アクセラ1500cc/簡単試乗レポP1・辛口評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにもマツダ・メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年記事 マツダ アクセラ
著:ヒラリー男爵)

マツダ
  • グレード:“15S”
  • 型式:BM5FS
  • 車両価格:184万円
  • デビュー年:2013年11月

アクセラ・スポーツ15S (BM5FS)「1」

簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです。考え込まず第一印象重視でフレッシュな、より一般的な印象を言葉に出来るよう心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

当ページで取り上げているのは、アクセラスポーツ・グレードは「15S」。2013年11月デビューのモデルで排気量は1500cc。初代アクセラから数えて3代目のモデルです。


  1. このpage - アクセラ試乗「1-1」・クルマの特徴と内装評価
  2. 分割page - アクセラ試乗「1-2」・ドライビングフィール、乗り心地や静粛性
  3. 分割page - アクセラ試乗「1-3」・新旧比較、高評価は続くか?など
アクセラ・内装1アクセラ・内装2

アクセラ概要

アクセラはいわゆるCセグメントとかミドルコンパクトといわれるジャンルに属し、近年ではその中でも高級路線のハッチバックという色合いを強く出しています。元々はファミリアとしてカローラのライバルであったことを考えると全く別の存在に進化してきたことがわかります。

アクセラとなって3代目、デビューは2013年。特に今回は低価格を売りにしたクルマじゃありません。お値段171万円〜。「1クラス上の品質感をこのボディサイズで」ということですね。

エンジンは4種類と豊富なバリエーション

パワーユニットは計4種類もラインナップ。
ガソリン1500cc、ガソリン2000cc、ガソリンハイブリッド2000cc、ディーゼル2200cc。

エンジンが異なれば重量バランスもエンジンマウントも振動周波数だって異なる。だからラインナップが豊富な場合、力の入ったグレードとそうでないグレードで善し悪しが生まれてしまう可能性があります。例えば売れ筋グレードに時間を掛けるとかね。

アクセラの場合、ディーゼル搭載グレード(以下XD)はお値段300万円クラスで手は抜けなそうな感じだし、2000ccモデルは評論家から評価が高いため、1500ccモデルは地雷な可能性も。
このレビューは1500ccの15Sというグレードに試乗してきてからのレビューなので、地雷と言いたいかどうかは察して下さい。
筆者は多くのクルマでベースグレードを基本かつオススメとするのが持論。上級グレード買うなら1クラス上を考えたい、のだけれども、アクセラだったら2000ccの方が良いかな?XDだってイイよねって考えちゃう。

いや、1500ccだって兄貴分CX-5と共食いになっちゃうかもしれないほど質感は高いですよ。現時点ではしっかり価格に見合った内容といえます。そして1500ccの「15C」「15S」ともに3ペダルMTが用意されるのもトピックス。先行したアテンザでも6MTが結構人気みたい。

先代アクセラとのボディサイズ比較

モデル・グレード 現行アクセラ 現行アクセラ 先代アクセラ
sport 15C sedan 15C 20S(ハッチ)
3サイズ 4460 ×1795 ×1470mm 4580 ×1795 ×1455mm 4490 x1755 x1465mm
ホイールベース 2700mm 2700mm 2640mm
トレッド(前) 1555mm 1555mm -
トレッド(後) 1560mm 1560mm -
車重 1240kg 1270kg -
タイヤ 205/60R16 205/60R16 -

間違いじゃなければ現行アクセラの方が全長が短い。実際に運転すれば現行の方が大きく感じるんだけど、これは内装デザインとかホイールベースの差かな。ホイールベースは60mmも長くなってる。

他の欧州Cセグメントと比較すれば、7型ゴルフは約マイナス200mm。2代目1シリーズは約マイナス100mm。

クルマのキャラクター

ボディフロア・リア部分

欧州車以上に欧州車しちゃっている!そんなキャラクターの持ち主こそ今回のアクセラ。ノーズを長く見せたり曲面の強いエクステリア、ブラック基調のインテリアといった見える面から、”超”安定志向な走りのキャラクターまで。ベースグレードくらいもう少しソフトタッチでもいいんじゃないの?

アクセラに試乗して、後で思い返してみて、イギリス生産のトヨタ車・アベンシスを思い出した。サスもシートも固く、低速では特にもっさりしている上にエンジンは非力。流石にアベンシスと比較すればアクセラの方が質感あるんだけど、”走って楽しい”んじゃなくて”走って楽”なクルマ。走りがイイって評価にも方向性があるって思い出す点が似てます。

そこでアクセラ、車名にスポーツとかグレード名にSとか付くからってキビキビを期待してはいけませんスタビリティとシャープさの両立なんて期待してもいけません。動力性能に余裕もありません。
それでも現時点で、クラスを越えた走行性能と評するしかないんでしょう。思い通りに走らす楽しみだけが走行性能の高いモデルと評されるわけじゃないんです。直線を高速クルージングする楽しみもクルマの持つ楽しみです。

事実、空いた幹線道路の巡航では驚くほどよく走ってくれます。
急ハンドルを切ってもリヤタイヤは直進し続ける。4輪デフロック状態。同乗者の安心感も高い。そんなキャラクターがアクセラ1500ccの特徴。

余談:上質な乗り味と安心のスタビリティを求めるとハンドル切る楽しみは薄くなる?「どんなクルマも楽しい」が持論の筆者でも心配になります。最近では大メーカートヨタが運転する面白さをコンセプトに取り入れると話題になっています。どんな形で具現化されるか楽しみですね。

面白みということならこんなクルマも。アルファロメオのジュリエッタ、相応の高級感を持ちつつ、ぴりりとスパイスのきいたハンドリングの持ち主。ボディスタイルは似てる面があるけどこんな選択肢だってあります。3ペダルMTもラインナップ。

購入を検討してみる

筆者ヒラリーの叔母が1台買うってことでチョイスを頼まれた。条件は安全装備とナビ・バックモニターを装備して200万円以内。200万円以上ならアイサイトが付いたインプレッサ、というのが希望。

で、アクセラの1500ccを真面目に見たわけです。結果、おばちゃんにはもったいないほど立派(ごめんなさい)、ボディサイズも手頃で取り回しも悪くない、視界も良いし走りやすい。しかし、見積もり頂くと総額が高い。欲しい装備がパッケージになっていて結局高くなっちゃう。それからいまいちなナビによって今回は見送りになりました。

そういやマツダ車がほとんど値引きゼロとか一律10万円とかで、バックオーダーを抱えるように。CX-5以降、マツダのブランドイメージは驚くほど上がったみたい。一声30万円からスタートの時代を考えると寂しいような嬉しいような。

ちなみに今回、候補車はかなり多かったんだけど、2日で決めるという超短期決戦。ディーラーマンの印象が良かったのは日産。本人が居なくてもバシッと条件を出してくれ、本人が店に来なくてもいいなど、こっちの都合をよく理解してくれました。
結果、何を購入した??トヨタ・ヴィッツになりました。総合的な商品力と営業の積極性は侮れず。けっして価格だけで選んだわけではありませんよ。

試乗:内装の特筆点

ドアトリム1ドアトリム2

ブラックカラーメインで第一印象としてはなかなかに見えるインパネ。やっぱり黒は安っぽさを感じにくい、ということを置いておいても、最近のマツダ車としてはまずまずなんじゃない?

アテンザやCX-5がナビ付近の造形&パネル質感がものすごい安っぽく、しかもとても目に付く場所だったのを考えれば全然イイ。光り物やテカテカパネルで紛らわせるレベルじゃありませんですから。あっちはね。

インパネ(アクセラハイブリッド)シフトセレクター

全体の造形的にはやっぱりドイツ車風に感じる。コンセプトはドイツ車風で、それを日本人の感覚に合わせたとも見受けられる。
細部の質感、例えば質感悪いカーボン調パネルなどは無駄なコストにも思えるけど、BMW・1シリーズのような”重い”感じは少なめ。
そもそも総額200万円前後のクルマとして、現時点では文句をいうほどのことはないかな。

居住性について

フロントシートの居住性について、ボディサイズからくる横幅の広さ感はなし。その分、取り回しも楽そうに感じる。
一方で前後のスペース、主に足下だけど、こちらは運転席・助手席ともに十分。運転席では、センタークラスターもドアパネルも足の邪魔にならず、サイドブレーキもハンド式。助手席では欧州Cセグメント車のようにシートのスライド量が多く、けっこう後に下げられる。
また現代のクルマとしてはほんの少し低めなシートポジションで足を伸ばして座れるから、乗り降りの少ない長距離ドライブに最適。

シートクッションは柔らかく、表皮は張り気味。サポートは張り出している。柔らかくて快適そして従来のマツダ車と同様なら、表皮が伸びてきて座りやすさ一段アップ。

リアシート、先代から全長が50ミリほど短くなった影響はどう?乗るとほとんど一緒。リアシートは狭い。オーリスの方が座れるんじゃないかってほどだから、フロントシートでラフな姿勢を取るとリアシートは厳しい。そして乗降時、ルーフ後端の低さから頭をぶつけた。慣れればどうってこと無いんだろうけどね。

ナビゲーションについて

ナビはマツダコネクトと呼ばれる新しいタイプ。スマフォみたいな端末でソフトウェアナビゲーションを動作させる。インパネ上部にドカンと居座った見た目はさておき、使ってみればメニューからアプリを選択するあたりレスポンス良好。

今回のアクセラ、最大の話題はこのナビなんじゃないかっていうほど、ネット上では議論が盛り上がっています。いや筆者も試乗時に、ナビゲーションの使い勝手に不安を感じたら調べてみたのだけれど、あるわあるわ文句の嵐(笑)。

新しいモノって、肯定派がいれば否定派もいるのが常、だと思っていましたが間違いだったみたい。

ナビの文句、具体的にはこんな感じ
  • 使い勝手がいままでと違うだけでなく、わかりにくい。
  • 案内が意味不明。真っ直ぐなのに迂回させられるとか。
  • 情報量少なすぎ。シンプルに徹するなら案内もシンプルに。
  • ルート案内とVICSの渋滞情報が同じ色。よくわかりません。

こんなのに加え、音楽再生についても困ったモノで、基本はメモリオーディオプレーヤーなんだけど、ブルートゥース接続では音が途切れ、CDプレーヤーがオプションとか。
まあとにかく、新しい物好きが使ってみたくなる気持ちの斜め上をいってる。元祖ナビが道案内特化だとしたら、現在はエンターテイメントや使い勝手も求められる。ナビって助手席のゲストに操作をお願いすることもあるから、けっこう重要だと思います。

筆者ヒラリーが好んで使っていたメモリオーディオはこれ。メモリオーディオとコントローラー取付例

クルマに魅力を感じてるうちはナビなんて何でもいいかとも思う。だからその間にソフトウェアアップデートで進化を望みます。どうやら「ARMアーキテクチャのCPU」を搭載しているらしく、アップデート可能ということがアナウンスされています。後付けナビに交換?今後の情報に期待ですね。


アクセラ・内装3アクセラ・内装4

アクセラ、代表的グレードと車両価格

デビュー時の代表的グレードと価格。1500ccモデルではハッチバックとセダンが選択可能。

  • 15C ・・・ ガソリン1500cc 6AT/6MT 171万円
  • 15S ・・・ ガソリン1500cc 6AT/6MT 184万円
  • 20S ・・・ ガソリン2000cc 6AT 220万円
  • ハイブリッドC(セダン) ・・・ ハイブリッド2000cc 237万円
  • XD ・・・ ディーゼル2200cc 6AT/6MT 298万円

パワーユニットは計4種類と豊富。ハイブリッドはプリウスのシステムを利用しているとのこと(エンジンは異なる)。

現在の所、ハイブリッド車はセダンボディのみということ。
バッテリーの場所が、ね。実車見れば納得できます。

マツダ アクセラ

マツダ

AXELA (アクセラ)スポーツ

  • テストグレード:“15S”
  • ミッション:6AT
  • 年式:2014年式
  • 型式:BM5FS
  • 車両価格:184万円

概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式:P5-VPS
  • ボディサイズ:4460×1795×1470mm
  • 車重:1270kg
  • デビュー年:2013年11月
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
内装の質感 5段階評価

ソフトパッドは素敵だね。ナビ操作部の触り心地も悪くない。

外装の質感 5段階評価

ホントにアクセラ?好みは別にして高級感あるよ。

お買い得度 5段階評価

購入するなら2000ccが欲しくなっちゃう。でも高いよね。


アナログメーターは一眼。グレードによりスピードメーターだったりタコメーターだったり。



ドアトリムの一部にカーボン調の模様がついているけど、ない方がマシっていうレベルの質感。ディーラーでコストの無駄遣いって言わないでね。



ラゲッジスペース。狭め。カーペットは高級車に近い厚手のタイプが採用されている。



アクセラセダン・ハブリッドの内装。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。