アテンザ/自動車比較2P・3代目アテンザ&CX-5など

自動車購入の試乗比較、中古車選びにもマツダ・メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2009年記事 マツダ アテンザ
著:元自動車整備士)

2代目アテンザ・試乗インプレ「2」

今回の辛口比較・評価評論のターゲット車は、2代目となるマツダ・アテンザ(GH5FS)2500ccモデル。いつの間にかモデルチェンジしてましたねというアテンザの2代目、前ページからの続きになります。

当ページは2ページ目です。「評価総合と、3代目アテンザ&CX-5について」などを掲載中。


マツダ
  • グレード:“25S”
  • 型式:GH5FS
  • 車両価格:2,460,000円
  • デビュー年:-
  1. 分割page - アテンザ試乗「1-1」・試乗基本page
  2. このpage - アテンザ試乗「1-2」・3代目アテンザ&CX-5についてと総評

白い内装はイイ!

アテンザを買うならこのクリスタルインパネデコレーションパネルの、ホワイトがオススメ。というか買い?
(申し訳ございません。写真はありません)

試乗車、展示車ではなかったのですが、2代目マツダ アテンザの内装インテリアでとても魅力的なグレードが追加されました。
シートとドアパネル部分が異色の白を使ったモデルです。白というとすぐ汚れた部分が目立ったり、して自動車メーカー自体絶対と言っていいほど使わない色ですが、2代目アテンザのこの白黒の内装はインパネ、シフトまわりドアのパワーウィンドウのパネルボタンまわりに「カームホワイト」と言う新色を使用し、シートは、本革のカームホワイトを使用、なかなか現代のクルマでは、お目にかかれない魅力的なホワイトを使用したインテリアには興味を引かれます。

室内で言いうとアテンザのトランク。十分な広さです。リアシートが狭めな分、トランクは広いのかもしれません。日々の生活で使われるトランク。いつも1人か2人で運転される方なら、リアシートよりトランクに重点が置かれていた方が嬉しい。アテンザのトランクは広いです。

3代目アテンザについて

ディーゼルエンジンをつんで話題の3代目アテンザに試乗してきました。今回は運転席、助手席、リアシートに座りましたが、30分程度の試乗だけなので、こちらに追記させて頂き、後日詳細なレポートをお届けさせて頂きます。

試乗したのはディーゼルエンジンを積んだアテンザワゴン。アルミニウムメタリック。グレードは「XD」で価格は290万円。今回のアテンザ、セダンとワゴンで価格が一緒。ディーゼルで一番安いグレードがこれ。

エンジン&ミッションについて

エンジンとミッションそれぞれのフィーリングについてはCX-5(ディーゼル)のコーナーに試乗レポートを掲載しています。
CX-5(ディーゼル)エンジンとミッション

一言で言えばエンジンは自然な加速力。決してありあまるほどのパワー感じゃありません。6ATとなるミッションは「超」が付くほど気持ちいいモノ。アクセルレスポンス良く、意外にも高回転をどんどんと使う。手元のシフトノブの触り心地も十分満足できるモノで、スイッチとしての完成度も文句なし。
欠点は、寿運航時からの踏み増しでワンテンポツーテンポ待たされる点。変速プログラムについては違和感ありありだったけど、ここはドライバーの慣れやメーカーの調整で徐々に良くなることに期待

それから新車購入時の値引き。マツダ車といえば30万円引きから交渉スタートという印象があった。しかしアテンザで10万円引きワンプラスなど、CX-5から始まった流れで確実に引き締まった。後発のアクセラではデビュー後しばらく、ほとんど値引きゼロというほど。
値引き無しでかなりの人気ということを考えると、マツダ車の商品力は一気に高まったと言っていいでしょう。あとは買い取り相場の安定が注力ポイントですね。

短時間試乗での短評、アテンザの良い点と悪い点

  • 立派なボディサイズのセダン&ワゴンが250万円という価格。マークXと比較すれば多少の割高感はあるが、他にはない商品。
  • よくできた6AT。意味もなく触りたくなってしまう(変速タイミングには好みが分かれそう)
  • 自然なドライビングポジション、オルガン式アクセルペダルで運転しやすい。
  • ブレーキペダルはほどほどの剛性があり、踏みやすさもある。
  • Aピラーは寝ているが街角でもじゃまにならない。見切りや取り回し性が良いので、狭いところでもコンパクトカーと変わらぬ感覚で動かせる。
  • ドアを閉めたフィーリング。ホンダと同程度かちょっと負ける程度で、トヨタには勝ち。
  • ディーゼルエンジンが走り始めからうるさい。甘めに評価しても褒められる音じゃない。
  • 乗り心地が悪い。固いだけではなく2代目アテンザの方がストローク感があるほど。3人乗車ならなんとか許容範囲内か。
  • リアシートの静粛性は決して高くない&決して広くない。
  • 内装内張のピンなどがすぐに目に付く場所に露出している。
  • 内装の質感は200万円クラス。ナビはディーラーオプションのみで後付け感が強い。

CXー5との違い

パワーユニット、パワートレーンや内装など基本は一緒のマツダCX-5。基本的な車両価格はCX-5がフル装備で205万円(ガソリン)。アテンザは同エンジンで250万円。ボディサイズは全高以外はCX-5がだいぶ小さい。

発売したてのアテンザと、発売して半年を過ぎたCX-5を比較すると、ディーゼル同士ならCX-5の圧勝。

なぜかって?なぜかCX-5のディーゼルエンジンが静か。もちろんそれなりにディーゼルらしいエンジン音はする。対してアテンザは走り出したときから「ヒュルヒュルヒュルヒュル」と何かの音がする。
まったく静かなエンジンじゃありません。ディーゼルらしいうるさいクルマです。

雑誌等ではディーゼルと気付かないくらい静かといわれているが、今回試乗したクルマはそうじゃない。CX-5のディーゼルとは全く印象が違うんです。
ボディ形状や遮音性能を考えればアテンザの方が静かでも良いと思うが、なんなんでしょ。

また乗り心地、CX-5のサスペンションの方がストロークするので好印象。アテンザは固くてストロークしてない感覚をドライバーに与える。このショックアブソーバーは棒ですか?
最も、CX-5もデビューしたてのサスペンションは突っ張る上にギスギスして酷かった。当初は当サイト試乗レポートでも酷評している。その後に試乗したモデルで良くなったのを確認。

静粛性に関してはガソリンエンジンモデルではどっちも同程度か。アテンザのリアシートはもう少し静粛性を期待していたのに残念。CX-5は205万円という価格を考えれば、かなりの静粛性といえ、4人乗車すれば静かなクルマだね、といえるレベルになる。
(人間は吸音するため乗車人数が多いと静か)

エクステリアデザインが評価されてるみたい

ワールドカーデザインオブザイヤーってご存じでしょうか。これ、ひとつ前の年に発売された世界中のクルマから、世界各国のジャーナリスト・デザインの専門家がエクステリアデザインの美しいクルマを選びます。

2013年のワールドカーデザインオブザイヤー、最終選考の6車になんと!アテンザが入ってます。その6台というと・・・。

  • アストンマーチン・ヴァンキッシュ
  • ルノー・クリオ(ルーテシア)
  • ジャガーFタイプ
  • ランドローバー・レンジローバー
  • マツダ・アテンザ
  • VW・ゴルフ

なんとすばらしい事。トップギアーなんかでも日本車のデザインは全く評価されていないんですが、アテンザが最終選考にノミネートされています。個人的には、デザインの為にボディサイズを使っているあたりが、実用性一辺倒でなくていいと思います。

アテンザは3つのボディバリエーション。セダン・5ドアハッチ・ワゴンがある。

アテンザ総評

総合してもう少し安ければ・・・。そう感じるのがこの2代目アテンザ。
決して数は売れそうにないけど、外観デザインそして白い内装はとても魅力的。しかし辛口評価評論としては、これだけは行っておきたい今回の2代目アテンザ。セダンというのは、躍動感溢れるシルエットだけじゃだめ。誰でもわかりやすいデザイン上のポイントは「細部」というパーツ。ヘッドライトとかグリルとかテールライトとか。etc.

セダン、スポーツ、スポーツワゴンすべてにおいて言えるのですが、ヘッドライト、フォグランプ、一つ一つをよく見るとそこまで悪くないけれども、250万円クラスのクルマとして、全体的に見ればちょっと気品がたりたいような。ディテール、シルエット決して悪くはないのに、なんか?ですね。バランスが悪いのか??ただしそれなりの個性はあるので好みが一致すれば欧州車っぽい感じにも見ることができそう。=それなりには高級に見える。

高級感という面で言うと、できればあと1割〜2割ほど価格が安ければ、安くて高級に見えるクルマとしてコストパフォーマンス良かったのに。そこで旧来の高級感を重視する層に大々的アピール。特にセダンユーザーって価格以上の高級感を重要視するみたい。

高級感とブランドイメージ、これはボディの大きさ云々ではなく、マツダ車全般にいえる「華の無さ」といえるでしょうか。人間、華のないものにはお金を出しません。そうなると、どこまで価格で納得できるかですね。つまりコンパクトな実用車と一緒。割高感が一番のネガティブ要素だとすれば、条件次第でいいクルマとも割高なクルマともいえる
コンパクトカーあたりからの乗り換えならこれでもかというほど立派なアテンザ。クルマを見たり試乗したらそのまま契約してしまってもおかしくないほど。しかしイメージがよくない。ぜひ大幅値引きで他メーカーよりお得感を感じて購入して下さい。

中古車はとてもお得

走れば非常によいクルマ、アテンザ。しかしマツダ車の例に漏れず、下取り価格は安い可能性が・・・。逆に中古車ならお得かもしれませんね。

それを踏まえて比較すれば、新車なら「20C」という207万円のグレードがベストバイ。高価なグレードと安価なグレードを比較すれば、「値落ち率」が一緒なら「値落ち金額」は少ない。
中古車ならどのグレードも価格的な差は少なくなるので、お込みのグレードそれがベストバイ。でしょう。

マツダ アテンザ(2代目)

マツダ

atenza (アテンザ)スポーツ

  • 試乗グレード:“25S”
  • 型式:GH5FS
  • 車両価格:2,460,000円

「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


アテンザ・セダン。クルマの質感で選べばセダン。価格は2000ccの210万円〜2500ccの250万円。


アテンザ・スポーツ(ハッチバック)25Zというグレードでは6MTが選べる。価格は275万円とちょっとと、それなりに高い。


アテンザ・スポーツワゴン。価格は2000ccで225万円〜2500ccの275万円。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。