軽自動車試乗「三菱・i」P4/i-MiEV試乗

三菱・自動車購入のインプレとレビュー
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年 三菱 i(アイ)
著:桃花&ヒラリー男爵)

三菱 i(アイ)試乗インプレ「4」

辛口比較・評価評論の試乗レポート、三菱i(アイ)、グレード「L」。リヤにエンジンをレイアウトする個性派軽自動車がこのアイ。2011年式・NAエンジン搭載モデルの試乗感想をお届け中。前ページからの続きです。

当ページは4ページ目です。 「i-MiEV(アイミーブ)試乗」を掲載中。


  1. 分割page - アイ試乗「1-1」・クルマの概要とエンジン&ミッション
  2. 分割page - アイ試乗「1-2」・乗り心地や走行感覚
  3. 分割page - アイ試乗「1-3」・車内居住性・個性的な部分
  4. このpage - アイ試乗「1-4」・i-MiEVの試乗と印象
  5. 分割page - アイ試乗「1-5」・燃費やエンジンルーム、評価総合
アイ室内1アイ室内2
三菱自動車
  • グレード:”L”
  • 型式:HA1W
  • 車両価格:105万円〜
  • デビュー年:2006年1月〜

電気自動車「アイミーブ」について

アイに試乗すればアイミーブも試乗してみたくなる!時を同じくして電気自動車の「アイミーブ(i-MiEV)」にも試乗しました。
アイの電気自動車がアイミーブ(i-MiEV)。充電可能な電気とモーターで走るクルマで、通常の三菱アイとはほぼ、パワーユニットの違いとなってる。

グレードによって電池容量が異なる

このアイミーブは2グレードが用意され、何が違うかといえばバッテリーの総容量が違う。つまり、後続可能距離が異なります。

  1. 通常が「X」。カタログ電費で180km走行可能。
  2. 廉価版が「M」。カタログ電費で12km走行可能。

装備の違いじゃなくて重要な部分が違う。ココ重要。実際は「X」一択かな。「M」の方はバッテリーの総容量が異なれば、アクセル全開時の加速力も制限されている。で「X」、実際にどれだけ走れるかは後ほど。

電池を充電することで走行可能

アイミーブ充電1アイミーブ充電2

ご家庭に充電設備を設置すると、こんな感じで充電が可能。一応、充電設備を購入しなくてもアイミーブは購入出来るらしい。都市部の集合住宅にお住まいの方は、ディーラーやショッピングモールの充電器で充電。そんな方もいらっしゃるらしい。

アイミーブの充電コントロールユニット意外と問題なのがこれ。充電の制御ユニット。左の画像の右側部分のボックスがそれ。

過充電を防ぎ最適な電圧に調整したりする、いわゆる充電器のコンピューター部分。これが家庭設置の充電器とは別に、アイミーブの車体収納で使用する。

で、このコントロールユニットが、でかくて重い!ずっしりしてる。アウトランダーPHEVもそうだけど、地味にこれがネック。ハッチに収納するとガサガサいうかもしれないし、何と言っても出し入れが面倒。

実際の走行可能距離の目安はこんな感じ

メイングレードである「X」の走行可能距離、カタログ値は180km。一般的な燃費と同じ「JC08モード」での数値となっている。

通常のガソリン車やハイブリッド車では、JC08モードのカタログ値を越える燃費で走れることもある筆者ヒラリー男爵、このアイミーブに関してはこの180km走行というは非常に厳しく感じた。多くのガマンとかなりの知識・習熟度が必要だと思う。

具体的には、電池残量は「16段階」のステップでメーター左側に表示される。
アイミーブの試乗車に乗り始めた段階で「13ステップ」残っていて、後続可能距離は60km台が表示されてた。

ここで、普通に乗ってる限り180kmは無理と仮定。そしてその状態でエアコン(冷房)をONにすると、後続可能距離は40km台に落ちた。さらに、エアコン(暖房)をつければ、40kmが表示された。掛け値なしで本当の話。

つまり、走行と同じくらい、快適装備に電気を使う計算になる。だから、カタログ値並みに走行するには、多くのガマンが必要になると思う。

習熟という部分では、発進の仕方や再加速の仕方という基本の他、回生ブレーキの強さをコントロールできるので、例えば回生ブレーキを強くするか、惰性で走る距離を伸ばすか、シチュエーションによって使い分けることで電費を伸ばせる可能性があり、これがアイミーブを始め電気自動車の持つ面白さになっている。

試乗した走行感覚

アイミーブは素のアイからパワーユニットを変えただけのモデルだと、メカオタク的な三菱営業マンが仰ってた。しかし実際に試乗しての印象はまた異なったモノを感じる。価格の差を考えてもやはり、乗り味に違いがあるって事です。

アイミーブを運転して強く特徴を感じる部分を上げてみる。

まず走り出しから巡航に移るまでの印象。マイルドなモーター音と共にジワッと加速していく。普通の発進に対してはうまく調教されており、音も含めなかなかリッチな加速感を得られる。ハイブリッドのトヨタ・アクアが様々なチープなノイズを伴って加速するのと比較すれば、比較するまでもなくアイミーブの方がリッチだ。

次に直線の巡航。素のアイと同様に、中立付近が重く設定されたステアリングに違和感を感じるモノの、フラツキ感は最小限。むしろどちらかといえば安定して走りやすいレベルの直進性を持ってる。自然じゃないけど実用上困らないだけの直進感覚。

そして減速(ブレーキ)。アイミーブは「D」レンジでも回生ブレーキが強めで、エンジンブレーキが強いMT車に乗っているよう。「B」レンジを組み合わせれば、ほとんどブレーキペダルを踏まないで走れてしまう。ブレーキの印象はこれがなかなかで、固いサスペンションと合わせまずまずの扱いやすさがある。
ペダル初期の効きは強めで、雑に扱えばカックン。しかしそれはドライバーの問題。丁寧に扱えばカックンを感じさせない滑らかなブレーキが可能。停止した瞬間の”ブレーキを抜く”動作なんか、特に楽々。ここは兄貴分のアウトランダーPHEVより優れた部分。

最後に巡航からの全開加速。これはもちろん、モーターらしい加速感。トヨタのハイブリッドと比較しても余裕勝ちな加速の質感を味わえる。踏んだ直後の0.5秒はグッと来る。同時に踏んだ瞬間のツキはやや良すぎるから、普通に踏み込めば乗員が衝撃を感じる。ゆっくりジワッと踏み込めば、多気筒エンジンのように滑らかな加速。

素のアイと比較してみる

素のアイと比較すれば様々な部分でアイミーブの質感が高い。内装も景色も、ハンドルを握った印象もそっくりながら、全く異なる上質感。電気自動車ならでは素晴らしさをしっかり味わえる

アイミーブを走行中、重心が低くなったような安定とか挙動の小ささ、加減速でもコーナーでもドライバーに伝わる。サスペンションの固さは同じだと仮定すれば、相対的にスムーズに動くようになったのと同じ事。十分に走りやすい。

ちょっとした段差を踏んでみる。素のアイとは衝撃の種類が違う。例え軽自動車といえど重たいエンジンが揺れなくなるのだから、そこでの差かな。もちろんアイミーブの方が好印象。本当は静かな分だけサスペンションからの異音が伝わりやすいはずだから、総合して結構大きな差というわけだ。

走行中ステアリングやシート、ペダルに伝わる振動。素のアイもリアエンジンだから、ドライバーから遠い位置にある=振動は伝わりにくい。しかしアイミーブなら元々の振動が少ない。ゼロじゃないけどスムーズさは段違い。

またアイは4ATで加速力はかなり足を引っ張られていた印象。とにかく疲れるし加速力も悪い。アイミーブなら時速70kmまではそれなりの加速力を見せてくれる。その後の加速力は鈍るが、時速90kmあたりまでは実用的に使える。

シフトセレクターの操作感は劣化の可能性

シフトセレクター

ガソリンエンジンを搭載した三菱アイ。この自動車の長所に、優れた感触を持つシフトセレクターというのがあった。
ショートストロークのゲート式で、かつ軽自動車とは思えぬ滑らかな動き。クラス最高の質感と評価してもイイ。

しかしこのアイミーブでは、普通レベルの操作感だった。2台の走行距離の差は大きくないから、経年変化とは考えにくい。よって、個体差やモデル時期により質感が異なる可能性あり。

電気自動車のライバル「日産リーフ」、強敵

上記まとめれば、アイミーブは小さいのにリッチな走行感覚を持っているといえる。素のアイとは大違い。そんなアイミーブの大きなライバルが日産リーフ。こちらはさらに凄い。意図的と思えるほど走りやすい方向に調整されたステアリングに総合的な高級感。不格好なエクステリアを除き全面的にリーフ優勢

アイはスタイリッシュでリーフは不格好。この差は大きいが購入時の価格は思いのほか近い。さらにディーラーの拠点数だって日産の方が多い。リーフと比較した場合は、アイミーブを選択するメリットはボディサイズがコンパクトという部分になる。ボディサイズに制限がなければリーフも考えてみることを推奨

アイメーター(昼)アイのメーター(夜)

三菱アイミーブと日産リーフの価格を比較

三菱アイミーブ「X」の電池容量は16kWh。グレードは基本「X」一択。車両価格が約300万円、補助金は80万円前後。値引きはオブラートにはぐらかされました。オプションなしでの実質的な購入金額は220万円強と予想。これに家庭用充電器がプラス。
いくらバッテリー容量が少ないとはいえ、先進性満載の電気自動車が普通の予算で購入出来るのだから、全然高くない。普通の軽自動車も上級グレードは高価だからね。

日産リーフの電池容量は24kWh。価格は300万円強、補助金が80万円前後(平成25年)。車両値引きはおよそ10万円と予想。つまり実質的な購入金額は230万円程度。これに家庭用充電器がプラス。安い!しかも装備充実で、カーナビゲーション&バックモニター、ETCなど標準装備。リーフの価格は凄いね!
さらに、交換用バッテリーはおよそ70万円程度となる模様。これも安い!

コストパフォーマンスを比較すればリーフの圧勝。実用性だけでなく内装質感も走行質感も全て。アイミーブの勝っている点といえば、コンパクトなボディサイズそして、未来感覚のボディデザイン

ミツビシ・アイ

ミツビシ自動車

i(アイ)

  • 試乗グレード:”L”
  • ミッション:4AT
  • 型式:HA1W
  • 価格:約115万円

「ヒラリー男爵」と「桃花」がお届けします
ヒラリー男爵桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



ちょっと強引なカップホルダー。最近のドリンクは置きにくいし取りにくい。

シフトセレクター



リアサイドのクオーターパネルには、右側に吸気口、左側に給油口がレイアウト。






やっぱり魅力はこのエクステリアかな。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。