日産スカイラインクロスオーバーP2・エンジン印象等

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(日産) > スカイラインクロスオーバーP2
 

(2012年記事 日産
スカイラインクロスオーバー 著:ヒラリー男爵)

スカイラインクロスオーバー 簡単試乗レポ「2」

スカイラインクロスオーバー。そのネーミングを除けばとってもラグジュアリーなSUV、スカイラインクロスオーバー(J50)、グレードは370GT。前ページからの続きです。

当ページは2ページ目です。「VQ37VHRのエンジン印象等」などを掲載中。


日産
  • グレード:“370GT”
  • 型式:J50
  • 車両価格:420万円
  • デビュー年:2009年7月
  1. 分割page - スカイラインクロスオーバー「1-1」・ベースからプレミアムなSUV
  2. このpage - スカイラインクロスオーバー「1-2」・エンジン印象等
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。
アテンションプリーズ。今回の試乗は最小限だったので、全く見当違いのレポートという可能性があります。申し訳ございません、ご了承くださいませ。

個人的に好きです、このエンジン

エンジンは日産お得意の6気筒、VQ型。型式は「VQ37VHR」

排気量大きいのでもちろん低回転からパワーはあります。交差点の立ち上がりで横滑り防止装置をOFFにしてアクセルを全開にすれば、タイヤは少しだけですが、気持ちキュルキュルとホイールスピンを始めます。姿勢は乱れない。タイヤが粘っているのか、横滑り防止装置が完全にはOFFにならないのか?
タイヤの銘柄は未確認ながら、パワー的には8気筒クラスと比較してもそう違いはないほど。同じ日産車でもエルグランドの場合には3500ccでも余裕はありませんが、スカイラインクロスオーバーならこれでOK。ギヤ比に関する考え方も違うのかもしれません。一般の幹線道路ではずっと変わらぬ制限速度がある以上、これで不満がでることは少ないはず。

エンジン型式はVQ37VHR。率直に言って回転フィールはいかにもVQといった感じ。VQ37VHRでは一応高回転型ということだけど、ほんとにそう?まあなんか、全開で加速していく感じはVQ35HRと大差ない。
大きく違うのはスロットル特性。VQ35HRを搭載したセダン、めちゃくちゃなフィーリングで運転しにくかった。もう普通に、完全に初期の頃の電子制御スロットルのそれ。唐突すぎてどうしようもない。それがVQ37VHRになり、普通に乗れる感じになりました。

特性的には3000回転〜4000回転といった中回転でパワー感を感じさせるエンジン。個人的に一番美味しい部分はココかなと。

比較すればトヨタのV6(2GR・4GR)は高回転ではじけるようなサウンドを出します。低回転ではジェントルだが高回転では少しだけ”安っぽい音”と言えなくなくもない。「演出過多」なんでしょうか。ただしこれぞ日本のエンジン!といった感じで精密な感じが伝わってきます。高級感という点ではこちらの勝ちでしょう。

個人的にはトヨタの3GRや2GRよりVQ37VHRの落ち着いた感じ?が好み。VQ37VHRの方がエンジンノイズがちょっとマイルド。ただしペダルに伝わる振動はあったり上品とはいえず、スロットル特性はトヨタの3500ccの方が落ち着いてる。マークXもクラウンも。
だから落ち着いてるという表現が正しいかわかりません。ちょうど今、言葉が出てこないw。

ハナシは戻って新しい世代のVQ、よく言えば図太い低音。メカニカルな音より低めの音質が室内に入ってくる。こんな音がアイドリングでも聞こえる。窓を閉めていても室内に入ってきます。車両価格は高価だけどサルーンって感じではない。
ということで、多気筒エンジンといっても日本車的な6気筒とはちょっと違う。直列6気筒のRBとか、もっと上品だったじゃない。これなら排気量も4000ccに近いし、8気筒4000ccにしちゃって欲しいというハナシを聞いた。高級感にプラスして音もフィールもその方がスポーティだったりするし。

エンジンフィールの嬉しい点としては、初期の頃のVQエンジンで欠点であった高回転は普通に回ります
盛り上がりのないVQ35DE、レスポンス悪い上に踏んでも遅い。思い出します。

弱点は?

タイヤの音がうるさい。スカイラインセダンと直接比較したわけではないので、セダンを試乗した際の感覚は忘れてしまいましたが、同じ様な感じで大差ない。SUVを上級車的ポジションと考えると、もう一段か2段、静粛性を高めて欲しい。「高級感=静か」という価値観からすれば、高級さをスポイルしてしまっている(新車時のタイヤ銘柄は未確認。サイズは225/55R18)。クーペのリアタイヤは245mm幅なので、それよりは静粛性は高いと思う。

せこい話だが、同じような自動車税払って、同じような燃費で燃料代を払うことを考えれば、従来のシーマやセルシオの方が静か。圧倒的に静か。静粛性に関してはある程度、割り切れなければ欠点になります。

ライバルは?

ライバルが難しいこのクルマ、あえて言えばレクサスRXでしょうか。(ハリアー後継車)。

レクサスRXには、4気筒エンジンの「270」というグレードが追加されました。価格はスカイラインクロスオーバーと同程度。内装はRXの方が高級感あり、外装デザインは優雅というより力強いイメージ。

レクサスに実用系4気筒エンジンというのは、如何なものでしょう?ただし一般的には高級に見られます。お金持ちなイメージもします。ディーラーのサービスも極上です。コーヒー美味しいしゆったりソファでタバコが吸える席がある。どちらがいいか大いに悩める選択肢。

スクラッチシールド塗装

最近、ノートパソコンの天板など家電で採用され、よく耳にするスクラッチシールド。実は日産車でも使われています。スクラッチシールドとは何か?といえば、傷を自己修復する柔らかいクリア塗装

以下、日産のアナウンスより
「ボディに軟質樹脂を配合したクリヤー塗装を施すことで、洗車によるすり傷、日常使用での引っかき傷程度なら、時間がたてば復元する世界初の塗装です。また、一般のクリヤー塗装と比較して、傷がつきにくくなったことにより水はじきも良く、ツヤ、光沢も持続します。 」

  • 効果1・・・従来の塗装と比較して、細かい擦りキズ等を1/5程度に低減。
  • 効果2・・・時間の経過とともに、ほぼキズが生じる前の状態まで復元。

スクラッチシールドが採用されている車種は、エルグランド、セレナ、スカイライン系、フェアレディZ、ムラーノ、エクストレイル、フーガ、ティアナ。


スカイライン「クーペ」の内容を持つSUV。セダンを地味と考えるなら、やっぱりクロスオーバーしかないでしょう。

総合して

内容はとってもラグジュアリーなスカイラインクロスオーバー。しかしこのネーミングがちょっとラグジュアリーじゃない
スカイラインという名前がすでにリッチではないし、好き嫌いが分かれる。そしてクロスオーバーという響きも色気がない。
優雅さを感じるボディデザインとあまりにもミスマッチ。このネーミングさえ違ったものなら、実際に買いたいクルマのリスト上位に上がってくるだけに非常に残念。筆者は一時期、本気で購入を考えたものの、夢の中でお告げがきました。名前は重要だよって。人に車名聞かれて面倒なクルマは下取りも悪いってw。

スカイラインという名前に特別なにも問題がなければ、プレミアムSUVとして他にはない選択肢。外国車で良くできたSUVを探せば、それこそ一般人には手がでない価格になってしまいますから。
(注:日産の方に聞けばこれはSUVではないそうです)

グレードの違いは本皮シートがメインの差で、差額は50万円。本皮シートといえば、これだけで一気に室内が高級になるので、せっかくなら欲しいところ。しかしスカイラインで500万円近い車両価格というのは勇気がいる。ここは社外品のシートカバーという手も。これ、フェイクレザーですが5万円程度で購入できます。(スカイラインクロスオーバー用があるかは要確認)。
運良く発売されていればギャザー入りなども選べることが多く、取り付けはディーラーの営業マンに相談しても、大方快く応じてくれると思います。

日産 スカイラインクロスオーバー

ニッサン

SKYLINE CROSSOVER
(スカイラインクロスオーバー)

  • 試乗グレード:“370GT”
  • 型式:J50
  • 車両価格:420万円

エンジン概要

  • 排気量:3700cc
  • エンジン型式:VQ37VHR

その他概要

  • ボディサイズ:4635×1800×1575mm
  • 発売開始時期:2009年7月
当記事は「ヒラリー」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

日産
メーターは他のスカイラインとほぼ共通。

日産
立体感ある造形はさすがこのクラス。

日産
センターアームレスも優雅な造形

日産
ルーフレールがあるとより大きく見える。

日産
評価の悪かった日産5ATは新世代の7ATに進化。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。