K11マーチ 自動車比較と試乗

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2009年記事 日産 K11マーチ
著:元自動車整備士)

日産・マーチ・試乗インプレッション

日産マーチはモデルサイクルが長いクルマ。ライフサイクルが長いということはベーシックの象徴。初代マーチは9年と言う長さで販売され、2代目マーチに関しては、10年間という期間販売されていました。

普遍的だから変わる必要が無い。そんな安心して選べるコンパクトカーの試乗レポート。2代目K11マーチです。

マーチの内装イメージ
日産マーチ
  • グレード:“コレット-f”
  • 型式:K11
  • 車両価格:95.5万円
  • デビュー年:平成4年1月〜

K11マーチの概要

日産マーチ

トヨタでいうとトヨタのスターレットなどがありましたが、それと互角に近い人気を誇り、日本のみならず、世界をシェアにいれたのがニッサンのマーチです。

しかし、トヨタが、次世代コンパクトカーヴィッツを出してからコンパクトカーの人気が高まり、瞬く間に販売台数がカローラシリーズに匹敵するほど大ヒットとなります。ニッサンもかろうじてCVTグレードや装備品を充実させ、電動パワーステアリングなども追加しましたが、設計思想が古く内容で圧倒的な差が開き、売れ行きは、下がる一方でした。

このK11型マーチのライバル車としては、日本ではトヨタ・スターレット、ヴィッツ、ホンダ・ロゴその他、モデル末期になるとコンパクトカーは激戦区となります。その中でマーチは女性向きという事もあり、もっともコンパクト。そして低価格が特徴でした。
※男性(身長180センチぐらい)が乗ると、室内の天井に頭がつきそうなくらい狭く圧迫感があります。

この2代目マーチは、旧世代の品質感のまま、10年という期間を販売されていたわけですが、ちょうど三菱のリコール問題が発生したこともあり、数カ所がリコールの対象となりました。
例えばパワーウィンドウなど、普通ではあり得ない場所そして、よくもわるくも金額的に結構大変な部分がリコールとなっています。

実際に購入、試乗して

当記事の筆者「元自動車整備士」はこのマーチを購入して実際に乗っていたという体験をもとに、この試乗記を書いています。

グレードは1000ccのコレット。普段筆者の家族が運転していましたが、燃費記録があります。燃費は、メーカーの基準値は、16.6km/リットルという燃費ですが実際は13キロぐらいを目安にした方がいいでしょう。
このコレット1000ccというグレードに限ってかもしれませんが、パワー、トルク感がないのでガンガンとアクセルを踏んで、希薄燃焼外の領域を多用して走っているのかもしれません。つまるところのパワー空燃費で走る時間が長い可能性が。それプラス、ドライバーの問題。加速が終わってもアクセルを大きく踏んだまま巡航しているのかもしれません。

実際に加速に必要な燃料は、排気量が変わってもそんなにかわんない為、同じ気筒数なら排気量による燃費の差は意外と小さいんです。

エンジンはとってもトルク不足

1000ccということでもちろん、税金面、例えば自動車税や重量税での優遇はありますが、とてもこのトルク不足のクルマに、クルマ好きが乗って耐えられるものではありません

1000ccでは、どのエンジン回転域でも、トルクが付いてくることはありません。排気量の多い1.3リッターや1.5リッターのグレードを選んで下さい。パワー不足によるストレスは軽減されると思います。

そしてエンジンはもとより、純正マフラーがとても賑やかなサウンドを奏でます。「ボヘボヘ」いっています。4気筒だから仕方ありませんが、うるさいものはうるさいです。

オートマの方が意外とマシ

このマーチ1000cc、わけあってマニュアルモデルも1年ほど所有しましたが、マニュアルトランスミッションより、体感的にオートマティックトランスミッションの方が加速してくれるような気がします。
(マニュアルはパワーウインドがオプションの初期型、オートマはこの型の最終型)

ギヤ比や駆動ロスを考えるとあり得ないわけですが、体感とは不思議なモノです。

オートマのトルクコンバーターというのは、低速での効率こそ悪いものの、一定の速度まで加速すればトルク増幅装置のような効果も期待できるらしい。信憑性不明および体感はできず)
高回転で回らないエンジン、絶対的な加速力低すぎ、わざわざマニュアルで乗る意味はほとんどなし、マーチのマニュアルはそんなクルマでした。

ちなみにこのマニュアルミッションのマーチ、滑らせてコントロールする練習をしていたら、ガードレールに突き刺さり1年で廃車となりました。

チープな足回りは旧世代コンパクト

足回りは、コンパクトカーという枠の中で考えても、チープなことこの上ありません。ハンドリングは中立が不安定で、切り込むのに非常に神経を使います。これは軽自動車レベルと言わざるを得ません。また、新車時から低速で段差を乗り越えるときにダンパーあたりから異音がします。多分ブッシュの容量が足りないのでしょう。

ディーラーの営業に問い合わせると、メーカー側は不良ではないと言っていますが、一般人からしてみたらかなり不安な音です。

クルマが小さい分しょうがいないのですが、ピッチング・ヨーイングの立ち上がりが早く、クルマは常時不安定。ぴょこぴょこしています。ちなみに我が家での相性は「ぴょこちゃん」です。とにかくチープ、そしてフラフラする。まさに昔のクルマですが、こんな走りが面白かったりもします。
マニュアルミッションのK11マーチに1年ほど乗りましたが、意外なほどに挙動を覚える練習になりました。

振り回してスポーツ感覚

等身大サイズのボディ、意外と背の低い全高。いかにもコンパクトカーらしい足回りや操縦性。これら、欠点ばかりじゃないんです。ちょっと雑に、いやキビキビと全開&えいやっとハンドルを切るような走り方をしていると、なんかスポーツしているような気分になりれます。

そうです。日常のスピードレンジでスポーティドライブの感覚が味わえます。これぞコンパクトカー。低い速度で挙動が大げさだから、乗って楽しい。考え方をひとつ変えれば、マーチだってとても面白い。人生を楽しくする秘訣はやっぱりコレでしょう。

K11インパルマーチ

追記:やっぱりチープなマーチ。でもタイ製マーチよりGJ

余談ですが、この期に発売されるタイ製となるマーチ(4代目)、外装のチリ部分の合わせがひどく、10円玉5枚くらい入りそうとのこと。なぜって、このマーチはタイとかインドとかわすれましたが、そちらでの販売がメインになりそうとのこと。
つまり、細かな部分の品質より、1円でも安く作りたい車というわけ。

それならチープでも何でも、この2代目マーチの方が所有満足度は高い場合も。クルマ全体を見渡して、日本製の部品が多く、日本で組み立てられた、日本人にぴったりなクルマなわけですからね。

追記:軽自動車よりおとくな価格

このK11マーチは、特徴的な外観と、その割安な価格によって、長い期間そこそこの台数がでて売られていました。1000ccならエアコン付きでコミコミ100万円などといった価格でした。
安全装備が充実しているとはいえなかった時代ですが、エアバッグがついてこの価格。うーん、安い。

繰り返しますが1000ccは税金面でもお得、車重も1000kgクラスで重量税もお得。下手な軽自動車を買うよりよほどお得なマーチでした。
(同世代の軽自動車に限る)

日産 マーチ(2代目)

日産マーチ

march (マーチ)

  • 試乗グレード:“コレット-f”
  • 年式:2002y
  • 新車時価格:95.5万円

エンジン概要

  • 排気量:1000cc
  • エンジン型式:CG10DE

その他概要

  • 型式:“K11”
  • ボディサイズ:3720/1585/1425mm
  • 車重:870キロ
  • 発売時期:平成4年1月〜平成14年3月
  • 新車時価格帯:81〜180万円

車両型式

  • K11 - 1000cc
  • HK11 - 1300cc
  • ANK11 - 1300cc 4WD
  • WK11 - 1000cc ワゴン
  • WAK11 - 1300cc ワゴン
「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ニッサンマーチ・バッテリー詳細


マーチ (前期)

K11 -  CG10DE 1000cc 1992年〜
42B19L

マーチ (前期)

K11 -  CG13DE 1300cc 1992年〜
42B19L


※後期2000年以降は「60B24L」

※寒冷地仕様は「60B24L」

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


オーテック「マーチルンバ」


オーテック「マーチボレロ」


※写真は3代目K12マーチ


※写真は3代目K12マーチ。カレスト幕張にて発見。貴重なクルマなのでじっくり見させて頂きました。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。