ストリーム自動車比較・評論P1

自動車購入の比較と評価・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年記事 ホンダ ストリーム
著:ヒラリー男爵)

ホンダ・ストリーム試乗インプレッション「1」

辛口評価評論・自動車比較、今回のモデルはホンダ・ストリーム(RN6型)グレードは「1800ccのRSZ」。2012年式です。乗用車ライクなローハイトミニバンとしてデビューした2代目ストリーム。


ストリームのコクピット1ストリームのコクピット2
ホンダ
  • グレード:“RSZ”
  • 型式:RN6
  • 車両価格:204万円
  • デビュー年:2006年07月〜
  1. このpage - ストリーム試乗「1-1」・内装とエンジン&ミッション
  2. 分割page - ストリーム試乗「1-2」・走行性能(ハンドリング・乗り心地・静粛性)
  3. 分割page - ストリーム試乗「1-3」・リアシートやラゲッジ、燃費
  4. 分割page - ストリーム試乗「1-4」・燃費など参考データ
  5. 分割page - ストリーム試乗「1-5」・ライバル比較と評価総合

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

試乗車ストリームの概要

ストリーム夜間内装

今回の試乗車はストリーム。2012年のマイナーチェンジ後のモデルで、グレードは「1800cc RSZ」。オドメーターが示す総走行距離は6000km。新車時価格は204万円。

ライバルはウィッシュ&プレマシー。車両価格は200万円以下〜スタートだけど、どれもコンパクトカーの上級グレードを購入するよりとってもお得な内容。そして、3車3様に個性があり、比較〜購入がとっても楽しくなっています。

ストリームはコンパクト&ローハイトな3列シートミニバンというジャンルに属し、わかりやすく言えばミニバンと乗用車の中間的なポジショング。このジャンルどれも3列目シートは実用的とはいえず、通常はたたんで使用することが一般的。こういった特徴からステーションワゴンからの乗り換えにも対応しているとのこと。

エクステリア・フロントこの2代目ストリームのデビューは「2006年07月」ということで、執筆時すでに8年が経過。十分に古いモデルだが未だに現役。そしてロングライフが凄いのではなく、一部性能に関しては未だ一線級の魅力を持つのが凄い!熟成の魅力?値引きによる商品価値キープ??いやいやそれだけじゃない。
現時点で同世代ウィッシュ&プレマシー、その他と十分に比較できるだけの内容を持ちます。

クーペの様な内容、特徴際立つ

ストリームのキャラクターは超明確!なにしろモデル途中から、「RSZ」というスポーティグレードしかラインナップしていない。
そして実際に試乗すれば、全然「なんちゃってスポーティ」ではない。大げさすぎずこんな感じ。

  • バツ ・・・ スポーティなミニバン
  • マル ・・・ 背が高いスポーティクーペ

そう、ミニバンとは?って質問の答えが間違ってる(笑)。ドライバーが主役でパッセンジャーはおまけ。ハンドリングのレベルは高く、快適性能は低い。バランス良いのが日本車だとすると、個性が強い外国車の様。そういや乗り心地だってしっかりホンダ車のそれ。乗り味のベクトルはCR-Zに近い。

フロントマスクの意匠はオデッセイみたいといわれるが、ストリームはストリームならではの良さを持つ。弟といっても全然引け目を感じることはない。ピラミッド階層なんて気にせず積極的に選びやすい。

デビュー後8年、いまだに他車を越える特徴が脅威的

エクステリア・リア

この2代目ストリーム(RN6)がデビューしたのは2006年。この記事を執筆しているのが2014年だから実に8年前。確かに、デビュー年なりに古ぼかしい部分は多々ある。内装だったり装備だったりミッションだったり。
それでも、同クラス同価格帯のライバル以上の魅力を持つ箇所があるのにはビックリ。

具体的には後述させて頂きますが、GTカーのように穏やかな挙動変化を見せてくれるハンドリングなんて、今でも一線級の魅力だと考える。
ヨーの立ち上がりが遅いとか、曲がっている感覚がないとか、そういう低レベルな落ち着きではなく、運転の荒い人がドライブしてもジワッとした挙動でクルマがバランスを取ってくれる。そう、運転がうまくなったと同乗者に褒めて貰える。

わかりやすいスポーティさはなく、エンジンもミッションもオタンコ。ミニバンとしても低い快適性でクエスチョン。それでもストリームならでのは走行感覚は十分にハイレベル。ここに惹かれたら衝動買い間違いありません。

試乗:内装

車内1メーターの画像

ストリームの内装は安っぽいし特別な工夫もない。残念ながらそれ以上でもそれ以下でもない。同じホンダで比較すれば3代目フィットよりも貧相に見える。良い点と言えば下向きに押せるエアコン関連スイッチの配置くらい。でもこれウィッシュでもそうだしね。

1台のクルマで総予算が決まっているとすれば、ストリームでは内装は後回しにされちゃった?質感は低くてもホンダお得意の、凝った造形だったらまた印象違うんだけどね。なんだか古ぼかしさまで感じる。

内装、ここは試乗時に要チェック!

車内スイッチ1目で見える意外の手で触れる部分、スイッチの押し心地に特筆すべき点はないけれど、下向きに押すエアコンスイッチは操作性上々。ちょっとだけどボッチも付いてて覚えれば感覚で操作できる。スイッチ操作性が高ければよそ見が減って安全性も高めてくれるね。

うまく走らせるための操作量や考える事は多い方が楽しい!突き詰めればヘリコプターらしいから。クルマではミッション。これが運転を面白くしてくれているわけだけど、「操作系は思い通りに質感高く」が条件

車内スイッチ2ストリームではせっかくステップ式の5ATを採用しているのに、ここが残念。まずはセンターのシフトセレクター。渋い!思った場所より行き過ぎちゃう。パネル部分の剛性もなく感触悪い。

車内スイッチ3そしてパドルシフトスイッチ。左手側がステアリングスイッチと間違えやすい
パドルはハンドルと一緒に回るタイプだから、回している最中の操作で間違えやすい。シフト操作は直進時のみという基本に忠実にってことらしい。

試乗:エンジン&ミッション

ストリームには2000ccエンジン搭載モデルもあるが今回は1800cc。型式はR18Aでこれに5ATが組み合わされる。CVTではなく従来ながらの5段ステップATだ。

エンジンの印象

エンジンルームアイドリングからけっこううるさく、燃費重視エンジンらしいカリカリ音も助手席前から聞こえてくる。一応エンジンノイズ自体は、そんなにガサツな音じゃない。トヨタのように「動力性能が高ければフィーリングなんてなんでもいい」そんな耕運機のような音は聞こえてこない。
正確には、走行中はエンジン以外のノイズが大きすぎてエンジンの音が聞こえないという感じ。ストリームは普通に加速している最中でもエンジン音が消えてしまうほど静粛性が低いのが特徴だから、うるさく感じるのはアイドリング中と急加速時。静かな上で少しだけエンジンノイズを聞かせてくれるタイプが運転しやすいけど、ストリームは残念ながら逆。

エンジンの動力性能、普通に1800ccクラスのそれ。体感上1500ccエンジンを積んだCセグメント車よりは速く、2400cc搭載ミニバンよりは遅い。アクセルペダルの操作量を考えながら運転すれば、低回転から余裕があるわけでもなく、高回転で速いわけでもない。いたって普通。

ストリームはミニバン系と言うことで大人4人乗車をすればクルマが重く感じ、全開加速力も心許ない。しかしこれは予想の範囲内。コンパクトカーよりは余裕があり速度が上がってからの伸びもあるから実用上の問題はないと思う。

ミッションは5AT、フィールは旧世代的

ミッションは5速オートマチック。ミッションと言えばCVTやDTCといった新世代タイプが増えてきている中で、従来ながらのステップATだって進化している。
そんな中でストリームの5ATはちょっとばかり旧世代的なフィーリングで好ましいモノではない。いや燃費も考えればほとんど良いところ無しと評価したい。ホンダ的には最良のミッションなのだろうが、とても残念。

具体的には、停止時からの発進時には滑らかに加速してくれ、ドライバーが思った速度まで加速しやすい。アクセルペダルワークにも神経質な部分は無し。
問題は走行中、例えばDレンジに入れっぱなしで巡航中からの再加速時、交差点への減速進入から再加速時。ゆっくりとキックダウンする上にショックさえある。

またアクセル開度が大きくなるスポーティ走行時には、特にアクセルオフ時のレスポンスが悪く、空走感あってダイレクト感はまったくない。アクセルレスポンスといえばこと踏み込んだ際のレスポンスが取り上げられるが、現代のクルマでは寧ろアクセルを緩める際のレスポンスや扱いやすさの方が気になるポイント。
丁寧なアクセルオフを心がけるという前提は一緒だとしても、ある程度メリハリを感じさせてくれるだけのレスポンスは欲しいものだ。

ストリームのメーター1ストリームのメーター2

シフトセレクターの操作感、渋すぎる

車内スイッチ2上記にプラスしてもう一つ。シフトセレクターの操作感。こちらも今一つというか全くダメ。渋くて固く、希望するポジションを行きすぎてしまうことがある。「P」から「D」に動かそうとすると、その下の「S」まで行ってしまったり。また「S」から「D」にしようとすると、その上の「N」にまで行ってしまったり。

ギシギシ音がするとかなら、根本にグリスを吹けば復活する。しかしそんなレベルじゃない。渋い、固い、パネル周辺の剛性もたりない。節度感というより不快感。動かしたら逆方向にチカラを入れて止めるしかない。できれば走行中には触れたくないシフトセクレター。

ストリームの名誉のためにいえば、車両200万円以下クラスではこういったシフトセレクターを持つクルマは多々あるし、コラムシフトなんてもっと操作感が悪いから、何もストリームに限ったことではない。

ストリームよりもう少し車両価格の高いVWゴルフ・トレンドライン、こちらはこの価格帯で最良といえる操作感。シフトレバーを操作するのが楽しくなります。
参考:ゴルフ7・トレンドライン試乗レポート

ホンダ ストリーム

本田技研

stream (ストリーム)

  • 試乗グレード:“RSZ”
  • ミッション:5AT
  • 年式:2012年
  • 新車時価格:204万円

概要

  • 型式:RN6
  • 車重:1360kg
  • エンジン排気量:1800cc
  • エンジン型式:R18A
  • ボディサイズ:4570×1695×1545mm
  • 発売時期:2006年07月〜

車両型式

  • RN6 - 1800cc
  • RN7 - 1800cc 4WD
  • RN8 - 2000cc
  • RN9 - 2000cc 4WD
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ストリームの適合バッテリー詳細


ストリーム 3代目

RN6 - R18A 1800cc 2006年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

がさつじゃないけど速くもない。日常でのフィールは燃費重視系エンジンのそれ。

ミッション質感 5段階評価

5ATをバカにしてはいけません。最低限許せるレベルはキープ。

足回り質感 5段階評価

固いけど上質。スポーティカーと思えばガマンできる。

内装の質感 5段階評価

フィットに負けるか?

外装の質感 5段階評価

スタイルはちょっと幼稚かな。

快適性 5段階評価

ドライバー専用車。うるさいしピョコピョコ。

挙動穏やかさ 5段階評価

同乗者に「運転うまくなった」といわれる可能性高い。

お買い得度 5段階評価

走りの質感で比較すればとてもオトク。かたや室内と装備は寂しい。


シート座面は全長長め。シートバックはゆるめでサイドサポート固め。


エアコンスイッチは下方向に押す感じ。小さくボッチあり。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。