日産「デイズルークス」試乗P4/ボディ見切りとラゲッジ、評価総合

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(日産) > 日産デイズルークス(B21A)P4
 

(2017年記事 日産デイズルークス
著:桃花&ヒラリー男爵)

デイズルークス・試乗インプレ「4」

間違いいっぱいの自動車選び・試乗レポート、日産の軽自動車、デイズルークス・B21A型(ハイウェイスター)NAエンジン搭載車。グレードは「ハイウェイスターX」で2016年式です。

当ページは4ページ目です。「ドラポジとボディ見切り、ラゲッジ、他車比較と総評」などを掲載中。

デイズルークスのインパネ1デイズルークスのインパネ2・乗車時
日産
  • グレード:“ハイウェイスターX”
  • 型式:B21A 2016y
  • 車両価格:163万円
  • デビュー年:2014年2月〜
  1. 分割page - デイズルークス試乗「1-1」・エンジンとミッション
  2. 分割page - デイズルークス試乗「1-2」・乗り心地など快適性
  3. 分割page - デイズルークス試乗「1-3」・ハンドリング感覚と内装
  4. このpage - デイズルークス試乗「1-4」・ボディ見切りとラゲッジスペース、評価総合

ページ内の一部画像はクリックで拡大します(ページ右の横長画像など)。

ドラポジと取り回し

インパネ(夜間)

デイズの運転席で感じる見切りや取り回しについて。

運転席からの視界

助手席側Aピラー運転席側Aピラーフロント見切り

左前と右前は普通に問題なし。コーナーでも狭い路地でも特筆するほど困ることはなかった。
フロント先端に関してはなぜか他車より間隔が取りにくく、寄せたつもりでも思ったほど寄ってない。思い通りに寄せられなかった。なんでか考えれば感覚的に、ちょっとインパネの奥行きが長く感じるせいかもしれない。

奥行きを感じるほうが立派に思えるし、見切りなんて気にしなくてもぶつける可能性低いのは、車体が小さいクルマの特権

バックミラーとサンバイザー

ルームミラー

バックミラーはかなり高い位置についていて、フロントガラスの開放感はとっても高い

別の見方をすると、バックミラーは普通に前を向いて運転していると全く視界に入らない。つまり、意識して目をやらなければ、バック専用ということになる。

「上手いドライバーほどバックミラーもチェックする」なんてよく言うけど、冷静に考えればメリットはごくわずかのような。何れにしても、意識して見ないドライバーにはドアミラーから視界に入ってくるだけしか、後ろの情報はないということだ。

サンバイザー

次にサンバイザー。びっくりするほど大きなフロントガラスをカバーするサンバイザーは、びっくりするほど大きいサイズ。

ただこれでもカバーしきれない時間帯があった。ライバル車含め、座高の低いドライバーは夕日の時間帯に試乗してみるのを推奨します。

デイズルークスのサンバイザーで気になったのは、真下を過ぎると固定してくれなかった点と、ガラスに張り付くまで奥に出しちゃうと、手が届かず仕舞うのが大変だった点。タントやN-BOXはどうだったかな。

アラウンドビューモニターを使ってみた

自車をまるで上から見下ろしたように表示されるアラウンドビューモニター。今回のデイズルークスにはこれが、バックミラー内(ルームミラー内)にだけ表示されるシステムが装着されていた。

このバックミラー内にだけ表示されるシステムの長所短所を考えてみた。

長所として思い浮かぶのは、以前試乗したノートでは、純正ナビを装着しなくてもバックモニターが装着できた。ナビは要らないけどバックモニターは欲しいというユーザーにピッタリ。ただデイズルークスでそれが可能かは未確認。
それから筆者の知人間ではCDに変えてDVDやTVを流す人が多い。もう10年前からそう。これならちょっとしたバック時などでも、ナビ画面ではそのまま映像を流せる。同様に、同乗者のナビ操作、例えば出先で地点登録などして貰ってる時も、バックできたりする。

短所としては、相当に表示が小さい。下の画像にあるように、バックとドリンクを置いてみたけど、これをモニターで確認するのは至難の業。凝視しても黒い点があるかどうかしかわからなかった。

アラウンドビューモニター1アラウンドビューモニター2

基本的に大雑把な周囲確認用と思っていた方がいいんじゃないかと。

それからぜひ知っていてほしいのは、バックミラーとモニター、ドライバーは同時には認識できないという事。バックミラーの通常部とすぐ隣りにあって距離が近いからといっても、それは超ワイド画面の端と端を見るようなもの。しかも表示は小さい。だから”視点移動がない”んじゃなくて、”視点移動が少なくて済む”システムといえる。

もうひとつ。モニター内の左側に表示される部分は、かなり横方が圧縮されたカタチで表示される。前進時はフロントカメラ&助手席側足元を移すことができ、下の画像のように表示される。

アラウンドビューモニター3アラウンドビューモニター4

左側の縁石とボディに注目して頂くと、横方向の圧縮具合がお分かりいただけると思う。左の画像はモニターを写した画像で、縁石に近づいているように見える。しかし右の画像、ドアミラーで確認してみればまだまだ余裕がある。これでタイヤ2本分くらいスペースがあるんじゃないかな。

ということで、とっても便利な装備だけどオプションで選択するならば、ぜひ試乗車で確かめてからが確実かと思いました。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

狭くから広くまで調節できるラゲッジスペース。この”調節できる”というのが、デイズルークスのような軽自動車において大きな特徴になっていると思う。荷物がグラつかないように広さを調節固定できるのが素晴らしい。
一人か二人しか乗車しないんだよ、なんて使い方なら、サードシートを常時収納しっぱなしのミニバンより使い勝手良いかもしれない。

またデイズルークスではシート下に小物が入っていかないように処理されていることも嬉しい。当たり前のようでそうじゃないクルマもあるからこその長所。

ラゲッジスペース3絶対的には床面積の狭い軽自動車ながら、リアシートを折りたたむことで長尺物にも対応できるのは御存知の通り。比較的かんたんな操作で、写真のようにラゲッジ面積を広げられる。

ほんとうはもっと運転席シートを前に出して折り畳むようになっているんだけど(写真は通常通りの運転席位置)、男性が運転するにはやや厳しいドラポジを撮らざるをえなくなる。重量物でなければこのままでもいけるかも。このあたりはタントなんかも同様。

試してみました-リアシート折りたたみ方法-

ラゲッジスペース(リアシート収納手順)

  1. シートバックを前に倒す。
  2. シート下のレバーを上に上げる。
  3. そのまま前に持っていく。
  4. 完成。できれば運転席は前にセットし、ヘッドレストは抜くと良さげ。

実際に見ればほんと凝ったメカニズムだとびっくり。デイズルークスに限った話じゃないけど、「快適な移動も便利に使えるも重要視」これが高級軽自動車というクルマというわけだ。快適な移動こそ乗用車の本質、しかしこれは確かに凄いだろって満足感高いよね。

さぁ気になるのはコスト。安全性だって無視できないシートで、スライド機構があって収納できて、なるべく簡単に操作できるように工夫されている。仮にこれだけの装備が付いたベッドやソファ買ったら、安くないことは想像に容易い。

ドライバーによる違いと感じ方

いつもは普通車を運転するドライバーが軽自動車を運転すると、乗員に負担を書けない運転を考えたりしてるのかな?ってのがよく分かる。

普段の普通車と同じように運転されると、同乗者ってたまんない。そりゃあドライバーは気にならないだろうけど、他の乗員はアシストグリップにしがみついてなきゃならない。小さくて着座位置が高い軽自動車では、やっぱり乗員は揺すられやすい。最近の軽自動車ってあんまり変わんないでしょ?とは良く聞くけど、ちょっと大げさに言えばそれくらいの差がある。

クルマに合わせてというだけならゆっくり走れば良いんだけど、先読みと少しのコツを掴めばペース良くても同乗者に優しい運転ができるし、きっとタイヤなんかにも優しい。
見方を変えると、ドライバーの差異が分かりやすいのが軽自動車。操作は自宅のドアをお上品に開閉する時を思い出し、操作の最初と最後はゆっくりを心がける。そしてそれを行うために、先読みして早めのアプローチを行うようになっていく。ドライバーが「グッ」と挙動を感じる時、本人は気持ちいいけど乗員は「うぅ」って感じです。

いつの間にか曲がり始めて、いつの間にか停止しているのが快適。ホントの1番は車内の会話だけどねw

ちょっと苦しいこんな部分

使ってみて気になった細かな部分。

フロントセンタートンネルの盛り上がり

フロントセンタートンネル1フロントセンタートンネル2

フロントフロアにセンタートンネルのような盛り上がりが目立つ。この盛り上がり、助手席に座っている時は気にならず、運転席に座ると気になる

大型のFR車だと、ミッションケースがこの辺りということでセンターの盛り上がりも珍しくないんだけど、というかもっと豪快に場所取ってるんだけど、横幅の狭い軽自動車だとこれでも強い圧迫感。実は以前試乗した三菱アイでもボコボコしてたんだけど、そうした設計の名残りかな(アイはリアエンジンリア駆動、理由はある)。

リアシートで腕の”逃がせる”スペース

リアシート着座・デイズルークスリアシート着座・タント

軽自動車のリアシートは横幅がキツイ。外側(ドア側)の腕を逃がせる場所がなく、縮こまってなくちゃならない。

それを上手く改善してくれているのが、ライバルのタント。カップホルダーの部分に肘が乗り、腕が外側に逃げる。地味だけど軽自動車の欠点を大きく改善してくれるデザインだ。

上の画像では左がデイズルークス、右がタント。残念ながらデイズルークスは違う。カップホルダーに腕が乗っているようで、無理に乗せてる感じ。シート位置を前後してもスピーカーグリルの膨らみなどが邪魔してキツイ。

ハッチ開閉が渋い(馴染めば変わるかも)

ハッチのダンパー最近発売される車種では、ハッチの開閉がラクになってきるクルマが多く見受けられる。とてもスムーズに感じられるクルマだけでなく、少しは良くなったねと言えるクルマが多い。新車かそれに近い状態でね。

そんな中でデイズルークスのハッチ開閉は渋かった

上げた最後のちょっとが渋く、開ける時は最後、手で押し上げてあげなきゃならない。閉める時は最初、グッと引っ張ってあげなきゃならない。その後は重みで勢い良く落ちてくるから逆に支える格好に。

合理性が高いと言われるハッチだけど、開閉に面倒を感じるなら合理性なんて全く無いと、ずぅ〜〜〜と思ってきた筆者。馴染めば変わるかもって同じ条件の他車が良ければそれはやっぱり欠点。
筆者が他メーカーの営業なら、ここをガンガン付いてくよw 使うかわからないシートアレンジよりよっぽどアピールしやすいポイントでしょう。ママさんユーザーと話が盛り上がるの間違いなしw

ライバル車と簡単比較

ライバルとなるタントとN-BOXの、NAエンジン搭載車(ターボ無し)モデルと簡単に比較してみました。

ダイハツ・タント

運転しやすいハンドリングが魅力的な日産車と、ユーザーへの気配りが嬉しいトヨタ車。こんな比較の傾向が軽自動車でも見受けられるのが面白い。トヨタ車ってダイハツってことね。あっ、デイズはもしかして日産=三菱、かもしれないw

デイズとタントでは上の図式がまさにピッタリ。両者の間には明確すぎるほどの差がある。押したり触ったりとか、あと静粛性に関するアプローチもタントの方が優れていて、高級軽自動車らしい質感に勝る。
そしてもちろんタントには助手席側Bピラーレスという特徴があって、乗り心地やハンドリングは妥協しているのかもしれない。目指すベクトルが違うってやつですね。一応タントも、NAエンジンモデルなら欠点はそんなに目立たない。ターボ付きモデルだと、ブルブル凄いです。

参考:タントカスタム(ターボ)試乗レポート / タントX簡単試乗レポート

ホンダ・N-BOX

気合入ったモデルは特別凄い!これは軽自動車でも通じるホンダの素晴らしさみたいだ。そして気合入っていると感じるのが最近のNシリーズ。時期的にデイズはちょっと運が悪いかw

デイズルークスがN-BOXに勝る点といえば、やっぱりダンパー減衰力が高く運転しやすいハンドリングなんだけど、N-BOXだって良く動く上にふわふわしないサスペンションで魅力大。するとここはボディデザインとかインテリアデザインということになるのかな。キリッとして端正、ハイウェイスターを選ばなくてもデザイン的な魅力は変わらないデイズルークス。やっぱり見た目って重要だよね。

参考:N-BOX試乗レポート

ダイハツ・ウェイク

軽ハイトワゴンの中でも一段と背が高い!タントよりデビューが新しいこともあり、タントより乗り心地は良く、ハンドリングでも運転しやすいのはこっち。乗り心地の味付けだって新しい世代のトヨタ/ダイハツ的。

デイズルークスと比較すれば、どちらもハンドリングに関する乗りやすさというのは一緒。それでも方向性が異なり、軽自動車らしさの延長線上のデイズルークスと、上級車的な走りやすさを求めている感じなのがウェイク。軽快さと落ち着きと表現してもいいかな。ハンドルの回し心地や手応えから、前後バランスなどに違いがある。

ボディデザインのイメージでいえばN-BOXの時と一緒。端正に見えるデイズルークスに対して、頭でっかちを隠すよりデカさをアピールするウェイク。スーツ感覚vsオモチャ感覚といってもいい。

ウェイクはまるでハスラーか!と思えるほどポップなスタイリング。コンパクトカーに近づく走行感覚は意外と思えるほど。一方で内外装デザインが上級車的なデイズルークスは、やっぱり軽自動車の中では貴重な存在。それでいて走行感覚は軽自動車らしさを忘れずに、という違いが面白い。

参考:ウェイク試乗レポート

デイズルークスのメーター(昼)デイズルークスのメーター(夜間)

デイズルークス総評

どこでも運転しやすいハンドリングと、縦方向の揺れが不快じゃない乗り心地の両立、これがデイズルークスを試乗して感じる良い部分。

また視覚的には、端正なボディデザインは”ブサカッコいい”などと表現したくなるライバル車より受け入れやすいデザインといえるんじゃないかな。イメージを合わせたようなインパネだって、高級車ライクな造形が立派だよ。

エンジンとCVTは非力が目立つセッティングで厳しい。これは加速力が足りないよりもドライバーの疲労に直結する。近距離用途に限定だったら良いんだけどね。
動力性能以外でも細かな欠点はいろいろあって、一言で表せば気配りの不足。気配りが何を差すかは本文参照のこと。ユーザー思いなライバル車は真面目に作られたって思ってしまう。ただ比較してこその欠点であるから、指名買いならそんなに気にならないかもしれない。

そして最後に、デイズルークスはベーシック系とハイウェイスターの差別化は最小限。ハイウェイスターに特別感ないのは事実なんだけど、廉価グレードのお得感が高いという見方ができる。

日産 デイズルークス

ニッサン

dayz roox (デイズルークス)

  • 試乗グレード:“ハイウェイスターX”
  • 型式:B21A
  • 年式:2016y
  • ミッション:CVT
  • 車両価格:163万円

当記事は「ヒラリー」と「桃花」がお届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー







腕が逃げるスペースは写真で見えるほどありません。


給油キャップはこのように掛ければ、ボディに当たらずに給油可能。たぶん説明書に書いてある。








アラウンドビューモニターも使ってみました。


乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。