FD型RX-7 自動車比較・辛口評価と評論

マツダ・自動車購入の為の比較・評論・メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2003年記事 マツダ RX−7
著:元自動車整備士)

マツダ・RX-7(FD)・試乗インプレッション

特徴的なロータリーエンジンを持つスポーティクーペ・RX-7の3代目、通称「FD」の試乗評価レポート
グレードは「タイプRバサースト」。
優雅なエクステリアはいつ見ても美しい。車高を下げればさらにスタイリッシュ。軽量コンパクトなロータリーエンジンだって健在です。

雰囲気溢れるコクピット。ドライバーというよりパイロットという気分
マツダ
  • グレード:“タイプRバサースト”
  • 型式:FD3S
  • 車両価格:340万円
  • デビュー年:-

中身はブラッシュアップ、でも車格感は大幅向上

このRX-7はロータリーエンジンのみならず、シャシープラットフォームも、初代のSAから、FC、FDからのブラッシュアップバージョンです。軽量コンパクトでFR、カミソリのようにピリピリくるドライビングフィールもキャラクターそのまま

大きく変わったのはセクシーになった外観デザイン。女性的であり優雅であり、車格もアップしたのを表すデザインです。

コストは掛けられない、それでも作り続け、しかもライバルより優れた走行性能を持ち続けている所はさすがにRX-7。脱帽です。

ベースは小さく、ブラッシュアップモデル

マツダ

このFDは2代目のRX-7、先代となるFC型RX-7より、価格帯が大幅にアップし、国産では高級クーペともいえる価格帯でデビューしました。
マツダとしてもスポーツ性より高級感をアピールしていたのは知らない人も多いのではないでしょうか。意外にもトヨタの80スープラの方がスポーツカーとして開発され、販売されました。 (スープラはカタログにもスポーツカーと明記)

そんな、高級クーペのFDですが、販売当初は価格に合わない低レベルのシャシーや渋いサスペンションで、かっこいいといわれながらも売れ行きは伸びず、年々の改良と装備の簡素化で、軽量化と低価格化を目指し、ようやくスポーツモデルとして人気もでました。

FD・RX-7のエクステリアは小さいながらも安っぽくなく、優雅でグラマラスなフロントパートと、少しだけ薄っぺらくバランス悪いが個性的なディテールを持つ、独特のデザイン。場合によっては海外の高級スポーツといっても通用するかもしれません。年代を重ねても、車高さえ落とせば格好良く見え、なんだかんだで良質なデザイン。
室内をタイトで狭くできたからこその自由溢れるデザインは、初めてみた時はきっと誰でも驚くでしょう。これが平成3年デビューなのですから、もっと驚きです。

タイトに引かれるコクピット

インテリアはタイトで、まさにコクピット!内装の質感はその価格を考えれば高くありませんが、刺激的で、スペシャリティな特別感はバッチリあります。
気持ちがのって、運転を楽しみたい気分ならば、わくわくするでしょう。ダルイ日でもがんばらなきゃとやる気を起こしてくれます。細かなところで、スイッチ類は安っぽいですが、気にしないように。

やっぱりロータリーエンジン

試乗レポートということで走り出すと、やっぱりリアリティ溢れるレスポンスが随所に。これぞマツダがしっかりと進化させているスポーツカー。
年次改良により年々とよくなっているRX-7なので、モデルによって感覚が違います。エンジンは、ロータリーの周り方は回せばスルスルとスムーズ、車が軽いために十分パワフル。適切なギヤを外さなければ、最高に気持ちよく走れます。
低回転ではトルクが付いてこなかったり、ベホベホした音を出したり、超極悪レスポンス、踏んで1秒後に加速が始まるしょぼさを感じさせますが、高回転のレスポンスなんか、これはもう、癖になります。踏み直すとジワッとブーストが上がる独特の感じのレスポンス感。音も軽いし、エンジンと言うよりモーターに近い?マニュアルミッションでギヤキープして走って下さい。

FDのエンジンは、モデルが改良されるたびにエンジンはパワーアップしていますが、感のいい人でないとそんなに違いは感じられないかも。(乗り比べれば多分わかります)

FD・RX-7の足回り

唯一欠点といえるのは、結構渋めのショックアブソーバー。サスペンションに関しては、買ったら真っ先に変えたい、これがRX-7のポイントですね。ぜひ単筒式ショックアブソーバーの車高調をセレクトしてやって下さい。

そうそう、ボディの剛性感も比較してはいけません。80スープラやMR2、NSXといったライバルの方が好印象。といってもあまりあるほどのアフターパーツで、コーナーリング時の質感はかなり改善できるとのこと

その他、回転数感応型のパワステは使いにくく、どうせアシスト量も少ないので取ってしまってもいいかもしれません。RX-7では未確認ながら、パワステベルトを外しちゃうのが一番簡単。

コーナーでは丁寧に扱わずとも、勝手にリアがでるほどの速度でコーナーに入っても、スムーズにタイヤのやばさ感、その感覚をドライバーの体に伝えてくれ、やばかったぁとは思いますが、なんとかなっちゃいます。気分は最高。腰の辺りのムズムズ感がしっかり伝わってきます。リバース直前のステアリング抜けもしっかり、私レベルのドライバーでもギリギリ感がつかめ、しっかり高回転をキープしつつ、速度を上げてコーナーに入っていくと楽しいと思います。

ただし、コーナー入り口でアンダーステアが出て、ハンドル多めに切って、グリップが戻る時、こんな時はご注意を。ぞくっとするほどの恐怖感を感じます。このあたりが、FDはピーキーといわれるところかもしれません。

マツダってどんなメーカー?

マツダは世界一のオタク自動車メーカーと、光栄な呼び名を頂いております。
(どこかの自動車評論家がおっしゃってました)

量販車メーカーでありながら、走行性能を一番に考える、素晴らしいメーカーというのが現れた呼び名でしょう。ほんの数グラムの軽量化をがんばる。走って楽しいを真剣に考える。そんな自動車メーカーらしいんです。

現在発売されているどんなクルマだって、最低限走れないクルマはありません。どんなに遅い軽自動車だって80キロは出ます。剛性感がないといってもドアが吹っ飛ぶわけじゃありません。それなのにさらにがんばるユーザー想いのメーカー、それがマツダなんです。

ではなぜ売れないか?

それがマツダなんです!よく言われるのは商品企画が悪い、本社広報とかディーラーの対応が悪い、下取りが悪い、外装デザインが悪い、などなど。

追記:マツダさん、株価が低迷してもがんばって!

乗れるときに乗っておきたい

FD、こんな自動車は、今後ほとんどないと思うので、乗りたい人は乗れるうちに。ちなみに一般的にですが、ちょっと中は狭く、一般的な女性受けは悪いといわれています。リアシートなんて、荷物を置くにもスペース不足。これが欠点。

しかしコレでいいんです。なにしろ、荷物を車内に持ちこめば、マツダがグラム単位で軽量化したのかもしれないRX-7の特徴が失われてしまいます。
だからジュースさえ室内に持ち込んではダメです。どうせカンを歯にあてるだけです。それからタバコもダメです。どうせ振動で灰をまき散らすだけですから。
(男性だったら大事な部分が灰で白くなります。間違いありません)

RX-7、買ったらサーキットで公道で、地方の田舎道だったら、通勤も楽しいモノになることは間違いありません。目一杯楽しめそうです。

※生産終了後の中古車相場、RX-7の後期型は非常に割高です。

マツダ RX-7

マツダ

RX-7 (アールエックスセブン)

  • 試乗グレード:“タイプRバサースト”
  • 型式:FD3S
  • 排気量:1500cc弱
  • 新車時価格:340万円
当記事は「元自動車整備士」が
お届けさせて頂きます。
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
切れ味 5段階評価
お買い得度 5段階評価

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。