アクセラ1500cc/試乗レポP3・新旧比較

自動車購入の試乗比較、中古車選びにもマツダ・メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年記事 マツダ アクセラ
著:ヒラリー男爵)

マツダ
  • グレード:“15S”
  • 型式:BM5FS
  • 車両価格:184万円
  • デビュー年:2013年11月

アクセラ・スポーツ15S (BM5FS)「3」

当ページで取り上げているのはアクセラスポーツ・グレード「15S」。2013年11月デビューのモデル。スポーツ=ハッチバックのモデルです。

当ページは3ページ目です。「高評価は続くか?クルマはデビュー時だけ評価が高い?」などを掲載中。


  1. 分割page - アクセラ試乗「1-1」・クルマの特徴と内装評価
  2. 分割page - アクセラ試乗「1-2」・ドライビングフィール、乗り心地や静粛性
  3. このpage - アクセラ試乗「1-3」・新旧比較と高評価は続くか?など
アクセラ・内装1アクセラ・内装2

新旧アクセラ比較

2代目だった「先代アクセラ(BL系)」から3代目になった今回の「アクセラ(BM系)」。車名や車格は同じでも、運転感覚は全然変わった!もう全然別物。何も気にしないおばちゃんだってビックリしちゃうくらい。たった1世代でスゴイね。

2代目アクセラ

写真が2代目アクセラセダン。チープなアクの強いエクステリアが話題になった。内容は極端な長所に多くの短所。豪華1点主義的な印象の強いクルマ。マツダ車らしさは十分!他車にはない魅力。

試乗レポート:BL系アクセラ(2000cc)試乗比較

方向性が変わったと思う

何が変わったって、質感上がったのは当然。およそどんなクルマでもモデルチェンジで値上げされるし、骨格もボディも大きくなっていくからね。

驚きなのは操縦性のキャラクター変化

今度のBM系アクセラは、長距離を苦にしなくなったりといった、走りやすさ最優先に思える。反面、従来までのマツダ車ならではの、反応が良いステアイン感覚は影を潜めた。
マツダ車がマツダらしい特徴に溢れていたという面では、先代アクセラも十分魅力的。車両値引きの大きさなんかも含め、他にはない魅力だったから。欠点も多かった点もより特徴の強さを感じさせてくれた。これ、トヨタ車がご自慢の静粛性を捨て去ったらどうなるだろう?それくらいの大変化だと思う。

ユーザーフレンドリーになったとも思う

もうひとつ。最初はCX-5、次にアテンザ、そしてこのBM系アクセラと新世代のマツダ車がデビューし、なんかマツダが優しい兄貴的メーカーに変わってきたような気がする。操縦性のキャラクター変化は、メーカーがユーザーの方向を向いた結果なのかも

今までのマツダって、一方的なメーカー主導の提案が強かったのかもしれない。実用車なのに十分以上の走行性能を与え、そのみかえりに気軽に快適にラクにという感覚を失っていた。これが市場でどう評価されたかはご存じの通り。
また、運転のしにくさから来る苦痛はかなりのもので、マツダ車試乗の度に日常で滑らかに運転しやすい特性を考えてくれって思った。だってメーカー広報が、「短時間の試乗で良く思ってもらいやすいセッティングをしていた」というニュアンスの言葉を口にしていたほど。

新世代のマツダ車では、今までの誰に向けたクルマかわからない、ターゲット不明なクルマという部分が変わったと思える。ペダル配置やスロットル特性、ブレーキ特性、シート、ミッション。ラクに滑らかに、ドライバーが違和感を感じにくいような方向に。
これの延長線上として、ステアに関する部分もキャラクター変更されたのかも。確かに、豪快にガシガシハンドル回してもなんてことないのはこのBM系。ドライバーだけでなくパッセンジャーとしても、遅れ気味に素早くハンドルを回すようなドライバーに同乗しても、快適なのはこっち。

先代BL系を選択するのも全然あり

2代目アクセラ内装

先代のBL系アクセラはマツダ車らしいステアインの感覚や、ドライバーが感じやすいボディ剛性感の高さが魅力。新型では別の方向に変わったようだから、これを好きなら先代までのマツダ車をチョイスするしかない。

内外装や走りの質感を別にすれば、どっちにも長所があるから、同列に好みで選択できる。

例えば当HP「間違いいっぱいの自動車選び」でも所有するDE型デミオ新型に買い換えせずメンテナンスで復活させる道をチョイス。大きくキャラクターが変わったデミオは欲しくない。
DE型のあのステアフィールや路面インフォメーションの豊富なフィードバックが好きでドライブしてるのだから。買い換えるならスイフトスポーツの方が近いね。


こんな感じで、好みで選択で選択できるかと思います。最近は中古車店でも試乗できたりするんで、こんなことも視野に入れて比較されたらイイかもです。
その他、適度な個性が魅力の初代はこちら。初代アクセラ(2000cc)試乗レポート

国産他車と比較

このクラスの国産ベーシックグレードで比較すると、意外にも最もバランス良いのがアクセラ。欠点こそあれど、他車はもっと長所短所がハッキリしている。従来のマツダらしさといえば個性の強いドライビングフィール。しかしこの世代のマツダらしさはバランスのいい上級車感。試乗してわかったけどやっぱり意外w

例えばカローラ。安っぽいけど静粛性だけはとても高い。またプレミオ、走らなければまるでトヨタ高級車のような高級感。インプレッサ、条件が一致した時にメチャメチャ輝く素晴らしさ。好みがハッキリしていなければ、アクセラはとても無難な選択肢。ディーラーサービスや耐久性という運不運に左右される部分を除いてね。

インプレッサ(スポーツ1600cc)と比較

スバル

アクセラと正面からバッティングするのがスバルのインプレッサ。ハッチバック&セダンボディ、2000ccまで用意されるエンジンラインナップも近い。

そんなインプレッサ、キビキビ走る時の楽しさといったら、アクセラでは比較対象として役不足。それは最も安価な、最もベーシックなグレードでも変わらず。

インプレッサ2015年モデルではCVTのセッティングさえ、ガンガン踏む時に合わせてセッティングされ、そうした場面でとてもよく動くサスペンションと組み合わせられ、ステアインフォメーションも強く、本当に楽しい。

しかし通常走行時、サスペンションが動き出すあたりまでが非常にゴツゴツで、路面のザラツキやウネリをメチャクチャ拾う。とっても不快です。しかし一旦動き出せば柔らかくも減衰力が出ていて、欧州車とかアフターマーケットのダンパーのような動き方。
また静粛性、アクセラと同等か近いくらいにうるさく、特にエンジンの不快なノイズが大きい。ついでにインテリアのデザインだって人を選ぶだろう。

インプレッサ、日常で不快。でも良い部分はとても良い。この良さは比較される他車では味わえないレベルだから、欠点に目をつぶれれば最高。逆に正当派な良いクルマといえば、アクセラに軍配を上げたい。

試乗レポートはこちら!インプレッサスポーツ(2015モデル)

輸入車と比較する

VWゴルフ

VW

7代目となったゴルフ7、最もベーシックなグレードを選択すれば、価格は250万円弱。主要コンポーネンツは1200ccターボ+DCTがメイン。

アクセラの安全装備を一通り付けて見積もりすれば、1500ccでも200万円オーバー。マツダは引き締めで条件期待できず。なので装備内容と値引きによっては2車の価格はグッと近づく。

今までは同格といっても購入価格に差があったアクセラとゴルフ。今は普通にライバルと言える関係だと思う。クルマの特徴的には、ゴルフの中でもトレンドライン、このグレードは意外と日本車みたいな特徴を持つ。アクセラの方が一昔前の欧州車しちゃってると感じるほど。
アクセラのディーゼル考えているなら上級のハイラインとかGTIといったグレードも比較対象に。ハイラインなら上級セダンに近い味がものすごく魅力。ただし、車両購入価格は同じような感じでも、ディーラーのメンテナンス費用は高め。

試乗レポート:VWゴルフ(7型)・トレンドライン

試乗レポート:VWゴルフR(7型)

VWザ・ビートル

VW

VWの中でエクステリアに特徴を持たせている車種がビートル。この型は復活した2代目で通称ザ・ビートル。前の型は通称ニュービートル。

ザ・ビートルの価格、2014年モデルで約250万円〜。主要コンポーネンツは1200ccターボ+DCTがメイン。

やはりこのビートルもゴルフと同じく、安全装備が充実しており、条件によってはアクセラと価格がグッと近づく。

内容としては上記ゴルフ7より前の世代のゴルフファミリーの派生車。しかしボディデザインが異なるだけでなく、走行時のキャラクターなんかも差別化されているよう。2000ccターボエンジン搭載車では、レトロチックな荒々しさだって感じてしまうくらい。
自動車の質感は年々高まる。これは当然。しかし強い個性を持つモデルは、如何に自動車が進化しようにも代わりがない。このザ・ビートルも「ターボ」というグレードを選択すれば、そんな一台になりうる可能性がある。

試乗レポート:VWザ・ビートルターボ

BMW1シリーズ

VW

憧れのBMWだって、車種を選ばなければ安いモデルもある。この1シリーズは初代が300万円以下〜、2代目も300万円弱〜。意外にもアクセラXD(ディーゼルエンジン搭載車)と価格は近い。
諸費用に違いはあれど、値引きも考えれば十分にライバル関係。アクセラXDの上級グレードらしい装備に魅力を感じるか、1シリーズの走行感覚やBMWブランドに惹かれるか、なかなか悩ましい選択肢。

1シリーズはコンパクトなのにもかかわらず、駆動方式は後輪駆動のFR。300万円でFRを味わえるモデルはやっぱり貴重。もちろんBMWらしい走行感覚だって持ち合わせる。反面、快適性能や上級車的質感という面では乏しい。あんまり長時間運転していたくなるクルマじゃない。
しかしそれでもやっぱりBMW。ボディデザインが不評と評価されることが多いけど、実際に自宅車庫に駐車すれば、普通に立派に見える。シルエットやフォルムなんてどうでも良くなるほど、このBMWらしいフロントマスクに価値を感じてしまうと思う。

試乗レポート:BMW1シリーズ(116i)

クルマはデビュー時だけ評価が高い?

雑誌の評価とか大手サービスの評価とか、基本的にクルマの試乗評価って良いことばかり。自動車の事ばかり考えてる先生方が執筆する試乗レポートなのだから、ウソは無いと思うんだけど、信じて購入したら全然違うなんて日常茶飯事。

なんで?基本的にクルマって枯れた技術の積み重ねとか、先代を越えるように設計するだろうから、デビュー時は評価が良くて当たり前。そうです。多くの車種でモデルチェンジごとに大きく立派に進化していきます。
最近見たレビューだとVWシロッコRの乗り心地が良いなんて仰る大先生もいらっしゃいましたがそんなのは例外。基本的にウソはないかと考えます。

だから先代との比較だったらどれも良いのは当然。ついでにダメな点がオブラートに包まれるのも当然。

筆者的に気を付けたいのは”3つ”、かな。
  1. コスト的な概念も加味して評価してる?フィットで200万円超とか、良いと言ってもアクセラ買えちゃうよ。
  2. バイヤーズガイドならライバルとの相対評価。他車もしっかり引き合いに出して評価してね。長所短所はハッキリ言わないとダマシと一緒よ。
  3. いつ執筆した試乗レポートか、年月日はしっかり”大きく”記載してね。

ユーザー(読み手)からして大事なのは3つ目。年が変われば評価はガラッと変わります。レポート車種がデビュー当時の記事だったら、上記の通り、良い評価は当たり前です。

新しいライバルの登場、小改良、トレンド(流行)などにより評価や着目点は日々変わるモノ。
当ホームページではこのあたりに気を付けてレビューしています(まだまだですごめんなさい)。

ということでアクセラがデビューし、同じように走行性能にこだわりを持つライバルのインプレッサ、キャラクターは違えど魅力半減は間違いなし。ボディスタイルだって凡庸ですし。

アクセラの魅力はどうなる?

マツダ車ってデビュー直後だけ評価されるみたいなイメージ、ありませんか?先代アクセラなんてまさにそう。デビュー直後には隠蔽された(笑)欠点が取り上げられるようになる。半年もしないうちに商品力ダウンでしたぞ。

今度の3代目アクセラはどうだろう?これだけ印象的な魅力を持つアクセラだからすぐにライバルが追いつくとは考えにくいが、懸念材料もいっぱい。
例えば価格的に身内内がライバルだし、ナビには大規模アップデートが望まれる。そして国内では不人気のミドルコンパクトというジャンル。次世代デミオの1500ccディーゼルの価格はいくらになるのだろう?
マツダはどれを伸ばしたいのだろうか想像する、そんな楽しみ方も浮かんできました。

アクセラ、下取りにも影響するので1日でも長くスポットライトを浴びていて欲しいものです。これも商品力の一部。


アクセラ・内装1アクセラ・内装2

ディーゼル搭載グレード「XD」について

アクセラのトップグレードが「XD」。試乗はしていないので走行性能はわからず。このXDには、もうお馴染みとなったマツダの新世代ディーゼルエンジンを搭載。また装備面では安全装備はもちろんサンルーフまで付く充実ぶりで価格は約300万円。

グレードって、エンジンが大きくなって車両価格が上がったり、装備が充実して価格が上がったりするけど、アクセラXDはエンジン・装備共に充実してお値段は大幅上昇。こうなってくると2クラス上の車種と比較できるようになってくるから難しい。例えばアクセラのベースグレードとデミオのトップグレードでは価格がオーバーラップする。

細かい事気にせずポン!と買える人はいい。しかしそうでなければ結構勇気がいる選択になるんじゃないですか?アクセラで300万円て。

クルマのキャラクター的には経済性重視といっても最優先じゃない。動力性能に余裕があって装備が豪華。だから趣味性の高さで選べるクルマ。燃費一辺倒のクルマは飽きたよ、みたいな。

購入を決断すれば、バシッと決めた「自分に対しての誇らしい気持ち」と、「早まったかな的な寂しい気持ち」と両方味わえたり。まさに甘酸っぱい気持ちですな。クルマを購入したこと無ければ、異性に想いを伝える感じかな。

ちなみにアクセラ、お値段高いけど乗り心地に関してはアテンザやCX-5より洗練されてます。アテンザやCX-5、特にデビュー直後のモデルでは荒っぽさが酷かった。安っぽいなんてものじゃない。それと比較して総合的な高級感ではアクセラは負けていないから、マツダ内なら無理に兄貴分を考えることなくアクセラが購入できます。

XDと2000cc上位グレードではタコメーターが中央に。やはりエンジンの魅力は回転数によるトルク変動なのかな。
欠点が長所になるこの面白さ。うんうん、理屈じゃない。

マツダ アクセラ

マツダ

AXELA (アクセラ)スポーツ

  • テストグレード:“15S”
  • ミッション:6AT
  • 年式:2014年式
  • 型式:BM5FS
  • 車両価格:184万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


XDグレードの内装。加飾が追加されタコメーターが中央に。2000ccの上級グレードでも同様。こちら6MTは遅れて登場。



マツダの英断!?世界一とも考えられるトヨタのハイブリッドシステム。これには欧州車だって太刀打ちできず。


ハイブリッド、トランクの容量はやっぱりね、奥行きが半分くらいに。



ハイブリッドのシフトセレクターはこんな感じ。見慣れたようでもやっぱり新しさを感じてしまう。



辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。