S2000自動車比較・試乗レポート

自動車購入の為の比較・評論・メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2005年記事 ホンダ S2000
著:ヒラリー)

ホンダ
  • グレード:“base grade”
  • 型式:AP1
  • 車両価格:-
  • デビュー年:-

ホンダ・S2000・試乗インプレッション

今回の試乗記はホンダきってのスポーティカーS2000(AP1)。ホンダの創立50周年を記念して作られたオープン2シーターで純粋なるスポーツカーといってもいいほど。S2000はほとんどすべてが専用設計という量販自動車の枠を超えたクルマ。そんなクルマの試乗レビューです。

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴です。評論家が口に出来ないような点を強調して記載しています。

.

これぞスポーツ、S2000試乗

本田技研

S2000はご存じの通り排気量2000cc、ボディサイズはコンパクト、そして2シーター。この内容で新車価格は350万円以上となかなかの高額車。
各部ほとんど専用設計というあたり、ホンダのかける意気込みと熱意を感じます。ボディ以外キャリーオーバーの軽薄車が多い中、ホンダの本気がすごいのはだれでも知ってます。割高でも他にない個性と素晴らしさを持っていればそれこそプレミアム

ホンダのS2000に試乗すると、これは他のどんなくるまとも違う、そんな感じが感覚すべてから伝わってきます。スポーティカーではなくスポーツカーというのが一番正しい。スープラ、RX-7、フェアレディZ、シルビアプレリュード、そんなのはただのクーペの形をした乗用車です。S2000と比較すればね。

S2000はクルマというより、カートやチューニングしたマシンのフィーリング。近年で一番似ているくるまといえば、マツダのAZ−1でしょうか。AZ-1も非常に味の強い個性的な乗り味。でもこちらは軽自動車。というわけでS2000とは次元が違います。
S2000はソリッドでダイレクトな味付けであるにも関わらず、あちこちがガチャガチャいうような部分は最小限。これは走行1万キロのクルマでも5万キロのクルマに試乗しても一緒。
そして、ソリッドでダイレクトな味付けでありながら、パワーはそこそこ。一般道のクネクネ道だったらシャシー(というかタイヤ)に余裕があるので、どこでも全開で走れます。

バイクに例えると、250ccのレーサーレプリカのような感じです。

内外装のデザインなど

外観のデザインは良くいえばシンプルでクリーン、普通に考えれば演出感なく、むしろかっこ悪い、オタンコなすみたいなデザインです。ホイールもすぐに変えたくなるデザインです。一方、塗装はすばらしく、3コートの特別塗装は職人がオールペンして丁寧に磨いたような深みがあり、思わずうっとり。
大事なことは、このクルマにとってデザインは普通でいいんです。きっとホンダもそう考えているはず。だって、乗ればドラマチックですから。

内装については、シートの出来は良く、座り心地は上々。サイズも小さくはありません。ロードスターなどとは違い、大人の趣味で乗れるクルマをここで実感します。しかしインパネのデザインは平凡すぎて残念。質感は2000ccクラスとして考えれば納得です。

ご自慢のオープンにするのは、自動。2つのストッパーを外してボタンを押すだけでオープンになります。ちなみに室内の収納やトランクスペースは、ないに等しいです。

シートに関して、本皮とフェイク皮のコンビみたいなのがありますが、あれは手触り良く、ホールド性も悪くなく、いい感じです。一般的な本皮シートのようにツルツル滑るということはありません。

追記:ソフトトップが痛んだら?

外装のデザインはあまりにもプレーン、そっけないわけですが、ソフトトップは色の違うモノに張り替えが可能。アフターパーツでいろいろ出ています。張り替え工賃は10万円くらい。実際に千葉県のお店にて交換しました。外観から感じるイメージは相当変わります。

びっくりレスポンスの塊、S2000

S2000の操縦性は、驚くことばかりです。試乗すると、決して楽に運転することをゆるしてはくれません。これはゆっくり走っていても一緒。クラッチはショートストローク、ブレーキは踏み圧に正確に反応し、くるまのインフォーメーションはペダルから、シートから、ステアリングから、いつでも体に伝わってきます。

エンジンはホンダの定番実用エンジンF20Cのチューンドで、低回転は普通の2000ccよりトルクないですが、5千回転からレッドゾーンの9千回転まではそれなりにパワフル。もしかしたら速い感じがするといった方が正しいかもしれません。排気量が2000ccしかないのは事実です。

排気量が少ないためにそんなに速くはないですけど、注意してないとレッドゾーンに入ってしまう切れ味は最高。シフトアップの際は多少余裕もって神経集中して行って下さい。8500回転くらいでアクセルゆるめ始めて下さい。クラッチ切るタイミングずれるとスパッとレッドゾーンに飛び込みます。

高回転でのレスポンスは最高で、アクセル踏み直しても軽く敏感にふけ上がり、微妙なアクセルワークにもしっかり答えてくれます。

音も盛大ですが澄んだ響きですね。4気筒として考えられる最高の音といってもいいかもしれない。高回転の振動も最小限で、もう少しで6気筒の質感になれそうな4気筒エンジンです。

しかしさすがにエンジンのパワー不足はS2000の弱点で、後期から排気量アップしてます。一般道で走る場合、いつでも全開で回してるわけではないですから、良さがわかりにくいんですよね。

なんだかすごい、操縦している感覚

ハンドリングは全く異次元なのが速度を上げなくてもわかります。クイックなステアリングギヤ比に、ヨーの立ち上がりも速く、それに追従するサスペンション。出口も一切の遊びがなくダイレクトにトレースしていきます。攻め込まなくても、飛ばせなくても、すごく楽しい。

S2000はとにかくすべてがダイレクト。ボディは固く、純正のサスも固い。ボディが軽いために多少ドタバタするが、それでもボディはかっちり。ミッションも剛性感高く、かっちりしてるが、回転を合わした瞬間にスコッと優しく入る。エンジンは鬼のレスポンスでアクセルにピタッとシンクロし、ブレーキも踏んだ分だけ効く。ピッチングも適正な量だけ感じられるので走りやすい。

要するにS2000は、ドライバーの為だけにいい部分がある、くるまです。隣に乗っている彼女や奥様は何一ついいことがありません。
走ることに快感を持つことができる人で、直線の早さよりスポーツカーの走りに興味をもつ人は、S2000しかないんじゃないですか、といえるくらいの自動車だといえそうです。

試乗:乗り心地について

S2000の乗り心地は、良くはありません。クルマのキャラクター通りにサスペンションも当然固めのセッティング。そしてボディも剛性があるとすれば乗り心地は固くなっていきます。

そのおかげでリアリティあってクイックなハンドリングがあるわけだと思いますが、高速道路の継ぎ目などはダイレクト。ちょっと大げさにいえばリジットサスのようにも感じられます。

矛盾しますが、”オープンカー”S2000のサスは固くても不快感は最小限。そう、オープンカーとしてはとってもマトモなレベルで安心。300〜400万円級のクローズドクーペと比較すれば乗り心地は荒っぽい固さ。キャラクターが違うということですね。

追記:試乗総合

S2000は生産開始から生産中止まで、全世界で11万台も販売されたということです。この特殊なクルマがこれだけ売れたというのは、ホンダという自動車メーカーのイメージ含め、やはりいいクルマだったのでしょう。これだけで全てが想像できます。一定レベルの評価はされたのではないかと。

S2000を中古で購入するとなると、古くても高い。とても割高なクルマです。
しかし国産車には他に競合するようなクルマがありません。欲しければ仕方なしという感じですか。

S2000は趣味性の高いクルマなので、ここは価格は気にせず、思い切って買ってしまうのが一番。試乗もせずに割高なクルマを買うのは不安かもしれませんが、全体的な相場が割高。だから、最悪失敗してもタイミングさえ逃さなければ、それなりに高値で手放すことが出来ると思います。

「ハイXボーンフレーム構造」

追記:2200ccモデルについて

マイナーチェンジでエンジン排気量が2200ccに拡大されたモデルが発売されました。ホンダはなんで2000ccにこだわるのか?と思っていた筆者にはビッグニュース。
こちら試乗してみると、中回転までがしっかり強化されています。今まではパワーバンドの6000回転くらいから下、低〜中回転がとてもかったるく、たとえ2速でも、タコメーターを見ながらタバコに火を付けて、灰を払って、やっと加速体制に入ってくれる。そんな感じでした。VTECだから低回転トルクもある、そんなのはS2000には通じません。なんだかんだいって速いのはトップエンドの6000〜8500回転の間だけ。

とまあ、こんな感じでパワーバンドに入るまでの時間がかかっていたのが、2200ccではだるさが無くなっています。まだまだ踏めば踏んだだけ、とは言えませんが、体感上ではずいぶんな差があります。その場で2台乗り換えて比較しなければわからないほど小さな差じゃないんです。

その他、乗り心地に関してはこちらも悪いまま。マイナーチェンジしかも車両重量が増した点において、若干なりともよくはなっているのかもしれませんが、クルマの個体差によってかき消されてしまう程度の差のようです。

ホンダ S2000

本田技研

S2000

  • テストグレード:“base grade”
  • 型式:AP1

エンジン概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:F20C

車両型式

  • AP1 - 2000cc
  • AP2 - 2200cc
当記事は「ヒラリー」がお届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

S2000のバッテリー適合詳細


S2000

AP1 F20C 2000cc 2001年〜
40B19L

※VGS装着モデルはサイズが異なる。

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


標準タイプのシフトノブ。アルミ/本革コンビ


タイプSのシフトノブ。純正では珍しい球状タイプ。


フットレストが立派なサイズ。ブレーキペダルを踏み外すと足がペダルの後ろに潜ってしまう場合もあるから注意。筆者は外車から乗り換えた直後の急ブレーキで経験がある。


辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。