デミオ(スポルト)P3/リアシートや快適性 

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・マツダの特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年記事 マツダ デミオ(スポルト)
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

マツダ
  • グレード:“スポルト”
  • 型式:DE5FS
  • 車両価格:158万円
  • デビュー年:2007年7月〜

3代目デミオ(スポルト)・試乗インプレ「3」

今回の試乗レポートは、マツダ・デミオ(3代目)。コンパクトになって塊感が強調された型のデミオ。デビューは2007年。当ページでは「1500cc・スポルト」の試乗記をお届けしています。前ページからの続きになります。

当ページは3ページ目です。「リアシートなど快適性や日常での実用性」などを掲載中。


  1. 分割page - デミオ”スポルト” 「1-1」・内装とエンジン&ミッション
  2. 分割page - デミオ”スポルト” 「1-2」・走行感覚と扱いやすさ
  3. このpage - デミオ”スポルト” 「1-3」・快適性と実用性、リアシート
  4. 分割page - デミオ”スポルト” 「1-4」・参考データと市販パーツ
  5. 分割page - デミオ”スポルト” 「1-5」・競合車との比較と総評
デミオの内装1デミオの内装2

静粛性など快適性は?

リアシート

リアシートの実用性の評価といえば、広さと並んで静粛性や乗り心地の良さなんかも同じくらいに重要でしょう。

固くて安っぽい乗り心地

デミオのリアシートに座るとどうか?まず乗り心地は非常に悪い。

何が悪いのかって、サスペンションが固い。小さなボコボコが大きなボコボコの衝撃のように伝わってくる。そしてチープ。伸び方も縮み方も安っぽいの次元を越えてる。新車時〜1万kmくらいまではフリクションの塊のようなショックアブソーバーがこのクルマの本質をいつでも教えてくれる。そう、リアシートには座ってはダメだということ。
マツダ車といえばリアサスが引き締まっていると想像が付くけど、デミオでは「超」の付く安っぽさが伴ってるからたちが悪い。

このデミオは中古車を購入。いわゆるダウンサスと呼ばれる交換用スプリングに交換されていた。その後、気になる部分があり純正スプリングに交換。
すると、純正スプリングの方が、ショックアブソーバーが突っ張ってる。パッツンパッツンのショックは最近のトヨタ車より酷い。多少なりともダウンサスの方がバネレートが高いのね。フラフラとかユラユラしやすいけどサスが動きアタリが柔らかく感じる。
乗り心地の質感を気にするならこちらがオススメ。高いけどG's限定だよ。トヨタ・ヴィッツG's試乗レポート

ベースグレードよりは静か?かも静粛性

次に静粛性について、1300ccのベースグレードと、ここでの試乗車である「1500ccスポルト」で印象が異なる。スポルトに限定すれば、普通にうるさいコンパクトカーといった感じ。個人的には、他車に乗らず、ずっとデミオに乗っていれば慣れてしまうレベルだと思う。
1300ccの方はリアハッチ裏からとんでもない音が終始響いてくる。きっと鉄板部分ですね。雨の日はデミオに乗らず、タクシーを利用して下さい。
グレードによって何が違うのかはわかりません。気が向いたら内装をはがしてチェックしてみます。

そういや先代デミオ、コンパクトカーの中では頭一つ抜けた重厚な乗り味を持っていた。今回のデミオは車重100キロほど軽くなったというから先代デミオはオーバークオリティだったのか?いや時代の流れか。どちらにしても単純に重いクルマの方が良いことも多い。乗用車に限ってはね。

不安感少なめ、これは嬉しい

デミオのリアシートって、不安感が少ないと思う。”不快感”ではなく”不安感”ね。ここでいう不安感とは、運転が下手だったり居眠りしてそうだったりという内容。

巡航中、ドライバーが真っ直ぐ走っているつもりでもリアがフラフラしているクルマってかなり多い。例えばフィットとかヴィッツとかマーチとか。。。このフラフラ、同乗者は敏感に感じ取る。タバコでも吸わなければ落ち着いて乗ってられません。。。

デミオは同じドライバーが運転しているとは思えないほど、真っ直ぐ走る。リアサスが固いからとかスタビが効いてるからとかいうんじゃなく、1300ccベースグレードでも一緒。そもそもトーションビームはそれ自体がスタビのようなモノ。無くて用が足りるならきっとその方がいい。
ハナシ戻ります。ドライバーが先読みせず、修正舵の繰り返し場合とか、あまりにタイヤ空気圧が低い場合はデミオでもフラフラ。ここは過信せずご注意をどうぞ。

真っ直ぐ走る+低くFシートを抱え込むような着座姿勢。デミオのリアシートはこれが組み合わさって不安感少ない感じに。すべての同乗者が安心感を感じるクルマと評価できるまで、進化して下さい。あと広さもね。

最終後期モデルのスポルトは、Fにモンロー?

デミオ・スポルトの一番最後のモデルは、フロントのショックアブソーバーにモンローブランドを採用しているかもしれない。一番最後のモデルっていつの?マイナーチェンジもしてないかもしれないからわかりにくい。筆者の予想だと、シューティングスターなどの特別仕様車が出た時期以降と予想する。

実際、未試乗だし未確認。ネットにもほとんど情報なし。ただしサスペンションブランドのテインのホームページや純正部品、その他の情報を総合して考えれば、モンローのアブソーバーを使用しているデミオは確かに存在すると思う。

マツダ車全体が持つ致命的な弱点がショックアブソーバー。だからこそ、ショックアブソーバーがレベルアップし、それに合わせてセッティングされているモデルはとってもとっても期待できます。

リアシートに関して

わかっちゃいるけどやっぱり狭いリアシート。しかし不思議な事に乗り込んでしまえば座れないことはない。そう、ちょうど見た目は悪いけどまずくない料理のように、乗りたくないけど一度乗ってしまえば何とかなっちゃう。そんな感じ。ライバル他車では、デミオのリアシートと同じくらい狭くても、非常に座りにくい車種が多い(都築は後述)。

リアシート、実際に座るスペースはどう?

リアシート

デミオ、リアシート(後部座席)は外観から想像できるよりも広く取られていると思う。ただし、身長182センチの男性が長時間座れるほどのスペースはなく、お股を広げてクーペのような姿勢で座る。身長172センチの男性が座っても、やはり股の間でシートを挟む形になる。

女性の場合は横座りしかないかな。お股を広げて座ってくれれば嬉しいんだけど、それってムラムラしちゃうような姿勢じゃないな。いえいえ身長155センチの女性なら大丈夫。

実質的に2人乗り、リアは荷物スペース

端的に言えばリアシートは非常用。近場専用とするのがよさそう。 もっとも、近所のお買い物メインが多いコンパクトカーだから、この辺りは割り切りが気持ちよくもある。
デミオに大人4人乗った状態、窮屈感いっぱい。座れるとか座れないんじゃなくて、大人げない(笑)リアシートはちょうどいい”荷物置き場”と考えた方がいいです。

リアシートの快適な広さで考えれば、コンパクトカーの中ではまるで反則ワザのようなホンダフィットや日産ノート(2代目)を選んだ方が快適。

逆に実質的に1人で利用することが多い通勤やセカンドカー用途、近所のお買い物メインなどの目的で使うのならデミオがうってつけ。なにしろ座りやすいだけじゃなく運転しやすい。そうしたら、リアにドアがあるだけでありがたいっていうのがよくわかる。荷物を入れるのがとってもラク。ラゲッジよりエアコンも効くだろうから、お弁当も傷みにくい。クーペ風セダンが流行だけどそれと一緒。とっても納得。

競合車のリアシートと比較すると

車内の居住性は基本的に、ボディの大きさが一緒なら、シートの大きさとか形状によって左右される。例えば同じ室内寸法ならアップライトに座らせるクルマの方が足下広いし、リアシートの背もたれを立てれば後方に下がるし、体育座りのように座らせれば座面が短くなったり
このあたり、ソファとキッチンのテーブルセットを想像して貰えるとわかりやすいかも。

ということで、リアシートを比較する場合は、広さと合わせて座りやすさを比較したほうがいい。ただ狭いと言ってもいろいろある。

ノートのリアシートフィットのリアシート

左から日産ノート(2代目)ホンダフィット(2代目)。コンパクトカーといってもこいつらは別ジャンル。背も高いしこの世界のミニバンのような感じ。「たま〜にリアシートを使うこともある」とかのレベルだったら、ファミリーカーとして利用したって良いくらい。

ヴィッツのリアシート1ヴィッツのリアシート2

こちら2枚ともヴィッツ(3代目)。デミオよりスペースはある感じだけど、フロントシートの背もたれが圧迫感を感じさせる形状をしている。リアシートに乗車すると落ち着かない。リアシートの静粛性はデミオより好ましいし、グレード「RS」を除けばサスペンションが固すぎということもない。ものすごく安っぽいハネ方はデミオと一緒。

コルトのリアシートVWポロのリアシート

左は三菱コルト。感覚的にヴィッツと同程度の広さ感。リアシートバックは2段階にリクライニングできる。ラゲッジの荷物とご相談。ただしコルトのフロントシートは非常にアップライトな姿勢を強要される。横Gに耐えうるポジションをとれば、シートバックはもう直角。誇大表現じゃないんです。
右はVWポロ。もう全く座れません。中央に座って両方のFシート下に片足ずつつま先を入れれば座れるかな。Fシート下に両方の足は無理。また普通に座ろうにも背もたれが立っていて座りにくい。座面下が前に出ている。だから姿勢が苦痛。さらに座面から微振動が伝わり続ける。せっかく静粛性が優れているだけに残念。

スイフトのリアシート日産マーチ

左がスズキ・スイフト(3代目)。全く座れません。スイスポも標準グレードも一緒。背もたれの立ちようはまるでクーペのリアシート。さらに、ヘッドレストが思いっきり前方に出っ張ってる。5分で首がおかしくなります。
右は日産マーチ(4代目)。シートがミニマムなのはしょうがない。しかしこちらもヘッドレストが邪魔。ヘッドレスト、伸ばしてもまともなところにあるのか疑問。そっか、取っちゃえばいい!追突されなきゃ無問題。

デミオ(メーター・無照明)デミオ(メーター・点灯)

ラゲッジスペースについて

ラゲッジスペース1

デミオのラゲッジスペースは至って普通。スイフトよりは良く、ヴィッツやマーチと同じような感じ。

手元のメジャーで寸法計測
ラゲッジ寸法 奥行き66cm、幅100cm、入り口最低地上高71cm。

ラゲッジスペース2

リアシートを倒した際、段差は大きく残る。使い勝手は最良ではないけど、簡単に倒せるのが利点。

なお、ラゲッジスペースにアンダートレイはありません。

マツダ デミオ(スポルト)

マツダ

demio (デミオ)

  • グレード:“スポルト”
  • ミッション:CVT
  • 型式:DE5FS
  • 年式:2008年モデル
  • 新車時価格:158万円

「元自動車整備士」監修、「ヒラリー男爵」執筆でお届けさせて頂きます。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




ラゲッジスペース。アンダートレイは無し


シートを倒すと大きな段差が出来る上にフラットじゃない。

リアシート

リアシート・ステップ部分の段差はそれなり。前後方向にはやや広めにスペースがある。




見た目で選んでも後悔しないと思います。


輸出用デミオのリアリフレクターを付けるとこんな感じ。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。