E52エルグランド試乗P2/乗り心地と動力性能

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 日産 エルグランド
著:ヒラリー)

日産・エルグランド3500cc試乗レポート「2」

試乗車は日産エルグランド(E52型)グレードは3500ccの350ハイウェイスター。車両価格400万円とエルグランドの中でもなかなかリッチなグレードです。前ページからの続きになります。

当ページは2ページ目です。「乗り心地とボディサイズ、動力性能」などを掲載中。

日産
  • グレード:“350ハイウェイスター”
  • 型式:TE52
  • 車両価格:400万円
  • デビュー年:2011年11月
  1. 分割page - エルグランド試乗「1-1」・概要と室内
  2. このpage - エルグランド試乗「1-2」・乗り心地と動力性能
  3. 分割page - エルグランド試乗「1-3」・アルファードや先代エルグランド比較
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

試乗:乗り心地

乗り心地には様々な要因が影響するわけですがエルグルランドの乗り心地、こと足回りの動きと体に感じる衝撃という面では、非常に優れています。今までのエルグランドのようにただ柔らかいわけではなく、車体のフラット感を保とうとするだけの固さはありながら、ショックアブソーバーがスルスル動いている感じで、決して固くない。クルマは優しく上下し、小さい段差による衝撃は吸収してくれているような感じです。
ゴツゴツするような段差でも、体に感じる衝撃は角がとれて丸い。つまり乗り心地がいいし、柔らかいだけより高級感も感じる。

これについて、車重があった方が「良いアブソーバーの動き」を演出できるというが、エルグランドがまさにそうかもしれない。筆者は粗が目立ちにくいと思っている。現時点でドコ製のどんなショックアブソーバーを利用しているかわかりません。そんなの試乗してよればブランドなんてなんでもいい、そう思ってます。

ちなみにライバルのアルファードはゴツゴツして乗り心地最悪。アブソーバーやらゴムやら渋いってもんじゃない。中でもスポーティ系グレードでは最悪の最悪。とても300万円超のクルマとは思えない。参考までにこのアルファードの場合はハイレベルの車高調など良質なショックアブソーバーに交換すれば驚くほど乗り心地が良くなるらしい。やはり車重が乗り心地にもたらす影響は大きいワケです。

ハナシは戻ってエルグランド、現時点でミニバン最高といえる乗り心地でありながら、コーナーでのロールは少なめ。ブレーキングでのピッチングも少なめ。動き自体はもっさりしているが全然走りやすいし、ハンドルを切っていくのが怖くない。チェックという名の好き勝手走行、トレッドの広さやセッティングの良さ、全然良いね。

よく滑るシート

気になったのは一つ。急コーナーではシートから体がズルッと滑って焦りました。かなり大きく滑り、シートから落ちるような錯覚さえ受けたほど。(シート素材は本皮シート)
コーナーでシートから滑り落ちる感覚、確かにサーキット走行では経験があります。サーキットでは思いっきりGがかかりますから、シートから体がズリズリと落ちそうになります。長いコーナーではお尻半分はみ出てそうな感じ。しかし一般道を走行している限り、普通は本皮シートでもここまで滑らないような気がします。

本皮シートにも種類がある。固かったり柔らかかったり、滑りやすかったり滑りにくかったり。
非常時とか、緊急回避をする際にはご注意下さい
ハンドルに体重を乗せないように、アクセルとブレーキペダルもしかり。ハンドルやペダルで踏ん張ってはいけません。フットレストで踏ん張って体をシートに押しつける、非常時にうまくいくかは普段の特訓次第。

試乗:動力性能

エンジンの質感や加速性能については、個人的にはちょっと期待はずれ。3500ccのエンジンは6気筒だし排気量も大きいので車重が気にならない「グーン」という加速を期待していたが、そうではなかった。

具体的には、アイドリングではボーボーボーボーという音が聞こえてくる。窓を閉めていても聞こえてくる。思わずうるさいエンジンだなぁと思ってしまうほど。試乗前の期待が高かったから余計気になったのかもしれない。冷静に考えれば4気筒モデルみたいに嫌な音ではない。

加速感は3500ccという排気量からくるパワーを期待してアクセルを踏み込むと、えぇーというほど遅い。エンジン回転が上がってしまえば特別不満はないのだけれど、発進からの加速と、CVTをホールドモードに切り替えた場合での低回転では期待するほどの加速はしてくれない。エルグランド3500ccの車重は2トン近い数値。やはり重量というのはなかなか大事なファクターのようです。

この加速という面ではCVTの制御が大いに影響しているはずで、ガンガンに高回転を使うようになっていないのかもしれない。この辺りを含め総合的には2500ccクラスのセダンと同程度の感覚です。余裕満々というわけではないが、いつもアクセル全開の人でなければ問題なし、だと思います。

満足感あるボディサイズ

クルマは大きいほど便利か?といわれれば、これは非常に難しい問題。しかし新車で発表されるクルマがモデルチェンジごとに大きくなっていくところをみると、人は大きいクルマに惹かれるのでしょう。

実際には駐車場が狭いという問題を持つ方もいらっしゃるはずで、小さくても魅力の高いクルマ、日本にこそこんな自動車が増えて欲しいものです。
しかしエルグランドはそのキャラクターから、ボディが大きければ大きいほど魅力が増すクルマでしょう。

エルグランドのボディスリーサイズは、全長4915×全幅1850×全高1815mm。高級なビッグセダンに近いサイズを誇ります。全長はちょっと短いけれど、それでもホイールベースは3メートル。ホイールベースはビックリするほどの長さになっています。
全高は背の高い男性の身長くらいで、ライバルと比較すれば低め。ただベルトライン(ウエストライン)が高めでそんなに全高低くは見えない。グラスエリアが大きいセレナより全高高く感じるし、何より高級感がある。

ボディが大きければ室内も広い。シートも大きい

立派なボディサイズだから室内空間が広い。あたりまえです。そして室内が広いから2列目には大きくて立派なシートが付く。乗り降りもラク。3列目のスペースをライバルと比較してみれば、エルグランドの全高はアルファード/ヴェルファイアより低く、またエルグランドの方が立派なシートを付けている関係上、ちょっと劣る。
アルファード/ヴェルファイア3列目は2000ccクラスの2列目シートみたいな広さがある。

個人的にはシートがゴージャスな方が好き。広さ比較すればライバルの方が広いかもしれないが、トータルで考えればどっちでもいいと思えるくらいの感覚的な差だと思っている。
総合してエルグランドは最高クラスのボディサイズと室内空間を持つミニバン。これくらいなければミニバンじゃない、とまで思える広さ。このクルマに乗ったら次は何買ったらいいの?なんていらぬ心配までしてしまいます。

スクラッチシールド塗装

最近、ノートパソコンの天板など家電で採用され、よく耳にするスクラッチシールド。実は日産車でも使われています。スクラッチシールドとは何か?といえば、傷を自己修復する柔らかいクリア塗装

以下、日産のアナウンスより
「ボディに軟質樹脂を配合したクリヤー塗装を施すことで、洗車によるすり傷、日常使用での引っかき傷程度なら、時間がたてば復元する世界初の塗装です。また、一般のクリヤー塗装と比較して、傷がつきにくくなったことにより水はじきも良く、ツヤ、光沢も持続します。 」

  • 効果1・・・従来の塗装と比較して、細かい擦りキズ等を1/5程度に低減。
  • 効果2・・・時間の経過とともに、ほぼキズが生じる前の状態まで復元。

スクラッチシールドが採用されている車種は、エルグランド、セレナ、スカイライン系、フェアレディZ、ムラーノ、エクストレイル、フーガ、ティアナ。

日産 エルグランド (3代目)

日産

ELGRAND  (エルグランド)

  • グレード:“350ハイウェイスター”
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:400万円

エンジン概要

  • 排気量:3500cc
  • エンジン型式:VQ35

その他概要

  • 型式:PE52
  • ボディサイズ:4915×1850×1815mm
  • 車重:2000kg
  • 販売開始時期:2011年11月
  • 新車時価格帯:307万円〜

車両型式

  • TE52 ・・・ 2500cc
  • TNE52 ・・・ 2500cc4WD
  • PE52 ・・・ 3500cc
  • PNE52 ・・・ 3500cc4WD
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


パワーテールゲート。ゴルフバッグの出し入れに使ってみたい。


グレードによっては黒内装に白本革シートを選択できる。


ドリンクホルダーには当然フタが付く。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。