アクセラ(BL)P3/乗り心地や静粛性、リアシート

自動車購入の試乗比較、中古車選びにもマツダ・メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > アクセラ(BLEAP)セダン1-3
 

(2015年記事 マツダ アクセラ
著:ヒラリー男爵)

アクセラ(セダン/2代目)・試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページでは2代目となるマツダ・アクセラセダン(BLEAP)2000ccモデルの「20E」、4WDの試乗レポートを掲載。
日本車離れした性格そして、この時代のマツダ車らしい操縦感覚が特徴のミドルセダン。

当ページは3ページ目です。「乗り心地や静粛性、リアシート」などを掲載中。

インパネ1インパネ2
マツダ
  • グレード:“20E 4WD”
  • 型式:BLEAP
  • 車両価格:210万円
  • デビュー年:2009年6月〜
  1. 分割page - アクセラ試乗「1-1」・試乗車概要など基本ページ
  2. 分割page - アクセラ試乗「1-2」・エンジン・ミッション・ハンドリング
  3. このpage - アクセラ試乗「1-3」・乗り心地や静粛性
  4. 分割page - アクセラ試乗「1-4」・他車比較や総評

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴です。評論家の先生がお伝えしにそうな点を強調して記載しています。

快適性(乗り心地や静粛性)

高いボディ剛性とベルギー産テネコの良質なショックアブソーバーが組み合わされると評判のアクセラ。遠慮やシガラミなく筆者が率直に感じる印象そして疑問をまとめました。

Fシートの乗り心地について

フロントシート

アクセラはサスペンションが固めのセッティング。合わせるようにFシートのクッションも固い。こちらは「固め」ではなく、セダンとしては欧州車のカチカチに「固い」。

そんなキャラクターを持つアクセラ、ボディ剛性が高いから乗り心地が固い??ボディ剛性が高いから乗り心地が不快じゃない??
アクセラの乗り心地評価は、感じ方も評価も表現も、ライターによって相当分かれそうな感じがする。

筆者ヒラリーが感じるアクセラの乗り心地は、あんまりよろしくない。確かに先代アクセラと比較すればドタバタは減ったのだろうけど、固そうなゴムブッシュに固いフロントシート、ピッチングの速さから想像する渋いショックアブソーバーなどにより、お世辞にも快適とは言えない。

いや単独の凸なデコボコではそんなでもない。荒さを感じるのは2つ以上連続した凹凸な段差を通過する時。サスペンションの追従性が悪く、ドタバタバタってしてしまう。とても欧州車っぽいとはいえず、昔の国産スポーティカーのようにアラっぽい。
今回の試乗車、20Eの4WDモデルでは、「本当にベルギー産テネコのショックが使われてるの?」と、本気で疑ってしまう。

なお、フロントと比較してリアサスペンションの方がマイルドで、リアシートの方が乗り心地が良い辺り、こうしたキャラクターは上級セダンの雰囲気を感じるね。

静粛性について

総合的な静粛性は2000ccクラスとしてみれば悪い。1500ccクラスと見れば普通
このあたり、およそどんなマツダ車に試乗しても、対応するトヨタ車を越えていることはないから、トヨタ車を普通だと思ってマツダ車を試乗すれば、単純にイヤだとなってしまう。でもどっちかっていえば、トヨタほど静粛性を重視してるメーカー、他にないと思うよ。車両価格の範囲で考えるとね。

そんなアクセラ、基本的に静粛性は低い。というよりマツダの平常運転。一定レベルから急にワイルドになる籠もったエンジンノイズとか、ガラスが薄いんじゃないかと疑ってしまう雨がフロントウインドーを叩く音。その他タイヤノイズや風切りノイズなどなど、例えばトヨタ・オーリスと比較すればやっぱり厳しい。

しかし、なかなかイイと感じさせてくれる部分もあって、ここは好印象。例えばアイドリング中の静粛性は満足がいくレベル。静かです。それから、自車のシャシーから発するカキンとかゴトゴトする音、室内に伝わってくる音はなかなか硬質。安っぽいガチャガチャした響きじゃない。

リアシートの乗り心地や居住性

ちょっと意外だったのが、リアシートの乗り心地。フロントシートより良かった。同乗するなら助手席よりリアシートをオススメします!

筆者のイメージだと、コンパクト〜ミドルクラスのFF車では、リアサスペンションは固められることが多い。全高が高い事が多いし、横幅も狭いから、緊急時の挙動を抑えるような感じでね。
しかしアクセラは違った。どちらかといえば運転していても、フロントよりリアサスペンションの方が柔らかく感じるほど。例えば最近のホンダ車なんかとは全く違う。積極的にリアシートに乗りたくクルマ、イイじゃないですか。

冷静に考えればアクセラ、それなりの車幅があるし、セダンは全長もある。車重だって1410kgもあるわけだった。車内が狭いからこの辺を忘れてしまった。だったらそうだよね、ボディディメンションから正当派的な乗り心地を想像すべきだった。

それからリアシートの座面、フロントシートより断然柔らかい設定。VWのようなリアまでパンパンしたシートじゃないよ。

リアシートのスペース

リアシート1リアシート2

リアシートの居住性は想像以上に狭かった。着座位置が低いからしょうがないんだろうけど、ヒザ前など前後方向のスペースは話題のコンパクトカーや軽自動車より狭いんじゃない?

救いは横方向の余裕と、大きなフロントシート・スライド量。うまく座って対処して下さい。

リアのドアは割り切ってる?

フロントドアとリアドア、締める感触がけっこう異なる。

  • フロントドアの閉め心地は、欧州車ライクな感じで、安っぽい響きは最小限。
  • リアドアを開閉してみれば、全く違った音や閉め心地。パネル面積はよほど狭いのになんで?とか思っちゃうほど。

フロントは、イイネっ!できればリアドアも感触を合わせて欲しい。

なんでだろう?細かい事はわかんないけど、リアドアのパネルを叩いてみればパカパカのスカスカ。なるほどなるほど、これがミドルクラスってわけですね。
よく、プリウスのリアドアはペカペカだって評価を見かけるほど、実はアクセラだってたいしてかわんない。アクセラとプリウスは多分にして同クラス。

トランクスペース

トランク1トランク2

写真はアクセラのトランクスペース。開口部が小さいのは仕方ないとしても、中だってお世辞にも広いとはいえず。写真のゴルフバッグは48インチサイズで大きめなんだけど、横積みはちょっと厳しい。無理すれば入りそうなんだけど借り物のクルマだし、という感じ。個数的には、リアシート倒せば2個は入る。

実際の所、トランクが狭いのは仕方無いと思う。小さくてスペース効率を優先したコンパクトカー、質感はご存じの通り。このクラスになれば他に優先して欲しい部分があるわけだからね。

トランク3トランク4

写真左。リアシートは分割可倒式。ハッチバック車のように利用することも可能。ただし構造物が大きく、出てくる穴はちょっと小さめ。

写真右。トランクの開閉はボタンがスイッチになっている。

トヨタ・プレミオの場合

プレミオ・トランクにゴルフバッグプレミオ・リアシート可倒

ボディ全長はほとんど一緒。横幅はより狭く5ナンバーサイズのトヨタ・プレミオ。同じゴルフバッグをトランクに積んでみたら、余裕で横積みができた。無理に詰め込んだワケじゃない。これでまだ左右に余裕がある!

またトランクスルーの部分、ちょっと写真の角度が悪いんだけど、構造部分が大きく、穴が小さいのがアクセラ。逆に穴が大きいのがプレミオ。ボディ剛性感に影響があるのかはわかんないけど、こだわってそうなのはアクセラ。トランクのスペースだって、サスペンションレイアウトを優先してるのかな。

ドライビングポジションなど

商用車を除き全てのクルマで重要なドライビングポジション。また実用車として地味に大事なスイッチ操作性。このアクセラではどうか?

ドライビングポジション

ドライビングポジション

ドライビングポジション。もはやこのクラスでも当たり前になった、チルト&テレスコピック付きのステアリングと、シートリフター。アクセラにももちろん装備されている。これらを利用して身長172cmの筆者がポジションを合わせた場合、シートバック含め違和感のないドラポジが取れる。

欠点としては、シート座面の形状なりサイズなりで、もう少し右足をサポートしてアクセルワークをラクにして欲しい部分。先代となる初代アクセラでビックリした座面は今回も健在。

ドラポジを取って運転時の特徴は、シートリフターを一番下にセットしても低いインパネと感じる部分。合わせて窓のキャラクターラインも低く、包まれ感は薄い。その分というかなんというか、クルマを左側に寄せる際には感覚が撮りやすかった。

また、身長180cmと身長182cmのスタッフがポジションを取ると、上半身が飛び出るような感じに。182cmのドライバーによれば、メーターが低すぎて視線移動が大きいとのこと。

逆に座高の低いドライバーの場合、メーター内のシフトインジケーターがスゴイ眩しい。走行中、「D」という表示が明るすぎてヤバイ。ここは照度の調整には連動しない模様。

広いカップルディスタンス

センターアームレスト

カップルディスタンスって、運転席と助手席の間の空間。だいたいセンターコンソールの幅って思ってもいい。で、アクセラはカップルディスタンスが広い!どれくらいかっていえばアッパーミドルといっても通用するくらいの幅がある。手尺で約20cm。

ここの広さは車格感や複数乗車時の快適性に直結。他車と比較すればがんばった!といえるレベルがスゴイ。

加えてセンターコンソールの高さ、まるでFRセダンのように盛り上げられてる。プライベートな空間を大事にってことかな。しかもそれでいてFF車だから、FR車だと大きなミッションがある場所がスッキリ。フロントシート内側の足下が広いという、まさにGood!Good!Good!な感じ。

細かい事考えなくても、立派な印象を受けると思います。

メーター(昼)メーター(夜間)

スイッチなど各部操作性

各種スイッチの操作性とか

エアコン操作部

アクセラはスイッチにも剛性があるw 押し心地が重めで、センタークラスターのスイッチからステリングスイッチまで統一感がある。これらスイッチはどれもクリック感がないから、手元を見てないと確実に押せたのか不安になってしまう。アクセラとかだと一部のスイッチではピッと音が出たから、そうした心配りが欲しくもある。

エアコン関連のスイッチはとりあえず見栄え重視で並べましたという印象。DUALエアコンでロータリースイッチは左から助手席温度、風量、メイン温度と並ぶ。そんなロータリースイッチには、DUAL、風量ON-OFF、AUTOモードON-OFFが組み合わされる。
そして、吹き出し口のモード切り替えなどがプッシュスイッチとして下に整列される。

使い勝手はAUTOで使用する分には問題無い。でも手動で細かく操作する時にはちょっと。あんまり使わない助手席側温度をロータリーにするくらいなら、モード切替をわかりやすいスイッチにして欲しかった。

助手席からのイメージ

これだけ大事にされているデュアルエアコンの助手席側温度、液晶表示があり得ないほどドライバーを向いちゃってるwww

助手席の彼女は疎外感を感じ、さらに使いにくいー!なんて文句をいうこと決定。

マツダ アクセラ(2代目)

マツダ

axela (アクセラ)セダン

  • 試乗グレード:“20E 4WD”
  • 型式:BLEAP
  • ミッション:4AT
  • 年式:2011年モデル
  • 車両価格:210万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


筆者が30分ほど運転すると、お尻の骨の辺りが凹む。体重は60kgちょっと。



灰皿はフタ付き。開く方向はクエスチョン。




ゴルフバッグ、長尺の48インチサイズでは横積みはちょっと厳しい。実用上の問題は無いけどねw


トランクの開閉はここ。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。