スカイライン「350GT」自動車比較・評価評論

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2007年記事 日産 V36スカイライン
著:ヒラリー)

V36 スカイライン”3500cc” 試乗レポート「1」

V35スカイラインをブラッシュアップし、内外装の大幅質感アップを行ってデビューしたV36スカイライン(セダン)2500ccの5ATモデルと、3500ccの5ATモデルに試乗してきたのでレポートします。このページでは3500ccモデルを取り上げています。グレードは「350GT」。2006〜2008年の前期モデルのみ存在したグレードです。

※当ページは3500ccモデルの試乗記事です。別途2500ccモデルの試乗記もあります。
2500ccエンジン搭載モデル「スカイライン250GT」試乗レポート
古くても魅力は1段上??CPV35スカイラインクーペの試乗レポート

日産
  • グレード:“350GT”
  • 型式:V36
  • 車両価格:430万円
  • デビュー年:-
  1. このpage - スカイライン試乗「2-1」・ドライバビリティ低い走行感覚
  2. 分割page - スカイライン試乗「2-2」・ライバルはレクサスIS??
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

概要

日産

世界ではインフィニティブランドとなる新しい世代のスカイライン。ご存じのように先代V35からエンジンはV型に変更。そしてこれまた先代V35から、フロントミッドシップと大々的に宣伝されたプラットフォームにも変更されました。
実際の所、「V35スカイラインをファインチューニングしたモデル」という印象が強いのが今回のV36スカイライン。コンポーネンツを言葉で表せば、6気筒エンジン+FR+5AT。基本的にはそのまんま。

インフィニティというのなら当然、レクサスの競合車とバッティングするモデルというわけで、評判が良くないからと甘く見てはいけません。ホントにアメリカ向け?と疑うほど、締め上げられたサスペンションにカッチリしたステアフィールの持ち主。高級車的質感は今一つな反面、スポーティセダン風な走行感覚は悪くない。同じ日産のフーガとキッチリ住み分けされています。

エンジンはマイナーチェンジで変更。前期は3500cc、中期以降3700cc。3500ccモデルの車両形式はPV36、3700ccモデルの車両形式はKV36。また2008年12月以降は致命的弱点だった5ATが7ATに変わります。段数だけでなく質感が大幅アップ。

筆者はこのスカイライン、個人的に本気で購入を考えていたためにじっくりと確認。一般走行だけでなくコーナーリングなどの特性も多少は確認出来ました。クネクネ道からデコボコ道、渋滞する国道などを試乗。といっても、購入には至らなかった為、記事内容は暇つぶし程度の内容です。

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴です。評論家が口に出来ないような点を強調して記載しています。

スカイライン3500cc、試乗してみて

走ってみてどうか?エンジンと加速フィーリング、これは一言で、”いけません” です。

エンジンはさすがに強いトルク感で、踏めば余計なキックダウンは最小限で加速してくれます。しかもそこそこスムーズ。エンジン音も同じVQという型式を持つ2500ccエンジンより印象良く、悪い印象はありません。
ただ、加速感はいいんですが、ドライバビリティという部分では今一つ。、アクセルペダルの踏み込む量とスロットル開度が明らかにギクシャク。いや、ギクシャクっていうものではないです。そうっとアクセルを開けようとしても、急に加速、そうっとアクセル閉じようとも、一気に全閉

筆者は今まで愛車では、アクセル開度メーターを見ながら運転してたりする。なのでペダル操作はどちらかといえば丁寧な方だと思いますが、スカイラインのそれはどう考えても不自然なスロットル開度とアクセレーション。雑な操作が原因でなく、電子制御スロットルの調整不足か何かか??詳しくはわかりません。

スロットルバルブの汚れに敏感な電子制御スロットル、中古車ならわかります。でもこの試乗車、新車でおろしたてのディーラー試乗車ですよw

スカイラインの3500cc、率直に言って乗りづらい。少し試乗しただけで降りたくなりましたが、自分の勘違いもありえるし、慣れれば普通に感じるかも。ということで、クセを掴めるようにがんばった!

スカイラインのアクセルペダルはドライブバイワイヤー方式。別の言い方をすれば電子制御スロットル。きっと、調整不足か何かでしょう。マイナーチェンジでよくなると思います(思いたいです)。

VQ35HR、VQ35DEと比較すると?

今回から搭載されるエンジン、「VQ35HR」という型式になりました。先代は「VQ35DE」なので変更されたことになります。

「VQ35DE」、このエンジンはセドグロでデビューした時には全然悪く感じなかったのですが、35クーペではオタンコレスポンスに閉口。何しろ、アクセル踏んで0.5秒後にエンジンが反応。軽く空ぶかしすれば、回転が落ちてる途中にアクセル踏んだ時など、1秒後に上がり始める始末。
勢いよく回る時にはシューンと回るため、電子制御スロットルの反応が遅いか、フライホイールが重いか、そんなトコでしょうが、レスポンス悪すぎます。

「VQ35DE」は6MTで体感していますが、走り出してからの微調整も上記36の「VQ35HR」と同じよう。だからシフトチェンジ時の回転数微調整がものすごく神経を使う。しかしもさっとしているためか、V36のように唐突な反応で乗りにくいような印象は弱めです。

「VQ35HR」と「VQ35DE」を比較するとどうか?まずわかりやすいのはエンジンノイズが違います。「VQ35DE」は6気筒といってもガサツ。高回転に行くに従っての盛り上がりは感じられますが、体感的な速さは感じません。8気筒のシーマの方がスポーティに感じるほどで、スカイラインにスポーティカーらしさを期待すると肩すかしをくらいます。
V36の「VQ35HR」は中回転から迫力ある系のエンジンノイズで、いかにもV6らしいサウンドが響きます。荒っぽさとスムーズとギリギリのバランスでしょうか。またトップエンド付近の振動は体感出来るほど減っています。ようやく、トヨタの4GR系と比較できるだけの質感を持つV6になりました。

アクセルレスポンスという点では上記の様にまだまだ。自然なスロットル特性がそんなに難しいのなら、昔ながらのワイヤー式で良いのにね。トラクションコントロールとか横滑り防止装置の関係上仕方無くという感じが、しないでもないw

扱いやすさについては「VQ35HR」でも「VQ35DE」でもなく、「VQ25HR」が好印象

乗り心地と感じるボディ剛性感

ボディの剛性感が高ければ、乗り心地が固くなるのは事実。これ、ブッシュというゴムの固さなんかでも印象が変わってくるからそんなものです。
剛性感あるボディに質感あるダンパーの組み合わせであれば、乗り心地の評価でも印象がいいのは事実。でもスカイライン、乗り心地はとっても固いです。

V36スカイラインは塊のような剛性感を感じさせてくれます。何と言っても、ちょっと速度を上げたくらいではステアフィールは変わらないし、ブッシュがつぶれた後でフィールが変わるなんて事も感じられない。弾み方だってダイレクト。これ以上、ボディ剛性なんていう評価はいらなくなるのではないか、とまでいえるかも。
これからは事故しても壊れない「強度」の話題が盛り上がる時代までもう少し?ですねw

スカイラインが剛性感高いのは段差を越えた時にも感じることができ、ドガンとかガシャンなんていう音は皆無。固めのサスペンションでもストローク感はあるから、両方合わさるとドライバーにとっては快適です。助手席とリアシート、同乗者はけっこう揺すられるので、セダンとしては微妙な訳ですが、日産はFRクラスじゃなきゃダメだ!そんな声が聞こえてきそうなくらい、一般的なFF車とはまったく異なる乗り味をしています。

サスペンションの動き自体は、やはりスカイラインのあれですが、120系マークXより全然いい感じです。スカイラインの方が固く感じるのにしっかりストロークします。動き始めが軽いからゴツゴツ感少なめ、ハンドル切った直後のフィールも好印象。やっぱり純正状態での比較なら日立トキコ製のショックはいいです。これと比較すれば、いくらマークXのショックが単筒式だなんだといっても、やっぱりね、いつものトヨタだね、って感じです。


コーナーでのフィーリング

ハンドル切ると、急減速から舵角の大きいコーナーに入ったときにも、このボディはかっちり。言葉にするのは難しいですが、サスペンションだけが動作してくれているような感じ。

試乗車ではハイキャス(4WS)が付いていたのか、条件によっては不自然なステアリングフィールを感じたものの、基本的にはスカイラインらしい、FRらしさが感じられるステアフィール。中立付近ではハンドルを切り始めれば自然にヨーが立ち上がり、フロントがゆっくりロール。内側が伸びるというよりは、外側が沈み込む感触、そしてアクセル踏めばしっかりリアが沈み込んでくれる。スポーティクーペの様に走れます。

ロール量は普通に大きいからそれがまた走りやすいし、中速以上のコーナーではちょっとコーナーリングしただけで、ケイハクなクルマじゃないのがわかります
それだけに、舵角の大きい低速コーナーでの違和感がほんと惜しい

安心感という面では内装がミシリとかいいません。コーナーでたわむボディからレザーシートがこすれ音を出すこともなし、ピラー付け根の溶接部分だって異音はわかりませんでした。ロールさせると=強めに入力すると内装がギシギシいったり、シートがこすれる音がしたり、ちょっと前のクルマなら高級車でも普通の事でした。セルシオとかシーマとかでもね。

クーペはかなりスタイリッシュ! 3700cc、価格は380万円〜。

低速域でやや唐突感あるステアフィール、ぜひ乗ってみて

試乗車はハイキャス(4WS)が付いていた感じですが、(本当かわかりません。歴代スカイラインのハイキャスからして多分そんな感じです)これも良くなかったですね。
ドライバーが自然に感じやすい一定の動きではないので、例えばヘアピンで一気に減速、ブレーキリリースしつつステアなんて場面で、嫌なフィーリングがでます。

ということで、加速していって、急カーブ手前で一気に減速、丁寧にブレーキをリリースしてハンドルを大きく切っていく。そんな場面でどうも納得いかないフィーリングがあります。(試乗は前記3500ccモデル)。

詳しくはわかりません。またしばらく運転して体に馴染んでくれば、何かしらのコツを掴めば、違った評価ができるかもしれません。

日産 スカイライン

ニッサン

SKYLINE  (スカイライン)V36

  • 試乗グレード:“350GT”
  • 年式:平成20年(2008y)前期
  • 新車時価格:430万円

エンジン概要

  • 車両型式:V36
  • 排気量:3500cc
  • エンジン型式:VQ35HR
  • ボディサイズ:4755/1770/1450mm
  • 車重:1590kg

車両型式

  • V36 - 2500cc
  • NV36 - 2500cc 4WD
  • PV36 - 3500cc
  • KV36 - 3700cc
  • CKV36 - クーペ3700cc
当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

スカイラインのバッテリー適合詳細


スカイライン

V36 VQ37VHR 3700cc 2006年〜
80D23L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


マイナーチェンジで7ATに換装。


マグネシウムなどの合金で作られたとウワサされたパドルシフト。左右繋がったシーソー感が気持ち良い。
技術者によれば、アストンマーティンを研究したとか。


ステアリングと一緒に動くメーターパネルはいいよね。


奥まっている位置にナビゲーションディスプレイが付く。ドライバーから近いより、遠い方が見やすい。ただしちょっとボタンが遠いね。



限定車専用の外板色ガーネットブラック&レッド本皮シート

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。