マツダ・プレマシー試乗比較「P3」・参考燃費とリアシート

マツダ・メーカー別の特徴と評価
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 マツダ プレマシー
著:ヒラリー男爵)

マツダ
  • グレード1:“20E 4WD”
  • グレード2:”20C-スカイアクティブ”
  • 型式:「CWEAW」及び「CWFFW」
  • 車両価格:210万円
  • デビュー年:2010年8月

マツダ・プレマシー試乗(3代目)インプレ「3」

今回の辛口比較・評価評論の試乗レポートは低背クラスのミニバン「マツダ・プレマシー」(3代目)。2010年デビュー。試乗車は排気量2000cc、4WDの4AT。両側スライドドアとスマートキーのオプションを装備。

このページは3ページ目です。当ページでは「参考燃費とリアシート利便性、参考加速データ」などを掲載中。


  1. 分割page - プレマシー試乗「1-1」・内装、エンジン&ミッション、乗り心地
  2. 分割page - プレマシー試乗「1-2」・ハンドリング、重く骨太な部分
  3. このpage - プレマシー試乗「1-3」・参考燃費とリアシート利便性
  4. 分割page - プレマシー試乗「1-4」・ライバル比較と総評
  5. 分割page - プレマシー試乗「1-5」・スカイアクティブ搭載グレード
プレマシーのインパネプレマシーの室内

2列目シートと3列目、ラゲッジスペース

プレマシーの2列目シートは、疑似キャプテンシートとベンチシートを使い分けることができ、さらにキャプテンシートではセンター部分を1.肘掛け、2.ウォークスルー、3.カップホルダーと、変更できる。

2列目キャプテンシートモード2列目シート(セカンドシート)は基本キャプテンシートで、シートアレンジによりベンチシートになる。違いは3列目にウォークスルーできるかできないかだけなので、どちらも快適性はほとんど一緒。

どちらかといえば、キャプテンシートが表すプライベート感覚。心理的なイメージの方が大きいだろう。

2列目カップホルダーモード

快適性以外の違いといえば、カップホルダーを利用する場合には、キャプテンシートに限られる。センターのウォークスルー部にカップホルダーが来る。

ベンチシートモード

また小さなお子様がいる場合はベンチシートが便利。
この場合はキャプテンシートはあきらめる。そうすると、カップホルダーとウォークスルーは諦めることに。

広さ的には、身長182センチの男性がドライビングポジションをとった状態で、
身長172センチの大人が座って、膝前コブシ2.5個、頭上コブシ2.5個
身長182センチの大人が座って、膝前コブシ1個、頭上コブシ1.5個

特筆すべき点は、2列目の乗り心地も悪くないという点。例えばホンダのミニバン、スポーティグレードでは「超」が付くほどリアサスが固い。それと比較すればプレマシーは全然快適。また低価格コンパクトセダンのリアシートよりも快適。

3列目って人は座れる??

3列目シート(サードシート)、こちらはあまりに狭いため、チェックはなし。実際には座れないことはないが、3列目に座ると2列目のスペースが足りなくなり、こっちに座れなくなってしまう
3列目シートに大人が座った格好を見ると、なぜかおかしく、笑いが止まらなくなってしまった(スミマセン)。ネタとして提供されるだけの3列目。いえいえ、吸音材としての意味だってちゃんとあります。

乗降性についてはスライドドア+ウォークスルーで良好。広さ的には小学生低学年くらいまでの専用シートといった感じです。

ラゲッジスペースについて

ラゲッジスペースラゲッジスペース・アンダートレイ

3列目を起こしている状態でのラゲッジスペース。筆者的には想像以上に奥行きが長かった。幅が広いこともあり、この状態でもスイフトなどコンパクトカーに近い広さと使いやすさはあると思う。

とはいっても、プレマシーは全長4585mmで3列シートのクルマ。どっちかっていえば3列目はたたみっぱなしが正解でしょう。それならば、背の高いワゴンのように利用できるから、ステーションワゴンの代わりとしての役割もこなしてくれる。
3列目を利用する機会を考えているならば、もっとまともな3列シートミニバンがオススメ。セレナとかステップワゴンとか。価格帯は近くてもジャンルが異なります。

燃費性能

液晶表示部分のイメージほとんど信号のない地方の道をメインに、ワインディングと流れの良い市街地を走った今回、プレマシーの燃費は車載の燃費計で「8.5km/L」

条件は、4WDモデルだが常にFFモードで走行。アイドリングストップはなし。両側自動スライドドア付きで車重は1590kg。ワインディングでは踏める部分はアクセル全開。それ以外では燃費走行を心がけ、無駄なアイドリングはほとんど無し。エアコンは常時オン。

プレマシーのアクセルはアクセル開度10%を越えたところから、かなりスロットルが開いてしまう。アクセル開度半分でスロットル全開に近い状態となる。
そんな状態なので、ATは高めの回転数をキープしようとし、意図的にアクセルを戻さないと低回転で使ってくれない(走ってくれない)。巡航となればまめにロックアップしてくれるが、アクセルペダル開度5%あたりまででコントロールしなければならないので、燃費を気にして走ろうとすると、とにかく疲れる。スロットルがあまり開かないアクセル領域をもう少し増やして欲しい。
もしくは思い通りに省燃費走行をするために、エコモードのようなスイッチを付けて欲しい。

FFモデルについて

ミッションが5ATになり、アイドリングストップが付くFFモデルなら、リッター10キロには届いて欲しい。いやそれくらいは走ってくれないと困ります。でないと、3000ccや4000ccのクルマとたいして変わらなくなってしまいますから。

プレマシーの一番のライバルと思われるトヨタ・ウィッシュ。ウィッシュの燃費はというと、同じような場所を走って燃費13〜15km/L走ります。1800ccFFモデル。車重1360kg。車載の燃費計の数値。ウィッシュで瞬間燃費計を見ながらエコラン&長距離ドライブをしていれば、17km/Lは走ってしまうので、燃費で比較すればプレマシーはちょっと厳しい。
その分、ウィッシュは全体的にチープ。このクラスの日本車ワースト1を争うほどの走行性能の低さ。燃費と加速力だけ優れています。

同じくライバルのストリームの燃費、試乗したコースは違うけど数日間の試乗総合で12km/L。ストリームの時はちょうど1日、雨天の日もありました。

参考:2代目ウィッシュ試乗レポート
参考:2代目ストリーム試乗レポート

参考データ

同乗者による手元のストップウォッチでプレマシーの中間加速力を計測してみました。

参考加速タイム

計測条件は大人の男性2人乗車。ガソリン残量はメーター読み4分の3。風はほぼなし。タイヤ空気圧フロント2.2キロ、リヤ2.2キロ。道路は直線。

  • メーター読み時速10kmから60kmまでの加速タイム ・・・ 6.10秒 
  • メーター読み時速30kmから80kmまでの加速タイム ・・・ 8.10秒
  • メーター読み時速50kmから100kmまでの加速タイム ・・・ 11.26秒

現在のトコロ、他車の比較タイムが少ないので比較が難しいになります。
正確性はさておき、このタイムはとっても遅い。1200ccのK13マーチよりちょっと遅いタイムになります。

車内スペースをコブシで表現

”身長182センチの男性” がドライビングポジションを取った状態で2列目リアシートをチェック。

  • 身長172センチの筆者 ・・・ ヒザ前 コブシ 2.5個 / 頭上 コブシ 2.5個
  • 身長182センチの男性 ・・・ ヒザ前 コブシ 1個 / 頭上 コブシ 1.5個 

カップホルダーの数

  • フロント 4個 / 2列目 2個
メーター(昼)メーター(夜)

プレマシーのポジション

背が低めの3列シート車で、価格帯は200万円前後というのが、プレマシーのポジション。
プレマシーのサイズは、全長4585×全幅1750×高さ1615mm。価格は売れ筋グレード「20E」で190万円。

ライバルはOEM供給されている日産・ラフェスタハイウェイスター、トヨタ・ウィッシュ&アイシス、ホンダ・ストリームといったあたり。それぞれの特徴を簡単にランク付けすると、こんな感じです。

  • 乗り心地に魅力ある ・・・ プレマシー
  • 乗り心地と外観デザインに魅力ある ・・・ ラフェスタハイウェイスター
  • ハンドリングに魅力ある ・・・ ストリーム
  • 装備でお得感&燃費がいい&静粛性 ・・・ ウィッシュ
  • 車室内の居住空間で有利 ・・・ アイシス

プレマシーとラフェスタハイウェイスターは同じクルマ。ウィッシュとアイシスも基本は同じクルマ。ということで、基本は3車が競合ということになります。
ボディサイズの横幅はプレマシー&ラフェスタが大きいですが、ドアミラー端から端の幅は、ウイッシュ&アイシスと同じ1980ミリ。ボディサイズはどれもほとんど一緒です。

このクラス、ターゲットとなるユーザーはお子様が幼稚園までのご家庭らしい。でも、セダンもコンパクトカーもイヤだ。かといってミニバンもイヤだという方には絶好の選択肢となり得るクラスなんです。

マツダ プレマシー (3代目)

マツダ

PREMACY (プレマシー)

試乗車は2グレードです

試乗車1

  • グレード:“20E 4WD”
  • 型式:CWEAW
  • 年式:2010y
  • エンジン:4気筒LF-VD
  • ミッション:4AT
  • 車両価格:210万円

試乗車2

  • グレード:“20Cスカイアクティブ”
  • 型式:CWFFW
  • 年式:2015y
  • エンジン:4気筒PE-VPS
  • ミッション:6AT
  • 車両価格:201万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



センター上部の液晶表示部。左から外気温時計、時計、エアコン情報、燃費関連情報が表示される。


基本はキャプテンシートの2列目。シート座面の高さは低め。プレマシーの2列目は状況に合わせてのシートアレンジが可能。


カップホルダーモード。右側シート座面を起こすと中央部分の収納または取り出しが出来る。


ベンチシートモード。左側シート座面を起こすと中央部分の収納または取り出しが出来る。


3列シートを起こすとラゲッジスペースは最小限。とはいってもコンパクトカークラスに近いだけのスペースは残る。


ラゲッジアンダートレイ。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。