アクセラ試乗P3/内装と比較

自動車購入の試乗比較、中古車選びにもマツダ・メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2016年記事 マツダ アクセラ
著:ヒラリー男爵)

アクセラ(初代)試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページではマツダ・アクセラ(スポーツ・初代BK系)2000ccモデルの「20S」、の試乗レポートを掲載。どちらかといえば欧州車に通じるものがあるフィールと、マツダらしい長所短所が魅力。

当ページは3ページ目です。「インパネなど内装と比較、評価総合」などを掲載中。

アクセラのインパネ1アクセラのインパネ2
マツダ
  • グレード:“20S”
  • 型式:BKEP
  • 車両価格:210万円
  • デビュー年:2003年10月〜
  1. 分割page - アクセラ試乗「1-1」・概要とエンジン・ミッション
  2. 分割page - アクセラ試乗「1-2」・ハンドリングや快適性
  3. このpage - アクセラ試乗「1-3」・フロントとリア内装と比較

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴です。評論家の先生がお伝えしにそうな点を強調して記載しています。

内装

初代アクセラ内装アップ

このアクセラの内装は、ちょっと前の欧州車的デザインが魅力。フロントのインパネだけでなく、リアシート周辺のデザインなどもけっこう欧州車の雰囲気を楽しむことができると思う。

※メーターやドラポジに関する部分は前ページで取り上げています。

フロント周辺

内装1内装2

内装といえば最も気になるインパネ周辺のデザインや質感。アクセラの内装について特徴を上げると、多くのスイッチがレイアウトされたセンタークラスターのデザイン。上部では幅が広く取られていて力強さやカッチリ感を感じさせるし、何より欧州車的なイメージ。
そういえばレクサスでも多くのスイッチを並べている。デザインの違いからレクサスでは緻密感や精密感といった、日本的な繊細さというのかな、そういうレクサスらしい魅力があるんだけど、アクセラは欧州車的な骨太&機能いっぱいのイメージがそのままデザインされたよう。

新車価格200万円前後で欧州車の気分が味わえる、と思えば大きな魅力。一応、大きくスペースの取られたCDプレーヤー部分は単なる飾りではなく、CDチェンジャーになってます。

ナビゲーション

良いのか悪いのか、インパネ最上部に飛び出たナビゲーションディスプレイ。新車時装着の純正ナビです。これ、頻繁にナビを使用される方にはいいかもしれないし、そうでなければ眩しいとか邪魔とか感じるかもしれない。

筆者はこれが、車両感覚の取りにくさに繋がっていると思う。できれば前倒しできればいいんだけど、残念ながら固定式

リアシート

リアシート

リアシートは乗り降りしにくい+スペースも広くない。乗車中、足の置き場にもちょっと困る。リアシートに成人男性が座ると、フロントシートはかなり前に出さなければならず、4人快適というスペースはない。外から見ても窮屈そうに見える。あえていえば、体が前に滑っていかないシート設計のみが良い点。

簡単に言えば、前席優先の設計って事だね。

広くないといっても、実はCセグメントハッチは他車も大差なし。インプレッサやオーリスだけでなく、VWゴルフやBMW1シリーズにしてもそう。もっとコンパクトなフィットやノートとか、さらにコンパクトなソリオや軽自動車とか、スペース効率最優先の車種の方が広さを感じる。

※リアシート快適性に関しては前ページに記載しています。

ラゲッジスペース

ラゲッジ1ラゲッジ2

ラゲッジ3ラゲッジ4

 

 

 

 

初代アクセラのラゲッジは使いやすいスペースが確保されている。3代目アクセラ(ハッチバック)と比較すれば、オーソドックスなボディデザインだからこそ、ともいえる。フロアやトノカバーの位置かちょっとした違いだろうけど、適当に突っ込みやすいのはこっち。

しかし他車と比較すれば不満もある。ラゲッジ下のアンダートレイは少々高さが足りず。もう少し底が深いだろうという予想は完全に外れ。また長尺物を引っかけたりゴルフバッグを横積みするために凹んでいて欲しい部分はちょっと微妙。片側は昔のクルマのようにデザインされている。
ほんとはこの辺、ボディと内張の間に大きなスペースがありそうな機がするよ。吸音材でも詰め込もうかw

弟分のデミオと比較すると?

マツダ

アクセラの一つ下のクラスがデミオ。価格帯は120〜180万円程度で、ボディサイズは1サイズ小さい

このデミオ、弟分といっても一部はアクセラ以上の魅力があったりする。初代アクセラと同世代では2代目と3代目デミオで、2代目は動くサスペンションからくる質感の高い乗り味。3代目はアクセラと同じかそれ以上の楽しい走りを実現。

もちろんアクセラの方が優れている点もあって、ボディやエンジン排気量の大きさ、より高い速度に対応した走行安定性。多少なりとも余裕が違う。デミオでも上級グレードを選べば、意外にも市街地で使用するエンジン回転数や静粛性に大きな差はないから、違いは田舎道や高速道路で顕著に。普段走行する速度が高ければアクセラが魅力。

3代目デミオ(スポルト)の乗り味はサスペンションの動き方からして似ている。それでいながら、もっと低い速度から挙動がわかりやすく、しかもより素直な感触が強い。偶然の産物的に素晴らしい魅力を持つ3代目デミオだけど、中古車価格はそんなに安くない。中古車ではお得感がアクセラと逆転している。

参考:3代目デミオ(スポルト) / 2代目デミオ

2代目アクセラと比較すると?

マツダ

2009年6月にモデルチェンジして登場した2代目アクセラ。2000ccモデルはほとんどお値段変わらずで、コスパ的に魅力的なモデルチェンジ。

内容的には初代の延長線のようなものだけど、個性が強められてすごいのなんのって。”奇行種”が”超奇行種”が進化したようだw

ステアリング中立は明らかに不自然なほどに固められ、機にこんだ先が軽くなるなど意図的な味付けがものすごく強い。アクセルやブレーキもそう。内装だってインパネを初め各部の立体感が増し、エグいともいえる造形。
正常進化で個性を強めすぎたって感じちゃうほどにキャラが強い1台。

「好きなら他がない選択肢」という点ではもちろん、好みというより明確な長所もある。わかりやすいボディ剛性感の高さなんかは、中古車で買う時代になっても立派だと思うよ。

参考:2代目アクセラセダン(BL系)

メーター(昼)メーター(夜間)

アクセラ総評

テールライト

ちょっと昔の欧州車みたいな感触があちこち味わえるのが初代アクセラ。目隠しで運転すれば古いボルボのように感じてしまうかもしれない。また、それなりに個性が強く、それでいて極端に乗りづらさを感じさせないところが魅力かな。

問題は手放しで「これはスゴイ!」といえないところ。ハンドリングの魅力はちょっとした短所で隠れ家がちだし、日本車らしい気配りだって忘れている。ドライバーズカーとしては良い個性なんだけどね、もうちょっとユーザーの方を向いて欲しいというのが本音。

そうはいっても個性が強いクルマはそれだけで存在価値あり。気に入れば次に乗るクルマがなくなっちゃうほどだからね。しかもこの初代アクセラ、中古車相場は割安。安くて好みをピンポイントで見つけられれば、とってもいいお買い物じゃないですか。
上級の2000ccエンジン搭載車を選んでも、より上級なマツダスピードアクセラを選んでも、価格差はものすごく小さい。積極的に好みのグレードをチョイス可能なのもウレシイね。

マツダ アクセラ(初代)

マツダ

axela (アクセラ)スポーツ

  • 試乗グレード:“20S”
  • 型式:BKEP
  • ミッション:5AT
  • 年式:2007年モデル
  • 車両価格:210万円

エンジン概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式: LF-VE

その他概要

  • ボディサイズ: 4400×1745×1465mm
  • 車重:1260kg
  • 発売時期:2003年10月〜
  • 新車時価格帯:140万円〜

車両型式

  • BK5P - 1500cc
  • BKEP - 2000cc
  • BK3P - 2300cc
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。