E52エルグランド自動車比較・評価評論・記事

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 日産 エルグランド
著:ヒラリー)

日産・エルグランド3500cc試乗レポート「1」

今回の言いたい放題試乗記は、日産エルグランド(E52型)グレードは3500ccの350ハイウェイスター。車両価格400万円とラインナップの中でもなかなかリッチなグレードです。

日産
  • グレード:“350ハイウェイスター”
  • 型式:TE52
  • 車両価格:400万円
  • デビュー年:2011年11月
  1. このpage - エルグランド試乗「1-1」・概要と室内
  2. 分割page - エルグランド試乗「1-2」・乗り心地と動力性能
  3. 分割page - エルグランド試乗「1-3」・アルファードや先代エルグランド比較
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

3列目も使える正当派ミニバン

日産

エルグランドは国産ミニバンの中で最もビッグサイズとなるミニバン。全長は長く横幅も広い。ライバルとなるトヨタ・アルファードやベルファイア、ホンダ・エリシオンなどと共に、まともに3列シートが利用できる室内空間が魅力です。

初心者向けミニバンと呼ばれるヴォクシーなどと違い、3列目にも人を乗せて6人でお出かけに行けるのが大きな魅力で、このクラスにしかない長所です。
幼稚園や小学校の送迎や、お子様のお友達を乗せるのがメインの3列シートなら、ヴォクシーやそのクラスのミドルサイズミニバンでいいかもしれません。しかしあのクラスって、大人が6人移動するとなればちょっと厳しい。クルマが小さいからどうしても3列目はエマージェンシーだよね。

エルグランドなら広さだけでなく、特に2列目3列目の乗り心地の快適性も上。もちろん乗降性もよし。さらには静粛性でも勝るので、フロントシートとリアシートで会話ができると、まさにいいこと尽くめ。

ノア/ヴォクシー、セレナ、ステップワゴン、静粛性は低いけど室内狭いから1列目と2列目で何とか会話ができる。同じ会話できるにしても”質”は全然違います。

代々エルグランドといえば、立派に見える外装デザインと男っぽいたたずまいが特徴だけど、今回は中身もしっかりの高級ミニバン。宿敵アルファードとの比較はどうか?など、試乗した感想をお届けします。

先代エルグランドとの大きな違い

このE52系エルグランドは3代目。先代からのブラッシュアップではなく、今回は大きく進化(変更)。大きなトコロではFR系プラットフォームから新しいFF系プラットフォームに変更になり、経済性に優れた4気筒エンジンもラインナップ(このプラットフォームはティアナと共通、Dプラットフォーム)。

外装デザイン(エクステリア)の質感、立派さも一気に磨かれバンらしさはほとんど無し。先代との比較では洗練度が大きく進化。

さらに試乗してみれば差は歴然。先代までドライバーは、「移動のための運転手」という感じでしたが、今回は「ドライバー」に一歩近づきました。いや3歩近づいたといってもいい。運転しているお父さんがかっこ良くみえる。そして運転するドライバーも満足感を得られるクルマ。乗り心地もコーナーリングも、単純なフワフワ安っぽさ満点だった先代から、コシのある歯ごたえを持った相応の質感で現代風に。ハンドル握っても300万円級のクルマとして、それなりに満足できる質感を持ってる。

E52エルグランドのエクステリアデザイン、先代だけでなくアルファード/ヴェルファイアと比較しても良さが光る。何が良いって、バンらしさがかなり少ない。荷物を載せる四角いバンから、乗用車ぽさを強くするためにがんばりました!って感じがプンプン。
エルグランドを見てからアルファードを見れば、アルファードはただの商用バンに見えてしまう。厚化粧なフロントマスクに着目点があるが、全体を見ればバンらしさがプンプン。サイドビューなんて何の工夫もなくバランス悪いとさえ思う。フロントマスクやディテールなどの装飾でバンらしさを消しているアチラ、エルグランドは元から丁寧にデザインされていると思います。

試乗:内装

エルグランドの内装は素晴らしく良い。良いのか良く見えるかなんてどうでもよし!これはもう、Lクラスミニバンにおいて現時点で望める最高級といってもいいくらい。

何がそんなに良いかって?2列目と3列目のシートが立派。インパネだけが内装じゃない。大きさ十分、厚みもあって豪華さも十分。表面は柔らかくその下は固め。シートアレンジどうこうではなくて、ゆったり座れることが第一に考えられています。

シートというは車室内で最も大きな部材だから、これを小さくすれば車内は広く感じるハズ。コンパクトカーやコンパクトミニバンはこの手法で広く見せています。
同クラスのアルファードだって3列目を跳ね上げたりする関係上、エルグランドほど立派なシートではなく至って普通。これは先代エルグランドも一緒です。

このお金かかって室内を狭く見せるにも関わらず、立派なシートを用意したのはエルグランドの大きな特徴。さすが日産様、ミニバンオーナーの気持ちをしっかり具現化してくれました。やはりゲストには「立派なミニバン」と思って貰いたいものです。エルグランドはただ走ればいいだけの実用クルマじゃありませんからね。
欲を言えばもう少しホールド性が良かったり、低反発ウレタンのように体を支えてくれれば長距離移動もラクになりそうだが、実際は近距離に使われることが多そうなので、個人的には問題なしと考えます。

フロントシートに関しても傾向は一緒。どうしてもというならレカロシートなどに変えてしまえばいいわけですが、そうすると乗降性が悪化。長距離移動はラクになりますが、頻繁な乗り降りは面倒に。どちらも一長一短。

シフトセレクターとメーター周り

シフトセレクターの操作感はアル/ヴェルほど良くない。あっちはスムーズそして感触がよく、クラウンとも遜色ないほど。シフトミスもしにくいし、初めて運転する際にも違和感を感じないと思う。

エルグランドのそれは、操作感が劣るのと、メーター内に問題あり。これは違和感あって運転しにくいね。

具体的には、「シフトポジション・インジケーター」の位置が問題。タコメーターと離れちゃっている。
シフトポジションが右側、タコメーターが左側、と離れていて見にくい。鳥目の人向けだね。

最初に試乗した時タコメーターを見ながら走行していたら、出だしからCVTのホールドモードは何速かと表示部を探してしまった。

乗降性はかなり良い

エルグランドが属するビッグサイズミニバンというジャンルのクルマは、ファーストシートとセカンドシートどちらも、けっこう乗り降りが辛い。少々お年を召された方は乗ることができるのか??実はそれくらい厳しかったりする。

先代エルグランドでは、リアドアの足下に、電動でステップが降りてくるオプションがあった(超希少!)。
それくらい乗り降りが面倒だった。

E52エルグランドになって、フロア高が先代より10センチ以上低くなったらしい。さらに、シート高さも低くなったような気がする。ファーストシートはこれにより、元気いっぱいの男性なら、だるさを感じずに乗り降りができる。

セカンドシートは1段ステップがあるので、そこを踏んで車内に入ってから座る感じ。足下の広さがあるので乗り降りしやすい。こちらも健康な男性なら問題なし。足腰の弱い方に合わせるなら、ステップのないホンダ・エリシオンを選択するか、車高調をつけて5センチほどローダウンした方が良さそうだ。でないと降りるのはもっと辛いかもしれない。

サードシート、こちらはビッグサイズミニバン&スライドドアをもってしてもやはり乗り降りは快適とはいかない。サードシートへのアクセスはセカンドシート中央のウォークスルー部分を利用した方がラクだと思う。


ホンダ・エリシオン。エルグランドと同クラスのライバル。
エリシオンはお世辞にも静かとは言えず。やはりホンダのクルマ。

 

日産 エルグランド (3代目)

日産

ELGRAND  (エルグランド)

  • グレード:“350ハイウェイスター”
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:400万円

エンジン概要

  • 排気量:3500cc
  • エンジン型式:VQ35

その他概要

  • 型式:PE52
  • ボディサイズ:4915×1850×1815mm
  • 車重:2000kg
  • 販売開始時期:2011年11月
  • 新車時価格帯:307万円〜

車両型式

  • TE52 ・・・ 2500cc
  • TNE52 ・・・ 2500cc4WD
  • PE52 ・・・ 3500cc
  • PNE52 ・・・ 3500cc4WD
当記事はヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

エルグランド

PE52 VQ35 3500cc 2011年〜
80D23L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


シフトポジションが右側に表示。左側のタコメーターと離れていて見にくい。
最初に試乗した時タコメーターを見ていたら、CVTのホールドモードは何速かと表示部を探してしまった。


反射軽減の落ち着いたツヤ。派手すぎないのが世界的な香りを醸し出す。



プッシュスタートボタンはノートなどと大差ない。


本皮シートでもシートバックは合成革になる模様。エルグランドってそんなに車格低かったっけ??

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。