軽自動車試乗「三菱・i」P3/車内居住性・評価総合

三菱・自動車購入のインプレとレビュー
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年 三菱 i(アイ)
著:桃花&ヒラリー男爵)

三菱 i(アイ)試乗インプレ「3」

辛口比較・評価評論の試乗レポート、三菱i(アイ)、グレード「L」。リヤにエンジンをレイアウトする個性派軽自動車がこのアイ。2011年式・NAエンジン搭載モデルの試乗感想をお届け中。前ページからの続きです。

当ページは3ページ目です。 「車内居住性・個性的な部分」などを掲載中。

アイ室内1アイ室内2
三菱自動車
  • グレード:”L”
  • 型式:HA1W
  • 車両価格:105万円〜
  • デビュー年:2006年1月〜
  1. 分割page - アイ試乗「1-1」・クルマの概要とエンジン&ミッション
  2. 分割page - アイ試乗「1-2」・乗り心地や走行感覚
  3. このpage - アイ試乗「1-3」・車内居住性・個性的な部分
  4. 分割page - アイ試乗「1-4」・i-MiEV試乗と印象
  5. 分割page - アイ試乗「1-5」・燃費やエンジンルーム、評価総合

文中では視認性を考え「i」と「アイ」を併用しています。ご了承ください。

車内居住性

フロントシート

見るからにフロント優先のような三菱アイ。車内に入ってみればやっぱりそう。軽自動車のキャラクターを考えればフロント優先という割り切りは気持ち良い。

フロントシート足下は広い!

フロントシートアイのフロントシートは最近の軽自動車と比較してもけっこう広さを感じる。どこが広いって足下が広い。例えばホンダの”N-BOX””N-ONE”などと比較すれば、N-ONEはほとんど真下に足を降ろすスタイルしかとれない。もっと後ろにシートがスライドして欲しい。アイだったら、足を軽く投げ出せるだけの余裕がある。

頭上に関しては男性が着座してもルーフに頭が付かないから、普通に余裕がある。ただちょっと、ルーフ先端の形状からか、サンバイザー辺りがけっこう視界に入って目障り。

前席優先はアイのデザインにピッタリ。エンジンノイズや乗り心地も考えると、アイにおいて同乗者が最も快適に感じる場所は助手席だと思う。

狭い&不快なリアシート

リアシート2最近の軽自動車といえば、リアシートの前後スペースは広くて当たり前。そんな固定観念を持ってアイのリアシートに座れば、見事に期待を裏切られる。つまり狭いって事ね。

またシート座面もシート背もたれも、固くて薄い。記憶が正しければ、ミライースだってもう少しマシなシートが付いていた気が。ミライースの初期型なんて、リアヘッドレストも付いてないんだよ。それを考えるとちょっとアレかな。アイのリアシートはエマージェンシー系だね。

三菱自動車のアピールポイントでは、リアエンジンによる車内スペースの広さをアピールしている。でもリアシートが広いとは一言も言ってない?広いのはフロントとラゲッジ。

悪い乗降性

リアシート1写真はリアシート足下。欧州車のように深くくぼんでいるのがわかります??

普段、クーペにも乗り慣れている筆者ヒラリー男爵は、クルマの乗降性についてあんまり気にしない方。どちらかといえば、祖母や小さな子供を乗り降りさせる時に、良く考えれられた自動車だと感心する程度だったり。

そんな筆者ヒラリーが、1日で計3回も頭と足をぶつけた!これは事件だ。外観デザインを重視した2ドアクーペよりマジメにデザインされていない可能性がある。
具体的には、運転席から降りる時と乗り込む時に頭をぶつけたのがそれぞれ1回。リアシートから降りる時にドアにヒザをぶつけたのが1回。なんかね、感覚と実際にズレがあるような。

またリアシート、サイドシル部分の盛り上がりとフロアセンタートンネルの盛り上がりは非常に大きい。ライバルの軽自動車って、だいたいフラットじゃなかったけ?

参考データ:各部寸法

手元のメジャーを利用して気になる部分の長さを測ってみました。

各部の寸法

  1. ステアリング直径 35.5cm
  2. ダッシュボード中央手前からガラスまでの長さ 64cm
  3. Fシート、フロアから座面先端 リフト最大時30.5cm、リフト最低時28cm
  4. Rシート、フロアからシート座面先端 30cm シートバック高さ 55cm
  5. センターコンソールまたは左右シート間の距離 11.5cm
  6. シート座面の長さ F・51cm、R・47.5cm
  7. リアシート開口部、座面先端〜ドア内張までの最短距離 28.5cm
  8. 左右ドアミラーいっぱいの長さ -cm
  9. ラゲッジ寸法 奥行き56.5cm、幅93cm、入り口最低地上高76cm
  10. アンダートレイ寸法 -cm

数値からわかること。小さく感じるリアシートも、寸法状はそんなに小さくはありません。ラゲッジスペースは奥行きが長く、Bセグメントコンパクトカーサイズが確保されています。ラゲッジ大きいといわれるフィットから10cm程度短いだけです。またリアシートに乗り降りしづらいのは、数値からもわかります。

車内スペースとカップホルダー

身長172センチの筆者がドライビングポジションを取った状態でリアシート2列目をチェック。

  • 身長172センチの筆者 ・・・ ヒザ前 コブシ 1.5個 / 頭上 コブシ 0.5個
  • 身長182センチの男性 ・・・ ヒザ前 コブシ 0.5個 / 頭上 手のひら 1枚 

カップホルダーの数

  • フロント 3個 / リア 0個

リアシート用のカップホルダー、今回は見当たりませんでした。

こんな部分も個性的

前ページで、アイは前後のタイヤサイズが異なるのをお伝えしました。それ以外でも、ぜひ覚えておきたい部分がいくつかあります。

センターのカップホルダーボンネットのつっかえ棒

写真左。センターのカップホルダーを使うと、エアコン操作がきっつい。ペットボトルだともっと上まで伸びる。また今回、リアシートにはカップホルダーが見当たらなかった。
写真右。ボンネットのつっかえ棒は左奥。とっても短い。詳しくは左袖の写真コーナーを参照下さい(PCから閲覧して下さっている場合。スマホでの表示では省かせて頂いています)。

シートアジャスターフューエルリッドを開けるレバー

写真左。シートポジションを変えるレバーは大きく掴みやすい。
写真右。フューエルリッドを開けるレバーはハンドル右下部分。ボンネットフードを開けるレバーはこの一段したの部分にレイアウト。

アイメーター(昼)アイのメーター(夜)

ラゲッジスペースについて

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

アイのラゲッジはなかなか広い。他の軽自動車と比較して奥行きがある。同じボディサイズでフロントが短ければ、ラゲッジが広いのは当たり前なのが、マジマジとみればやはり広いねって感じる。

  • ラゲッジ寸法 「奥行き56.5cm、幅93cm、入り口最低地上高76cm」。

ただしアイのレイアウトからくる欠点もある。こちらも想像通り、ラゲッジフロアが高い。重量の軽い手荷物はこれでいいんだけど、スーパーで買った食料品や大きな荷物だと、もう少し低い方が理想的なのは事実。軽自動車は女性ユーザーがメインだからこそね。

女性ユーザーがメインと言えば、もう一つ大きな欠点がある。それはハッチの重さ。開けたハッチを締めるのが大変。まず高さがある。そしてダンパーが渋い。女性スタッフの桃花だと、まず途中まで降ろすのが大変。片手だとフルパワー状態。そして一回では締められないから、途中でチカラを入れて押す感じ
荷物を持っている状態を考えれば、できれば片手で軽く開閉できるハッチを望みます。

これはアイに限った事じゃないんだけどね。ハッチが横開きのハッチドアの魅力を改めて考えさせられちゃう。

ミツビシ・アイ

ミツビシ自動車

i(アイ)

  • 試乗グレード:”L”
  • ミッション:4AT
  • 型式:HA1W
  • 価格:約115万円

「ヒラリー男爵」と「桃花」がお届けします
ヒラリー男爵桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


シートアジャスターのレバーは大きく掴みやすい。



フューエルリッドを開けるレバーはここ。






リアシートは昔ながらの印象。カップホルダーさえ見当たらず。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。