デミオ(2代目)2P/乗り心地の良さや比較評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・マツダの特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2015年記事 マツダ デミオ(スポルト)
著:元自動車整備士)

マツダ
  • グレード:“スポルト”
  • 型式:DY5W
  • 車両価格:161万円
  • デビュー年:2007年7月〜

デミオ(2代目)・試乗インプレッション「2」

間違いいっぱいの自動車選び、試乗レポート。試乗車はマツダ・デミオ(2代目)。背を高くして室内を広くというコンセプトの2代目モデル。グレードは「1500cc・スポルト」4AT、2005年式の試乗記をお届けしています。

当ページは2ページ目です。「気持ちの良い乗り心地やDEデミオとの比較」などを掲載中。


  1. 分割page - デミオ 「1-1」・エンジン&ミッション、インパネ内装
  2. このpage - デミオ 「1-2」・乗り心地など快適性と魅力
デミオの内装1デミオの内装2

試乗:乗り心地の質感など快適性

タイヤ乗り心地の良さ、これこそDYデミオの真骨頂。乗り心地が良いというと日本車風のフワフワなサスペンションを想像しがちだから言葉を換えてみる。DYデミオの良さは気持ちの良いハネ方ハズミ方

決してフワフワなわけじゃない。寧ろそれなりの減衰力はある。しかしショックアブソーバーの抵抗感が少なく、ギスギス感が少ない。
さらに日本車のショックアブソーバーに慣れた方にも不快感を感じさせない絶妙なセッティングで、動くサスと動かないサスの中間といった味付け。ご存じの通り日本車は動かないサスペンションが定番。故に良質といわれるサスペンションを試せば、上下の揺すられ感が不快だったりする。特に小さいクルマだとそう。

DYデミオはショックアブソーバーの質感高く、一般的ドライバーでも馴染みやすい味付け。またこの傾向はリアサスペンションも同様。ここに置いては後継のDEデミオを始め、もっと新しい世代のコンパクトカーでも到達できず。マツダもこの後はカヤバやトキコにサプライヤーが変わっている。

弱点は静粛性&ボディのしなやかさ

DYデミオの快適性評価において、惜しいのは日本的に評価されるポイントがおろそかにされている所です。静粛性が低くてボディはしなやかさが不足しているように感じる。このデミオ、ちょうど室内の優しさが不足しているのと同じように、日本車で最も重要視される静粛性に関して後回しにされているのは非常に残念。

デミオはマツダの救世主、だとすれば日本仕様くらいもっと静粛性を考慮してくださいとお願いしたくなります。

よく言われるボディ「剛性感」、これはボディの「変形の小ささ」を表す言葉。
「強度」と言えば割れにくさなど「壊れにくさ」を表す。

ボディ剛性感が高いと感じるクルマは評価される。だけどしなやかさだって同じように重要なポイント。固くてシナヤカなんて矛盾するハナシだけど、メーカーのボディ設計者が重視する点らしい。要所を固めて別の要所はしならせる、とか。

フロアとシャシーで、DYデミオ。ボディ剛性感はCセグメントレベル。サスペンションの動き方も高級な感じがする。しかし走行中、特定の状況下でのフロア微振動は目立ち、フロントシート足下だけじゃなくリアシート足下まで振動する。ざらついた路面やエンジンの振動で、ブルブルじゃなくて細かなバイブレーション。とても気になります。
ガツンとくるような段差では悪くないだけに残念。

3代目デミオと比較しても勝っている

唐突の上を走った時でもdyデミオは、自然に収まり、deデミオではリヤサスペンションの弾みの納まりが遅い。
コンパクトカーとしては大きいサイズですが想像よりも小回りが利きます。またコーナリングでもきちんとサスペンションが動いて安定しているので運転に自信のない女性でも安心してドライブできます。

ライバルは多数

2代目デミオが登場する前には、コンパクトカー界の質感を一気に高めた初代ヴィッツが発売され、「ガマンして買う」から「欲しいから買う」といえるほどの魅力を持つジャンルになりました。

またトヨタのbB(ビービー)、ホンダのフィット、日産キューブなど車内スペースをウリにしたBセグ・コンパクトも出そろいます。これらライバルはどれも人気モデルと言えるだけの強豪ぞろい。

魅力的なジャンル=ライバル多数。Bセグというジャンルが成長し、ハイト系コンパクトが増えれば増えるほど、デミオの立場は当然厳しく。メーカーのブランドイメージが圧倒的に弱いマツダですから、ニッチ市場でなければ結果は見えています。

2代目は相対的に、”万人向け”から”通好みに変更”

ボディサイドそんな中で2代目デミオ、キレがなければコクもない。凡庸と言うより手抜きと評価したいエクステリアは、チープ&チープ。しかも中途半端に古ぼかしいボディデザインでぱっと見の魅力は全くなし。
デミオは相対的に「普通のコンパクトカー」から「通好みのコンパクトカー」にポジションが変わりました。

当時の競合車種の中でもずば抜けてサスペンションが良く走行安定性も良い。しかし短時間の試乗だけでは魅力は分かりづらく全体的に地味。乗員に対する気配りだって大きく不足。長所も短所もわかりにくい、至って普通のクルマと評価されやすいわけです。

コンポーネンツの一部は2005年に大幅変更

ステアリング2代目DYデミオは2005年のマイナーチェンジでコンポーネンツの一部をチェンジ。カタログ燃費が向上すると思われる、パワステやアクセルのシステムを変更しています。

具体的には、パワーステアリングを油圧式から電動式に変更。ワイヤーによる機械式スロットルもフライバイワイヤーの電子制御スロットルに変更されました。どちらもライバル他車では一般になっていた方式に変更しています。
どちらもシステム的には過渡期。電子制御だからって良いモノというワケじゃありません。電動パワステ、電子制御スロットル、よく言えば賛否両論。悪く言えばオタンコ。制御プログラムの進化が待たれます。

初代〜2代目デミオについて

初代デミオは「倒産寸前のマツダを救ったクルマ」として有名。

初代デミオ

今では珍しくもないハイト系コンパクトカー。シートの高さから乗り降りもしやすく、ラゲッジにはそれなりの荷物も積むこともできます。初代デミオはコンパクトカーのハイト系パッケージングで元祖といわれています。販売的にも一定レベルの成功を収め、ヒット。倒産寸前だったマツダの救世主カーだったみたいです。

この初代デミオは通称DW型。コンパクトカーは人も荷物も載せられないという概念を覆したということ。キャッチコピーは「小さく見えて、大きく乗れる」や「SMALL & BIG」。こんな部分からもスペース効率や実用性の高さをウリにしていたのが伺えます。

当時のテレビCMではバスケットボール界のスーパースター、身長が2m以上あるNBA選手「ピッペン」がハッチから登場するCMが印象的。筆者は現役世代じゃありませんがネット上でCMを確認することもできます。

2代目デミオ

2代目となるこのDY型デミオも、初代のコンセプトを継続。若干ボディを大きくし、更に広くなった室内空間がウリのひとつ。自動車好きには、コンパクトカーのクラスを超えた乗り心地と、横幅からすれば背の高いクルマなのに落ち着いたコーナリング感覚を持っています。

動くけど動きすぎないショックアブソーバーによる心地良い弾み方。運転している感が強いステアフィール。そこからくる走りの楽しさ。今現在でも十分通用する質感を持ったサスペンションが好印象。

3代目デミオは違った魅力

マツダ3代目デミオ(通称DEデミオ)は この2代目DYデミオからガラッとキャラクター一新。デミオのネーミング由来は「でっかくミニマムおクルマ」みたいな感じだろうか、コンセプトからそう想像できる。それがDEデミオではガラッと変わり、これもうデミオじゃない!といえるほどの大変身。

別の車名を与えた方が良いんじゃないかと言えるほどの変身で、ユーザーの代換え需要などはどうなった?新しい生活を望む人だけじゃなく、現在の生活を続けたいという考え方も多いと思う。
そんな心配はモノともしない大変身により、DEデミオはボディデザインだけじゃなく、コンセプトも利便性も乗り味も、全く逆方法に変わる。

DEデミオはコンパクト界のハンドリングマシン

DEデミオのインパネそんなDEデミオはコンパクト業界において特出したハンドリング感覚が素晴らしいクルマ。高性能とかハイパフォーマンスというわけじゃない。自然に感じられ気持ち良くハンドルが切れる。気持ちの良い姿勢で立ち上がれる。ステアインフォメーションなどドライバーに伝わる情報も多くわかりやすい。

つまりDEデミオは、ハンドルを切った際の良さに関しては同世代他車から圧倒的に引き離している

一方でDEデミオ、内装などとにかく安っぽい。また乗り心地もチープで不快。この点では逆立ちしてもDYデミオには追いつけず。リアシートの広さやラゲッジスペースの使いやすさについてもDYデミオに完敗。

DE以降はマツダ車含め、強いハイキャスターのコンパクトカーが増えている。これは低速度域でのコンパクトカーらしい良さを感じにくくなる。
ということで、DYデミオの魅力も積極的に選択できるし、DEデミオの魅力も積極的に選択できる。キャラクター違いの豪華一点主義。必ずしも新型が優れているわけでもないのが中古車選びの楽しさ。

中古で狙うならより新しいベリーサもOK

マツダDYデミオの長所短所はよくわかった!評価も比較も問題なし!欲しい!となれば気になるのはモデルの古さ。DYデミオの販売時期は2002年〜2006年だから希望するほど長く乗れそうな中古車があるのかないのか。

基本的に同じクルマとなるベリーサ。DYデミオの販売が終了した後も継続して販売されています。ベリーサの販売はなんと!2014年8月まで。最終モデルの新車時価格はおよそ160万円程度

楽しい中古車カーライフを楽しむ為には、軽微な故障やトラブルは気にしないのが1番。安心を求めれば割高な中古車になってしまうし、それが完璧という保証はなし。中古車価格は相場なりといっても仕入れ価格はわからないし、10年落ちクラスになれば価格はあってないようなものだ。

そんな買い方はちょっと。。。そんな場合の味方にベリーサをぜひ。ベリーサなら日本専売モデルという安心もついてきます。

油圧パワステと電動パワステにこだわるなら

ベリーサもマイナーチェンジでパワステの機構とスロットルバルブの機構が変わっています。気にされる場合、登録年月だけで判断するのは少々危険なので、画像を参考に確認されればベストです。

ベリーサ・電動パワステベリーサ・油圧パワステ

左の画像が電動式パワステのタイプ。右の画像が油圧パワステのタイプ。

デミオ(メーター・昼)デミオ(メーター・夜間)

DYデミオ総評

テールランプ2代目DYデミオ、とにかく気持ちの良いハネ方ハズミ方。動くけど動きすぎない絶妙なセッティングで違和感もありません。段差が楽しくなるような不思議なクルマです。低価格をウリにした国産コンパクトカーしてはまさに異質な存在。

続く世代のコンパクトカーにはこんな乗り味。新世代他車と比較してもこの点は劣ってません。またある程度リッチな車重をもってしても、特に実燃費が悪いワケじゃないのもお伝えしたい点。

荒れた路面での乗り心地は良質。しかし快適性すべてが優れているかと言えばそうじゃない。例えば静粛性は低いし、微振動は多い。また乗員への気配りも不足。各部操作性は良くないし、純正ナビゲーションの取付方だってまるでアフターパーツのようで異音は覚悟が必要。

DYデミオの豪華一点主義かつオーバークオリティな部分に惹かれれば、それは10年落ちでも十分魅力。当記事執筆は2015年初頭。まだまだ魅力を感じさせてくれます。
もしこのデミオに試乗できれば、ベンチマークとしても役立ちそう。こんな乗り味を気に入れば、こんな乗り味を持つ他車を探せばOK。そんな意味でも貴重なクルマです。

マツダ デミオ(スポルト)

マツダ

demio (デミオ)

  • グレード:“スポルト”
  • ミッション:4AT
  • 型式:DY5W
  • 年式:2005年モデル
  • 新車時価格:158万円

 

「元自動車整備士」がお届けさせて頂きます。
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



写真はベリーサのボンネット内。電動パワステと油圧パワステの各タイプ。


鍵はカードタイプのスマートキー。ただしプッシュスタートではない。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。