デミオ(ディーゼル)P4/リアシートやラゲッジ

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・マツダの特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2016年記事 マツダ デミオ(ディーゼル)
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

デミオXD(ディーゼル)・試乗インプレ「4」

間違いいっぱいの自動車選びの試乗レポート。試乗車はマツダ・デミオ(4代目)。ディーゼルエンジンが登場し、新しいマツダらしさを強調する世代のデミオ。グレード「デミオXD・ディーゼル1500cc」

当ページは4ページ目です。「リアシートやラゲッジその他細部」などを掲載中。

デミオ(ディーゼル)内装1デミオ(ディーゼル)内装2
マツダ
  • グレード:“XD”
  • 型式:DJ5FS
  • 車両価格:178万円
  • デビュー年:2014年10月〜

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

  1. 分割page - デミオ”XD” 「1-1」・エンジンと加速フィール
  2. 分割page - デミオ”XD” 「1-2」・ミッションとドライビング感覚
  3. 分割page - デミオ”XD” 「1-3」・内装と視界、ドライビングポジション
  4. このpage - デミオ”XD” 「1-4」・車内スペースと細かな点
  5. 分割page - デミオ”XD” 「1-5」・参考比較と総評

ページ内の一部画像はクリックで拡大します(ページ右の横長画像など)。

リアシート

リアシート1リアシート2

リアシートの広さは同クラスコンパクトカーの中で標準的〜やや狭めといったところ。フィット&ノートに負け、もしかしたらヴィッツにも負け、マーチとスイフトよりは座れるスペースがある(記憶頼り)。
デミオは乗用車感覚のフロントシートやペダルレイアウトで、スペースはフロントに分配。フロントシート優先というのがハッキリわかるデミオだから、リアシートこれは短所というより一つの特徴だね。コンパクトカーといっても違ったキャラクターがある。

そんなデミオのリアシート、座面は柔らかく優しい。だから短時間の乗車は好ましい。2回チェックしたところ、ちょうど45分で座面底好き感。お尻が痛くなってくる。だいたい軽自動車と同じ感覚か。これもキャラクターということにしておこう。

明確に”手抜き”ないし”割り切り”とえるのは、リアドアを開閉する感触。重くて渋い。ギスギスする。例えばフィットがリアドアを軽く開閉しやすく設定しているのに対し、デミオのそれは思いやりが足りないw お年寄りだって乗る可能性があるわけだし、フロントドアと同程度に重く設定するなら、コスト無視で滑らかさを向上しないと、不快感を感じてしまう。

リアシート3リアシート4

画像左。身長172cmの筆者がドライビングポジションを取った状態で、そのままリアシートに座る。フロントシートバックまでの余裕はコブシ1個。

画像右。 身長172cmの筆者がドライビングポジションを取った状態で、身長182cmのスタッフがリアシートに座る。ヒザ前の余裕はなし。ただ、シートバック背面が柔らかく、押し込めばコブシ1個入る。

また身長182cmで体重60kg台の別スタッフ。上記スタッフより足が長く、シート裏からドライバーを刺激できる。ゴリゴリとヒザでいたずらができるw

頭上はどちらの182cmスタッフでも耐えられるレベル。頭がぶつかってイタイというのはない。172cmの筆者なら十分。

リアシート足下

足下はフロントシート下にすっぽり。くり抜かれたようにピッタリで気持ち良い。助手席シート下のフロアはやや前下がりで、奧にストッパーのように段がある。

運転席下は体感上フラット。左右で若干違いがある。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースの広さは必要上十分でしょう。同クラス他車と比較してスペース的に”大きく”負けている事はないと思う。

負けているのは使い勝手。デミオはどうしてもボディデザイン優先なんだろう。ハッチドア開口部の形状から、重いモノは出し入れしにくい。

ラゲッジルームライト

画像左。先代DEデミオの純正トランクマットを入れてみた。入ってしまえばなんとピッタリサイズ。同じ形状、同じスペースということが一発でわかった。
出し入れはやっぱり、入り口形状がきつくスムーズに行かず。取り出す時はリアシートを前倒ししてやっと。

参考:4代目デミオ・スポルト試乗レポート

画像右。ラゲッジスペース左脇に付く照明。手動のスイッチが付いている。これはクルマの何かに連動しないし、タイマーも内蔵していない。つまり、付けたら自分で消さない限り尽きっぱなしになる。
※別のガソリンエンジン搭載車で確認したら、ハッチ開閉に連動した。個体差か故障の可能性有り

ハッチドアの開閉は非常に優しい!

ハッチドア

軽くスムーズに開閉できるハッチ。ここはこのDJ型デミオの大きな進化点!

おばちゃんとかもっとご年配のユーザーが多いこのクラス、ここは最高の賛辞を送りたいポイント。ディーラーに行ったらぜひ触ってみて下さい。

ハッチドアの開閉、ライバルであるフィットやノートはかなりきついからね。ここが優れたモデルで記憶にあるのは、新しい世代のカローラ。同じように軽かった。

乗ってわかった”細部”の長所短所 パート1

※ガソリン搭載車のページでは、ここで触れなかった部分を取り上げます。気になったらソッチもぜひ、チェックしてください。デミオ(ガソリン)乗ってわかった細部の長所短所2

シートバック調整がめっちゃ固い!

シートバック調整

シート角度の調整部分。助手席側だけとっても固い。オトコのチカラでもやっとという感じ。運転席側は使ってるウチに滑らかになったのか?

このクルマの助手席側はクレーム交換だろ?と思えるほどのレベルだけど、これは品質管理の問題か?たまたまだったらいいけど、プレミアム目指してるんならちょっとね。

※別の車体でも後に試乗したデミオ(ガソリン)でも一緒でした。なのでリコールでもない限り無償交換は難しそう。

なんて微妙なリモコンキー

リモコンキー

デミオディーゼル「XD」のキーは、リモートエントリー&プッシュスタートシステム、みたい。

つまりスマートキーじゃないw キーが車内にあるのは感知してるようだから、なんでスマートインできないの?販売上の問題だとしたら、ちょっと腹立つ商品構成。

ぐにゅぐにゅなエアコン吹き出し口

エアコン吹き出し口

エアコン吹き出し口はグリグリと向きを調整するタイプ。よくあるタイプだけど、動きが軽いのがあったり重いのがあったり。

それは仕方ないと思うけど、中央の開閉つまみを動かすだけで向きが変わってしまうヤワさは残念。決めたポジションはキープしたいでしょ。

風量調整つまみは質感高し!

エアコン風量調整

クルマに乗る度に触るエアコンの風量調整。ここの中で一つ、中央の風量調整ダイヤルの回し心地が良い!

軽く確実な節度感を持ち、スムーズにカチッカチッと調整できるから、間違えずに希望の風量に調整できる。マニュアルタイプでは最上クラス。

フィットやヴィッツのどうしようもないフィールからすると、手放しで褒めたくなるレベル。

ステアリングスイッチの押し心地も上級車感覚

ステアリングスイッチ

ここの押し心地も悪くない。正確に言えば上級車だって手抜きされている部分。このデミオも同じような感触で押せる。それどころかもっとペラペラなフィルムスイッチを採用してそうな車種だってある。

押せたどうかがハッキリわかるスイッチじゃないとね、余計な確認が増える。

ただ一つ、ナビの検索画面に入るには、ここからスタートする方法しかわからなかった。だから助手席からナビのコントロールはちょっと難しいかも。
※ナビはマツダコネクトではなく、純正のいわゆるケンウッドナビ。

ドアノブの引き心地は渋すぎる

ドアノブ

先代DEデミオと同じ部品を使ってるんじゃないか?と思えるドアノブ。流用自体は大歓迎だけど、ギスギスしていて、開ける度にイヤな感触が手に伝わる。

トヨタ車なら安くてもこうじゃない。マツダがプレミアムを目指していくなら、こうした点もユーザーの方を向いて欲しい。
ボディ剛性感なんてわかりづらいけど、ここは誰にでもわかりやすい部分だからね。

デミオ(メーター・昼)デミオ(メーター・夜間)

使いやすいアイドリングストップ

スイッチ

アイドリングストップは停車後、ブレーキペダルを踏み増しすると作動するタイプ。可能な時はメーター内にランプが点灯する。

エンジン止めるか止めないかドライバーが判断できるから、とても使いやすいタイプ。現状まだまだ、クルマ任せはストレス貯まるからね。またデミオのブレーキペダルは踏み込み剛性が高く、間違い操作も起きにくい

フィットも同じようなタイプだけど、ちょっとした違いもある。デミオはエンジン停車時に「P」レンジに入れると、そのままシステムオフにしたようになる。
それからアイドルストップのOn-Offメインスイッチは、0.5秒程度の長押しで動作。隣の横滑り防止装置のOffスイッチより、長めに押し続ける必要がある。

マツダ デミオ

マツダ

demio (デミオ)

  • グレード:“XD”
  • ミッション:6AT
  • 型式:DJ5FS
  • 年式:2015年モデル
  • 新車時価格:178万円

「元自動車整備士」監修、「ヒラリー男爵」執筆でお届けさせて頂きます。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー











ハッチの開閉は現在のところ他車よりスムーズ。徐々にこのレベルが増えてきている。



リアシート座面は柔らかい。



リアシート居住性、男性にはちょっと厳しいか。3人以上で長時間乗車するなら、もっと広い車種が欲しくなる。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。