オデッセイ自動車比較・辛口評価と評論

自動車購入の為の比較・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2007年記事 ホンダ オデッセイ
著:ヒラリー)

ホンダ・オデッセイ・試乗インプレッション

大成功した初代ホンダ・オデッセイ、キープコンセプトでデビューし失敗した2代目オデッセイの失敗から、3代目オデッセイはプラットフォームからインテリア、エクステリアまでがらりと変えてのデビューしました。

そんな3代目オデッセイ(RB2)・グレードは「M」2007年式の評価評論レビューをいってみましょう!


※次のモデルとなるRB3オデッセイ・平成23年式の試乗評価はリンク先でどうぞ。

ホンダ
  • グレード:“M”
  • 型式:RB2
  • 車両価格:240万円
  • デビュー年:-

ライバルはやっぱりエスティマ

オデッセイのライバルはエスティマ。毎回手を焼く相手、エスティマ。比較するとトヨタのブランドはやはり強大。大きな値引きを提示しても負けてしまうというオデッセイの敵、エスティマ。
そのエスティマに真っ向勝負ではなく、5年先を行くコンセプトで登場しました。低床、低重心プラットフォームで立体駐車場、タワーパーキングにも入る全高。そしてそれがもたらす安定したコーナリング。

エスティマのコンセプトはいかにも旧世代。大して、これこそが新しいミニバンだ、と言わんばかりのオデッセイ。外観デザインはエスティマの方が未来感ありますが、オデッセイの内装はホンダ的+未来的なデザイン。新鮮さが長続きしそうです。

低いのにはわけがある

本田技研

オデッセイのフロアを実際に下から覗いてみると、すごい作りだとビックリします。フロアの凹凸の中で凹んだ部分にマフラーなどが本当に平らにレイアウトされています。
これなら、仮に2階建てフロアにしてもフロアは低いはず。ディーラーでオデッセイを試乗したらぜひフロア下も覗いて見てください。ディーラーの人に頼めば、試乗車をリフトアップしてくれると思います

このフロアと立体感ある造形のインパネデザイン、ホンダが一生懸命取り組んで開発したのがヒシヒシと伝わってきます。これぞオタク根性!オデッセイに限らず、新しい何かを開発するときのホンダって絶対凄い。捨てるのも諦めるのも早いっていうから、アクティブでアグレッシブそれも凄い。がんばる人にはヒカレチャイマスネ。

※このフロアの平坦化は、ローダウンする際にも役立つはず。車高を下げれば、エキマニや触媒、マフラーといったパイプが擦りやすくなりますが、これなら”ある程度のローダウン”なら、結構行けそうです。
”ある程度を越える”ローダウンは、逆に厳しいかもしれません。

エスティマより安かったオデッセイ

ライバルはトヨタのエスティマ、といってもエスティマより車両価格が安く、オプションで装備を充実させる感じのオデッセイ。値引きも半端なく、モデル末期は中古車よりお得なほど。支払い額で比較すれば絶対的に有利。

筆者の場合、ちょうどやや長期の在庫車が残ってて、初日から40万円引き(車両から)の条件を出して貰った上にナビゲーション付き在庫車ならさらに引けるとのこと。具体的にはアブソルートで48万円引き。ボディカラーも白か黒は選べました。1回目の交渉からこれですよ!MPV買いに来たかと間違えちゃえましたよ。はっはっは。
交渉中、にやけないように必死に我慢ガマン。

とにかくお得なオデッセイ、エスティマと比較することで値引きは充実。ステップワゴンやストリームは出番なし!フリードだっていらない。装備合わせるほどオプション追加したらオデッセイの方が安い場合も?

車両価格が安めなその分、エスティマのように3,5リッターなんていう大きなエンジンはありませんが、お買い得度で評価すればライバルのエスティマ以外で比較しても、同価格帯のミニバンでベストバイ。エンジン、乗り心地はトヨタのそれを大きく越え、燃費などの維持費でみればホンダの下のクラスと大きな差はない。昔は人気車だった、そんなオトクさもオデッセイの特徴です。

ちなみにこのモデルのオデッセイ、後期モデル、車両価格は以下の通り。

  • グレード B 価格 225万円
  • グレード S 価格 236万円
  • グレード M 価格 246万円
  • グレード L 価格 300万円 ナビ付き
  • グレード アブソルート 価格280万円 エンジン&ミッションが異なる。VSA付き。

不人気車でも期待を裏切らないホンダの値引きイメージ

人気無ければ「安ければ文句ないでしょ」的な商売がホンダらしい。価格は商品力の大事な部分
どこかのメーカーは諦めちゃったように全く売る気無しなんてことが良くありますがホンダはそんなこと無いみたい。

大の付くほど不人気なアコードだって、エディックスだって、決して期待を裏切らなかった実績は大きい。決算期にお得なクルマが欲しければまずホンダ!これも大きなブランドイメージ。

ナビ無しでは乗れない?

オデッセイのインパネは純正ナビを付けて初めて完結する形。ナビを付けないとインパネが変なデザインになります。

これは純正ナビはマウスのようなリモコンで操作するわけですが、後付けナビは基本タッチパネル。だから手が届くところまでインパネ中央が出っ張ってきます。

というこはなんだかんだいっても 純正ナビを装着しなければ買えないクルマ。多くの方はそうなるでしょう。そうすると結局価格は200万円代後半に。割高な価格が特徴のエスティマと変わらない価格になります。

純正ナビ装着だとこんな感じ。ディスプレイが遠い方が角度的に自然で、断然見やすくなります。

兄貴分はエリシオン

オデッセイはエリシオンという、上級となる兄弟車があって、エリシオンには3000ccエンジンがラインナップ。そのエリシオンも低床プラットフォームですが、元々の全高も高く、室内の全高はさらに高い。全体的なデザインやイメージは保守的。そのためにオデッセイがギャンブルして、個性的なキャラクターでデビューできたのかもしれません。

追記:エリシオンのカタログはすごくイメージいいですよ。明るく、楽しい。高級なんてのはウリにしていません。とにかくエリシオン買ったら楽しそう、そんなカタログです。機会があればぜひ目を通してみて下さい。

イケイケのホンダを感じさせる内装、外装

本田技研

エクステリアのデザインは、エスティマが未来的であるのに対して、オデッセイは個性的です。しかしシンプルでも緊張感あるフロント、サイドから、旧ユーザーのことを考えてのぺっとしているリアまで、単純にかっこいいという意見が多いみたいです。
デザインレベルはエスティマと同レベル?でしょうか。でもリア周りは従来の面影を残すため、手抜きですね。

一方のインテリアも十分個性的で、凝ったデザインをしています。質感や高級感でいったら、若干エスティマに負けていますが、個性的で挑戦的なデザインはホンダならではです。ここぞという時のホンダってホントに思い切った造形の内装をしてきます。気合いが入ってます。
「ホンダ的+未来的」な内装ですよね。

さすがにデザインを重視した内装だと、配色やレイアウトが良くできていたとしても、ナビやエアコンの使い勝手はあまり良くないですね。運転中、手探りをしてしまいます。
でもまあ、あるべき所にあるべきものがあるというより、未来的な内装デザインはオデッセイを所有する喜びになると思います。

試乗:オデッセイの動力と駆動系

オデッセイを運転してみると、CVTの出来はまあまあいいです。違和感なくスムーズに発進、ギクシャク感は特になし。このCVT、ホンダのCVTながらオデッセイは排気量が大きめなので粗が目立ちません。厳しく試乗評価しなければ別に普通。何も考えなければ特に問題なく加速します。

4人乗車での加速力はセダンでいうところの1800ccクラスか2000ccクラスと同じくらい。1人2人乗車ならもう少しパワーに余裕がある。アコードセダンの2000ccを所有しているオーナーに聞けば、1人で運転して頂いたところ「やっぱり2400ccはいいねぇ」なんて感じるらしい
ミニバンは重くて鈍重なんていうのはもう過去の話かもしれない。

逆に間違っても、速そうだなんて期待してから試乗してはいけません。これはアブソルートだって一緒。パッと見、なんだか速そうなエクステリアをしているオデッセイだが、加速力・パワー的には、速いクルマではない。ちなみにドライバー含め男性3人も乗ると、ちょっともっさりというのが個人的な評価。

今回試乗したのは低価格で標準的な「M」グレード(以前アブソルートにも試乗)。これがオデッセイアブソルートのDOHC-VTEC(ブイテック)エンジンなら、比較は行っていませんが高回転で多少よくなる(速くなる)とは思います。わかりやすい違いは音や回り方といった官能性能となるため、動力性能自体は多少良くなるくらいなんでしょう。

それ以外では アブソルートはミッションが5ATになるため、ギヤ比が合わない場面も否定できないない反面、ATのトルク増幅効果により低回転での力強さは同じくらいか、トルク的には多少の余裕が生まれるかもしれません。ミッションの質感という面では大幅アップ。

子供っぽいといわれてもエンジンはやっぱりホンダ

燃費重視タイプ、高回転重視タイプ、どちらのエンジンを選んだとしても質感あるエンジン。型式は「K24A」。アイドリングや低回転時の音はうるさいし耳障りな音でもあるが、回した時の音やトルクの盛り上がり方、振動の少なさ、4気筒以上6気筒未満くらい評価してあげたい。できの悪いV6なら同じくらいの質感あるでしょって思っちゃいます。
それでいて4気筒だから燃費は6気筒より期待できる。

このエンジンに限らずホンダのミドルクラス4気筒はあまり外れがない。例えばトヨタのA型2400ccなどと比べれば、圧倒的にオデッセイのエンジンが質感で勝ります。エスティマだけでなくトヨタの2400cc主力エンジンは中国産でもあり、ちょっとブランドイメージを落としています。

たとえ国産エンジンでも、4気筒エンジンの音、振動といった質感部分ではホンダのエンジンにはかないません。
トヨタの場合は6気筒がいいからこそ、しょぼ〜い4気筒をラインナップできるのでしょう。

試乗:ボディの剛性感と足回り

サスペンションは若干硬めですが、ショックの素性は良さそうで、どちらかといえば質感高い乗り味です。やはりショーワ製のショックアブソーバーを使用しているのでしょうが、でもショーワ製のショックってもう少し乗り心地よかったような・・・。標準グレードでも多少硬めの味付けという感じがします。もしかしたらこれはボディ剛性感が足りない?

ハンドリングは、コーナーもロールしている感覚は少ない。これはミニバンにしては重心が低いという効果なのか、ロールセンターが高めですばらしいセッティングをしているのかもしれません。コーナーは本当に着座位置のちょっと高いセダン感覚です。ハーシュもまずまずシャットアウト。しかしハンドリングがクイックかどうかといわれれば、まったり傾向。オデッセイはスポーティ傾向になったというウワサだが、やはりこれはボディがペナペナなんだろうか?

大きなボコボコを越えると、フロントのサスが動いて、その後にリアサスが動いていなします。初代オデッセイのガタガタ感がまるでウソのよう。とりあえずレベルアップはしてます。しかしボディがねじれたような感覚は相変わらず。これはやはり剛性感が足りないと表現せざるをえない感じ。バン形状だと仕方ないのか?
オデッセイのボディ剛性感、雑誌の試乗レポートを見ると、良いという意見がほぼすべて。これは如何なものか?ほんとに信用していいのだろうか??
個人的にはボディが振動してけっこう不快。揺すられ感もある。ハンドリングももっさり。どう考えてもボディ剛性感がないと感じる。よくよく考えれば着座位置は低く天井も低いとはいえ、ミニバンなのは変わりなし。つまりそういうことだと思います。

またドライバーの着座位置は低いと言ってもどこかしらが高いため、段差ではけっこう体が揺すられます

結局のトコロ、外観デザインも内装デザインも立派になったオデッセイ。このイメージからすれば意外と粗が目立つ。しかし先代オデッセイからの代換えや古いクルマからの乗り換えなら、きっと乗り味も満足。総合すればミニバンとしては良いレベルといっていいはず。でも細かい違いが気になる方はやはり正当派のセダンかスポーティカー、または外車という選択肢となりそうです。

RB2型オデッセイのメーター(夜間)

試乗:総合して

オデッセイを総合して評価すると、セダン感覚というのなら、3000ccクラスのエンジンがぜひ欲しい。やはりエンジンがもう少し大きければ、”サルーン”感覚”で運転できるはず。そしてもう少し乗り心地が磨かれれば、ミニバンとしての評価も上がるはず。

まあなんだかんだいって良くできたセダンとは別物だが、ミニバンの中ではセダンライク。そしてセダンより広大なリアのレッグスペースが快適

エンジンというか加速力では、日常での一般的な加速、渋滞中の加速なら文句なし。しかし空いている道路を走るなら加速時の余裕がもう少し欲しい。またもっと低回転だけで走れる、「余裕」とか「ゆとり」も欲しい。スタイリッシュでなんだか速そうなカッコをしたミニバンがあまりにも遅いのも情けなくなってきますし、パワーに余裕が無いのはクルマに飽きるポイントともいわれる。

いや、ホント出来れば3000ccが欲しいと思わせる、(ミニバンの中では)セダン感覚で乗れるミニバン。セダンが欲しいけどミニバンを選ぶ必要がある。そういうときの選択肢としては現状オデッセイが一番です。

ホンダ オデッセイ(3代目)

本田技研

odessey (オデッセイ)

  • 試乗グレード:“M”
  • 年式:2007y
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:247万円

エンジン概要

  • 排気量:2400cc
  • エンジン型式:K24A

その他概要

  • 型式:RB2
  • ボディサイズ:4770/1800/1550mm
  • 車重:1620kg
  • 新車時価格:240万円

オデッセイの型式

  • DBA-RB1 - 標準
  • ABA-RB1 - アブソルート
  • DBA-RB2 - 4WD
  • ABA-RB2 - アブソルート 4WD
  • UA-RB1 - 標準
  • LA-RB1 - アブソルート
  • UA-RB2 - 4WD
  • LA-RB2 - アブソルート 4WD
当記事は「ヒラリー」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

オデッセイの適合バッテリー詳細


オデッセイ 3代目

RB1 - K24A 2400cc 2003年〜
55B24L

オデッセイ 3代目

RB2 - K24A 2400cc 2003年〜
55B24L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価

3
この部品点数、起伏の強い造形、複雑だけどわかりやすいスイッチ配置。ホンダ設計者の熱意や情熱を感じます。質感にはお金を掛けられないからデザインで勝負しろ、そんな命令でもあったのか?
変わったデザインながらスイッチの場所は普通なので子供っぽさは感じない。残念なのはシフトノブの操作質感。


アブソルートはブラック系の内装色になる。純正ナビをオプション装着しない場合には、ナビパネルは手が届く位置に配置される。オデッセイならぜひ純正ナビを装着したい。


上級グレードはナビ標準。価格は約300万円。


ステアリングスイッチ。右側はクルーズコントロール。


ステアリングスイッチ。左側はオーディオコントロール。


オデッセイアブソルートのアルミペダルは滑り止めゴム付き。アクセルペダルは滑る必要性があるはずなので、試乗時は要チェック項目。


多くのタワーパーキングに対応する全高とのこと。

ステアリング

この次の方になるRB3オデッセイの内装。イメージは大きく変わってはいない。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。