンジが強度が足らない可能性があるから注意)。

VWシロッコもこの手の窓開閉機構が付いている。こちらは設定画面からOn-Offの設定が出来るが、BRZで設定可能かは未確認。

ドライバーズシートに座ると、けっこう低いシートポジション。スーパーカーのように低くはないですが普通の市販車とすれば全然低い。シートのスポンジを抜いたり、ローポジションのバケットを付けたり、そういう努力はしなくて良さそうです。
それでいて視界がいい。ボンネットが見えるのでミニバン系より見切りは良し。個人的にはコンパクトカーより運転しやすいと思います。

自分でシートを低くした場合や、スペシャルなクルマとの違い。それは包まれ感。これが足りません。つまり演出が不足しています。せっかくシートリフターがあるんだし、もっと低くできれば、またはベルトラインをちょっと上げてくれれば特別な感じがわかりやすいと思うんですが如何でしょう。

内装について

メーター無骨なデザインで質感は軽自動車レベル。でもこのクルマに限ってはこれも長所。この割り切りが気持ちいい。

気になる点は見づらいスピードメーター。デジタル表示がないとよくわかりません。(トヨタ86の標準グレードはナシ)。それから上位グレードだと要所要所にソフトパッドが付きますが、あってもなくても大差なし。
またセンターコンソールの内張剛性はもっと欲しい。左膝でホールドすると内張がグニャと歪みます。

特筆すべき点は、運転ポジションの自然さ。少々寝かした姿勢をとってもしっくりきます。ハンドルは手前まで伸びてくるし、シフトノブの位置も近い。ハンドルは改造すればもっと手前にも出せますが、やっぱりこうでなくっちゃ!そんなポジションが最初から可能です。

パネルなしの内装

これは車両価格200万円のエアコンなしグレードの内装ということ。エアコンはオプションで10万円前後で付けられるらしい。
エアコン、スバルBRZはオプション装着可能で、トヨタ86は装着不可能と聞いた。

※本当にこの状態で販売されているかわかりません。

試乗レポ・動力性能

エンジンルーム動力性能は絶対的には並みレベル。一応エンジンは高回転でより「加速」します。高回転がただ「回る」だけでなく、5000回転〜がパワーバンド。マニュアルミッションでもオートマでもこの回転数を保つのが楽しいスポーツエンジンとなっています。

感覚的には、ホンダのスポーツVTECのような切れの良さ、レスポンス、加速感はありません。音も乗用車ライク。フィーリングも悪い。残念ながら普通の6気筒エンジンの方がスポーティ。似ているのはアルテッツァの210馬力3S-G。振動に関してはBRZの方が少ないですが、同じ様な加速感と単純な4気筒高回転型エンジンです。
官能的な面で比較すれば、マツダの2500ccエンジンの方が意外にもメカ的な音が響き渡りオタク魂が揺すられます。

加速力だけみればやはり2000ccのNAエンジン。他のクルマと踏みっぱなし勝負になったら悔しい思いをするはず。全開からフルブレーキを繰り返すのが好きな方にとってもちょっと残念な感じが残りそう。

あまり飛ばさない、雰囲気だけというのであれば、当然ですが全く問題なし。踏まなければ室内も静かです。

特徴の吸気音について

BRZの特徴となっている、室内に入ってくる吸気音。これは非常に耳障り。個人的には不快な音に感じます。ブーストアップしたターボ車にキノコ型エアクリーナーをつけた音。あれは快音といえるかもしれませんが、「サウンドクリエーター」というこれはダメ。幸い取り外ししやすい感じなので、BRZ買ったら取ってしまうのもありでしょう。

世界的なクーペを見ると、外はうるさく室内は静か。簡単に言えばこんな感じですがBRZはまるで逆。外は静かで中はうるさい。好みに合わないとノイローゼになってしまうかも?


BRZの加速感は、バイクでいうと125ccのレーサーレプリカ。峠を含む公道で限られたパワーを使い切るのにちょうどいいパワー。幹線道路のような普通の道だと確かにパワー不足。でもクネクネ道を目一杯走る時には十分なパワー。パワーを使い切るような走り方を公道でするのはどうかと思いますが・・・。加速力に対する感覚は皆それぞれ。今回はこんな表現で置き換えてみました。

ミッションについて

シフトノブまずは6MT。こちらアルテッツァやシルビアと同じ系統のアイシン精機製ミッションらしい。感触はいい。ショートストロークながらすこっと入る。剛性感は感じられませんが、吸い込まれる感触。多少やわでもローションが付いてスムーズなら問題なし。こんなフィーリングでしょう。

他車との比較では、例えばフィットやヴィッツのスポーツグレード、マニュアルトランスミッションですが、同クラス欧州車であるポロやゴルフのマニュアルとは比べものにならないくらい酷い。でもBRZのこれなら海外のスポーツグレードMTといい勝負できます。ただしスープラやコルトターボのゲトラグ製ミッションが好きな方には感触がソフトすぎて、シンクロの感覚などがわかりにくいかもしれません。
参考:コルトラリーアート・バージョンR(MT)試乗レポート

アルテッツァでのミッションの印象はこんな感じです。
参考:アルテッツァRS200(MT)試乗レポート

室内のイメージ次に6AT。従来のATよりロックアップ領域が広いということだが、運転してみると確かにダイレクト。こんな出来の良いATに乗ってしまったらもう、CVTなんて乗れません
しかし残念ながら欠点も。シフトダウンの時に空ぶかしをしてくれるのが、これがフィーリングと合わない。なぜなら回転数がずれる。つまり制御が雑すぎ。これなら「ブリッピング機能なんて無くていいよ。自分で煽りますから」と感じてしまう。
そしてそのおかげか、シフトチェンジがレスポンス悪く感じてしまう。ディーラーに行く機会があったら、オフにするボタンがあるか聞いてきます


BRZのコクピット身長172センチの筆者が座ると、ハンドル上端と鼻が同じくらいの高さにシートポジションを調整できる。

BRZ、買えれば買っちゃってから悩めば良し

趣味性が強いクルマだから、欲しければ買っちゃえ!評価なんて関係なし!下取りだって心配なさそうだ。

日本の基幹産業である自動車業界を応援する意味でも、こういったクルマ文化を絶やさない為にも、BRZ(86)を買う理由は大いにあります。クルマだって生い立ちは悪くないです。一生懸命企画され、熱意を持って開発されたのはあちこちから伝わります。ケーハクな印象は一切無し。

と、こんなわけですが、それでも結構なお値段がするのも事実。勢いだけで買えないアナタ、筆者が絶対的な価値観を元に試乗レポートをお届けします(今回は”徹底”試乗レポートではありません)。

もちろん、舞い上がってるディーラーの試乗だけだとワケがわからない、そもそも中古車は試乗ができない。当ホームページではそんな場合にも出来る限り有意義な記事となるように心がけています。

スバル BRZ

スバル

BRZ

  • 試乗グレード:“S”
  • ミッション:6ATと6MT
  • 価格:270万円程度

概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン:FA20(水平対向4気筒)

その他概要

  • 車両型式:ZC6
  • ミラーtoミラー:1970mm
  • ボディサイズ:-
  • 発売時期:2012年3月〜
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

BRZ

zc6 - FA20 2000cc 2012年〜
34B19R

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価

エアコンスイッチ等
グレードによってデュアルエアコン。彼女が風邪を引いたときに役立つ。
夏でも助手席だけ暖房全開なんて事が可能。いらないようでいざという時便利なのがデュアルエアコン。

メーター
BRZなら全グレードに液晶スピード表示が付く。トヨタ86はグレードにより付かない。
細かいスピードメーターは見にくいのレベルを超えている。スピードの液晶表示がないと速度が把握しにくい。


アイシン精機製マニュアルミッション。シフト操作は柔らかめで繊細な感じのする良いタッチ。軽く押しつけると吸い込まれる。



このデザインだと、フェンダーのインナーライナーは外せないのかな??


エアコンなしグレードの内装らしいが、本当にこの状態で販売されているかわかりません。実際に見ると写真以上にビックリ。


これは6MTの試乗車。ディーラー試乗車にはあまりないみたいだけど、買うならこちらをオススメ。きっと下取りだってATより期待できちゃう。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。