デミオ(ディーゼル)自動車比較・評価と試乗レポート

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・マツダの特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2016年記事 マツダ デミオ(ディーゼル)
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

デミオXD(ディーゼル)・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗レポート。試乗車はマツダ・デミオ(4代目)。ディーゼルエンジンが登場し、新しいマツダらしさを強調する世代のデミオ。デビューは2014年。グレード「デミオXD・ディーゼル1500cc」の試乗記をお届けします。


  1. このpage - デミオ”XD” 「1-1」・エンジンと加速フィール
  2. 分割page - デミオ”XD” 「1-2」・ミッションとドライビング感覚
  3. 分割page - デミオ”XD” 「1-3」・内装と視界、ドライビングポジション
  4. 分割page - デミオ”XD” 「1-4」・車内スペースと細かな点
  5. 分割page - デミオ”XD” 「1-5」・参考比較と総評
  6. 関連page - ガソリンエンジン搭載車!デミオ13C(ガソリン車試乗レポート)
デミオ(ディーゼル)内装1デミオ(ディーゼル)内装2
マツダ
  • グレード:“XD”
  • 型式:DJ5FS
  • 車両価格:178万円
  • デビュー年:2014年10月〜

4代目デミオ

エクステリア1

2014年10月にデビューし、グッとオトナっぽいスタイルへ変身した4代目デミオ。マツダの末っ子でありながら上級車種と近いボディデザインは車格ピラミッドを感じさせません。

試乗しても走行感覚はアテンザやアクセラと同じ方向性で、ボディデザインも走行感覚もまさに、新世代のマツダ車

内容的には4気筒1500ccディーゼルエンジンを搭載しているのが一つのトピックス。2016年現在も国産同クラスでディーゼルは他にはなく、ハイブリッド車はイヤだという方の貴重な選択肢。そしてこのディーゼル、試乗してみれば予想以上に燃費がいい。市街地を除けばプリウスやアクアと比較できるというのは本当にビックリ。
すみませんディーゼル舐めてましたw

またディーゼルと並んで、ミッションにステップ式6ATを採用しているのも大きなトピックス。こちらもトヨタ式ハイブリッドのギヤとか、CVTがイマイチという方の貴重な選択肢。

クルマとしては雑誌で評価されるほど、全て完璧ってわけじゃない。先代となるDE型デミオと比較しても、劣る部分だってある。それでもトータルバランスは向上し、良いクルマ感はアップしています。

試乗車の概要

エクステリア2今回の試乗車は、デミオ「XD」。ミッションは6AT。ディーゼルエンジン搭載グレードで車両価格178万円。2015年式で現在までの走行距離は約2万km。

このクルマで5日間700km。小排気量ディーゼルのメリットデメリットなど知りたく、アップダウンの続く海岸沿いや高速道路をメインに走行。
筆者ヒラリーなどスタッフは最近のディーゼル車経験が少なく、体験したのはマツダ3車とエクストレイルを短時間。なので特徴を掴むのに時間がかかるかかる。これに合わせた運転を覚えるとともに、「これはなんだろう?」「こうしたらどうなる?」新鮮なドライブフィールを楽しめました。

クルマのキャラクター

先代デミオとツーショット先代DE型デミオは、狭いとこでもラクチンな見切りの良さと、日常域で楽しめるハンドリングが際立っていました。質素でも使いやすさと走りやすさはクラス1番!コンパクトカーらしいコンパクトカーとして今でも価値ある1台だと思っています。

今回4代目は路線変更のようで、優雅なボディデザインと絶対的性能が重視されたキャラクターに。つまり、3代目の長所をスパッと切り捨てたw。マニア向けじゃなくて奥様でもわかりやすい質感、そんなところが重視された様子。

運転感覚が似てるクルマは何?といえばフィット。フィットを2人乗りにしたフィットクーペという感じ。良いクルマなんだけど運転感覚が薄いよ!みたいなね。見切りよりデザイン重視!ドライバーに伝わる情報より絶対性能重視!乗り心地より安全性!まぁフィット程じゃないですが方向性はそんな感じです。

ということで4代目デミオのキャラクターを箇条書きに。

  1. 優雅なボディデザイン重視。反面、車両感覚の取りやすさは悪い。
  2. ハンドル切れば曲がる安心感。反面、ドライバーに伝える情報量少なめ。
  3. 高速巡航に最適。ミッションやサスペンションの良さは時速80kmを越えてから。
  4. アニキ分シミュレート?同世代マツダ車と統一感のある乗り味。

4番目の統一感ある乗り味、これはマツダびいきの方には大きなメリット。車格を気にしないでハンドル握れるし、例えばファーストカーにアテンザやCX-5、セカンドカーにデミオといった場合も違和感なく運転出来る。これはいいね。
トヨタなんかでも気軽な乗りやすさや騒音特性など近づけてるって思うところもあるけどね、今のマツダの方が車格関係なく方向性が似てるように思います。

試乗:ディーゼルエンジン

今回の目玉はやっぱり、ディーゼルエンジンやでぇ!ってことでエンジンの印象を(燃費は別項目にて)。

国内で小排気量ディーゼルというとまだまだ珍しく、しかもマツダのこれは低圧縮で高回転型という特徴を持つ。燃焼圧力が下がれば爆発力は下がるんだろうけど、そこを回転数とターボ過給でカバーしているとみる。

メインメーターに描かれるレッドゾーンは5000回転から。そして試乗時に感じたパワーバンドは2500回転あたりから5000回転弱。アテンザやCX-5もそうだけどディーゼルとは思えない高回転型ユニットだ。タコメーターがデジタルだけどこれが針だったら、シュンシュンと上がったり下がったりが楽しめそうなキャラをしている。

デミオ上級グレードのメーター

※上級グレードではセンターにタコメーター!

こんなキャラを持つこのディーゼルだから、とっても新鮮なドライビングフィール。慣れちゃうまでじっくり、善し悪しよりもとにかくいろいろ楽しめる。
言い換えると、難しい乗り物を乗りこなしたいという、攻略心の高い方向けw

エンジンノイズや振動など

エンジンルームディーゼルのお味その1。気になるノイズや振動の特徴。ディーゼルと聞いて真っ先に思い浮かぶのは振動騒音、ブルブルガラガラでしょう。

エンジンノイズの音質は、ゴロゴロという低い音に、時々カラカラとした中域の音を出す。で、車外ではガラガラとした音が加わり、まさに小さなトラックのよう。

走行中の車内はどう?これが意外や意外、けっこう快適。イヤな音だけどやかましくない。ヘンテコな4気筒ならこちらの方がジェントルだ。気になるカラカラ音と振動はアクセル踏んでターボが効き出す前の段階で気になるが、アクセル緩めれば止まる。
このカラカラ音と振動、エンジン冷間時を含め時々、長続きする。条件によってだろう。アクセル開度低い走行が続いていると気になった印象がある。

快適度を比較してみれば

してこのデミオのディーゼルがどれほどかといえばまず、筆者が以前試乗したアテンザおよびCX-5(2台)より好印象。これらはディーゼルに起因するというフュルフュルした音や、豪快なトラックらしさがあった。

それから同クラスガソリン車と比較すれば、イヤな音だけど音質はマイルド。加速時はタコメーターを見ていないと回っている感が少ないし、巡航中は6AT効果もあってCVTより低回転をキープしやすいから、その効果もある。だから静かって言うには語弊があるけど、イヤな音質に目をつぶればうるさくはない

またブルブルとした振動、振動が出ている時は周波数が大きく気になる。ただそれでも、3代目フィットの常時振動の方が不快。

なお今回の試乗車は「サウンドスムーザー」といわれるパーツは付いていないモデル(オプションまたはグレード装備)。コレが付いていると特にエンジン始動直後、カラカラとしたノイズの低減が体感できる(CX-3で確認)。

加速フィール

メーターディーゼルのお味その2。加速感覚について。新しくてしかも味が濃いエンジンだから、なるべくミッションと切り離した印象を心がけてみる。

加速感はものすごくゆっくり始まり、時間を掛けて最大加速に移る。一定速度からスッとアクセルを開けた場合、じわ〜〜と加速しだしてグッと加速する。アクセル開度に応じた加速を得るまで体感的に1秒。アクセルレスポンスが悪いと言ってもいい。

「踏んでも付いてこない」から「遅れて踏んだ分だけ加速」。加速始まるまでが遅く、旧世代ターボ車みたいに加速を初め、その後ググッと伸びる。基本的に全く乗りやすいタイプじゃない
ゆっくり走るだけならマイルドレスポンスで、それこそヒールでも運転出来ちゃう気軽さ。だけど加速が必要な時は強く踏まなきゃならず、加速しねー!と思ったらアクセル一定なのに急に加速する。

だから滑らかに強く加速したい時は、先読みが必要。タコメーター見てアクセル戻して調整しなきゃいけない。

具体的には全開踏んでキックダウン、2000rpmから加速が始まったとすると、ゆっくり2500rpmまで上昇して強い加速力を発揮。それが5000rpm近くまで続くイメージ。

気持ち良く運転するには、1秒くらいかけてゆっくりアクセルを全開にする。ドライバーがこう合わせれば、気持ちよーく走れると思います。

速いのか遅いのか?

一旦加速が始まってしまえば、3速ならガソリン1500cc以上の加速力を発揮。少なくても商品価値がないほど遅くはない。また、伸び側減衰力が強いサスペンションは路面のウネリに強く、踏んでいきやすい。そうした道でも次のコーナー入り口で1500ccターボのコルトラリーアートの速度に並んだ。
レッドゾーンが低くて低速ギヤの守備範囲が狭い、特徴的な加速フィール、走行性能重視のサスペンション。これら条件があえば速いといえるし、合流など瞬間的な加速力が必要な場面では遅い

上り坂は?

カタログスペックではトルク値が高いデミオのディーゼル。どれだけ快適に走れるか、動画を撮影してみました。準備中。

 

デミオ(メーター・昼)デミオ(メーター・夜間)

ディーゼル特有のニオイとか

このクルマを始めてエンジン掛けた時、甘酸っぱいニオイを感じた。1日2日とデミオと付き合っていくウチ、始めて感じた強烈な印象は無くなった。でもやっぱり、走行状態によっては車内でも甘酸っぱいニオイを感じる時がある

自分では気にならなかったものの、同乗者に「このニオイ大丈夫なの?」って聞かれた。以前調べたところよくわからなかったので、「健康被害は科学的には解明させてないかも?」って答えた。そしたら「精神的に悪い」ってw

どこかで「”ナノ微粒子”が含まれる」と目にしたかも。詳しくはわからず(ごめん興味ないw)。

だけどさ、健康じゃないかもしれないモノなんて世の中いっぱい。気にしてたら楽しくない。問題は、「そのクルマ乗りたくない」って言われちゃうこと。それはとってもイヤですw

マツダ デミオ

マツダ

demio (デミオ)

  • グレード:“XD”
  • ミッション:6AT
  • 型式:DJ5FS
  • 年式:2015年モデル
  • 新車時価格:178万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式: S5-DPTS

その他概要

  • ボディサイズ:4060×1695×1500mm
  • 車重:1130kg
  • 発売時期:2014年10月〜
  • 新車時価格帯:135万円〜

車両型式

  • DJ3FS - 1300cc
  • DJ3AS - 1300cc4WD
  • DJ5FS - 1500ccディーゼル
  • DJ5FS - 1500ccディーゼル4WD
「元自動車整備士」監修、「ヒラリー男爵」執筆でお届けさせて頂きます。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

デミオ

DJ5 - S5-DPTS 1500cc 2014年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

燃費の為です。燃費は凄くいい!

駆動系質感 5段階評価

6ATとディーゼルはマッチング悪い?

足回りの質感 5段階評価

質の悪いダンパーの減衰力を高めちゃった系。

内装の質感 5段階評価

オトナっぽいメーター周りが印象的。パネル質感が惜しい。

外装の質感 5段階評価

隣に大きい車が来なければ、立派に見える。

快適性 5段階評価

高速時の静粛性は高い。

パッケージング 5段階評価

明確にフロントシート優先。

お買い得度 5段階評価

補助金で値引き代わりに。また車両高いけど燃費で元が取れる。


ベーシックなグレードでは、センターにスピードメーター。左にタコメーターがレイアウト。



エアコン操作部のダイヤルは、グレードによりなんと3種類の加飾にわかれる。





ディーゼル上級グレードの内装。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。