グロリア 自動車比較・記事感想文

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2002年記事 日産 Y33グロリア・セドリック
著:ヒラリー)

日産・グロリア(33)・試乗インプレッション

日産の高級セダンとして伝統のある、セドリックとグロリア。今回の試乗レポートはグロリア・グランツーリスモ3000cc

大ヒットして若い世代もこぞって乗った33セドグロ。クルマ好きだけでなくクルマに興味のない方にも人気で、実際に購入できない人からも大人気。デートで乗りたいクルマに選ばれたりしつつ、仕事用としてゲストをお乗せするのにも不足無し。
筆者も就職後は連日仕事で運転させて頂き、様々な場面で活躍してくれました。

日産
  • グレード:“グランツーリスモ”
  • 型式:Y33
  • 車両価格:-
  • デビュー年:-

大人気だったサルーン、Y33

高級セダンをノーマルのまま、どこも改造せずに乗る人もいれば、自分好みに改造して乗る人もいます。セダンが人気がなくなった、平均購買年齢が60歳だ、といっても、クルマ好きや若い人から、大型のセダンは年齢を問わず人気があります。グロリアも、中古で手に入るようになり、足代わりやカスタムベースとして人気で、小さいセダンはクルマじゃない!というようなイケイケのオーラを放っていました。

グロリアのライバルは今も昔もトヨタ・クラウンですよね。高級車としてのクルマは、クラウンの方がいいものですが、20代、30代からのクルマに対するイメージはグロリアの方がいいもので、スタイルもお好みでといった感じです。

Y33グロリアはY32グロリアのブラッシュアップとして、スタイリッシュで現代的なデザインになっています。基本路線は高級セダンで嫌みのないスタイルで、上品なのも好感もてます。

Y33グロリアの内装の印象

内装のデザイン、質感はライバルであるクラウンに一歩か二歩おとります。スイッチの触り心地もしかり。しかし初めて乗るクルマがグロリアでしたら、グロリアだってやっぱり高級車、全く気にならないと思います。

評価が難しい内装ですが気にする人やこだわる人は、ちょっとショックを受けるかもしれません。なにしろ元となるイメージはスカイラインの様。それで細部を磨き上げた作りです。軟質ウレタン採用のインパネ上部などはいいんですが、全体的な見せ方、細部の詰めが悪くもったいない。
その分、あるべきものがあるべき位置にある、おじいさんおばあさんが乗っても、操作に困る事はなさそう。

また、リアシートは特別広くはないけどシートはさすが高級車。背もたれの角度も寝ています。厚みのあるシートは座っても不満はなく、まずまず快適。同じ日産のスカイラインと比較すれば、ここは大きな差です。スカイラインのリアシートは4ドアでもかなり狭いです。

このエンジン、実はいいです

乗ってみると、これが意外と走りやすい。いや、びっくりです。エンジンはV型ですが6気筒で、VQ型です。このVQエンジンが意外とすばらしい。VQエンジンの評価について、雑誌等にはあまりよくかかれていなかったのですが、実際に乗るといいです。スムーズでレスポンスよく、アクセル開度とのフィーリングもよく、多少出す振動を抜かせば高級感もあります。
元が高級車だけあって騒音対策もしっかり。それによってV型らしい低いコモリ音は最小限。

もし普段、4気筒エンジンに乗っていて、こういったセダンを食わず嫌いしているなら、ぜひ6気筒エンジンに乗ってみて下さい。音は断然スポーティ、加速も速い。高回転も回ります。そりゃ4気筒は軽量コンパクト、さらに燃費も良い。ただ6気筒に乗ったらどっちがいいものかわかるはず。「シュビーン」と回るエンジンと、「ベーン」と回るエンジン、もしF1の音が4気筒の音だったら、誰も見に行く人はいなくなります

上はトルク感が伸びないので、回さずに使うことになりますが、そういった使い方なら同世代V型6気筒エンジンで最高かもしれません。クラウンの直6?2J??まああれもいいよね、なんて余裕がかませます。

落ち着いたイメージのブロアム。

自然な感覚で運転できる味付けが好印象

試乗レポート、まずお伝えしたいのは、このグロリアはステアリングは自然で、トヨタ風高級感ではありませんが、パワステがアシストしすぎず、自然な感覚で運転できます。これは好みですが、走りやすさは強力な速度感応式パワステより上でしょう。
(トヨタのセダンは低速で軽くなる割合が大きく、すごく軽くなる)

足回りの質感は、重量感はありますが、しっとりと高級感というわけではなく、スポーティでもないんです。セダンとして固くもなく柔らかく、これはシートも含めて試乗した印象。たださすがにブッシュは容量が大きそうで、コトコト音などは最小限だし、フラットな路面では静粛性も高い。Y32のグロリアとの比較では全体的な質感はかなりアップ。

しかし結局のところ、もし足回りが気に入らなくても、高級セダンの場合、車高調を付けていいショックを使えばどうにでもなるんで、まあ安心です。

単筒式ショックアブソーバーで減衰力調整機能付き、定価20万円上クラスの車高調を付けると、ノーマルよりも乗り心地いい。バネレートをかなり高くしても乗り心地は問題なしどころが、とっても快適です。ただ10万円台の車高調だと、乗り心地という面ではノーマルより断然厳しくなったりします。
ちなみに車高を下げるなら15キロくらいのスプリングを選択すれば、ロールしてタイヤとフェンダーが当たるのは最小限、だと思います。

クルマ的に考え、やはりエンジンの良さは高級なクルマに乗ってるとわかりやすいです。このVQ型エンジン、世界のベスト・テン・エンジンに選ばれたりと、後でしって納得しました。2003年ころのVQエンジンの印象です。

 日産 グロリア

日産

Y33 GLORIA (グロリア)

  • 試乗グレード:“グランツーリスモ”
  • 新車時価格:376万円

エンジン概要

  • 型式 : Y33
  • 排気量:3000cc
  • エンジン型式:VQ30

その他概要

  • ボディサイズ:4875/1765/1425mm
  • 車重:1570kg

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価
辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。