「日産ノート」試乗評価P4・細部と装備、評価総合

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 日産 ノート
著:ヒラリー男爵)

日産・ノート(2代目)・試乗インプレ「4」

間違いいっぱいの自動車選び・試乗レポート、2012年デビューの2代目、日産ノート・E12型(1200cc/NAモデル)です。グレードは下から2番目の「X」。前ページからの続きです。

当ページは4ページ目です。「細部と便利装備、安全装備やディーラーでの試乗の際にぜひともチェックしたいポイント」などを掲載中。

ノート2代目インパネ1ノート2代目インパネ・乗車時
日産
  • グレード:“X”
  • 型式:E12(2代目)
  • 車両価格:124万円〜
  • デビュー年:2012年9月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ノート試乗「1-1」・内装評価とエンジン・ミッション
  2. 分割page - ノート試乗「1-2」・快適性(乗り心地と静粛性)、ハンドリング
  3. 分割page - ノート試乗「1-3」・室内とスーパーチャージャー搭載グレード
  4. このpage - ノート試乗「1-4」・細部と便利装備、安全装備、総評

関連ページ - e-powerに試乗しました!ノートe-power(2017年)簡単試乗レポ
関連ページ - 2016〜17コンパクト比較 / 2015コンパクト比較 

こんなとこもノート?試乗時にはぜひチェックをどうぞ

リアバンパー上部

写真はノートのリアバンパー上部。ハッチを開けると大きな穴が2個、お顔を出しちゃう。なんなの?と思えばたぶん水抜きの穴
排水経路を設計し忘れたのかチーフエンジニアが?マークなのか、いや筆者の気付かない大きなメリットがあるのか??

いづれにしても、日本車らしからぬ低品質感を感じる。もちろんドイツ車だって多分こんなの見たことない。写真のように半端なく砂が貯まる。

そうそう、以前こんな話を聞いたことがある。クルマはミツビシRVR。お母さんがリアをヒットさせたら、バンパーが盛り上がって水が貯まるようになったらしい。今ならお力になれます。ドリルで穴開けちゃえと。素で勉強になりました。

サイドガラス

ドアミラーは横方向が小さい。試乗時、一晩運転した後でも気になった、片側2車線、3車線道路でのレーンチェンジの際に死角に直結する部分だ。

フロント窓ガラスには親水コート。ワイパーの作動範囲以外でクリアな視界を確認。特に助手席での視界が快適。

ステアリング

アッパーグローブボックスにはボックスティッシュがそのまま入る。そういえばスイフトにはオカモト製エチケットゴムを隠してしまえる収納スペースがあったけど、このあたりも流行なのかなw
男ならスマートに!蓋付きで隠せる、というのはきっと女性に評価されてます。

装備内容、安全装備など

ノートのグレードは5つ。そのうちの2つは内容と価格的に誰も買わないだろうといった感じだから、実質3つ。具体的には、NAエンジン搭載グレードがひとつ、これが「X」。過給器付きグレードがひとつ「X DIG-S」。そして豪華装備の「メダリスト」となる。

売れ筋と思われる「X」、装備内容を見るとスマートキー標準はうれしいながら、それ以外は非常に貧弱。オプションの用意も最小限で割り切られている。本革ステアリング、オートエアコンはメダリスト以外では事実上あきらめるしかない。
グレード構成と車両価格を見る限り、メダリストは往年の日産ファン向けに用意されたグレードということが想像できるから、まさにノートは移動のためだけのコンパクトカー。メーカーがそう割り切ってくれるなら、ユーザーとして何の文句もありません。気持ち良く買える

安全装備、こちら現在のトレンドながら、ノートは充分貧弱。詳細はカタログ等で見て頂きたいが、横滑り防止装置やカーテンエアバッグがオプション。貧弱ながらもこれはしょうがない。気になるのは上り坂でクルマが下がってしまうこと。ヒルスタートアシスト付いてないのかは未確認。試乗中たまたま、上り坂でアイドリングストップが働かなかったのはせめてもの救いかな。

追記1:エマージェンシーブレーキが追加搭載

2013年12月、マイナーチェンジでノートにエマージェンシーブレーキが追加されました。追突軽減ブレーキとか呼ばれるアレです。もっといえばアイサイトみたいな機能。
ノートのエマージェンシーブレーキ、現時点ではかなり期待できる内容となっています。同クラスライバルと比較すれば、巡航中の速度域でも動作するというのが魅力。実際に筆者ヒラリーの叔母もちょうどコンパクトカーを探していて、これを比較対象に入れたくらい。いわく、「安全装備のためなら予算増額してもいいわね」と

内容としては、単眼カメラを主軸にしたシステム。高価なレーダーのたぐいは使われていない。時速10キロ〜80キロで作動し、動く人にも反応。効能を見る限り、ごくごく限られたシチュエーションでしか作動したい他車よりは期待できる。しかし気になる点も一つ。どこかで聞いたのだが”動くモノに反応する”らしい。じゃあ、ガードレールとかどうなの?

その他、「踏み間違い衝突防止」機能がオプションで用意される。ソナーで周囲を見張り、ペダルの踏み間違いを補正してくれます。

それから、「レーダー」「レーザー」をごちゃ混ぜにしている営業マンがいっぱいらっしゃいます。レーダーは電波、レーザーは光?まだまだ過渡期だなぁ。

追記2:安価なアラウンドビューモニター

アラウンドビューモニター、ルームミラーナビゲーションはいらない、でもバックモニターは欲しい。そんな時の強い味方がこのアラウンドビューモニター。バックミラーの中に液晶画面が付き、後が写ります。ナビゲーションシステムはなくても装着可能だから、予算は6万円程度でOK。

グレード「X]に上記安全装備とこれをセットにして総額155万円〜160万円くらい。ギリギリの値引き交渉はまだこれからね。

装備と価格で見ればけっこう魅力的です。ディーラー試乗時の注意点は、視認性を重点的にどうぞ。ディスプレイのサイズが想像以上に小さいのでチェック。そしてできれば逆光が強い時もチェック。この手のディスプレイ、モノによっては昼間はあんまり見えなかったりします。

アラウンドビューモニター、ルームミラー

ルームミラー内蔵型のアラウンドビューモニターは、日産デイズルークスで使用してみました。

長所は視点移動少ない。短所は表示が小さい。その他使ってみてどう感じたかは、デイズルークスのページで取り上げています。

参考:デイズルークス試乗レポート(アラウンドビューモニター)

参考データ:各部寸法

手元のメジャーを利用して気になる部分の長さを測ってみました。

各部の寸法

  1. ステアリング直径 35cm
  2. ダッシュボード中央手前からガラスまでの長さ 45cm
  3. Fシート、フロアから座面先端 リフト最大時31cm、リフト最低時28.5cm
  4. Rシート、フロアからシート座面先端 34cm シートバック高さ 56cm
  5. センターコンソールまたは左右シート間の距離 18cm
  6. シート座面の長さ F・ - cm、R・45cm
  7. リアシート開口部、座面先端〜ドア内張までの最短距離 35cm
  8. 左右ドアミラーいっぱいの長さ 195cm
  9. ラゲッジ寸法 奥行き69cm、幅95.5cm、入り口最低地上高63cm
  10. アンダートレイ寸法 なし

数値からわかること。センターコンソールの幅、つまり運転席と助手席の間は広め。ドアミラーの端から端いっぱいの長さは狭めでギリギリの駐車場所で助かることもあるかも。ラゲッジ広さはフィット(3代目)とほぼ同等。

車内スペースとカップホルダー

身長172センチの筆者がドライビングポジションを取った状態でリアシートチェック。

  • 身長172センチの筆者 ・・・ ヒザ前 コブシ 3.5個 / 頭上 コブシ 1.5個
  • 身長182センチの男性 ・・・ ヒザ前 コブシ 2.5個 / 頭上 手のひら 1枚

カップホルダーの数

  • フロント 4個 / リア 2個

広い広いといわれるフィット(3代目)と室内スペースを比較すれば、実はノートの方がやや広い。リアシートのシートベルトもフィットよりノートの方がやや、締めやすい。なのでリアシートも使いやすい。
カップホルダーの配置や構造、向かしながらで特筆点なし。

ライバル比較

下記ページにてコンパクトカー比較をまとめています。内容薄めながらその分、簡潔で明確を心がけました。

フィット(3代目)との比較をまとめると?

ニッサン

コンパクトカージャンルで室内スペースの広いクルマといえば、やっぱりノートとフィット。若干ジャンルの異なるソリオを除けば現在一騎打ちの様子。

ということで、この2代目ノートと、後からデビューした3代目フィットを項目別に比較してみる。

  1. フロントシートの空間:ノート優勢。
  2. リアシートの空間:フィット優勢。
  3. ラゲッジスペースの使いやすさ:フィット勝利。
  4. エンジン質感:フィット勝利(個性は強い)。
  5. CVTの走りやすさ:フィット勝利。
  6. 静粛性総合:フィット優勢。
  7. 乗り心地総合:ノート勝利。
  8. ボディ剛性感の高さ:フィット勝利。
  9. 好ましいステアフィール:ノート優勢。
  10. 緻密感高いハンドリング:フィット勝利。
  11. インパネの上級車感覚:ベースグレード同士ならフィット優勢。
  12. コストパフォーマンス:フィット優勢。

参考:フィット13G(GK3・1300cc)試乗レポート

ソリオってどんな感じだ??

ニッサン

よりコンパクトでより広い!それがスズキのソリオ。このノートやフィットとは車格が異なり、感覚的に一クラス下のクルマ、なんだけど、けっこう魅力が高い。

室内は現実的に使えるウォークスルーを備えるほどのスペースがあり、着座位置は高くアップライトな着座感覚ながらも広さは十分。車内スペース最優先の軽自動車、それの親分といえば当然ですね。

また走ってみれば驚くほど柔らかくセッティングされたサスペンションが好印象。柔らかいからいいんじゃなくて、クルマに合わせて日常でのゆっくり運転を重視している点が素晴らしい。いざという時の回避性能ばかり考えた最近のクルマって、それから背のクルマって、硬いクルマがとても多い。時速50km以下のドライブが中心の方、けっこういらっしゃるでしょ!?
前後のタイヤ銘柄変えてガンガン走れば、そうしたユースにはちょっとあれだけど、普通に無理しなければ全然問題なく走れる。小さくて広く、そして柔らかい足回り。メーカーとしては勇気あるセッティングかもしれない。意外と少数派のタイプだね。

クルマとしての内容は十分魅力的。ただし割高感を感じる価格設定により、商品価値としてはやや微妙か。そこだけが残念。

参考:ソリオ試乗レポート

ハイブリッド車と比較は難しい

日産のCMを見ると、ハイブリッド車より安い価格で同等の燃費と宣伝していますが、これちょっと微妙です。決してだまされてはいけません。この手のエコカーすべてに言えることですが、我慢して集中して全力で走ってこそ燃費が伸びるんです。エコランすればカタログ燃費に届くも、条件は厳しいんです。普通のクルマは「排気量並み」というのが基本。

その点、ハイブリッドは違います。適当に乗っても十分な燃費。さらに乗りこなせれば燃費アップ。だからこのノートと一律に比較は難しいです。

追記:ノート「e-power」にも試乗してみました

e-powerメインメーター当ページで取り上げているノートは2012年式と2014年式のモデル。ノートにはその後の2016年マイナーチェンジで追加された「e-power」というタイプがある。
これは動力源が大きく異り、エンジンを発電専用にモーターで駆動するシステム。エンジンユニット自体は同形式なものの、乗り味は大きく異る。

これに試乗させて頂くと、加速減速は滑らかで、良い物感が強かった。構造上、ミッションが無いというのもあるし、アクセレーションは通常のノートより丁寧に調教されている様子で扱いやすい。微調整が可能だから滑らかに運転することが可能ともいえる。
走行中の静粛性も高まっていて、当ページに記述しているような静粛性の悪さは感じられなかった。

残念な部分もあり、乗り心地は固くなり、通常のノートみたいなゆったり感とか重厚感はなくなってしまった。フラットライドといえば聞こえはいいけど、突っ張っていてドタバタする足に。それでいてシャキッとしたステアフィールでないのが残念な部分。

それでも総合すれば、ライバル車であるトヨタ・アクアよりかなり立派。多くのユーザーがそう感じるような、わかりやすい質感が魅力だ。通好みの長所より万人向けというのがクルマにピッタリだなと。

お値段はけっこうお高く、パッと出てきた見積もりは主力グレードで270万円オーバー。本格電気自動車で2クラス上の日産リーフと差額は100万円弱。値引きに補助金にと考慮すれば、実質的な差額は50万円くらいになるだろうか。
なので、ちょっと高くても良いコンパクトカーが欲しいというユーザーに合わせたクルマが「e-power」ということ。もちろん燃費の良さだってあるんだけど、経済性というよりは質感で選ぶという買い方の方が喜びを味わえそう。

参考:別ページに掲載しています。ノートe-power簡単試乗レポート

ノート2代目メーター1ノート2代目メーター2

ノート評価総合

エクステリア1ダウンサイジング過給器という流行のキーワードを持って出てきた時点でノートには存在意義がある。やっぱりクルマ好きにとって、ウリがなければオモチャ以下。注目度ってけっこうデカイ。
また日産車びいきのユーザーからすれば、「4代目マーチじゃ耐えられないから早くまともなクルマ出してよ」なんて声もあったはず。確かに馴染みのディーラーで飼いたいよね。

内容を見ればフィットと同程度の室内&ラゲッジスペースを持ち、フィットより座りやすいリアシート。そして燃費の良さがアピールポイント。走行感覚的な味は違えどスペース重視系コンパクトとしてフィットと直接対決するモデルと分類して良いと思う。運転しやすさや上級車感覚を目指していそうなデミオやスイフトとはちょっと違うから、一口にコンパクトカーといってもフィット意外はライバルであってライバルではない感じ。

広くて経済性重視というのなら今や軽自動車だってよし。単純にリアシート前後長の広さならタントやパレット、N-Boxだって十分。ノートやフィットは広さ意外に軽より高い維持費を出す意味があるのかないのか。このままだと、だんだんと軽自動車に取って代わられちゃう可能性。日本には軽自動車という規格がある以上、コンパクトカーは質を大幅アップするかもっともっと価格を下げないと価値ないよ、と。
今ならノート(執筆時)、 他車より高性能なエマージェンシーブレーキが魅力。これつけて総額150万円あたり。また追記、2016年にe-powerという立派かつ新鮮な乗り味を持つグレードが追加されてました。乗り心地の優しさでノーマル系、立派かつ今風な乗り心地ならe-powerと選択肢が広まっています。

日産 ノート(2代目)

ニッサン

note (ノート)

  • 試乗グレード:“X”
  • 型式:E12(2代目)2013y
  • ミッション:CVT
  • 車両価格:130万円

当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

エクステリア1
エクステリア2
エクステリア3

スタートボタン1
プッシュスタート2
スマートキーのプッシュスタートボタン。触り心地はちょっとチープ、見た目はもう、ご覧の通り。ただし全体が光るので、親切と言えば親切。そういやスカイラインもこんな感じだったか。

スマートキー
スタートボタンはトヨタの方が立派、スマートキーの質感は日産の方が立派。でもこれって、バッグに入れっぱなしのような。

リアバンパー
この写真は本文参照ください。

助手席側Aピラーとドアミラー
ドアミラーは横方向が小さい。筆者的には見づらいと感じた。
またフロントウインドには親水コートが施されていた。ワイパーの作動範囲以外でクリアな視界を確認。特に助手席での視界が快適。

ドアトリム
オプションで装着できるアラウンドビューモニター。ナビゲーションと同時装着のほか、単体での装着も可能。

ステアリング

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。