マツダ・プレマシー試乗比較「P2」・ハンドリング

マツダ・メーカー別の特徴と評価
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 マツダ プレマシー
著:ヒラリー男爵)

マツダ
  • グレード1:“20E 4WD”
  • グレード2:”20C-スカイアクティブ”
  • 型式:「CWEAW」及び「CWFFW」
  • 車両価格:210万円
  • デビュー年:2010年8月

マツダ・プレマシー試乗(3代目)インプレ「2」

今回の辛口比較・評価評論の試乗レポートは低背クラスのミニバン「マツダ・プレマシー」(3代目)。2010年デビューで排気量は2000cc、4WDの4ATモデル。両側スライドドアとスマートキーのオプションを装備。

このページは2ページ目です。当ページでは「ハンドリング、ブレーキ、重く骨太な部分」などを掲載中。


  1. 分割page - プレマシー試乗「1-1」・内装、エンジン&ミッション、乗り心地
  2. このpage - プレマシー試乗「1-2」・ハンドリング、重く骨太な部分
  3. 分割page - プレマシー試乗「1-3」・参考燃費とリアシート利便性
  4. 分割page - プレマシー試乗「1-4」・ライバル比較と総評
  5. 分割page - プレマシー試乗「1-5」・スカイアクティブ搭載グレード
プレマシーのインパネプレマシーの室内

試乗:ハンドリング

ステアリングプレマシーのハンドリングについて、筆者ヒラリー、ちょっとビックリしました。良くない点もありますが、良いトコロがとても良いんです。ファントゥドライブに興味があるっていうのなら、プレマシーはライバル比でもけっこういい感じです。

ステアリングのフィールについて、回した感覚は油圧パワーステアリングのよう。また駐車場レベルのごく低速では、ハンドルは重いしひっかかり感もある。しかしこれが走り出すと、ものすごく軽くなる。普通の日本車とは違った感覚なので慣れが必要

ワインディングでは

ワインディングでは、前後のバランスの良さに驚かされる。コーナーでハンドルを切った際に、リアがあまり遅れないし、前後のロール量に違和感がない。

サスペンションはショックアブソーバーの縮み側減衰力が低めなので、ほどほどの速度でもロール量は大きい。ロールスピードも速い
ハンドル中立付近はダル目ながら、切り込んだ先ではけっこう機敏にノーズが反応してくれる。コーナーリング中でも微調整に応えてくれる。これだけ柔らかめのサスペンションでノーズが反応してくれる辺り、ボディの剛性感を感じる。リアが遅れず付いてきてくれる点もしかり。

また、目一杯ブレーキングし、ブレーキをゆっくりリリースしながらハンドルを切っていく場面でも、リアのスタビリティは高い。条件が良ければ下りでもフルブレーキングができる。筆者レベルの腕だと、意図的でないとリアはブレイクしなそうだ。

エンジンのパワーは少なく、ミッションのギヤ比もなかなか合わないが、立ち上がりで高回転を使える場面ではフロントを少し暴れされる事が出来る。軽〜いハンドルなので、ステアリングインフォメーションは感じにくい。そのため、フロントの手応えがなくなったのはわかりにくいが、フロントが暴れればタイヤが滑った感覚はカチッと伝わってくる。

緊急回避運動

フロア

ハンドルを素早く右に左に振る、緊急回避運動。プレマシーでもやってみました。グッと切ってグッと戻す。ここでもプレマシーは、リアがそう遅れず付いてきます。重心高いミニバン系でもそうでなくても、基本はリアはワンテンポ遅れ、ロールが残るのが普通。
しかしプレマシーでは、フロントに近い感じでリアがロールし、サッと元に戻る。繰り返しになるがサスが柔らかいのになんで?と考えてしまう。

これにより、大きなメリットがある。リアシートにゲストをお迎えしているとき、ゲストに気を遣って丁寧な運転をするわけだが、気を遣う量が減る。自分が不快にならないように運転すれば良いんです。

ブレーキテスト

ペダルレイアウト

ABSを効かせてみる安全性テスト。時速80kmからのブレーキングでは、かすかにタイヤが鳴る状態でABSが効く。ブレーキペダルの剛性感が高いので、ABS作動時の「コツコツ」がしっかりとペダルに伝わってくる。

ブレーキペダルの剛性はちょっとしたスポーティカーレベルでロードスターとも遜色ないほど扱いやすい。減速はもとより、ブレーキをリリースする際も思い通りに操作できるので、楽しく快適に走行できる。

ブレーキング時は、ピッチング剛性低く、かなり前のめりになる。しかしフロントタイヤ側の効きが強いのもあり、不安感は全くない。丁寧なブレーキングには神経を使う。でもいざという時やブレーキングを楽しみたい時には問題なし。タイヤ銘柄はダンロップSPスポーツと、なんちゃってで有名な銘柄だけど、一般的なエコタイヤよりはマシなタイヤを履くこともあり、絶対的な減速力はまずまず。

ちょっと硬派な部分も

プレマシーは取り回し性が良く、狭いところでも困りにくい。フロントのボンネットは見えないが、なぜかそれでもライバル車より車両感覚は取りやすく、斜め前も見やすい。バックもしやすいし、コーナーでも先が見えて安心。

このように運転しやすいので、女性の方にもとってもオススメしたいと思うが、少しだけ気を付けた良いポイントがある。試乗車を見に行ったらぜひチェックしてみて下さい。

  • ハッチゲートが重い。渋いショックで感触も悪い。
  • ブレーキペダルの剛性が高い。渋滞中ブレーキを踏んでいるのがだるくなる。
  • ごく低速時にステアリングが重い。シフト操作も硬め。
  • フロントドアのドアノブが引っかかる部分がある。子供のチカラだと厳しい可能性も。
  • サイドブレーキレバーのリリースボタンがパカパカ。注意してレバーをしっかり降ろす必要がある。

いままでトヨタ車や日産車ばっかりで、マツダ車の文化に触れたことがなければ、このあたりをチェックしてみて下さい。クルマの基本性能でいえば、国産でもっとも真面目と思えるマツダ。少しのガマンで耐えられれば乗っているうちに慣れてしまうハズです。

ハッチがスムーズに開閉する車種はある?

トヨタ

ハッチドアが軽く滑らかな車種ってあんまりない。しかしカローラフィールダーがやってくれました。軽く開いて軽く閉まる。さらに滑らかな操作感。今後、このレベルが当たり前になることを望みます。

参考:カローラフィールダー(160系・CVT)試乗レポート

メーター(昼)メーター(夜)

軽く閉まるフロントドア

ドアトリムプレマシーのフロントドアは軽く閉まる上、ポンッとかドスンっといい音がします。高級車みたいに重厚な、「ボムッ」という音ではありませんが、軽く閉まる上に快音というドアはそんなにありません。これは良いもの感バッチリで、所有欲を満たしてくれるはず。

VWのドアはしまり音がとてもいいと言われますが、あれなんか、「ガチャ」っという感じ。質感に好みがミックスされるこのあたり、個人的にはVWのそれは全然良いとは思いません。VWのドア締まり音より、プレマシーの方が快感を得られます。

自動スライドドアはエンジンを掛けている際には、停止してブレーキを踏んでいる場合のみ開きます。ゆっくり走りながら、スマートキーのスイッチを利用して、などなど試してみましたが、開きませんでした。

リアのテールゲートの開閉、こちらもシフトをDレンジに入れていると開きません。

ついでにシフトロックの解除、特にスイッチもなく、小さなメクラブタも外してみましたが、違いました。シフトロックの解除、これはシステムスタートのダミーキーを2つ回した状態でシフトロック解除になります。

マツダ プレマシー (3代目)

マツダ

PREMACY (プレマシー)

試乗車は2グレードです

試乗車1

  • グレード:“20E 4WD”
  • 型式:CWEAW
  • 年式:2010y
  • エンジン:4気筒LF-VD
  • ミッション:4AT
  • 車両価格:210万円

試乗車2

  • グレード:“20Cスカイアクティブ”
  • 型式:CWFFW
  • 年式:2015y
  • エンジン:4気筒PE-VPS
  • ミッション:6AT
  • 車両価格:201万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ペダルレイアウト


グローブボックスの奥にもう一段、小物入れがある。A4サイズのバインダーが入る。プレゼントを隠しておくと素敵さこの上無し!


フロントシートのカップホルダー。グラグラで500ミリのペットボトルはホールドしてくれない。350ミリ缶専用かも?
サイドブレーキのリリースはボタンがアレなので、注意して下まで降ろす必要がある。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。