デミオ自動車比較・評価と評論の試乗レポート

自動車購入の為の試乗比較・マツダの特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2009年記事 マツダ デミオ
著:元自動車整備士)

マツダ・3代目デミオ・試乗インプレッション「1」

今回の試乗レポートは、マツダ・デミオ(3代目)。コンパクトになって塊感が強調された型のデミオで車両型式はDE3。当ページで取り上げている試乗グレードは2つ。「13CVミラーサイクル」と「13C」です。

※2013年、当ページスタッフが「デミオ1500cc・スポルト」を購入しました。別ページに試乗レポート用意しました。
※より分かりやすいデミオの記事はこちら! デミオ(1500cc・スポルト)試乗レポート

デミオのメーター(照明無し)デミオのメーター(照明)
マツダ
  • グレード:2グレード試乗
  • 型式:DE3
  • 車両価格:119万円〜
  • デビュー年:2007年7月〜

実用車だけど生活臭が少なめなエクステリア

コンパクトカーといえばホンダ・フィット、革命的な広い室内空間と超低燃費を実現し、カローラ(シリーズ)販売台数ナンバーワン座から引きずり落とし、ヴィッツから始まったコンパクトカーブームを一段と盛り上げました。

フィットは、安くて広い(4人乗っても荷室が実用的)、従来までのコンパクトカーとは次元の違う魅力を持っています。予想ですが、ファミリーカーの「平均購買車両価格」を引き下げたのではないかと。
しかし裏を返せば単純に貧乏くさいわけで、エントリーレベルのクルマでノープログレム、走ればなんでもいいじゃない。。。100円均一のシャツにサンダル、バックにお財布で武装すればフルセットのできあがり。。。そんなイメージな訳です。

3代目デミオ1500ccそんな中、このDE3型デミオは室内スペースよりボディデザインを重視。車室内の広さよりコンパクトらしさを重視したパーソナル感が強め。そう、3ドアハッチのようなプライベート感覚が高めです。
いってみれば流行のベンツCLSなどクーペルックセダンと同じようなアプローチと感覚。
(画像はデミオ・スポルト1500cc)

だからこその魅力を感じさせるエクステリアデザインは、フィットみたいな貧乏くささは圧倒的に少ないわけです。フィットが4人で1台だとすると、デミオは1人で1台。欧米的って感じ。

実際の「車両価格」も「ブランドイメージ」もフィットの方が上でしょうけど、そんなこと全く関係ありません。1人乗車の時の快適性や走りやすさ、高級セダンのようなドライビングポジションetc...。すべてデミオが上だと思います。分をわきまえて背伸びしない。だからこそまとまりよく商品価値高し。エクステリアデザインから続く走りやすさがデミオの魅力です。

サイズダウンで軽やかに

2007年にデビューしたこの3代目デミオ、先代のコンセプトから路線変更となりました。小型軽量化されて実用燃費を重視、室内空間の広さという点を無視しスポーティーさと低燃費を重視したキャラクター。コンパクトカーらしい乗り味に必要最低限の室内空間を確保したといった感じに。エンジンではミラーサイクルエンジンの復活もトピックス。

デミオの簡単な歴史について

1996年にデビューした初代デミオは、ミニバンが売れ筋だった当時、コンパクトカーとして最大級の車内のスペース、優れた実用性などをフルに追求し、デザインはともかく車室内の広さでヒット。別名「マツダの救世主」と呼ばれています。

続く2代目デミオは大きく立派に。コンパクトカー最高の質感を武器にした高級路線。足回りの良さは乗ってすぐ体感出来るレベルで感動モノ。そんな車体をベースにベリーサという高級コンパクトカーもラインナップ。いいクルマでしたが平均購買年齢は50歳代ということで若々しさはなし。価格以上に立派さを感じるデミオに対し、ベリーサは割高感だけが印象的なクルマでした。

写真は2代目デミオと初代ベリーサ

3代目のキャラクター

内装23代目デミオ、コンパクトカーとして限界までコストを削ったということで、コンパクト本来の姿勢に変更。走るのに余計なモノは入らないという姿勢ですか。マツダ主力のコンパクトカーとして大勝負に出たらしい。ちょうど世間ではコンパクトカーが人気で注目度も高く、時代はまさに原点回帰。

車両価格も1300ccで115万円、1500ccで133万円と、軽自動車と張り合える価格+大きな値引きが期待できる。他のコンパクトカーより10万円程度お安い価格設定

今回のデミオはとても明確な路線変更により、例えば内装はとてもシンプルな作りに。シンプルすぎというか、とても品祖というべきかな。インパネはデザイン的にはまとまっていると評価する人も中にはいらっしゃいますが・・・。

外装デザインは2代目の大きく見せるデザインから小さく塊感を感じさせるデザインに。まるでスポーティ3ドアハッチを感じさせてくれるベルトライン。リアサイドウインドのサイズも小さく、見ためからクルマのキャラクターがハッキリ伝わります。

内装について

内装1

フロントシート優先としたこのデミオ、ドライバーズシートに室内に乗り込むと前席のシートは従来より大きくなりコストがかけられた感じもあり好印象。サイズ、形状、前後スライド量など。。。コンパクトカーでは珍しく男性も座れる作りになっています(女性は内股、男性は外股)。

残念な部分でいうとメーターはチープで安っぽいく、インパネ全体も立て付けはカッチリながらも品質感最悪。プラモデルの延長線上といった印象を受けます。デザインはご覧の通り、そして内装のシボ(模様)は一昔前のコンパクトカーのよう。
ドアトリム

その他ドアミラーとドアミラーの幅からくる、ドライバーが感じる車幅感なども合わせ、決して満足感を得られる内装とはいえない。エンジンの振動や音からの印象も含めれば、まるで軽自動車といった感じ。
(価格も軽自動車クラスなのでしょうがないのかも)。

まずまずという部分にも触れておきます。インパネセンター部はかっちりとはまっており、パンパン叩いても詰まっている感じ。これはトヨタミドルクラスより頑丈にはめ込まれているようだ。だから雑に扱っても気にならないし、ガタブルな路面を無頓着に走っても心配することもなし。ただ、中央部以外はパコパコです。

内装の質感といえば基本的に車両価格とリンクしている部分だから、納得できれば機能上は問題有りません。


デミオ1500ccの内装

これは上級グレードになるスポルト1500のインパネ。メインメーター部分を除き、ベースグレードと大きな差は無い。

デミオに試乗、走り出してみると・・・

まずエンジン。エンジンはミラーサイクルということで、燃費は良けれど実際の出力は1000ccクラス。特別速いということはない。エンジン音は盛大で振動も感じる。運転して感じる加速感は、体感的にはトヨタヴィッツの1000ccよりはよさそう。

試乗すると乗り味はどうか?優れた点としては特別にスポーティではないがトヨタ車よりは扱いやすいアクセルとブレーキ。このあたりはさすがマツダ自動車。シートは普通だけどドライバーの着座姿勢とペダル配置も自然。まるでセダンのようなドライビング姿勢。

※今回の試乗車は4ATモデルがメイン。スロットル早開き感あって燃費重視の運転はちょっと神経使い、発進時も神経使いますが、従来のマツダ車よりは多少マシになった。後期型ではさらに改良されています。どちらかといえば自然に発進できて自然に止まれます。

※祝!新グレード「スカイアクティブ」ではアクセル特性が穏やかになった。神経使わず発進できます。

ライバル他車より走りやすい点
  • 左ハンドルが重視されたようなスイフトのペダルレイアウトと違い、デミオは右ハンドル重視の可能性
  • ヴィッツのだるいハンドルより機敏なステア特性
  • フィットより断然よいフロントのロール感覚
  • ノートより断然質感のあるフロントのショックアブソーバー
  • スイフトより優れた見切りの良さ
  • 同世代のどのコンパクトカーより扱いやすいブレーキ。実用域でリニア、急な部分が見当たらない
  • 同世代のどのコンパクトカーより優れた直進性。ライバルはVWゴルフか?

ハンドリングについて

コーナーリング特性、ハンドルを切っての感覚、たとえコンパクトカーといえども試乗の際の重要ポイント。
個人的には凄く良いと評価させて頂きます。ポンコツ感を味わえるクルマだけが持つ楽しさ、ワクワク感、無理して上級指向ではなく、コンパクトカーらしいハンドリングはデミオを積極的に選ぶ価値がある。
例えば非常に高級感あるスイフトって、結局上級クラスの代わりなわけ。ものすごくオトクだけど決して車格には逆らえない悟りを開いたクルマ。ピラミッドの底辺でもある。

デミオの特性、ハンドリングはよく言えばほどよくクイック。マツダの他のクルマと同じような系統。一般的なレベルでちょっとペースを上げるというシチュエーションならものすごくハンドルを切りやすい。フロントのロール感がとにかく自然なのだ。適当に作られたクルマではなく、真面目に作られたクルマだと想像してしまうほど。

ではではともっと速度を上げていけば、クルマ自体がチープな印象で、リアサスの動きが安っぽい。ついでにちょっとでも雑にハンドルを切れば、グラッときます。特にリアシートでは顕著。デミオではじわ〜とハンドルを切って、切り始めと切り終わり、戻し始めと戻し終わりは特別ゆっくりとした動作を心がけたいところ。
しかしそれがまたやりやすい。デミオはステアリングギヤ比は緩いのに適度にフロントの反応が良いから、切り始める位置を定めやすいし、思い通りに走りやすい。

ハンドルの切り始めと言えば、直進性の高さも重要なポイント。しっかりビシッと直進するデミオは、直線でもフラフラしている某トヨタ車やホンダ車とは違います。

他メーカーの味付けと比較すると

このハンドリングという点で他のコンパクトと比較すると、デミオ、まずはキビキビということができる。これは足回りが固めだからシャキッとしている。そして印象としてはキビキビだけど、ホンダ車と比較すればスムーズにヨーが立ち上がり走りやすい。そしてトヨタ車ほどダルじゃないからキビキビ感出して走りたい方にはあっている。日産と比較すればストローク感をウリにした4代目マーチ、でもデミオの方がストローク感ある。リアが突っ張っちゃっているのはどのコンパクトも一緒。

そのほかではコンパクトカーとしては前後方向のピッチングも小さめで好印象。強いブレーキも掛けやすい。

ライバルのヴィッツはクルマは小さいながらも落ち着きある安定志向。ハンドルを回しても質感がある。フィットは元々クルマが大きく一クラス上の印象。コルトはちょっと安っぽく、デミオを含めた3車より劣る。そしてクルマとしての本質をみれば、もっとも安っぽく感じるのはマーチだろう、と思います。
(試乗比較は次の項目へ続きます)

ブレーキペダルの剛性は高い

ペダルレイアウトデミオのブレーキペダル、フルブレーキするにはかなり力がいるほどの剛性がある(ペダルを踏むのに固くて力がいる)。

もちろん剛性あるブレーキは非常に魅力。しかしこのDE3型デミオ、筆者も最初、踏む力が弱すぎて、急な制動力は立ち上げられなかった。80キロからのブレーキでABSが作動したのは踏み増ししてから。

パニックブレーキの際はとにかく力一杯、それこそ4輪が限界になるように目一杯ブレーキをすることが大事。また普段はジワッと力強くブレーキペダルを踏めることが大事。

ブレーキペダルがかっちりしていることはとっても良いこと。質感という面でも重要なポイント
ただし、コンパクトカーのデミオでこれはちょっとやり過ぎのような・・・。
外車でも、FIAT500(イタリア)などもっとペダルは軽い。

実際のところデミオのお客さんは、一回も強くブレーキをしたことがないような方や、クルマの運転に興味ない方がけっこう多いと想像出来る。それならば、ブレーキアシストの効き具合を調整するなど煮詰めた方が良いと思う。試乗の際、可能なら軽くABSが作動する程度のブレーキを試して下さい。

※アクセル開度特性と合わせ、ブレーキも普通になっていたり、年式によっていろいろあります。

マツダ デミオ

マツダ

demio (デミオ)

試乗グレード1

  • グレード:“13CVミラーサイクル”
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:128万円

試乗グレード2

  • グレード:”13C”と”13CV”
  • ミッション:4AT
  • 新車時価格:119万円

エンジン概要

  • 排気量:1300cc
  • エンジン型式13CV:ZJ-VEM
  • エンジン型式13C:ZJ-VE

その他概要

  • 型式:DE3
  • ボディサイズ:3885/1695/1475mm
  • 車重:990kg
  • 発売時期:2007年7月〜
  • 新車時価格帯:113万円〜
「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

デミオ

DE3 - ZJ-VE 1300cc 2007年〜
55D23L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
(前期以降モデルに変更)
エンジン質感 5段階評価

ガサツでうるさい。ただし回していくとメカ的な音が混ざりマニアックに嬉しい。

駆動系質感 5段階評価

4ATも、CVTも、できればどちらも選びたくない。

足回りの質感 5段階評価

新車時はシブチン。少し乗るとフロントサスのストローク感は悪くない。

内装の質感 5段階評価

間違いなくマツダ車。ゴミ品質でも立て付けはカッチリ。

外装の質感 5段階評価

前席優先に割り切ったからこその塊感。

快適性 5段階評価

リアハッチからの騒音がまるでバンのよう。

パッケージング 5段階評価

フィットだって所詮コンパクト。デミオの割り切りは”超”好印象!

お買い得度 5段階評価

軽自動車と張り合える。



黒い内装カラーだから、ぱっと見は普通。でもこの質感といったら・・・まるでブラウン管テレビのプラスティックみたい。
チリ(隙間)も広め。



サイドのベルトラインはフロント部がかなり低め。開放感重視。
(ベルトラインとは、ボディとガラスの境目の前後方向に伸びるライン)
一方でフロント部のインパネ高さはやや低い程度。インパネ高さが低いと運転していて疲れるが、シートリフターをさげればこれくらいなら平気だろう。
ガラス開閉の関係上、エアコンホルダーを付けて灰皿を置くと、風で灰が飛び散る。


特徴的な形状をしたグローブボックス。手前には新車時の車検証入れがちょうど収まるようになっている。


リンケージは変わった形状。左足部分はフットレスト代わりの形状をしている。
ブレーキ踏力剛性はかなり高め。

デミオ1300ccの内装
デミオ1500ccの内装
上がデミオ1300ccモデルの内装、下がデミオ1500ccモデルの内装。どちらもブラック基調というか黒一色。多少の装備の差こそあれど、イメージはほとんど変わらず。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。