スカイライン「350GT」P2/買うなら2500ccモデル

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(日産) > V36スカイライン「350GT」P21
 

(2007年記事 日産 V36スカイライン
著:ヒラリー)

日産
  • グレード:“350GT”
  • 型式:V36
  • 車両価格:430万円
  • デビュー年:-

V36 スカイライン”3500cc” 試乗レポート「2」

簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです。考え込まず第一印象重視でフレッシュな、より一般的な印象を言葉に出来るよう心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

V35スカイラインをブラッシュアップし、内外装の大幅質感アップを行ってデビューしたV36スカイライン2500ccの5ATモデルと、3500ccの5ATモデルに試乗してきたのでレポートします。このページでは3500ccモデルを取り上げています。グレードは「350GT」。2006〜2008年の前期モデルのみ存在したグレードです。

当ページは2ページ目です。「ライバルはレクサス?買うなら2500ccモデル」などを掲載中。


  1. 分割page - スカイライン試乗「2-1」・ドライバビリティ低い走行感覚
  2. このpage - スカイライン試乗「2-2」・ライバルはレクサスIS??

当ページは3500ccモデルの試乗記事です。別途2500ccモデルの試乗記もございます。
2500ccエンジン搭載モデル「スカイライン250GT」のレポート

レクサスISと迷う36スカイライン

このスカイラインは筆者の購入候補でした。ライバルはレクサスISということらしいですが、なるほどドッシリとしたスタイリングかつスポーティに絞り込んであるリアセクション。エクステリアから感じる質感は先代V35より間違いなくアップ。フォルムだけでなくディテールの質感もかなり上がってます。

エクステリアと高級感

さすがにレクサスISと同格とは見えないですが、スカイラインの価格帯からするとまずまず納得のエクステリアデザイン。しかしよくよく聞けばスカイラインも3500ccだと高価で車両価格430万円らしいじゃないですか。

そうなるとISどころか、シーマのような伸びやかさだって欲しくなる。高額セダンのエクステリアデザインといえば「長い全長を生かした伸びやかさ」がポイントだと思いませんか??アッパーミドル以下のセダンではどうしてもキャビンが大きく、いかにも3BOXに見えちゃう。また伸びやかで失う塊感はクーペが補ってくれるはず。

バランスという面ではどうだろう?キャラクターラインなど一部ちぐはぐで子供っぽい印象も受けます。これいらんとちゃう?みたいなね。また見る角度によってはものすごく寸胴で伸びやかさが感じられません。曲面が多様化されたボディデザインだと、見る角度による印象の差が大きいよね。

優れたボディプロポーションといえば、V35スカイラインクーペが魅力かなと。こちら「ポルシェデザイン」という会社が手がけたと言われています。当HPスタッフ「桃花」が所有歴あり。その後、筆者ヒラリー男爵も中古で購入。 わかりやすい質感ならV36の方が数倍お上手。でもV35クーペ、走って楽しい瞬間があるんですよね。

インテリアとイメージ

インテリア(内装)は特別良くもなく悪くもなく普及点。いや400万円クラスとすればちょっと寂しいかな。低価格グレードからすれば100万円以上高くて同じようなインテリアですから。実物を見たり触ったりすると、やっぱりちょっと寂しく、写真の方が良く見えます。

それでもV35から比べれば大幅にデザイン、質感ともにレベルアップ。ようやく車格なりと納得できる内装を手に入れました。1世代分以上に進化&イメチェンした感じです。

では、アッパーミドルクラスの他車と比較するとどうか?

アコードの内装120系マークXの内装

クラウン(アスリート)の内装130系マークXSAI内装・センタークラスター

写真左上から右順にアコード、120系マークX、18系クラウン、130系マークX、SAI、5代目レガシィ。

インテリア全体的にはライバルであるマークXの内装デザインや素材感、艶やかな木目調パネルの方が日本的高級感を感じます。
またビッグミニバンとの比較では質感は同じようなものの、スカイラインの方がドライバーが感じる包まれ感が強いため、それによって高級感を感じます。

買うなら2500ccモデル!こっちは走りやすい!

サスペンションの動き方だけみれば、スカイラインの2500ccエンジン搭載グレードよりスムーズに感じられる3500ccエンジン搭載の「350GT」。ここは車重が重い方が有利っぽい。
しかしこの「350GT」、あっちもこっちも違和感あるフィーリングが目立ちます。エンジンやハイキャスやさらにはノイズの音質なんかも。。。これは慣れの問題かもしれませんし、好みの問題かもしれない。しかしこれを商品化して販売してしまうニッサンていったい・・・。と感じれば2500ccエンジン搭載グレードの方をオススメ

V36スカイライン、試乗して比較すれば、廉価グレードの方が良く調教されているという不思議な結果に。当然エンジンが小さい方が、車両価格もグッと安い。
3500ccのグレードで弱点となる過敏な時もあるステアリングフィールと、ギクシャクするアクセル・スロットル。2500ccの方はこれらが好ましい感触に変わっています。

2500ccモデル、特に街中走りではハンドルが切りやすい。またアクセルペダルの反応はよく調整されています。

日産の5ATは相変わらずのどうしようもないミッション。2500ccの方が頻繁に変速するわけで、より粗が目立ちますが、どこかしら妥協は必要でしょう。

ということで、買うなら2500ccモデルがいいかなと。加速力や巡航中の余裕という面では大幅に劣りますがそれは当然。2500ccモデル、足回りは固いです。とにかくバネが固い。ショックアブソーバーはいい感じに動いてくれ、減衰力は弱めに感じるにも関わらず、固いバネでも揺れはスパッと止まります。弱めるに感じるだけなのね。
そんな柔らかめショックだから、小さな入力からストロークしてくれます。ドスンと沈んで素早く戻る。スカイラインをお乗りの方ならしっている、スカイラインらしいいつもの「足回り」です。V35からはボディ剛性感も高まり、欧州車らしいといってもいいかな。

この「350GT」初期モデル、スカイラインのブランドイメージからすればお値段は高めですが、ナビゲーション以外の装備は充実。装備だって大事なこのクラス、コストパフォーマンスではまずまずですね。何しろ基本的な走行感覚ではクラウンより上質な感がある。クラウンの乗り心地の方が安っぽいくらい。

本当はいらないモノを外して購入できたらいいんですけれどもね。それは贅沢ってもんですか。


追記:2008年モデルから7ATに変更、ナビゲーションも標準に。その分お値段も上がりました。

追記事項その1・マイチェンで最新ミッション搭載

2010年1月(平成22年1月) のマイナーチェンジで、ミッションは新世代の7ATに。これで段数上はトヨタにもレクサスにも引けを取らなくなりました。質感は現時点で不明。旧来の5ATは本当にオタンコなフィーリングでした。スカイラインの中古車を狙うにしてもがんばって7ATモデルを選びたいところです。

また、このマイナーチェンジで、V36スカイラインの主要グレードにはナビゲーションが標準になりました。6気筒で3500ccというクラスのセダンを買うわけですから、純正ナビゲーションはほぼ必須といっていい装備。普通は純正ナビ付ける場合がほとんどでしょう。当然価格は上昇していますが、大きな問題にはならなそうです。

ナビが標準になっても、中古車を買うなら相場は特別変わりはありません。でも新車購入では懸念材料も一つ。高価なオプションを付けることで値引きを引き出せたものが標準装備となれば、値引きは若干厳しくなる可能性はあります。


クーペはかなりスタイリッシュ! 3700cc、価格は380万円〜。

追記事項その2・限定モデル

2012年、スカイライン誕生55周年記念モデルが発売されました。555台限定ということで、赤い本皮シート(ヒーター付)と専用ボディカラー「ガーネットブラック」が特別装備。
この、特別なV36スカイラインの新車価格は2500ccエンジン搭載車が約400万円、3700ccエンジン搭載車が450万円となっています。

この価格だけみれば、非常に高価ですが(これはフーガの価格帯です)、ベースモデルがそれぞれ装備充実のグレードとなるため、単純な価格アップは10万円くらい。本皮シートに上質な外装塗装が付いてこの価格アップはお得感あり。本皮シートが必要ならこれ!という感じですね(ベースはタイプPとタイプSP)

実際には値引き分で差が付くはずなので(通常、特別仕様車は値引きが渋い)、この価格がそのままお得かどうかは微妙ですが、本皮シートの魅力は非常に高い。限定といってもすぐに売り切れるわけではなそうなので、場合によっては魅力的なモデルです。

日産 スカイライン

ニッサン

SKYLINE  (スカイライン)V36

  • テストグレード:“350GT”
  • 年式:平成20年(2008y)前期
  • 新車時価格:430万円

エンジン概要

  • 車両型式:V36
  • 排気量:3500cc
  • エンジン型式:VQ35HR
  • ボディサイズ:4755/1770/1450mm
  • 車重:1590kg

車両型式

  • V36 - 2500cc
  • NV36 - 2500cc 4WD
  • PV36 - 3500cc
  • KV36 - 3700cc
  • CKV36 - クーペ3700cc
当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


マイナーチェンジで7ATに換装。


マグネシウムなどの合金で作られたとウワサされたパドルシフト。左右繋がったシーソー感が気持ち良い。
技術者によれば、アストンマーティンを研究したとか。


ステアリングと一緒に動くメーターパネルはいいよね。


奥まっている位置にナビゲーションディスプレイが付く。ドライバーから近いより、遠い方が見やすい。ただしちょっとボタンが遠いね。



限定車専用の外板色ガーネットブラック&レッド本皮シート

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。