コルト・ラリーアート「P4」・ライバル比較やグレード

三菱・自動車購入の試乗比較、中古車選びにも
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > コルト・ラリーアート1-4
 

(2010年 三菱 コルト・ラリーアートverR
著:元自動車整備士)

コルト・ラリーアートバージョンR(後期)試乗「4」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページ試乗レポートはZ27A型三菱コルト。グレードはターボ付きの「ラリーアート・バージョンR」。剛性高い操作性がとっても魅力な3ペダルMTを搭載するマニュアルミッションモデルです。

当ページは4ページ目です。 「グレードバリエーションと参考データ」などを掲載中。

コルト室内1コルト室内2
三菱自動車
  • グレード:”バージョンR”
  • 型式:Z27AG
  • 車両価格:174〜232万円
  • デビュー年:2002年11月〜
  1. 分割page - コルト試乗「1-1」・エンジン&ミッション
  2. 分割page - コルト試乗「1-2」・ブレーキの印象とミニサーキット走行
  3. 分割page - コルト試乗「1-3」・室内とラゲッジ、便利な電装品
  4. このpage - コルト試乗「1-4」・グレードバリエーションと参考データ
  5. 分割page - コルト試乗「1-5」・ライバル比較や評価総合

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴です。評論家の先生がお伝えしにそうな点を強調して記載しています。

2011年追記:3年経過したクルマに試乗して

新車おろしたての頃、筆者は知人に借りてガンガン運転させてもらいましたそのクルマ、コルトラリーアートですが、3年を経過し距離も6万キロになっていました。その記念?にせっかくなんで100キロほどハンドルを握らせて頂きました。

久々に運転するコルト、ミッションの様子はカッチリ、ボディ剛性感もカッチリのまま。速度を上げた時のハンドリングなど、コンパクトカーはディメンション的に不利といえども、しっかり補強してあるコルトラリーアートなら常識的な範囲内で速度を上げても不安感はなし。
別のクルマで、かなり手を入れたフィットがあり、そっちはかなりお金を掛けて仕上げたクルマですが、それと同じような剛性感は変わらずでした。相変わらずフロントショックアブソーバーの動きは質感を感じます。

ハンドリングに対する剛性感は新車当時から変わらずの印象ですが、内装、特にインパネからはガチャガチャと音がすごい。やはりコストダウンが際立った世代のコンパクトカー。ボルトがピンに変わり、そのピンも低価格なクルマだとチープなピンで内装が固定されています。
決して足回りは固すぎませんが、それでも6万kmも走れば多少のガマンも必要といったところでしょうか。嫌なら新車から段差を極力避けて運転するしかありません。

次にエンジン、高回転が苦しそうな感じがするのと、タービンというか吸気音も大きめ。このエンジンはもともと極端な低回転型だった気がします。マフラーからの音がうるさい割にフンズマリ感は半端ない。しかしさすがにこの走行距離でエンジン特性が悪化したのは考えられないので、上が回らなくなったわけではありません、最初から各ギヤの守備範囲を広げるためだけに存在する高回転部分。実用的なのは5000回転まででドラマティックなトルクの盛り上がりはありません。

参考データ:中間加速タイムや騒音計測

同乗者による手元のストップウォッチでコルトラリーアートの中間加速力などを計測しました。

中間加速タイム、計測した条件と結果

計測条件は大人の男性2人乗車。ガソリン残量はメーター半分よりちょっと下。風はほぼなし。タイヤ空気圧フロント・リヤ共に2.4キロ。道路は直線。
今回は1速または2速でシフトポジションホールドでの走行記録。トラコンはオフ。
タイヤは「ファイアストン・ファイアホーク・ワイドオーバル」。

  • メーター読み時速10kmから60kmまでの加速タイム(1速) ・・・ 3.70秒
  • メーター読み時速30kmから80kmまでの加速タイム(2速) ・・・ 5.35秒
  • メーター読み時速50kmから100kmまでの加速タイム(2速) ・・・ 5.36秒

計測タイムの正確性はさておき、パワーバンドは3500回転〜5500回転くらい。下はもたつくし、上は衰える、パワーバンドではホイルスピンもする。 計測車がリアシートに座ったりなども含め何度かやり直してのタイム。

1速での加速はトラクションコントロールが介入すると0.5秒遅くなる。スイッチがオンの場合でも微妙なアクセルワークで多少抜いた方が速い。タイヤがハイグリップ系ならもっとタイム良いと思うけど、コーナーではクルマ的にローグリップタイヤが合っていると思う。

車内静粛性、タイヤ「ファイアストン・ファイアホーク・ワイドオーバル」

市販の騒音計を利用して、ノイズを計測してみました。単位はdB。(dBについてはネット検索して下さい)。
騒音計ということで音圧に対して補正が掛かっていますが、人間が感じる不快さとは違います。耳障りな音とか気になりにくい音とか、そういった感覚は含まれていません。

計測時の周囲の騒音 環境ノイズ / 46.1dB
  • 「エンジンOn」アイドリング時の車内騒音 エンジン回転数・・・700rpm 
    Fシート・・・59.3dB Rシート・・・49.3dB
荒れた路面での計測
  • 巡航時の車内騒音・荒れた路面、細かなデコボコが多い道路 時速50キロ走行時 / 
    Fシート・・・74.7dB Rシート・・・75.8dB
状態の良い舗装路での計測
  • 巡航時の車内騒音・綺麗な路面、比較的新しい舗装の道路 時速50キロ走行時 / 
    Fシート・・・68.6dB Rシート・・・67.0dB
  • 上記同様の道路 時速90キロ走行時 / 
    Fシート・・・76.7dB Rシート・・・71.1dB

アクセルオフ時の転がり抵抗

アクセルオフ時に惰性で走る時間を計測しました。

  • 時速80kmから50kmまでの減速タイム・・・23秒46

計測3本行ったうちの中間の数値。すべてアマチュアレベルの計測なので、厳密な正確性については期待しないで下さい。他のタイヤ、他の車種でもテストを行い、データを集めています。
タイヤ詳細はこちらに掲載中!ファイアホーク・ワイドオーバル使用感

車内静粛性、輸入タイヤ「PRESA・PS55」

PRESA・PS55フロント低価格で購入出来る輸入タイヤを試してみる。台湾メーカーの「PRESA・PS55」を購入し、コルトに装着してみました。このタイヤは低価格なスポーティ系タイヤ。価格は205/45R16サイズで1本4000円ほど、4本+送料で2万円以下。ネット販売でオートウェイから購入しました。

タイヤ使用感、参考データなどは別ページにまとめています。

タイヤ詳細はこちらに掲載中!CST・プレサ・PS55使用感

ナビ・オーディオ取付交換や燃費計など

三菱コルトには車載燃費計が付いてない!レーダーも欲しい!水温も知りたい!そんなアイテムの装着やナビゲーション・オーディオ取付など、コルトに用品取付を別ページでまとめています。

  1. ナビ・オーディオパネルの分解
  2. 車両モニター付きレーダー探知機の取付
メーターメーター(夜間)

コルトのターボ、ラリーアートのバリエーション

コルト・ラリーアート、フロント

様々なグレードが段階的に用意され、どれもが特別仕様車のようなコルトラリーアートのグレード。全体的に限定というカタチが多くなっています。

コルトのターボエンジン搭載グレードには、スポット増し溶接などされた限定車も出たり、エンジン出力アップなどいろいろ改良されていて進化しています。これで三菱が元気だったらと思うと、その点だけは残念で仕方ありませんね。

年次改良で追加されていったコルトラリーアートのグレード
  • 2005年デビュー・ラリーアートおよびラリーアートナビエディション(180万円)
  • 2006年追加・ラリーアート バージョンR(197万円)
  • 2007年追加・ラリーアート バージョンR レカロエディション(207万円)
  • 2008年追加・ラリーアート バージョンR スペシャル(230万円)
  • 2008年改良・ラリーアート バージョンR スペシャル(232万円)
  • 2010年改良・ラリーアート バージョンR CVT追加(184万円)
  • 2011年改良・ラリーアート バージョンR(185万円)

コルトのターボ搭載グレードはもともと、ラリーアートのブランドが付いて販売されていることもあり、あまり手を入れずに乗れるクルマです。レカロシートまで付いているグレードならなおさら。ミニサーキットならブレーキパッドくらいでも行けちゃうかと。
あとは加速力そしてエンジンのキャラクター。ピックアップよくて上も回ってくれればもっと楽しいかもしれない。コルトはどちらかといえば、いい大人が乗るには少し中途半端な印象もあるので、バランスなんて考えずにまずはパワー。男らしくブーストアップから行って欲しいですね。一段と楽しくなります。

ミツビシ・コルト

ミツビシ自動車

colt (コルト・ラリーアート)

  • 試乗グレード:”バージョンR”
  • ミッション:5MT
  • 年式:2007y
  • 型式:Z27AG
  • 価格:約190万円

「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

コルト・ラリーアート、フロント

コルトのリアシート1
コルトのリアシート2
コルトの意外な長所、リアシートの背もたれはこんなに寝ます。
リアシートは止まっていれば快適、でも走り出すと乗り心地は悪く足下は非常に狭い。最大の欠点はフロントの2人と会話しにくい静粛性の低さか。

ラゲッジスペース4
ラゲッジスペースの床部分にはスペアタイヤを積んでいる。このあたりは時代を感じる。サーキットに行く場合はスペアタイヤあると安心できてありがたい。



静粛性が低いので、こんな加工してスピーカー付けてもあんまり意味ありません。ネタとして見てね。停車中に聞く??

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。