ブルーバードシルフィ自動車評価

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2007年記事 日産 ブルーバードシルフィ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

日産・ブルーバードシルフィ・インプレッション

今回の試乗レポートは、日産ブルーバード・シルフィ(1800ccモデル)。ちょうどいいコンパクトサイズとワンランク上の上質感が特徴のコンパクトセダン。

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴です。評論家の先生がお伝えしにそうな点を強調して記載しています。

日産自動車
  • グレード:“1.8L”
  • 型式:G10
  • 車両価格:G10
  • デビュー年:-

この型からベースはサニーと共通

高年齢層をターゲットに、旧サニーをベースにして作られた、ニッサンブルーバードシルフィ。完全に前世代のコンセプトとサニーをベースに、上品な1クラス上の車格をイメージさせる外観を与えているが、サイズや面影はサニーのそれである。

ブルーバードという名前が付きつつ、ベースはサニー。価格はブルーバードの価格帯。それがブルーバードシルフィの正体。よく言えば、ダウンサイジングの先駆者。セダンのダウンサイジング(というかモデルの統廃合)は時代の流れになっています。

微妙な車格のシルフィ

ブルーバードシルフィのデビュー当時、ブルーバードは1800ccと2000ccをメインにした車種として、通常通り販売していました。そこへ、ブルーバードの車格に見せようと装飾したブルーバードシルフィが登場し、1500ccをメインとしながらも、1800ccと2000ccをラインナップを行いました。

このくるまは、ニッサンの過渡期にデビューしたくるまであり、確かに上品なイメージを持っていましたが、実際はサニーそのものであり、ユーザーである高年齢層を騙したような形。サニーに、ブルーバードに近いプライスタグを付ける、とんでもないくるまです。ブルーバードも全く売れない車種でしたが、シルフィも実際にはユーザーは賢く、さすがに売れませんでした。

外観デザインは、ほとんどサニーですが、サニーよりはとても上品にまとめられています。メインユーザーは60歳以上でしょうから、代替え需要に合わせたと思えば納得。

シルフィのグレード、エンジンバリエーションの中で、メインは1500ccと1800ccでしょう。1500ccで価格は160万円。1800ccでは価格は概ね200万円弱。

しかしブルーバードの代換え用でしょうか、2000ccのラインナップされています。
このシルフィ2000ccモデルはCVTを採用。このCVTはギクシャクし、走りにくいと評判ですので、できればさけた方がいい。値段も200万円オーバー〜。サニー後継車としては考えられないほど高いのでこれなら「ティアナ」または「セフィーロ」を選んだ方が賢い選択となってきます。

室内・内装

内装はチープで少々嫌みな造形ですが、ちょっと見方を変え昔ながらの価値観で見れば、品のいい木目と上質感のあるシート素材を使用しています。(薄いテカテカクリアのパネルにモケット生地のシート)
一台のクルマでかけられる予算は決まっているはずで、それをどこに配分するかでクルマの持つキャラクターに違いが出てくると思います。このブルーバードシルフィでは、内装の部材をがんばったのでしょうか。細かいことはよくわかりませんが、クルマ的に内装が”ウリ”、そんな気がします。

ステアリングはニッサンが多くの車種共通でつかっていた、アレ。カタチおわかりでしょうか?写真を見ればすぐにあぁあれね!とぴんと来ると思います。
それからブルーバードというわりに室内は狭く、特にリアシートには乗り込みにくいのは欠点。リアシートは足下も頭上も狭いため、男性が乗るのは厳しいかもしれません。

シルフィの試乗インプレ

1800ccを運転してみて、内容はやっぱりサニークラスだと感じました。その分、エンジンは1800ccだとそんなに不満はありません。燃費は地方都市でだいたい10キロくらいした。サスペンションは柔らかく、リバンプはびっしり止まらず、フワフワします。パワーステアリングも柔らかいというか、剛性感なく、チャチなおもちゃのような印象です。怖くて、飛ばそうなんて思わないのが利点でしょうか?

いや、違います。これはブルーバードシルフィの大きな長所なんです。

皮肉ではありません。多くのセダンがモデルチェンジの度に足回りを固め、引き締まった剛性感をアピールしています。しかし柔らかい足回りでゆっくり走りたいという話も良く聞きます。だから、ゆったりボディ&ゆったり足回りのクルマがなくては困ります。

車重が軽くコンパクトサイズ、トレッド狭くホイールベースも短い。だから重厚感なんてなく、ペラペラな感じを受けるかもしれませんが、こういった車種では足回りの粗が出やすいらしいんです。少しでもしっとり感が欲しければ、常にガソリン満タン、トランク満タン。特にリア周辺を重視して、クルマを少し重くしてみて下さい。

このシルフィは間違いなくライバルはカローラです。場合によってはプレミオ/アリオン。車両価格的にはアコードも比較対象に入ってきます。1500ccを選ぶならカローラと比較、1800ccや2000ccを選ぶなら、プレミオ/アリオンの他にホンダのアコードと比べてみるといかがでしょうか?
日産とのつきあいを重視しなければ、また若干の装備面の差を除けば、アコードがかなりお得だと思われます。アコードなら欧州車風のテイストがあって新しい何かを気付かせてくれるかもしれません。
営業マンその他の問題から、日産との付き合いを重視するならティアナかセフィーロあたりは如何でしょう?

ライバルと比較して

ブルーバードシルフィのライバルと言えばトヨタならプレミオ/アリオン。ホンダならアコードやシビック。スバルならインプレッサまたはレガシィ。
つまり意外にもビッグネームが揃います。ジャンル的にはロアーミディアムセダン。近年不人気のクラスだけあり、統廃合や車格変更といったラインナップ再編成が繰り返され、実際に価格や排気量でバッティングするライバルは異なります。

例えばトヨタのプレミオ/アリオン。このクルマも現在では1500ccをラインナップし、中身はほとんどカローラに近い。それでいて価格は高め。
しかしこのクラスのセダンでは非常に人気が高く、それは誰にでも受け入れられる外観デザインがポイントとの評判。

シルフィ本来の車格、つまりサニーということであればライバルはカローラ。カローラと比較すればシルフィは価格が高すぎ。値引きで逆転する可能性あり。内装の品質はシルフィの勝ち。ゆったり感もシルフィ一歩リード。またどちらも旧来的な価値観、センスが重視されてデザインされたクルマだと思われますが、どちらかといえばカローラの方が脱却を感じさせ、今風のコンパクトセダンに近い存在かもしれません。

このクラスのセダンについて

コンパクト〜ミドルサイズまでのセダン、トヨタや日産、ホンダのそれは、どれも味がなく、良くも悪くも昔ながら。つまり今乗っているクルマが古くなったから買い換える需要が最優先。今までと同じでいいというお客様重視なのが想像出来ます。
つまり昔からこういったクルマを乗られている方に合わせているので、昔ながらの価値観なワケです。つまり比較はあまり意味をなさず、新たにこういったクルマを買う人は少なく、クルマ好きも極小ということで内容が良くてもあまり評価されません。

ただし、安くてもそこそこ豪華に見えるクルマが好きというタイプの方には、ハッチバックコンパクトカーやコンパクトミニバンなんかより断然評価は高いはず。クルマとしての基本性能だってセダンの方が優れているのは間違いない。

ちょっと狭いけど静かで快適。ではなぜ積極的に選べないか?不人気か?それはもうただただ古い。流行遅れ。やはりセダンはサルーンということもあり、それなりの価格、つまりクラウンクラス以上でないと・・・というのがトレンド。
世間から評価されない(つまりダサイ)と思われれば所有満足度は激減。
奥様から「セダンは止めて!」といわれたら、素直に「は、はい」といった方がいいです。

安くて内容がいい。トランクのありがたさを今一度。「安い+豪華」というのは矛盾した話で、これ自体がカッコ悪いワケだが、走りの質感、静粛性、乗り心地、こういったポイントでコンパクトセダンが積極的に選べる、実は筆者もそんなトレンドが来るのを切に願っています。

日産 ブルーバードシルフィ

日産

bluebard sylphy(シルフィ)

  • 試乗グレード:“1.8L”
  • ミッション:4AT
  • 年式:2000y
  • 車両型式:G10

概要

  • 排気量:1800cc
  • エンジン型式:QG18DE
  • ボディサイズ:4470/1695/1445mm
  • 車重:1160キロ

車両型式

  • FG10 - 1500cc
  • QG10 - 1800cc
  • QNG10 - 1800cc 4WD
  • TG10 - 2000cc
当記事は「元自動車整備士」が
お届けさせて頂きます。
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

シルフィのバッテリー適合詳細


ブルーバードシルフィ

G10 QG10 1800cc 2000年〜
42B19L

※2000ccモデルはサイズが異なります。

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


地味だが品があるデザイン。爺くさいが上品な落ち着きさがうまく表現されていると思う。全長は4495ミリのコンパクトミドルセダン。


日本風の装飾、これがミドルコンパクトセダンの伝統と定番。ぱっと見の豪華さはなかなかのもの。


アクティブヘッドレスト。衝撃をうけるとヘッドレストがお辞儀をする構造。ブルーバードシルフィ以降のクルマでは当然の装備となっている。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。