アクセラ/自動車試乗・比較インプレ

自動車購入の試乗比較、中古車選びにもマツダ・メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2015年記事 マツダ アクセラ
著:ヒラリー男爵)

マツダ
  • グレード:“20E 4WD”
  • 型式:BLEAP
  • 車両価格:210万円
  • デビュー年:2009年6月〜

アクセラ(セダン/2代目)・試乗インプレ「1」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページでは2代目となるマツダ・アクセラセダン(BLEAP)2000ccモデルの「20E」、4WDの試乗レポートを掲載。日本車離れした性格そして、この時代のマツダ車らしい操縦感覚が特徴のミドルセダン。内容は前ページからの続きです。

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴。評論家が口に出来ないような長所短所を強調して記載しています。


  1. このpage - アクセラ試乗「1-1」・試乗車概要など基本ページ
  2. 分割page - アクセラ試乗「1-2」・エンジン・ミッション・ハンドリング
  3. 分割page - アクセラ試乗「1-3」・乗り心地や静粛性
  4. 分割page - アクセラ試乗「1-4」・他車比較や総評

グッと方向性が変わった3代目アクセラは別ページに掲載中。アクセラ(BM系)試乗レポート

インパネ1インパネ2

アクセラ概要

エクステリア リア

今回2代目となるマツダ・アクセラ。全長4580mmというサイズを持ったロアー〜ミドルセダン。エクステリアのデザインは正常進化のように時代に合わせて変化し、長所短所や運転感覚はアクセラらしさがいっぱいのモデル。

車格やポジションはデミオとアテンザの間に位置し、国産車では注目度の低いCセグメント所属。よくあるデビュー時のみ話題になって評論家受けし、一段落すると当て馬的に欠点を晒される。もちろん普通の人は車名さえ知らず。今も昔も不人気なロアーミドルセダン。仕方ないけどそんな感じです。

この型の型式はBL系。基本のエンジン排気量は1500ccと2000ccで、ハッチバックとセダンがラインナップ。モデル途中でエンジンやミッションが変わったスカイアクティブグレードや、ターボ付きのマツダスピードグレードが追加。

そんなアクセラ、通知表を付けるとすれば、「5・1・1・1・1」。良い点と悪い点がとてもハッキリ。加えて平均点も低い。だから決して誰にでも勧められるクルマではなく、ファミリーセダンというより個人のクルマとして所有したいようなそんなクルマに感じます。かなりの1点豪華主義!

アクセラで味わいたいのは国産他車じゃあんなりないほどのボディ剛性感。このプラットフォームはボルボなどにも供給されたらしいですが、そんな肩書きなんて不必要なほどわかりやすい。数値や能書きではなく、ドライバーが実際に感じられる剛性感はぜひ1度、試乗の価値あり!

マツダはヨーロッパがメイン?

マツダという自動車メーカー全体のイメージといえば、ヨーロッパでの販売目的が第一のようなクルマを作ります。言い換えれば、ヨーロッパ車のテイストが低価格で乗れる。とも。

そんなマツダ車、もちろん魅力的なことには変わりないんですが、積極的に選びにくいネガティブな要因も。例えば新車購入時の大幅値引きによりブランドイメージを壊してしまっています。
売れなきゃしょうがない。ごもっとも。買い取り価格が安い。ごもっとも。大幅値引きでも利益が上がる??わかりません

ということは必然的に、この背景を考慮した試乗インプレッションになります。
やっぱりコストパフォーマンスは重要ですよね!?

今回の試乗車について

今回お借りしたアクセラは、セダンの4WDでグレードは「20E」。2000ccエンジンを搭載しています。ミッションは4AT。希少なクルマの中でもさらに希少なグレードです。

年式は平成23年(2011年)式。総走行距離は約3万km。車重カタログ値は1410kg。販売時の新車価格は210万円。

4WDモデルということで、FF(前輪駆動車)と比較すれば車両価格で5万円の上乗せがされており、車重は80kgほど増加。FFの「20E」は車両価格205万円で車重1330kgとなっています。
ここまでの違いならどんな車種でも同じような感じ。いやむしろ違いは少ない方。しかしアクセラの場合はエンジンやミッション、タイヤサイズなど他にも違いがあります。以下違いなど。

  • 4WD・・・価格210万円。車重1410kg。エンジン型式「LF-VE」。ミッション「4AT」。
  • FF・・・価格205万円。車重1330kg。エンジン型式「LF-VDS」。ミッション「5AT」。

試乗してもカタログ見ても、すぐにわかる違いがこれだけ。今更感の強い4AT。これが辛かった。

今回、次の型の3代目アクセラがデビューした後の2015年、改めてこの2代目アクセラを試乗しています。3代目のキャラクター変更が大きすぎ、2代目の持つ良さを失ってしまった。荒削りかつ当時のマツダらしさ満点の2代目アクセラを運転したくなりました。

試乗:内装の評価など

内装1アクセラのメインメーター

内装ということでインパネ。インパネは奥行きがある立体感を重視した造形が印象的。ホンダ車でもあるようなアプローチだけど、ホンダよりは落ち着きがある。普遍的な形状だと素材や見せ方、パネル各部の精度などで質感を表現しなきゃいけない。こんな造形で見せば、ちょっと立派に見えたりもする。

センターコンソールは幅も広く、高さもFR車のように持ち上げられている。セダンとしてこれは立派さを感じてしまう部分。例え意味のない造形だとしても立派に思える。まあ多少の区切りになればプライベートな空間を感じやすい。

エアコン操作部センターコンソール

マツダといえば、内装がチープだと言われる事が多々ある。このBL系アクセラのインパネを見て、クラスを考慮した上で、即座にチープと答える人はいるのか?? 

ぱっと見、問題ないだけの立派さは確保されているように見える

で、気になるのでゆっくり見てみれば、たしかにチープな部分も目に付く。じっくり見れば、これはヒドイ状態
例えば各部のチリ(隙間)。どこもチリは大きく、同様の場所でチリが揃ってる場所は無いかもしれない。

内装2内装3

あとはそう、見せ方というかセンスの問題?例えばセンタークラスター上部のナビ周辺。プラスティッキーなツルツルなパネルが大きな面積を占める。悪い事にインパネ上部の一部に軟質パッドが使用されているから、その周辺の内装がより質感低く見える。
軟質パッドが利用されていることは素晴らしい。ただの硬質パネルと比較すれば、見てすぐわかるだけの質感がある。ただやっぱり、これが助手席の前、半分の位置で途切れていると、その奧との質感差が気になってしまう。

リアシートに関しては別ページにて。

感じやすいボディ剛性感

筆者ヒラリー、アクセラに乗ってもっとも素晴らしいと思う部分は、ドライバーがわかりやすいボディ剛性感の高さ。国産Cセグメントクラス最高レベルと評価させて頂きます。

欠点だらけのBL系アクセラも、このボディ剛性感の高さという面は素晴らしい。車両価格200万円の2000ccクラスでこんな剛性感が味わえるクルマ、他にあるのかぁ。イギリス生産のトヨタ・アベンシスだって、同じく日差・デュアリスだって、こんなわかりやすい剛性感は感じられない。

それどころか、400万円クラスのスカイラインクーペあたりと比較したって、さすがにアクセラ、ちょっと劣るよねって感じる程度。このクラスのクルマを所有したことがなければ、全然気にせず誇りを持ってイイ!

BL系のプラットフォームはボルボ等にも採用されて兄弟車があるらしい。十分納得できる。ボルボだったら、車両価格300万円近くになっちゃうことを忘れちゃいけないよ。

わかりやすい”演出”こそ、ね

ボディの剛性感て、数値上の値ではなく、ドライバーや同乗者がわかりやすい剛性感でなければいけない。そんな必要があるとあると思う。
例えば様々なノイズの響き方やドアやトランクの開閉音、固いサスペンションでのクルマのハネ方。動的なアライメント変化の安定感、カッチリした乗り心地、ハンドリングの正確さなどなど。

ボディ剛性感の”演出”は上級なクルマを感じさせてくれる。計測した数値というのなら強度の方が大事だろうから、様々な剛性感の演出はエンジン質感と並ぶほど、とっても気になる部分の一つ。
柔らかなブッシュで損をしちゃってるようなクルマもあったりするから、もったいないと感じる事もあるほど評価は難しい。車体への負荷を高めた時だけでなくやっぱり、日常で誰もが感じやすい剛性感の演出がわかりやすくて素敵。

メーター(昼)メーター(夜間)

マツダってどんなメーカー?

マツダは世界一のオタク自動車メーカーと、世界中のクルマ通から光栄な呼び名を頂いております。日本人として嬉しい限り!(どこかの自動車評論家がおっしゃってました)
量販車メーカーでありながら、走行性能を一番に考えるメーカーというのが具現化された呼び名でしょう。普通はクルマなんて、ただただ移動手段なワケですからね。

してマツダ、ほんの数グラムの軽量化をがんばる。走って楽しいを真剣に考える。そんな自動車メーカーらしいんです。

現在発売されているどんなクルマだって、最低限走れないクルマはありません。スタートボタンをプッシュすればいつでも始動してます。どんなに最低限なクルマだってお買い物くらいはいくらでもこなしてくれます。5人乗車しても音を上げることなく走ってくれて、移動会議室にストレス発散、知的好奇心だって満たしてくれる。国産車ならノーメンテだって相当な耐久性だって期待できる。
クルマってこんなに素晴らしいのに、それなのにさらにがんばるまじめなメーカー、それがマツダ。
クルマを運転することに喜びを感じる人のための、貴重な貴重な量販車メーカーと評されます。

ではなぜ売れないか?それがマツダだからです!よく言われるのは商品企画が悪い、内装がチープ、乗り心地が悪い、本社広報とかディーラーの対応が悪い、売却価格が悪い、などなど。どれも一度所有してみれば納得できることばかり。ユーザーの方を向いてそうで向いていない、不思議なメーカーだと思います。

マツダ アクセラ(2代目)

マツダ

axela (アクセラ)セダン

  • テストグレード:“20E 4WD”
  • 型式:BLEAP
  • ミッション:4AT
  • 年式:2011年モデル
  • 車両価格:210万円

エンジン概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式: LF-VE

その他概要

  • ボディサイズ: 4580×1755×1505mm
  • 車重:1410kg
  • 発売時期:2009年6月〜
  • 新車時価格帯:166万円〜

車両型式

  • BL5FP - 1500cc
  • BLEFP - 2000cc
  • BLEAP - 2000cc4WD
  • BLFFP - 2000ccスカイアクティブ
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

アクセラ セダン

BLEAP - LF-VE 2000cc 2009年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

4WD車のエンジンは厳しい。

駆動系質感 5段階評価

4WD車は旧世代的4AT。

足回りの質感 5段階評価

Fがギスギス。テネコじゃなかったっけ?RはOK。

内装の質感 5段階評価

同じような造形をするホンダよりは洗練。ただし、チリなど質感は悪い。

外装の質感 5段階評価

ほどよい落ち着き。

快適性 5段階評価

狭い、うるさい、固い。

お買い得度 5段階評価

意外と大きなボディサイズで立派。ボディ剛性感が余裕でクラス以上!


走行中は「D」の表示が眩しい。




グローブボックスは奥行きがあり、上手く収納すればいろいろ入る。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。