ストリーム試乗比較P4/燃費など参考データ

自動車購入の比較と評価・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年記事 ホンダ ストリーム
著:ヒラリー男爵)

ホンダ・ストリーム試乗インプレ「4」

辛口評価評論・自動車比較、今回のモデルはホンダ・ストリーム(RN6型)RSZ
ライバルはウィッシュ&プレマシー。車両価格は200万円以下〜。このクラスどれもコンパクトカーの上級グレードを購入するよりとってもお得な内容。そして3車3様に個性があり、比較〜購入がとっても楽しくなっています。

当ページは4ページ目です。「燃費や静粛性など参考データ」を掲載中。


  1. 分割page - ストリーム試乗「1-1」・内装とエンジン&ミッション
  2. 分割page - ストリーム試乗「1-2」・走行性能(ハンドリング・乗り心地・静粛性)
  3. 分割page - ストリーム試乗「1-3」・リアシートやラゲッジ、燃費
  4. このpage - ストリーム試乗「1-4」・燃費など参考データ
  5. 分割page - ストリーム試乗「1-5」・ライバル比較と評価総合
ストリームのコクピット1ストリームのコクピット2
ホンダ
  • グレード:“RSZ”
  • 型式:RN6
  • 車両価格:204万円
  • デビュー年:2006年07月〜

ミニバンというよりスポーティワゴン?それとも??

ストリーム内装・女湯席側

ストリームって快適性能より運動性能重視、そして見かけ上の豪華さよりクルマ本来の走行性能が豪華。ライバルのウィッシュやプレマシーと比較しても独特なポジショニング。ストリームは自動車好きには嬉しいラインナップである反面、実用車として見れば誰に向けて用意されるクルマなんだろう?ふとした疑問です。

想像してみる。同クラスの”ステーションワゴンの変わり”かもしれない。乗用ミニバンとかコンパクトミニバンといわれるこのクラス、3列目は畳んでおくのが一般的だろうし、そうすると2列目に余裕があるワゴンということに。さらにいえばレガシィに始まったステーションワゴン人気というのはロングドライブもこなせる走行性能の高さが評価に繋がったとも言われる。

とするとストリームはカタチの変わったスポーティワゴンと考えるのが最適かな。

しかし乗り心地なんかは同じホンダのコンパクトスポーティカー、「CR-Z」の方が似ている部分もあるな。ちょっとソフトなCR-Z。ストリームがドライバーだけ満足するクルマならCR-Zだっていいじゃない?コンパクトクーペってカッコ悪い??その点でストリームの存在価値が。
価格帯の近いとこで言えばフィットシャトルなんかもあるけど、こっちは次元が違うよね。

同じホンダ、価格帯の近いCR-Zとフィットシャトル、気になったらこちらどうぞ。
参考:ホンダ・CR-Z試乗
参考:ホンダ・フィットシャトル試乗

文中にでてきた2代目ウィッシュと同世代プレマシーはこちらです。
参考:トヨタ:ウィッシュ試乗(20系)
参考:マツダ:プレマシー試乗(CWE系)

参考データ1:中間加速チェック

同乗者による手元のストップウォッチでストリームの中間加速力を計測してみました。

計測した条件と結果

計測条件は大人の男性2人乗車。ガソリン残量はメーター読み2分の1。風はほぼなし。タイヤ空気圧F/Rともに2.2キロ。道路は直線。タイヤ・ホイール共に純正。シフトポジションはDレンジ。

  • メーター読み時速10kmから60kmまでの加速タイム ・・・ 4.33秒
  • メーター読み時速30kmから80kmまでの加速タイム ・・・ 5.74秒
  • メーター読み時速50kmから100kmまでの加速タイム ・・・ 9.03秒

現在のトコロ、他車の比較タイムが少ないので比較が難しいデータになります。
正確性はさておき、数値上のタイムは体感する加速感より良かった。例えば1800ccのトヨタ・ウィッシュより出だしはやや速い一方で時速50km超の中間加速では遅い。ギヤポジションが合わなかったか。体感上はウィッシュの方が2レベルくらい速く感じる。
マツダ・プレマシーの2000cc&4WDと比較すると全域でストリームの圧倒的勝利。エンジンの色気のみプレマシーに軍配。

巡航時のエンジン回転

  • 時速70kmの時 ・・・ 約1500回転
  • 時速80kmの時 ・・・ 約1700回転

参考データ2:車内静粛性

市販の騒音計を利用して、ノイズを計測してみました。単位はdB。(dBについてはネット検索して下さい)。
騒音計ということで音圧に対して補正が掛かっていますが、人間が感じる不快さとは違います。耳障りな音とか気になりにくい音とか、そういった感覚は含まれていません。

計測時の周囲の騒音 環境ノイズ / 47.8dB〜48.0dB
  • 「エンジンOn」アイドリング時の車内騒音 エンジン回転数・・・750rpm 
    Fシート・・・42.6dB Rシート・・・41.9dB
  • 「エンジンOff」
    Fシート・・・34.5dB Rシート・・・34.5dB
荒れた路面での計測 環境ノイズ / 47.8dB〜48.0dB
  • 巡航時の車内騒音・荒れた路面、細かなデコボコが多い道路 時速50キロ走行時 / 
    Fシート・・・71.6dB Rシート・・・67.8dB
状態の良い舗装路での計測 環境ノイズ / 49.8dB〜51.2dB
  • 巡航時の車内騒音・綺麗な路面、比較的新しい舗装の道路 時速50キロ走行時 / 
    Fシート・・・64.2dB Rシート・・・64.9dB
  • 上記同様の道路 時速90キロ走行時 / 
    Fシート・・・65.8dB Rシート・・・68.5dB

参考データ3:各部寸法

手元のメジャーを利用して気になる部分の長さを測ってみました。

各部の寸法

  1. ステアリング直径 36.5cm
  2. ダッシュボード中央手前からガラスまでの長さ 45cm
  3. Fシート、フロアから座面先端 リフト最大時36cm、リフト最低時31cm
  4. Rシート、フロアからシート座面先端 36センチ シートバック高さ 60cm
  5. センターコンソールまたは左右シート間の距離 18cm
  6. シート座面の長さ F・51cm、R・未計測cm
  7. リアシート開口部、座面先端〜ドア内張までの最短距離 31cm
  8. 左右ドアミラーいっぱいの長さ 198cm
  9. ラゲッジ寸法 奥行き90cm、幅99cm、入り口最低地上高64cm
  10. アンダートレイ寸法 奥行き21cm、幅73cm、高さ7cm

数値からわかること。Fシートの着座位置は高く、2列目シートはコンパクトカーのそれと同程度。2列目はウィッシュの方が前が見えて開放感ある。カップルディスタンスは5ナンバーサイズでは広め。楽な反面、たまにはイチャイチャしたいのよ〜って方には不向き。サイドサポート邪魔で手を伸ばせないよぉ。

車内スペースとカップホルダー

身長172センチの筆者がドライビングポジションを取った状態でリアシート2列目をチェック。

  • 身長172センチの筆者 ・・・ ヒザ前 コブシ 2.5個 / 頭上 コブシ 1.5個
  • 身長182センチの男性 ・・・ ヒザ前 コブシ 1.2個 / 頭上 コブシ 0.5個 

カップホルダーの数

  • フロント 2個 / リア2列目 2個 / リア3列目 2個

カップホルダーはきっちり人数分しかない(ストリームは6人乗り)。飲みかけ多い?ラゲッジにほん投げるしかないね。

ストリームではドアポケットにジュースが置けない。狭い車幅のせい??オデッセイではこれでもかって言うほど、ドアトリムが凝っていたのになんで?

ストリームのメーター1ストリームのメーター2

燃費はちょっと厳しいか?

ストリームの燃費性能を総合すればあまりよろしくない。エンジンは燃費重視系なのに、イヤな音もガマンしているのになんでだろう?
今回、燃費を重視しての走行は約600km。市街地3:田舎道7という割合。ここを満タン方で計測。流れに沿って走り、アクセル全開も多用。ただしアクセルoffは早めに、エンジン回転数はなるべく低い部分を多く使い、巡航中はギリギリのアクセル開度を維持して日常的なエコラン。

こんな感じでだいたい12km/L
満タン方での計測値を車載燃費計と比較すれば、車載燃費計の方が0.4km/Lほど良い数値が表示されていた。給油時の誤差を考えればこんなものかな。

同じような走り方でウィッシュ1800ccは13km台後半〜15km台後半。プレマシーの2000cc(4WD)で9km台〜10km。
この中だとストリームはちょうど中間。

走り方による差が大きいのが燃費。参考程度にしてください。

ホンダ ストリーム

本田技研

stream (ストリーム)

  • 試乗グレード:“RSZ”
  • ミッション:5AT
  • 年式:2012年
  • 新車時価格:204万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


ドア内張に利用されている布、ホンダらしい模様に色、素材感。個人的にとっても野暮ったく思う。
ドアの閉め心地は非常に快感。室内でも室外でも良さがわかります。


カップホルダーの穴は太め。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。