日産マーチ(K13)試乗P3/シート、燃費、評価総合

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 日産マーチ
著:ヒラリー男爵)

日産マーチ・試乗インプレ「3」

辛口比較・評価評論の試乗レポート、4代目となる日産マーチ。型式は「K13」グレード「12X」
当ページは3ページ目です。「加速参考データやシートに関する話題、燃費とディーラーでの試乗の際にぜひともチェックしたいポイント」などを掲載中。

K13マーチのコクピット1K13マーチのコクピット(夜間)
日産
  • グレード:“12X”
  • 型式:K13型・2012y
  • 車両価格:123万円
  • デビュー年:2010年10月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - マーチ試乗レポート「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - マーチ試乗レポート「1-2」・静粛性とライバル比較
  3. このpage - マーチ試乗レポート「1-3」・燃費やシート、評価総合

関連ページ - 2016〜17コンパクト比較(ベーシックグレード編) /  2015コンパクト比較

燃費とアイドリングストップ

マーチの中級グレード以上ではアイドリングストップが付く。このアイドリングストップ、良く効き良く止まる夏の市街地ではエアコン効いてる暇がないくらい良く止まる。感触は、アイドリングストップした後のエンジンの再始動、ブレーキから足を離した後に始動する。神経使わなくて良い反面、ちょっとレスポンス悪いと感じる場合も。ハンドルをちょっと動かすとエンジンは始動するので、先に始動しておくことを推奨。

よくある「ブレーキを緩めたら始動」というタイプだと、停止中の踏み込むチカラ加減が気になる場合もあるので、マーチのようなタイプが最適かもしれない。アイドリングストップはまだまだ過渡期。無意識に使えるタイプが理想なので、試乗の際は気にしてみて下さい。

今回の燃費はこんな感じ

田舎道のワインディングを100km、空いてる一般道を250km、都内の混んでいる道を50km、高速道路を50km、計450km走って燃費は14kmを越えたあたり
アイドリングストップがどれだけ燃費に効果があるのかはテストできませんでした。

今回の燃費、数値だけ見れば特別いい数値ではないけれど、エコランすればそれこそ18km/Lあたりは狙えそう。わかりやすい目安である燃費20km/Lに近づきます。仮に18km/Lを基準にすると、同じような走り方で使っていた先代マーチが燃費13km/Lくらいだったので、実燃費で2割以上アップ。つまりガソリン代は2割減。毎月5000円ガソリンを入れていた人は4000円になります。

運転して思うこと。燃費改善の立役者はCVTぽいです。アイドリングストップはエアコン我慢した分の効果が言われるようになれば、もっと強くアピールされるようになるはず。

特別ミニマムなシート(女性に最適化?)

マーチはフロントシートもリアシートも小さい。小さいというのは欠点というワケではなく、ターゲットが明確ということだと思う。女性の体型に最適化していれば、それは女性は座りやすく運転しやすいことでしょう。そして男性は違和感を感じることに。特に背の高い男性だと厳しくなる。

両方を狙って中途半端な設計より、「マーチは女性の車」と割り切られている方がメリットは大きいと思う。
ではそんなマーチに男性が座るとどんな感じか?スタッフ2名で例を取り上げます。

  • スタッフ「1」身長172cm 体重63kg 中肉中背、手足は小さい
  • スタッフ「2」身長182cm 体重80kg超 肩幅かっちり体型

誰をターゲットにしたクルマか?気にしてみるのも楽しいかもしれません。

フロントシート

フロントシート1

フロントシート座面、先端中央部がやや長く、サイドに向かってラウンドしている形状。ヒザの後ろが短い。女性に最適化した車種によくある形状で、太もも〜ヒザ裏側の圧迫感がない。

スタッフ1は足の付け根〜ヒザまでが短く、問題なし。一方でスタッフ2はサポートが足りず細かなアクセルワークがやりにくい。

シートの左右感の幅、どちらのスタッフも内股を強制される。そのため、シート位置を後ろ目にポジションを取ることになる。その分は背もたれを起こして調整。

この状態で、背もたれの感じと、外から見たらどう見えるか。

フロントシート2フロントシート3

左の画像がスタッフ1。右の画像がスタッフ2。
スタッフ1はどうってこと無い。違和感がないといえばウソになるけど、このくらいで運転している人はいくらでもいる。スタッフ2はちょっと厳しいか。シートのみならず視線の位置が高すぎて、いろいろと運転に不都合がでる。

リアシート

マーチリアシート1マーチリアシート3

これは軽自動車以下のスペース?最初から4人乗りで設計した方が良いんじゃないかと思えるスペースと座り心地。無駄とも思えるセンターのシートベルトなどの影響で、実質的な1人分のスペースが制限されちゃっている。

横方向が狭い。座面が小さい。マーチのポジショニングを考えれば贅沢はいえません。合わせて背もたれの高さも小さいんですが、こちらは後方視界の確保のためでしょう。

小さなシートでがんばって確保したようなリアシートのスペース、実際に座るとどんな感じか。

リアシートに座った感じ、外から見たらどう見えるか。

マーチリアシート2

スタッフ1がリアシートに着座した画像。

シートバックから肩が出てしまっていますが、コンパクトカーに乗り継いでいらっしゃる方ならそう気になるほどでもないでしょう。

スペース的にも頭上は余裕あり問題なし。問題なのは座りにくさ。画像はヘッドレストを収納したままの状態で、この状態だとヘッドレストが背中に当たって痛い。乗員側に出っ張っているので当然、まともな姿勢で座れず。一手間掛けて伸ばせば問題ない。

マーチリアシート3マーチリアシート4

続いてスタッフ2がリアシートに着座した状態。肩胛骨から上がシートからはみ出ちゃってるような状態。本人曰く、座椅子に座ってる感覚らしい。
右の画像はヘッドレストを伸ばした状態。ヘッドレストではなくネックレストの状態です。追突された時の安全性はどうなのか?試乗中、ひそかに実験したくともなかなかw

以上、マーチのシートのサイズについてでした。何が言いたいのかといえば、どんな方をターゲットに開発されたクルマか、考えてみるのは如何ですか?って事と、乗車中の外から見える姿だってクルマ選びのポイントですよと。このあたりに触れたい為の企画でした。

シートの大きなコンパクトカー

マーチはいわゆる「Bセグメント」に属するクルマ。全長3800〜4200mmくらいのクラスがここに分類される。または分類されることが多い。

そんなマーチは女性に最適化されたデザインだと予想できるが、同クラス&同価格帯で成人男性が普通に座れるクルマもある。マーチ派生車のノート(2代目)とホンダのフィットだね。

日産ホンダ

広くて同じのフィットはリアシート足下が広い。乗り降りもしやすい。そしてラゲッジも使いやすい。3代目ではリアシート頭上に圧迫感があってやや窮屈だが、これで文句は付けられない。
シートはコンパクトカーでは圧倒的に立派。サイズも座り心地もライバル他車から抜けている。

参考:フィット(3代目・13G)試乗レポート
参考:フィット (3代目・RS)試乗レポート

ノートは2代目フィットと同じくらいの室内スペースを持つ。実際にはフィットより20cm弱、全長が長いという裏技を使用している。助手席は3代目フィットより広く取ることができ、マーチの男性向けポジションとして考える事もできる。

ノートの乗り心地はフィットより快適だから、3気筒エンジンという部分にこだわりがなければ、商品価値は高い。

参考:日産ノート試乗レポート

マーチ1200ccの加速力計測

同乗者による手元のストップウォッチでマーチの中間加速力を計測してみました。
計測条件は大人の男性2人乗車。ガソリン残量はメーター読み3分の2。風はほぼなし。タイヤ空気圧フロント2.2キロ、リヤ2.0キロ。道は直線。

  • メーター読み時速10kmから60kmまでの加速タイム ・・・ 6.2秒 
  • メーター読み時速30kmから80kmまでの加速タイム ・・・ 7.6秒
  • メーター読み時速50kmから100kmまでの加速タイム ・・・ 10.8秒

現在のトコロ、他車の比較タイムが少ないので、暇つぶし程度のデータになります。

K13マーチのコクピット(メーター1)K13マーチのコクピット(メーター2)

マーチ評価総合

マーチ in お台場どんなクルマにも何かしらの魅力がある。個人的な興味ありなしに関わらず、いつも試乗する度にそう感じているんだけど、このマーチはどうだろう??
試乗して内容と価格を考える、う〜ん厳しい。積極的に選ぶ理由を見つけられなかった

「日産とお付き合いがあるのならコンパクトカーはマーチ」。受け皿的ポジションとして用意されているように感じてしまう。現状、魅力も存在感も薄すぎると評価せざるを得ません。先代マーチで圧倒的に評価された、ボディデザインの魅力を捨て去ってしまったのが大きいのだろうか?

そもそも同じ日産にだってノートがある。クルマの内容、装備、コストパフォーマンスで選べば他車が良いというのが率直な意見。逆にノートじゃダメなのって感じ(マーチを好きな方ごめんなさい)。

日産党ならジューク、ノート、基本的に同じクルマといえど、静粛性や車内スペースの差は大きい。ジュークなら静粛性、ノートなら室内スペース。内装の質感だって比較すれば明白。
日産車じゃなくてもいいのなら、選択肢は豊富。何もコンパクトカーだけじゃなくて、軽自動車だって競合する。ワゴンRの20周年記念車なんていうのも強力なライバル。マーチは価格か内容か、コストパフォーマンスをがんばらないと軽自動車と比較されるレベルから抜け出せない。

実際の購入時は値引きも大きなポイントになるだろうから、大幅値引きだったらマーチも魅力的だろうけど、筆者の物差しで言わせて頂ければ、車両本体から20万円は引いてくれないと厳しいかなと。もしくはモデル末期の特別仕様車や在庫車に期待ってところですか。

日産 マーチ(4代目)

日産

march (マーチ)

  • 試乗グレード:“12X”
  • ミッション:CVT
  • 型式:“K13型・2012y”
  • 新車時価格:123万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

マーチリアシート2
マーチリアシート2
マーチリアシート2

マーチリアシート2
マーチ in お台場

マーチ in お台場


乗ればわかる!極小のフロントシート。

マーチリアシート1
乗ればわかる!極小のリアシート。今となっては珍しい大き目センタートンネルがある。
ライバルと比較すると、マツダ・デミオ(3代目)よりは厚みがあるし、姿勢がアップライトな分、スペース的に座れない事もない。

マーチリアシート3
リアのドアトリムと足下。

マーチリアシート2
リアシート乗降性、ドア開口部は広い。しかしサイドシルが高く足が引っかかる。
特にお子様は乗り降りがたいへんです。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。