三菱・コルト・ラリーアートバージョンR辛口評価

三菱・自動車購入の試乗比較、中古車選びにも
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > コルト・ラリーアート1-1
 

(2010年 三菱 コルト・ラリーアートverR
著:元自動車整備士)

三菱自動車
  • グレード:”バージョンR”
  • 型式:Z27AG
  • 車両価格:174〜232万円
  • デビュー年:2002年11月〜

コルト・ラリーアートバージョンR(後期)試乗「1」

試乗評価と批評 間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは三菱コルト。グレードはターボ付きの「ラリーアート・バージョンR」

※2012年、編集部でコルトを実際に購入。平成19年式のコルト・バージョンR、MTの後期163馬力仕様。
以後、試乗レポートに追記が重なり、文章にまとまりが無くなっている点をご了承下さい。


  1. このpage - コルト試乗「1-1」・エンジン&ミッション
  2. 分割page - コルト試乗「1-2」・ブレーキの印象とミニサーキット走行
  3. 分割page - コルト試乗「1-3」・室内とラゲッジ、便利な電装品
  4. 分割page - コルト試乗「1-4」・グレードバリエーションと参考データ
  5. 分割page - コルト試乗「1-5」・ライバル比較や評価総合

関連ページ - 格安輸入タイヤ「PRESA PS55」をコルトでテスト
関連ページ - 2014コンパクトカー比較(スポーティグレード編)

コルト室内1コルト室内2

概要やボディデザイン、派手で子供チックな外観

コルト・ラリーアート、フロント21世紀になってからエコロジー(環境)、エコノミー(お金)、トレンド(流行)といった理由から、コンパクトハッチバックでターボ付きというクルマ、日本ではとても珍しくなりました。
(過給器はその後、海外では可変排気量という考えたでまた一般化増殖中)

日本車では過給器不毛の時代。そんな時代に登場した三菱コルトのターボ仕様。後付チューニングパーツではなく、メーカー標準、市販車状態からターボ付きで発売され、車名・グレードは「コルト ラリーアートバージョンR」と呼ばれます。

また限定仕様で「ラリーアートバージョンR・スペシャル」「ラリーアートバージョンR・レカロ」といったモデルもデビューしています。

まずはコルトの外見、エクステリアについて。前から見れば攻撃的ともいえるディテールが特徴的。張り出した樹脂むきだしの塗装されていないオーバーフェンダー、一言で言えばうーん、一昔前のセンス。エクステリアについては無理矢理にでも好きになるか我慢した方がいいと言わざるをえません。

しかし、このクルマのデザインどうこうは気にしないで下さい。だって中身はコンパクトカーで運転を練習したい方、ライトウェイトコンパクトカーに心を揺さぶられるクルマ好きにはたまらない一品なんですから。MTが選べ、静粛性など度外視、細かい事を気にせずガンガン走って楽しめるがモットー。タイヤは標準でネオバという走ってナンボの仕様。(練習用ならぜひローグリップのミニバン用タイヤに変えてもよし、そんな楽しむクルマがコルト・バージョンR)

コルトラリーアートのエンジンとミッション

シフト2シフト1

エンジン、ミッションのフィーリングについては下記の通り。※追記・修正あり。

エンジンフィーリングについて

試乗車は後期163馬力仕様のMT車。このラリーアートバージョンRのエンジンは、ダイハツ ブーンなどの後付け的どっかんターボではなく、トルク感のある使いやすいエンジン。もちろん低回転レスポンスは悪いですが、回転が上がればレスポンスも上々。でも、高回転は、落ち込みます。そして全域でもっさりとしたフィール。一言でいえばミツビシらしい味のエンジン。特性的には低〜中回転型エンジン

具体的には、1500回転以上2000回転以下で普通に巡航できるトルク感。時速60キロ、5速トップギア、2000回転以下で巡航もこなせる。とりあえず1500回転をキープしていればギクシャクせず加減速できる。全体的にハイギヤードながらギヤチェンジをサボっても再加速できるし。欧州車よりトレンドの先読みをした低回転型ターボといえるかも。

扱いやすいから楽しい

ゆるゆるで精密感ない反面、シビアな感覚はなし!ターボ車らしい低圧縮感をもつエンジンにクラッチ、気難しいところがないミッション。粘りもあって坂道発進もラクラク。だから一人でドライブしても、複数人でドライブしても、楽しい。特別な儀式、クセ、ピーキーさなど、気にしなくていいんです。

気むずかしさと官能性能を併せ持つ機械を使いこなすのも楽しいが、それとは違った楽しみ方。それがコルト・ターボにはある。とにかく細かい事を気にしなくて良いから、自分の走りたいように走れ、さらには安定志向のハンドリング特性。本格派のスポーティカーや上質セダンからみればチープだって思われるかもしれません。でもいいんです、おもちゃにしかない楽しみだってあるんですから。意味なく加速したくなる貴重なコンパクトカー。

高回転型エンジンと比較して

このクルマはもともと、筆者の知人が購入し、その彼女は「ホンダアコード・トルネオVTEC2000cc」からの乗り換えだったのですが、「足回りには不満があるものの、加速感には不満は無い」と言っています。
最も、DOHC-VTECのカキーンと回る高質なエンジンから比べれば、質は低い。でも動力性能という面だけみれば、1500ccとはいえ、とてもパワフルな走りは魅力的。
ホンダみたいな高回転至上主義は時代遅れ?全域でほどよいトルクなら前走車にもついて行きやすい。

試乗:動力性能その他

コルト・ラリーアート、エンジンルーム加速力を比較すると、他の国産コンパクトカーにはなかなか無い加速感。さすがに1500cc+ターボということで、2500回転も回っていれば力強く加速してくれます。

コンパクトでパワフル、ゲトラグブランドのミッション。ただしその分、コルトの価格は高いですよ〜。値引きを含めれば2500ccのクルマと大差ありません。ほんとアルミホイールを買う程度の価格差しかないんです。そして排気量が大きなクルマと比較すれば、コルトがいくら軽量といっても加速力自体はコルト・ラリーアートの方が遅い。走行性能もちょっと劣る。快適性能は・・・。駐車スペースなども総合的に考えて比較し選ぶからこそ、買ってからの後悔もないはず。

三菱というブランドを気にされる方にはちょっとアレですが、全長4000ミリクラスでこれだけの動力性能を持つクルマは貴重。現在では他に選択肢がありません。

MT、ギヤチェンジのフィール良し

コルトはゲトラグミッションエンジンは加速力が強い(速い)だけ、で、思いっきりスペシャル感があるかと言われれば多分なし。しかしこのマニュアルトランスミッションの方はというと・・・、これはビックリ、ミッションは高級感もあります。コルトのマニュアルですが、非常にガッシリ。シフトノブに軽くチカラを掛けて抜いて、次のゲートに軽く押し当ててエンジン回転を合わせればスッと入ります。

フィーリングとしてはなんだかんでガッチガチ。全然壊れなさそうな力強さが伝わってくるのが心強い。いってみればミッションオイルが固めな感じ+強い節度感。
回転数がシンクロしたのを感じてスムーズなシフトで腕を見せるのもよし、コンパクトらしく豪快にたたき込むのもよし、どんなふうにも使え、さらに高級感も感じされるいいミッションです。

これだけいいマニュアルミッション、他には80スープラあたりしか思いつきません。いや節度感という面ではコルトの方が上かも。FRと比較すればFFはダイレクトではないから、ネガティブな部分が丸くなっている可能性もあります。このマニュアルトランスミッションのためにコルトラリーアートを選ぶのもありでしょう。

参考:MTをスムーズそして楽しく操作する基本

試乗:ハンドル切ると

メーター2夜間低回転から加速が良いことで、普段乗りで面白い。しかしもちろんそれだけではありません。ワインディングでだっておもしろく走れると思います。

クルマの横幅がコンパクトなので、道が広くなったような感じでラインの自由度があり、またライン取りの勉強になります。
よく出来たシート含め、落ち着きある安心感を感じるのがコルト・ラリーアート・バージョンRの特徴。3速に入れて横G掛けて走ることも可能な安定感の高さがどこからか伝わってくる。
(まともに開発されたスポーティクーペには足下にも及びませんので、誤解はないように。所詮、低速域で最適なナロートレッドにショートホイールベースのコンパクトカー。無理せずほどほどにどうぞ。)

低速コーナーではマイルド指向。姿勢を作れば曲がりやすいが、急にクイックになりすぎる場面もなさそう。基本的には「よっこいしょ」といった感じで曲がり始めるが、無理しないレベルでの走行中には、ステアリング切り増しに応えてくれる。コーナー入り口で失敗しても切り足らなくても、ガシガシ切り増ししていける。「おらおら」っと走れるコレが楽しいと思います。

ミニサーキットでは?

コルトラリーアート・エクステリア

サーキットに行けば安全に走れ、1速を使うコーナーならパワーをコントロールする楽しさも味わえる。安全というのはリアタイヤは極端な旋回ブレーキをしなければブレイクしにくいし、フロントはグリップを失うにしても戻るにしても挙動が穏やか。

ステアリングインフォメーションはものすごい希薄だから、クルマとの会話という面では全然十分じゃない。お恥ずかしながらコーナーでアンダー出しながらロックまで切ってしまったこともある。わかりにくいし反応ない。でも急にはすっぽ抜けない。ブレーキさえ気を付ければ大丈夫。足らないのは面白さと爽快感。
フロントがグイグイ入ってくれるクルマが好みなら別のクルマをぜひ。

詳しくは次ページにて!

メーター(昼)メーター(夜間)

試乗:内装など

インテリア2

コルトのインテリアは、シンプルですが、デザインがまとまっていてとてもいいと思います。ワンランク上のインテリアに見えるデザインです。これは他のコンパクトカーが変わったデザインのインパネを採用してくるのに対し、コルトは普遍的なデザインを採用しているのがポイントでしょうか。その上で、価格を考えれば十分なクオリティをキープしています。

しかし。どのグレード(例外あり)でもそうですが、ハンドルの三菱マークが強調されているのは、好みの分かれる所。
今回、ラリーアートバージョンといえどレカロシートはオプション。もともと背が高めなコンパクトカーのため、シート着座位置も高めです。シフトノブは上から握ります。

※追記:純正シートを低く設置できるローポジションシートレールが販売されていました。折角なんで購入してみました。

フロントウインドウが寝たクルマ特有、Aピラーが邪魔なのは、ウインドウ=ピラーが寝ているクルマ全般でいえる事実。コルトも例外ではありません。その分、フロントシートの開放感があるわけですが。気になるなら旧来然としたクーペやセダンなど、コルトじゃなくて違うクルマにした方がいいですね。

ミツビシ・コルト

ミツビシ自動車

colt (コルト・ラリーアート)

  • テストグレード:”バージョンR”
  • ミッション:5MT
  • 年式:2007y
  • 型式:Z27AG
  • 価格:約190万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc+ターボ
  • エンジン:4G15

その他概要

  • ボディサイズ:3925/1695/1535mm
  • 車重:1110kg
  • 発売時期:2002年11月〜2012年10月
  • 新車時価格帯:174〜232万円
    (ラリーアート限定)
「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

コルトのバッテリー適合詳細


コルト ターボ(ラリーアート)

Z27AG - 4G15 1500cc 2006年〜
42B19L

コルト

Z26A - 4G19 1300cc 2004年〜
42B19L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

レスポンス悪く回転数によって感触が大きく変わる。高回転域はただ回るだけだが、低中回転から加速力は強い。

駆動系質感 5段階評価

ゲトラグ製のマニュアルミッションはなかなか味わえない質感。エンジンも鈍いから合わせてラクラクギヤチェンジ。

足回りの質感 5段階評価

フロントの動きは良い。リアは質感悪い。

内装の質感 5段階評価

上品なデザインは評価出来る。

外装の質感 5段階評価

これ、大人が乗っても良いのかなぁ。

快適性 5段階評価

気にしない、気にしない。

お買い得度 5段階評価

絶対的には高いけど、ライバル不在だからこの価格もしょうがないでしょう。


コルト・ラリーアート、フロント

インテリア2
内装の質感はコンパクトカーとしては好感が持てる。比較的良い方だと思う。パーツの継ぎ目が亜ハッキリしている点や部品点数の少なさなどといった問題を、上品なデザインでうまくいなしている印象を受ける。

レカロシート
コルトにつけたレカロシートはSR7だかSP7だか。ホールド感はそこそこ、でも表皮素材により滑りにくい。クッションは薄めで柔らかめ。個人的にはエルゴメドより快適だ。
使ってみてわかった欠点、服の生地材質にかかわらず静電気が起きやすい・・・。

シフト1
シフト2 ゲトラグ製マニュアルミッション。節度感はかなり強め。
ギヤが入りにくいとき、回転数を合わせて適度に押しつけてもダメなら、一度クラッチを切ってアクセル吹かして、もう一度クラッチ切って回転合わせる。(ダブルクラッチが有効)

コルト・ラリーアート、フロント

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。