ギャランフォルティスP1/自動車比較と評論

試乗記(評論と特徴) 自動車購入の試乗比較、中古車選びにも
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2009年 三菱 ギャランフォルティス
著:元自動車整備士)

ギャランフォルティス・試乗インプレッション「1」

簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです。考え込まず第一印象重視でフレッシュな、より一般的な印象を言葉に出来るよう心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

今回取り上げさせて頂きます試乗車は三菱ギャラン・フォルティス(CY4A)。2000ccエンジン搭載のモデル。グレードは「スポーツ」という若干装備が充実したグレード。


  1. このpage - ギャランフォルティス「1-1」・エンジン、サスペンションの印象
  2. 分割page - ギャランフォルティス「1-2」・車格、三菱のイメージ
三菱自動車
  • グレード:”スポーツ”
  • 型式:CY4A
  • 車両価格:234万円
  • デビュー年:234万円

概要:ランエボの兄弟車?

ミツビシ

ランサーエボリューションX(通称ランエボX)と同じベースを利用したモデルとして、後からデビューしたのがギャランフォルティス、のスポーツパッケージ。
所有している本人以外からすると、細かく見ないと違いが分からないほど外見は全く同じ。いやボンネットに穴は空いてないですし、バンパーも違うとディーラーマンは説明していましたが、パッと見、外版はほとんど共有していそう。内装を見てもこりゃ同じクルマです。

ランエボそっくりのセダンということで、”普通のミドルセダンとはちょっと違うんだぜ!こだわって乗っているんだぜ。”とクルマに精通している雰囲気を感じさせてくれる。人畜無害系ではなくコダワリ派を演出するクルマなわけですね。そういう願いもちょっとだけ込めて三菱のギャランフォルティスを選択するのもありでしょう。コダワリ派は一歩間違えればオタク派だから要注意ね。

車名はランエボじゃないけれど、トヨタや日産のミドルセダンほど地味じゃないのが嬉しいトコロ。

今回の試乗車であるギャランフォルティスの概要は、全長4570mmというミドルクラスのボディサイズに2000ccエンジンを搭載したグレードがメイン。お値段は200万円弱〜で、従来からの中級を受け継ぐミドルクラスの中のミドルクラス。エントリークラスからのステップアップクラスだね。

なおギャランフォルティスの試乗について、ベーシックグレードおよびコンフォートなグレードには試乗していません。そのため主力グレードでの試乗比較はなく、多少印象の異なる記事となっている可能性がございます。どうぞご了承ください。

三菱のクルマ

三菱というメーカーはかなり独特のデザインのクルマを出し続けています。ここでいうデザインとはエクステリアのデザイン。
他の自動車メーカーが前から後ろまで滑らかな一体感を重視したり、新しさを演出する直線と曲線の融合を図るボディーラインを模索している中、ガンダムベースが三菱デザインのアイデンティティ(笑)。

ガンダムデザインと言えば、今やジャパンデザインと呼ばれるオリジナル。グラフィックの世界でもそう表現される事があります。そんなカクカク系ボディデザインを採用する三菱自動車、孤軍奮闘と言うべきか、デザイナーの考えが古いのか?Goサインを出す重役があれなのか??までは分かりませんが。

三菱車のボディデザインが気にならなければ、クルマとしての内容的には魅力ある。特に電装品の便利さには気配りが行き届いてる。そして相変わらずラインナップ的にもマニアにはたまらないクルマを出しています。

三菱車を購入してみた!

三菱はどちらかといえばマイナーな自動車メーカー。特に最近はアレがアレでああなっちゃって。マスコミは怖い。。。だからって、絶対イイ部分だってある!実際に筆者の知人は免許取得から三菱車を買い続けている。

コルト

ということで、当ホームページスタッフも、実際に三菱車を購入しました。実際に所有することで長所短所やディーラーの対応などもわかるはず。

クルマは、「コルト・ラリーアートバージョンR」。
実は新車からお付き合いさせて頂いているクルマですが、走行7万km。とりあえず目立ったトラブルはありません。別に所有する年式の近いスカイライン・クーペは大きなトラブルが出ているのにコルトは堅調。

クルマの試乗感はこちらでどうぞ。コルトラリーアート試乗レポート

フォルティスの内装

ギャランフォルティスのグレードは、「エクシード」と「スーパーエクシード」、そして「スポーツ」の3種類が用意されています(ラリーアートを除く)。

お約束通りグレードにより内装のパネル部分が差別化。最近では加飾なんて呼ばれますが、茶木目やツヤ有りパネルがあります。木目調パネルのインテリアに関しては、ゴツゴツしたエクステリアとのイメージギャップがありすぎて最悪。バランスを考えれば個人的には黒い内装を選びたいかなと。


内装、パッと見た目の質感は悪くはありません。が、ボタン類を手で触れると悲しくなるほど貧粗です。やはりここら辺が、ミツビシならではのミドルセダンといったとこでしょうか。しかし、もともとこのクラスのセダン派の方には、「セダンは価格が全てのピラミッド」という点を理解されているはず。
(スイッチに関してはトヨタ車も貧相。押し心地悪い)

インパネデザインとしては、ワイド感を強調しているのが伝わってきます。水平基調よりブーメラン曲線基調とでも言いましょうか。これがパッと見の質感をアップさせている反面、例えばエアコン吹き出し口が縦長だったり、センタークラスター周辺が不思議な曲線であったり、全体としてはちぐはぐな印象を受けます。
ディーラーでの試乗時には気にならずとも購入後には気になってくるかもしれません。

それからシート、フロントシートは若干小さめ。逆にリアシートの座面は大きめ。フロントシートが小さい分余計そう感じるのかもしれません。リアシートバックは全長4500mmというミドルコンパクトセダンからすれば角度は寝ています。そのため、頭上にも空間はあります。座れるリアシートはセダンの必須事項の一つです。

ピラミッド階層がある限り、予算で妥協しなければいけない部分はそれなりにある。価格が全て=しょうがなく買う、これが悲しいギャランフォルティスの立場ですが、昔と違ってエクステリアは車格にとらわれず立派になりました。後は内装の違い。内装の質感やデザインは単純に価格次第。この内装で充分と思えればそれでOK!でしょう。

試乗して足回りの印象

筆者は最初に「スポーツ」というこのグレードに試乗。その後にメンテナンスの合間程度ですが、「エクシード」というグレードも試乗させて頂きました。エクシードは柔らかめの足回りで、欧州車的な外観から想像もできないほどミツビシ的。三菱車って柔らかめなのが伝統的。

そして「スポーツ」というグレードの足回りは、固い!ハーシュネスがとても気になります。このスポーツは、サスペンションの固さにプラスして、標準で215/45R18インチという大きめのタイヤを装着。特に荒れた路面などを走ると、わなわなした振動とロードノイズが乗員に伝わってきます。
スポーツでは三菱どうしちゃったの?っていうほど固めの足回りです。

ただこの振動がそこまで不快でないのは特筆すべき点。ショックアブソーバーの動きは渋いながら、しっかり2000ccクラスの揺すられ方です。ただただ、プレミオやアリオンよりは固い。他車と質感を比較すれば可もなく不可もなくキャラクターの違い。正確には印象が残っていないだけですがwww。とりあえず固め。そして振動の減衰は昔のギャランよりスムーズです。

ギャランフォルティスのエンジンと駆動系

エンジンは2.0リッター直列4気筒、ミッションはCVTが基本。そしてフルタイム4WDがラインナップされます。
(後期は1800ccに変更)

クルマの中でも中心となるコンポーネンツがエンジン。ギャランフォルティスのエンジンは、実用4気筒エンジンの中ではフケがいいエンジンで、ちょっと軽やか。スムーズさと同時に低回転でのトルク感も感じさせます。
トヨタの2A系エンジンと比較すれば、ワンランク上といっていいでしょう。えっ??

ギャラン・フォルティスのスポーツには、「5速マニュアル」と「CVT」2つのミッションが用意されていて、どちらも同じ価格で販売されています。

追記:

後から追加されたギャランフォルティススポーツバック。このエンジンはいいです。

何がイイって、まるでホンダの4気筒か?なんて感じるほど。エンジンが良ければ自然と高級感を感じるし、少し高めの回転数をキープするのも苦にならず。地味で知名度低いのが実にもったいない。
こちら、正確な型式は不明ながら、セダンとは別物エンジンぽい。

余談ですが、三菱のブランドイメージを気にされない方ならエンジンを味わいたい。でも新車でっていうならちょっと待って。三菱車は全体的に中古での価格付けが安く、中古車でとてもお買い得なクルマです。もちろん新車を買えば相応の値落ちを覚悟しなければなりませんから、指名買いではなく充分交渉し、大幅値引きで購入して下さい。

値落ち率の高いクルマほど、新車購入時の条件を大切にどうぞ!

※セダンよりこのスポーツバックの方が全長が長くなっています。ボディサイズ全長はセダン+15mm。

※ディーラーになかなか試乗車がありません。見つけたらすぐチェックされる事をオススメします。


前期モデルには5MTが用意されます

貴重な貴重な、セダンボディのマニュアル車。ギャランフォルティスなら用意されています。(前期型オンリー)。

ダイレクトでレスポンス良く、高回転を保ってシフトチェンジすれば半端ない快感を与えてくれるのがマニュアルトランスミッション。
MTのできの良さなんて2の次。マニュアルなら自由にギヤを選べてシフトダウンの快感を得られます。

「これじゃ彼女できないよ?」といわれれば、「彼女なんていらないよ!」と即答できること間違いありません。

良くできたマニュアル車で夜の道を走れば、それはまるで異性と交わっているときの快感と同等。
この点で言えばアルテッツァのミッションがいいです。神経質だけど吸い込まれる瞬間の精密感がものすごい快感。またラクラクなMTならカローラのMTだって捨てがたい。どちらも同じセダンだし購入の敷居は高くない。
そしてアルテッツァミッション縦置きのFRだからダイレクト感高いってのも、あると思います。ハンドル切ってもブレーキ踏んでも楽しい。ただしエンジンだけはギャランスポーツバックのエンジンの方が大幅にいい。

三菱・ギャランフォルティス

ミツビシ

fortis (フォルティス)

  • 試乗グレード:”スポーツ”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成19年(2007y)
  • 新車時価格:234万円

エンジン概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:4B11 (MIVEC)

その他概要

  • 型式:DBA-CY4A
  • ボディサイズ:4570/1760/1490mm
  • 車重:1440kg
当記事は「元自動車整備士」が
お届けさせて頂きます。
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ギャランフォルティス

CY4A - 4B11 2000cc 2008年〜
55D23L


ギャランフォルティススポーツバック

CX4A - 4B11 2000cc 2008年〜
55D23L


寒冷地仕様はどちらも80D23L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


メーター部分の切り抜き。ここは200万円クラスとして十分な質感を持つ。クルマは2000ccクラスで十分だという方が多いのもうなずける。


室内で最も上品な場所、シフトゲート部分。光沢パネルと金属調パネルの組み合わせ。


NAモデルはSOHC-MIVEC。ターボモデルはDOHC-MIVEC。
前期は2000ccメイン。後期は1800ccメインにエンジンが乾燥された。


ギャランフォルティス・スポーツバック

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。