スカイラインV36・2500cc P2/サスペンションの印象

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2007年 日産 V36スカイライン
著:ヒラリー)

V36型スカイライン 2500cc試乗レポ「2」

簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです。考え込まず第一印象重視でフレッシュな、より一般的な印象を言葉に出来るよう心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

V35スカイラインをブラッシュアップし、内外装の質感アップでデビューしたV36スカイライン2500ccの5ATモデルと、3500ccの5ATモデルに試乗してきたのでレポートします。
このページでは2500ccモデルを取り上げています。グレードは「250GT」。 前ページからの続きです。

当ページは2ページ目です。「サスペンションの印象と乗り心地、後期7AT」などを掲載中。


  1. 分割page - スカイライン試乗「1-1」・エンジンとミッション、動力性能
  2. このpage - スカイライン試乗「1-2」・サスペンションの印象と乗り心地

V36・3500ccモデル「スカイライン350GT」のレポートはこちらです。

日産
  • グレード:“250GT”
  • 型式:V36
  • 車両価格:約280万円
  • デビュー年:-

スカイラインの足回り印象

足回り(サスペンション)は、いかにもスカイラインといった固めのキャラクター。決して乗り心地が良いタイプではありませんが、現時点で質感を比較すれば、国産同クラス最高かもしれません。

固いスカイラインの足回り、しかし今までのスカイラインとはちょっと別物。いやサスペンションのキャラクターは一緒です。動き出す部分は軽く、減衰力が抜けていて、ちゃんとストロークします。それでいて揺れも止まります。伸び側減衰力は弱めで、バンプでは底付きのような反発感あります。

違うのは、固いバネでもストロークは長めに感じ、サスペンションのストローク量が長く感じられる。ドスンとくる大きなバンプはリバンプが早すぎてきついですが、ドライバーには許容範囲内かなと。もう少しゆっくり戻りしてくれれば同乗者の揺すられ感も減りそうなのでマイナーチェンジに期待。

ブレーキを掛ける、ハンドル切る、段差を越える。それどころかドアを閉めただけで硬質なボディを感じられる。こういうのをボディ剛性感が高いっていうんでしょう。ハンドル中立付近の穏やかかつ反応を示してくれる部分とか、ちょっと速度を上げての緊急回避程度ではステアフィールは変わらず。
もちろんボディ剛性感高いのは悪い事じゃなく、不快な振動は減衰はシャットアウト。剛性感高いのは段差を越えた時にも感じることができ、ドガンとかガシャンなんていう音は皆無。固めのサスペンションでもドライバーにとっては心地良い揺すられ感。あとは高級なダンパーでも付ければかなり良くなる”予感”がします。

このサスペンションの質感では上級グレードの「350GT」の方が良く感じます。国産車では珍しい、積極的に動く足。ただもしかしたら、車重の差かも。

コーナーでハンドルを切ると、優しくヨーが立ち上がり、いかにもセダンらしい感じで曲がり出します。サスペンション固いけどクイックでない適度な落ち着きから始まるコーナーリング。すごいのか不自然なだけなのか、でもやっぱり高級感あるよね。低レベルなキビキビ感よりよほど好感度高い
また回り込むコーナーでは意図的ともいえるほどクイックにセッティングされたスカイライン3500ccより、断然印象はいいです。

それからスカイラインはFRらしさがわかりやすい。これは間違いなく魅力の一つ。ステアフィールの良さやステアインフォメーションの豊富さが、とにかくわかりやすい。切り込むと重くなるステアリング、全開加速中は余計なふらつきをステアリングに伝えないし、エンジンブレーキや重量配分からブレーキング時だって上質。

スカイラインと比較すれば、クラウンなんて小回りが可能な為だけにFRを採用していると感じてしまう。出来損ないの電動パワステがFRらしさを伝えてくれない(笑)。

実感できるボディ剛性”感”

前述の通り、ボディ剛性感は非常に高い。詳しいことはわからないので、あくまで「感」ですが。

乗り心地の悪さはこの剛性が原因かもしれません。ただし硬いボディに固いサス、ちなみにブッシュの容量は増えた印象で、コトコト音はだいぶ減っています。よくいう「ガチャン」が「ガタン」に変わっており、ついでにいえばあまり不快な音はしません。まとめると、乗り心地がいいわけではないが不快な音はほとんどナシ
新車から1年も経過すればどうなるか、それはわかりません。乗り方にもよると思います。

追記事項その1・最新ミッション搭載

2010年1月(平成22年1月) のマイナーチェンジで、ミッションは新世代の7ATに。これで段数上はトヨタにもレクサスにも引けを取らなくなりました。あっちは6ATです。

質感は現時点で不明。3700ccエンジン搭載グレードではかなり質感がアップしていました。もうキックダウンも怖くありません的な感じ。旧来の5ATは本当にオタンコなフィーリングでした。スカイラインの中古車を狙うにしてもがんばって7ATモデルを選びたいところです。

また、このマイナーチェンジで、V36スカイラインにはナビゲーションが標準になりました。
(一つだけ廉価グレードがあり、Aパッケージというグレードを選択すれば、ナビ無し低価格で購入)できます。

ナビゲーションが標準装備となり、当然価格は上昇しています。ナビが標準になっても、中古車を買うなら相場は特別変わりはありません。でも新車購入では懸念材料も一つ。高価なオプションを付けることで値引きを引き出せたものが標準装備となれば、値引きは若干厳しくなる可能性はあります。

追記事項その2・限定モデル

2012年、スカイライン誕生55周年記念モデルが発売されました。555台限定ということで、赤い本皮シート(ヒーター付)と専用ボディカラー「ガーネットブラック」が特別装備。
この、特別なV36スカイラインの新車価格は2500ccが400万円、3700ccが450万円となっています。

この価格だけみれば非常に高価ですが(フーガの価格帯です)、ベースモデルがそれぞれ装備充実のグレードとなるため、実質的な価格アップは10万円くらい(ベースはタイプPとタイプSP)。本皮シートに上質な塗装が付いてこの価格アップは非常にお得。記念エンブレムはなくてもいいですが。

実際には値引き分で差が付くはずなので、そのままお得かどうかは微妙ですが、本皮シートの魅力は非常に高い。限定といってもすぐに売り切れるわけではなそうなので、場合によっては魅力的なモデルです。


試乗総評

このクルマは間違いなくマイナーチェンジで大幅によくなる”ビッグマイナー”を行う可能性が高いです。そんな予感を感じます。
やっぱり、ハンドルを回す楽しみがあり、ボディの質感も体感出来るだけの高さがあるだけに、細部の煮詰めの甘さがもったいない。アメリカ人は良いかもしれませんが、日本人は繊細。まるっきり素人の筆者でも、あーでもないこーでもないと文句を言いたくなります。

一番のライバルとなるマークXと比較すれば、ハンドリングや足回りの上質感でスカイライン優勢。一方でエンジンとミッションの質感でマークX優勢
どちらも大きな長所に致命的な欠点を抱えてるようなものだから評価に困るし購入に悩む。結局、筆者の結論としては、どっちも保留www。こういった場合はリセールバリューで選ぶのもありかと。

試乗レポートはスカイライン3500ccエンジン搭載グレード、「350GT」に続きます。

日産 スカイライン

ニッサン

SKYLINE  (スカイライン)V36

  • 試乗グレード:“250GT”
  • 年式:平成20年(2008y)前期
  • 新車時価格:約280万円

エンジン概要

  • 車両型式:V36
  • 排気量:2500cc
  • エンジン型式:VQ25HR
  • ボディサイズ:4755/1770/1450mm
  • 車重:1570kg

車両型式

  • V36 - 2500cc
  • NV36 - 2500cc 4WD
  • PV36 - 3500cc
  • KV36 - 3700cc
  • CKV36 - クーペ3700cc
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



奥まっている位置にナビが付く。近いより遠い方が見やすい。ただボタンが遠い。


後期型のフロントマスク



限定車専用の外板色ガーネットブラック&レッド本皮シート

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。