2012年デビュー日産「ノート」1200cc 自動車試乗レポート

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 日産 ノート
著:ヒラリー男爵)

ノート・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び・試乗レポート、2012年デビューの日産ノート・E12型(1200cc・NAモデル)。グレードは「X」で2013年式。新車時価格は約130万円。

※ノートe-powerに試乗しました!ノートe-power(2017年)簡単試乗レポ

ノート2代目インパネ1ノート2代目インパネ・乗車時
日産
  • グレード:“X”
  • 型式:E12(2代目)
  • 車両価格:124万円〜
  • デビュー年:2012年9月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. このpage - ノート試乗「1-1」・内装評価とエンジン・ミッション
  2. 分割page - ノート試乗「1-2」・快適性(乗り心地と静粛性)、ハンドリング
  3. 分割page - ノート試乗「1-3」・室内とスーパーチャージャー搭載グレード
  4. 分割page - ノート試乗「1-4」・細部と便利装備、安全装備、総評

関連ページ - 2016〜17コンパクトカー比較 / 2015コンパクト比較 

ノートの特徴概要

エクステリア1

意外にも!?日本のコンパクトカーはどれも、ならではの特徴を持って発売されている。そりゃ何かしら特徴がなければ無個性で軽自動車で充分になっちゃっいますからね、話題性も乗り味も決して無視できないポイントでしょう。
2代目となる今回のノートは、燃費向上にスーパーチャージャーを搭載したのが大きな特徴。燃費重視系ターボとか呼ばれる欧州車的なアプローチ(詳細は後述)。NAと過給器付きの2本立て。

また先代ノートからはボディサイズを拡大し、このクラスのベンチマーク的存在となるフィットと同程度の室内空間を確保。広ければ売れるといわれるこのクラス、これは大きな武器。ボディサイズだって今度のノート、全長4100mmと結構ロング。

10数年前にはカローラクラスの顧客を頂いちゃったコンパクトカークラス、今は軽自動車「日産モコ」「日産デイズ」に食われないようにディフェンスできるかどうか?アタックの時期からディフェンスの時期に転向ということで、内容的な魅力+コスト的な魅力が必要。しっかりと武器を持ってデビューしてきたところも大きな特徴だと思います。

試乗車概要

ノート=スーパーチャージャー??ノートは低排気量+過給器という特徴が大々的にアピールされている。しかし過給器付きグレードだと車両価格的に割安感はなし。とすると、経済性の高さがポイントという存在意義自体がクエスチョン。ということで今回は標準的な装備内容を持ち車両価格130万円で買えるNAモデルの試乗レポート。

今回試乗したのは、グレードは下から2番目の「X」。このグレードはコストパフォーマンスが魅力。同クラス競合車と比較すればボディ全長は200mmも長く、外観のスタイルは1クラス上のようなボリューム感を感じさせてくれます。

試乗車は2013年式でオドメーターが示す総走行距離160km。ほとんど新車おろしたての車体なので、各部の馴染みが不十分な可能性が高いです。

※その後、同じ2013年式で総走行2万kmの車体にも試乗し、文章追記しています。

コンパクトはどのモデルも特徴あり

偏にコンパクトカーといっても、ジャンルが細分化できます。試乗比較する上で分類が可能。

  • 同世代のコンパクトでは広さ重視系としてノート&フィット、「空間系」と呼ばせていただきます。
  • クルマ本来の質感を重視したスイフトデミオ。こちらは「ドライバー重視系」とさせて頂きます。
  • 1000ccモデルを除きすべてほどよくのヴィッツ。「迷ったら結局これか系」なんて間違ってなさそう。
  • そして必要上ラインナップされるその他コンパクトカー。「受け皿系」でいいかしら?
  • また番外編、優雅でセレブリティ、でも走ると強烈FIAT500、メカオタク系として仲間にお招き致します。

試乗:内装について

ノート室内・ステアリング周辺

内装の全体的なデザインはアジアンテイスト。タイ生産マーチと共通のキャラクターを感じる。曲線や膨らみ、照明色など、まさにマーチの上級車と思えるだけ、テイストの類似性がある。

ノートの室内、各部のデザイン的には落ち着き感あって好感持てるもの。いきなり運転しても違和感を感じることはないと思う。質感的には今一歩ながら、マーチと比較すれば十分上質。これはインパネのデザイン指向の違いや、ドア内張であったり、メーターが立派だったり、シフトセレクターの操作感であったり。このあたりから感じる事ができる(メーターは各所の写真でチェックして下さい)。

ノート室内1メーター(点灯)

他車と比較してみる。このクラスではスズキ・スイフト(3代目)が落ち着き感あるデザイン+上質な印象でノートを越えているように見受けられる。ベースグレードから十分な質感。
スイフトの内装を初めて見たときには、何かアラがあるのでないかと本気で思った。安くて基本性能良くて内装まで立派なんて、コンパクトカーとしてあり得ないでしょ?なんて先入観が多少はあった。実際はラグジュアリーというか上級志向が、あちらこちらから感じられる。あんなにポップなボディデザインからのイメージとは全く異なる。

ホンダ・フィット(2代目)は立体感あるデザインで凝った作りをしている。ホンダ流の個性派といってよさそうだが、それで違和感なくまとまっているのは流石。ドライバーズシート周辺はノートより満足感高いと思うが、メーターの質感はノートの勝ち。フィット(3代目)、乱反射しない大きなテカテカパネルでインパクト大。好きな方にはたまらないと思います。

フロントシートはマーチゆずりのチープさ

フロントシートマーチのフロントシート

左の画像はノートのフロントシート、右の画像はマーチのフロントシート。

一旦気にするといつも気になって仕方がないのがシートの出来。どうしてもということならアフターパーツで変更することも出来るけど、シートだけ豪華一転主義になってしまうほど値段が高く、おいそれとは代えられない。
「自動車を比較するときはシートの良さを最重視」という方もいらっしゃる部分だから、シートは地味なようで大事な構成部品ともいえる。

ノートのフロントシート、一言でいえばまるでマーチ。身長172センチとややチビスケの筆者でもしっくりくることはなし。うーん、単純に座面が小さいからと思えばそれだけではない。
ヒントとしては座面先端がかまぼこ型に丸まっている。足の長い方でも身長の低い方でも大丈夫なように設計されているのかもしれないが、この欲張りが元凶かもしれない。それからシートリフターの作動は座面のみ。下げるとシートバックに違和感を感じる。
また助手席に座った場合、多少だら〜んと座ると「腿のうしろはサポートほんのちょっと」状態。

座りにくいという面は事実ながら、いい面もある。シートバックの全高は高い。コンパクトカーというクラスの中で比較すれば最も高いレベル。だから身長が高い方が座っても、周囲から変には見えない。マーチに男性が座ると、”巨人がミニカーに乗ってる”状態ですからw。ノートならそんな事ありません。

試乗:動力性能(エンジンとCVT)

エンジンとミッションによる動力性能、率直に言えば対して速くない。最大か速力にちょっと不満あり。ライバルの1300ccモデルより、加速力”悪い”のが体感出来る。踏み初めのレスポンスというか瞬間的な加速感含め、体感上の加速力。もちろん現代のクルマだから市街地メインなら困らないし、そもそも「アクセルを全開にしたことない方なら全く問題なし」。

困るのは合流や黄色信号の判断に迷う時。個人的に思うのは、免許取り立ての方こそ、もう少し大きいエンジンを選択した方が運転中に困る事が減ると思うんですがどうかな。

3気筒エンジンてどうなの?

エンジンルームノートのエンジンは「HR12DE」という型式で3気筒エンジン。いままで「HR」といえば4気筒だったから紛らわしい。3気筒エンジンで特に気になりやすいはずのアイドリング時振動をみると、他の4気筒コンパクトカーに比較して特別質感が低いことはない。日常的に3気筒らしいのは音だけ。特別な時、エアコンやその他状況によって、特定の条件下では凄い振動と音が気になる。
試乗中、運転している時間の9割はなんてこと無い時間で、1割が特定の条件下という割合だった。

加速中は3気筒らしいエンジン音が響き、車外にもベホベホとした音が響く。ドライバーが感じる振動としてもペダルやシートに伝わり、やっぱりスムーズさに欠くのが残念。想像の通り、とてもクルマ好きが乗るようなエンジンには作られていない。次回は意外な裏切りに期待。

想像以上と予想通り、意外によい面とやっぱり悪い面を持ち、これはマーチも一緒
身近なものに置き換えてみる。軽自動車が小さなテレビ、ノートが安くて大きなテレビ。アラが目立ちやすい大きな方は、出来る範囲内で対策が取られ、結果、それなりに見られるようになっていたり。軽自動車の3気筒とは違うのでご安心下さい。

実用車としては質感なんて2の次3の次、本質を考えればとても理にかなってると思います。安くなければ意味がないです。
折角なら排気量1000ccなら税金安くてさらに嬉しいなぁ、なんて。

他車比較ではトヨタ/ダイハツ系の3気筒1000cc。こちらは全域で耕耘機のエンジンレベルだから、質感どうこうなんて評価できず。これこそ本質か?それと比較すればノートは全然OK!文句ばっかりの筆者だってギリギリ合格点。

CVTの印象はどうなの?

ノートのミッションは副変速機付きCVTらしい。メインのスピード変速のほかに2段階の変速機構を持ち、ワイドレンジを実現しているという(メーター読み80km/h時に1600回転前後)。

マーチやスイフトなど他車でも利用されるこの副変速機付きCVT、実際に試乗すると欠点を感じてしまう。例えば音。スイフトなんかは回転数が下がるときに「ふぅ〜ん」なんて音がして、これが遠くから救急車が迫ってくる音にそっくり。焦ってしまう。一晩中試乗していても慣れないほど。マーチも条件があうと気になる音が大きく聞こえてくる。
この点、ノートの場合はスイフトやマーチと比較すれば静かだと評価出来る。車体側の静音対策の違いが想像できる。そんな事もあり、ベルトの「ひゅーん」という音もたいして気にならない。

次に加減即時に感じるショック。こちらは標準的にショックがある。これはトヨタ系コンパクトカーを除きほとんどの車種で、アクセルを戻したときや停止直前、悪い条件が一致するとカコンとショックが来る。

トヨタの新しい世代のCVTはどれもライバルより秀逸で、このクラスならヴィッツ。特別な方式ではなさそうだが充分低回転で巡航でき、滑らかに発進でき、減速時も滑らか。副変速機付きCVTの方がギヤ比が高い部分において、よりトルク重視のギヤ比が可能なように感じる。トヨタのCVTってドライバビリティを別にすれば質感は凄くイイ。

CVTの制御は?

シフトセレクターマーチ含めこのCVTはかなり発進加速重視のギヤ比を使いたいキャラクターな印象。CVT流の効率重視なのかな。これにプラス、アクセル早開きで、そおっとアクセルを踏むようなスタートでもけっこう高めの回転数を使おうとする。

低回転+アクセル全開がもっとも燃費が良いとすれば、ノートは余裕を感じさせたいようなセッティングに思える

巡航時からの再加速は、アクセルの踏み加減に応じて3段階くらいのエンジン回転数にまずシフト。例えばアクセル開度30%で3000回転、50%で4000回転、70%で5000回転(数値は適当)。そこからスピード上昇と一緒に回転数も上がるような感じ。マイナーチェンジで調整される可能性はあるにせよこれが現在の、日産のお味かもしれない。

これを利用すれば走りながらのアクセルミュージックも可能かも。アクセルオフ含めて音階は4つ。スライドやチョーキングで音符を繋ぐようにすればきっとおっけい(爆)。うわぁwww。

ノート2代目メーター1ノート2代目メーター2

CVTのスポーツモード、ただのLレンジ?

シフトノブのちょうど親指位置にスイッチがあり、それをプッシュすると「スポーツモード」になる。切り替わった事を示すインジケーターがメーター内に点灯する。

で、スポーツモードでの試乗感、残念ながらただのLレンジみたいなモノでした。アクセル全開にすれば6000回転をキープ使用とする。一応加速力は重視されている”かも”しれない。

楽しく運転したい時に期待する点は、微妙なアクセルレスポンスと速度と回転数の一体感。ノートはスポーツモードにしても全然ダメ。アクセル踏めば回転数上がって、その次に加速。アクセル離せば回転数下がってその後にエンジンブレーキ。細かいアクセル操作、エンジン音が微妙に変化するだけ。過度な期待は禁物です。

同サイズの競合コンパクト、トヨタ・ラッシュやダイハツ・ビーゴはココが良いから楽しいクルマに認定させて頂きますw

日産 ノート(2代目)

ニッサン

note (ノート)

  • 試乗グレード:“X”
  • 型式:E12(2代目)2013y
  • ミッション:CVT
  • 車両価格:130万円

エンジン概要

  • 排気量:1200cc
  • エンジン型式:HR12DE (3気筒)

その他概要

  • ボディサイズ:4100×1690×1525mm
  • 車重:1040kg
  • 発売時期:2012年9月〜
  • 新車時価格帯:124〜174万円
当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ノートのバッテリー適合詳細


ノート

E11 - HR15DE 1500cc 2005年〜
55B24L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

3気筒としてはよかった。音はいかにも3気筒だが軽自動車より静かなエンジン。

駆動系質感 5段階評価

多少なりとも運転しにくい制御が気になる。

足回りの質感 5段階評価

渋さ、荒さ、新車時といえど厳しい。良い面があるだけに残念。

内装の質感 5段階評価

メーターは立派だけど、このクラスにはスイフトがあるからね。こんなものじゃない?

外装の質感 5段階評価

シルエットはフィットのよう。マーチのように笑っちゃう部分はとりあえず気にならず。

快適性 5段階評価

ゆったり感ある反面、スプラッシュノイズなど耐え難い面も併せ持つ。

お買い得度 5段階評価

ボディサイズからすればライバルよりお得感ある。装備はやや貧弱。

エクステリア1

ノート室内・ステアリング周辺

メーター(点灯)
メーター(拡大)
メーター(消灯)
メーターは半透明の薄いスモークが掛かった自発光。

ドリンクホルダー
シフトノブというかシフトセレクター。操作感は軽めでコンパクトクラスでは上位レベル。

フロントシート

ノート室内3
多くの小型車、多くの軽自動車でメーターは立派になりました。ここ20年で最も進化した部分と言っていいかも。

エンジンルーム

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。