「バモス試乗」間違いいっぱいの自動車選び・辛口の評価評論

自動車購入の比較と評価・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年記事 ホンダ バモス
著:桃花&ヒラリー男爵)

ホンダ
  • グレード:“M”
  • 型式:HM1
  • 車両価格:109万円
  • デビュー年:1999年

バモス・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車は、ホンダVAMOS(バモス)型式「HM1」。グレードは“M”
バモスは乗用軽ワゴンされる、ホンダの軽自動車。

若い世代やアクティブ層に人気ということで、とってもイメージが良いのがバモス。同じような内容を持つホンダ・アクティが商用としてラインナップされます。


  1. このpage - バモス試乗「1-1」・内装とエンジン&ミッション
  2. 分割page - バモス試乗「1-2」・走行感覚や快適性、評価総合
バモスインパネ1バモスインパネ2

バモスの概要

フロントマスクの画像

バモスってどんなクルマ??予備知識のある方にお伝えすれば、ホンダ・アクティを乗用ワゴンとして仕立て直したクルマ。アクティは商用の軽自動車ね。

バモスをちょっと具体的にいえば、屋根付き荷台を持つ軽トラックの、装備が充実したタイプの軽自動車。ライフやムーブ、ワゴンRなんかとは全然別物です。もっともっと、軽トラに近いかな。

つまり、屋根付き軽トラックに快適装備を充実させたクルマというのがバモスの正体。でもこれはアトレーワゴンやエブリーワゴンも似たようなものだし、ジムニーやパジェロミニといった特殊な軽自動車と比較すれば、乗り味は快適。そして、特にバモスはアクティブなイメージが強いらしい。そういえば行動派っぽい男性が好みそうな雰囲気がプンプンしています。

バモスのメカニズム。エンジンはリアにレイアウトされてます。ラゲッジスペースの床を開けるとエンジンが見える。そして後輪駆動だから、リアエンジンリアドライブですね。
エンジンは3気筒の660ccで型式は「E07Z」。車両重量のカタログ値は970kg。ミッションは5MTまたは3AT。これでマイナーチェンジを行いながら、10年超という長いモデルサイクルで販売されています。ロングセラーモデルですね。

試乗車概要

今回お借りした試乗車は、平成12年式のバモス。グレードは「M」。エンジンは660cc。そしてオドメーターで確認出来る走行距離は約90000kmと、年式・距離ともにかなり古い試乗車。普通車の9万キロはなんてことないけど、軽自動車の9万キロはなめられません。

今回バモスをお借りしたのは、単純に古い軽自動車を試乗してみたいという願望がひとつ。バモスのロングセラーの要因が気になるのがひとつ。また年式や走行距離が増えた際の、軽自動車の耐久性について考えてみたいという今後の課題に向けた確認も含みます。

そんな感じのバモス、一言でいえばやっぱり、昔の軽自動車というか昔の日本車らしい特徴がある。ビシバシと緩いボディはそれこそ、サスペンション接合部が動いてるイメージが伝わってくるほど。ボディ剛性というより強度が心配になっちゃう。だから乗り心地の質感は低いけど、乗り心地は間違いなくマイルド。時速50km以下の低速で、ご近所メインの移動だったら、こんな感じも悪くない、と思います。

筆者ヒラリーは以前、エブリィワゴンを所有したことがあります(スゴイ昔に1ヶ月だけ)。その時の印象を思い出しつつ試乗。もう一人女性スタッフの桃花が、助手席やリアシートで感じる事などをまとめます。

試乗・内装(インパネ周辺)

インパネ1フロントスピーカー

試乗した「M」というグレードはバモスの中でもベースグレード。軽自動車のベースグレードだから内装の仕立てに期待しちゃダメ。普通に最低限。シンプルといえばシンプル。見た目だけでなく機能面でみても、オーディオスピーカーがモノラルになるほど。質実剛健というより気にしちゃダメって事なんだよね。

インパネ2バモスの本質を考えてみれば、走ればOK!聞ければOK!1円でも安ければOK!ってな感じかな。特徴がハッキリしているから存在する意味がある。ロングセラーモデルってきっとこういうこと

上級グレードの「L」をチョイスすると、木目調パネルが付いて、フロントスピーカーもステレオになるらしい。

リアシートに関しては次ページで。

試乗:エンジンとかミッション

バモスのエンジンは3気筒660ccで型式は「E07Z」。古いエンジンだけどダイレクトイグニッション採用などで改良されている。最近主流のチェーン駆動ではなくベルト駆動。モデル途中からターボ過給器付きもラインナップされる。今回はNAモデル。
バモスのミッションは3ATまたは5MTが選択可能で、今回は3ATモデル。

試乗して感じるエンジンのフィール

フロントボンネット

注:エンジンはラゲッジ下です。

自動車の中で最も複雑な部分で、クルマの特徴が大きく変わるコンポーネンツがエンジン。普通に考えれば単なる動力源は黒子に徹しても良いはずだけど、クルマを選択するならやっぱり外せない比較ポイント。

バモスのエンジンは古いエンジンだから、最近のホンダ車よりよっぽどホンダらしさを感じる。ホンダはエンジンに大きなコストを掛けると言われていたから。昔のホンダはね。
どのあたりがホンダらしいかと言えば、エンジンノイズがいい音。安っぽくない音を奏でてくれる。ガラガラしないのは当たり前。もっと高いレベルで明るい音なんて感じちゃう。他の軽自動車と比較すれば、3気筒なのに振動も気になりにくいし、出力特性も高回転型。感覚的なパワーバンドは4500rpmから上かな。

エンジンだけ評価すれば、昔のエンジンも良いモノだって評価出来る。しかし快適性のための静粛性だって重要。どんなに良い音だって、ずっと大音量で聞いているわけにはいかない。
バモスのエンジンはかなりうるさい。リアシートに座ってもドライバーズシートに座っても一緒。ものすごい音量で車内にノイズが響き渡る。ゆっくり普通に走るだけでもうるさい。

同じリアエンジンの軽自動車では、三菱アイ。アイはリアエンジンの特徴を生かしたような、遠くから聞こえて来るような感覚を実現している。結果、バモスよりはよほど静かな演出がされている。

試乗して感じるミッションのフィール

シフトセレクターミッションは時代遅れの3AT。3速が厳しいだけでなく、フィーリングも厳しいから困ったもの。シフトチェンジの度に挙動が変化するし、その挙動をわざと避けるかのように、走行中はなかなかキックダウンをしたがらない。加速感薄いけど効率の良い領域を積極的に使わせるようなセッティング。

  • バモスのシフトパターンイメージその1。
    なかなかキックダウンしてくれない=高回転を使いたがらない=低回転を使いたがる
  • バモスのシフトパターンイメージその2。
    高回転型エンジンなのにシフトアップ早め。レッドゾーンマイナス1000回転の5400回転位で変速。

高回転での加速感を重視したエンジン特性とはなんかチグハグ。3ATだとやっぱりね、各ギヤ守備範囲が広いってことみたい。CVTや低回転重視型エンジンになれると、こういった事を忘れてしまうw

最近忘れないのは、トップギヤのギヤ比に関する部分。巡航中のエンジン回転数はトレンドである燃費に直結。バモスではどうってタコメーターの目視確認でおよそこんな感じ。

  • 時速60km/h ・・・ 3500rpm
  • 時速70km/h ・・・ 4000rpm

ビックリしません?? 燃費悪そうな回転数をバッチリキープしての巡航。もちろんエンジンノイズのボリュームも盛大というレベルを超えてる。
再加速に有利?? いやそれにはもう少し排気量がないとちょっと。。。


注1:4WDモデルだと4ATが追加されています。

バモスメーター1バモスメーター2

3日に1回、不味いモノを食べる?

インパネ

「3日に1回、不味いモノを食べる」。これはグルメ好きの間で語られる、伝説の合い言葉。

意味はそのまんま。で、自動車好きだって真似すれば、日常が充実することなし。小さな喜びを3日に2回、味わえる可能性あり。

例えば、こんな質感なんて2の次3の次になるクルマをセカンドカーにチョイス。そうすればファーストカーを運転する度にちょっとした満足感や新しい発見を味わえるかも。

しかも、例えばバモスをセカンドカーにしたとすれば、こっちだって新鮮で運転が楽しい!!普通の乗用車とは走行感覚が大きく異なるから。時速60km/hで120km/hの不安定感が味わえちゃったり
駐車場所さえキープ出来れば、超低価格な軽自動車を追加所有するのもオススメ。

ホンダ N-ONE

本田技研

バモス

  • テストグレード:“M”
  • ミッション:3AT
  • 車両型式:HM1
  • 新車時価格:約109万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:E07Z

その他概要

  • 車重:950kg
  • 発売開始時期:1999年

車両型式

  • HM1 - FF
  • HM2 - 4WD
当記事は「桃花」と「ヒラリー」がお届けします。
桃花ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

バモス

HM1 - HM1 660cc 1999年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

昔のホンダらしい特性と音。

駆動系質感 5段階評価

3ATはちょっと。。。。

足回りの質感 5段階評価

ライバル車とあんまり違いない。キャラクターは柔らかめ。

内装の質感 5段階評価

気にしなくていんじゃない?

外装の質感 5段階評価

年式以上に古ぼかしさ満点。

快適性 5段階評価

短距離&低速度だと、バモスの緩さが魅力に感じる。

お買い得度 5段階評価

この手のクルマは安いが一番?バモスはまずまず。


辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。