「N-BOX試乗」P2/運転感覚と乗り心地、静粛性など快適性

自動車購入の比較と評価・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2016年記事 ホンダ N-BOX
著:桃花&ヒラリー男爵)

N-BOX・試乗インプレ「2」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車は、ホンダN-BOX(エヌボックス)型式JF1。年式は2015年式。グレードは“ターボ無しのG”。広いだけじゃない?軽自動車No1も記録するN-BOXの魅力と長所短所など。

当ページは2ページ目です。「運転感覚と乗り心地、静粛性など快適性」などを掲載中。

N-BOXダッシュボードN-BOX内装・運転席
ホンダ
  • グレード:“G Lパッケージ”
  • 型式:JF1
  • 車両価格:127万円
  • デビュー年:2011年

試乗:ドライビング感覚

N-BOXのドライバーズシートはハズレクジじゃないw 市街地ペースに限ればだけど、この手の軽自動車では珍しく、運転している感覚が強くて楽しいし苦痛じゃない。
同じホンダでもバモスとは全然違うし、タントとも違う。ライバル比較ならここはN-BOXの大きな長所。

乗用車に近いハンドリング感覚

ハンドルハンドルを握るとまず、クイックなステアリングギヤ比なんだろう、というのが伝わってくる。少しハンドル回しただけでタイヤが大きく切れる感覚の持ち主。そしてやはり軽自動車だから、着座位置やサスジオメトリーなどから来る敏感さがあって、全体としてちょっと敏感すぎなくらい

ハンドルの回し心地は軽い。微低速時ではこの軽さと上記のような反応が合わさり、試乗スタッフは”軽いというよりスムーズ”と表現したい印象を受ける。
軽くて反応無いは本当に安っぽいからね。

N-BOXのディメンションから想像できるのは、ハンドル操作しても反応遅いモッサリ感。 実際にそうした部分もあるんだけど、上記2つの感じが上手く合わさって、舵角の小さな領域では反応良し

それから切ったハンドルを戻す時、完璧じゃないけどここも乗用車に近い。普通に中立に戻る感覚がけっこうある。具体的には舵角45度以上の時なら、概ね不満のないフィールを返してくれる。
ダイハツとか三菱とか軽トラックみたいだったりするでしょ、それより全然良い。

これら合わせると「軽いけど立派な回し心地。だけどちょっと丁寧に操作してね!」となる。軽自動車の運転になれていると、ラフな操作が身についているかもしれない。それだとピョコピョコしてしまう可能性。N-BOXはもっとクルマと対話しながら走ると面白い。

実際に曲がる感覚

フロントタイヤ以前、同世代のムーブを”フロントの質感が高い”と評価させて頂いた。でこのN-BOXも、フロントサスの質感高さは近いモノがある。
柔らかすぎないけど初期に動いてくれるんだよね。かといってデイズのようにグラグラ感が強いわけでもない。

時速60km以下限定なら、全然走りやすい

時速60km以下に限定すれば、ハンドルの切りやすさは十分=走りやすい。着座位置の高さから揺すられる時は揺すられるけど、背が低いムーブに近い走りやすさがあるんだから、N-BOXは立派でしょう!ハイレベルなムーブに近いんだよ!こっちの方が良いってなるわけだ。

基本的に同じクルマと思われるN-oneと比較しても、N-oneはサス固すぎでこの走りやすさはない。持てる質感をちょっと無理しちゃってるんじゃない?
さらにコンパクトカーと比較すれば、チマタで評価の高いデミオ・ディーゼル、確かにペース良く走れるけど走りにくい。ハンドル回し初めは神経使う。ここに関してはデミオの方が偉いなんて事はないよ。N-BOXに足向けては寝られませんw

筆者含め当HPスタッフが、同世代同系統の軽自動車でもっともハンドル切るのが好ましいと考えるのが、日産デイズルークス。詳しくはリンク先の試乗レポートページでぜひ。

気になった点は三つ

ハンドルを中立に戻す時は特に、ラフな操作を受け付けてくれない。同乗者が居る時はゆっくりと戻せる走行ラインを考えて、丁寧にどうぞ。

それと、大きく切ると”敏感に反応してくれる時と反応が無くなる時”があって、どんな時にどうなのかわかならかった。タイヤ空気圧がちょっと高い設定なのかもしれないが、このあたりは気持ち悪く感じる部分。

質の良いフロントサス。一方でリアのショックアブソーバーは今一つ。フロントがスルッとゆっくり動く出すのに対して、リアは2テンポ以上遅れてグラッとくる。本当はジワッと動いてくれるか、1テンポ遅れるくらいならベスト。

参考:ムーブ試乗レポート(la150s) / デイズルークス試乗レポート(B21A) / デミオ・ディーゼル(DJ5)

直進安定性について

シャシードライバーが無意識にクルマが真っ直ぐ走る性能が直進安定性。N-BOXのそれは「単体でちょい悪」、「総合で並」と評価したい。

どういうことかといえば、ハンドルを握る手からソッと力を抜いてる状態、この状態での直進性は低い。
しかし、微調整しやすいステアリング中立付近、自車位置が掴みやすい車両感覚の良さ、さらにボディの絶対的な小ささにより、試乗中困るような事はなかった。

今後もっと進化してくれることだろうけど、N-BOXなら現状でもそれなりに十分。

平均速度が高い場合はちょっと不安

メーター読み65km/hを越えた辺りで、ステアフィールに変化を感じ始める。少し反応が悪くなって、80km/hでは明確にステアレスポンスが悪くなる

これは少し大きいクルマだと例えばノア/ヴォクシー、時速110km辺りで感じられる。だから高速道路を制限速度で走っていれば問題なし。N-BOXだとハイペースな通勤とかドライバーによっては”やっぱり軽”と感じるかもしれない。

試乗:快適性

N-BOXは変に無理してないから市街地での乗り心地が好印象。これも売れてる理由じゃないのかな。具体的にはタントより固めのサスペンションなのに、細かなボコボコはすこぶる得意。この領域で優れたシートも効いてる。だから普通の道でよくある、多くの場面が得意な場面になる。

乗り心地

リアタイヤフロントシートに座っている時、減速を促す小さな段差とか細かなザラザラは滑らかにクリア。フロントサスはショックアブソーバーの質やセッティングの良さを感じさせてくれる。
ガツンと衝撃が来るような段差や、舗装を剥がした工事中の路面では柔らかなタントの方がマイルドだけど、基本的に出会う場面は少ないワケだから、好ましいのはN-BOXとなる。タントのフロントサスも全然立派なんだけどね。

またN-BOXもタントもそうだけど、フロントシートに座ると妙にリアサスのゴツゴツを感じることになる。リアが渋い!となるわけだ。

実際には荷物満載した時も考えられてるわけで、仕方ない部分もあるのだろうが、極端にリアサスが軽視されているのはちょっとした不満。

するとリアシートの乗り心地は悪いのか?

実際にリアシートに座ると、乗り心地は想像ほど悪くない。ゴツゴツしてるのに伝わってくる衝撃は小さめ。やはりここでもシート座面の良さが効いている。N-BOXの”シート”はリアシートまで印象が良い

だから足下のフロアと、肘を置く部分、ここはけっこう衝撃がある。また後述するが肘を置ける部分はボディ側にえぐれたタントがメチャクチャ快適。N-BOXは普通の作りで、横幅の狭さを強く感じる。

静粛性

N-BOXの静粛性を評価させて頂くと、大きいのはフロントからの静粛性の高さ。ダイハツと比較すればエンジンノイズが非常にマイルド!ダイハツはエンジンノイズがガラガラとチープだからね。それからスズキと比較すれば低ギヤでの唸り音がマイルド。アクセル全開にすれば一緒だけど、Lレンジで唸りにくいという面もある。

乗用するエンジン回転数が高い軽自動車では、機関からのノイズが最も気になるノイズ。ここが静か、またはマイルドに仕上げられているN-BOXは上手い。まるでホンダのクルマじゃないみたいだw

リアやフロアからの音は特筆すべき部分がない。評価は普通。だからリアシートに座るとやっぱりうるさい。加えて前席までの距離が遠いから、会話は元気よくw 前席の人は気を遣って、大きな声で話してあげて下さい。

カウルトップ裏側リアホイールハウス

画像左。エンジンルームから見たカウルトップの裏側。オマケ程度というには立派すぎる遮音材が張られている。

画像右。リアホイールハウス内の内側。全体は金属だが一部に樹脂カバーが付いている。ここを跳ね上げた雨水が当たる場所と仮定すると、雨の日のスプラッシュノイズ低減を狙ったモノと予想できる(効果は未経験)。

ドラポジと視界

ハンドルドライビングポジションはよいポジションが取れない。試乗した男性2、女性1のスタッフ計3名がみな、”疲れる”とか”違和感”などを口にした。

これはN-BOXだけじゃなくて多くの軽自動車で同じ傾向。スペース効率優先でワリを食ってるのがドライバーの運転姿勢かなと。現状、仕方なしと思うしかない。

実際に運転席に座ればすぐにわかるんだけど、「足から合わせるとハンドルが遠い」、「手から合わせると足がキツイ」となる。どちらも微調整を難しくしたり、緊急時の操作などもワンテンポ遅れて後手後手になってしまう可能性。

ポジションを完璧に調整するならシートバックを起こすことになるけど、極端に変な姿勢となる。前屈み過ぎて笑ってしまうw これじゃブレーキ操作で体重乗っちゃうよ。
ハンドル回すのに必要なチカラは軽いから、手を遠目に取るのが普通かな。

センターアームレスト

写真のアームレストは軟質。一手間掛かってていいね!なお、ジュースは入らなくて、体をホールドするのに使いにくく、ハンドル切る時に邪魔になる効果もある。

単純に助手席との仕切りって感じだね。あと、渋滞中にメイク直し、コスメグッズ置くのにちょうど良かったり。

運転席からの視界

走行中、左右のピラーが邪魔になる事は最小限。交差点でも普通のコーナーでも、これくらいイージーに斜め先が見通せれば文句なし。

Aピラー左Aピラー右

着座位置からするとインパネ全体はかなり低く、身長160cmの女性ドライバーでもシートリフターは一番下で大丈夫だった。包まれ感はない反面、複数のドライバーが場合にも高さ変えなくていいから便利。

またフロントウインドーは大きく感じる。バックミラーはほとんど視界から避けられ、気持ち良い視界。その分、意識しないとバックミラーは確認出来ず

フロントウインドー1フロントウインドー2

画像左、大ざっぱだけど単純に前を向いてる時の視界。

画像右、意識してバックミラーを見ようとするとこんな感じ。無意識に、もしくは頻繁にバックミラーを確認するドライバーには不都合。面倒で後ろを確認する頻度は減ってしまう。バックミラーはタントでも避けられていたがココまでじゃなかった。これをちょっとと感じるならタントという選択肢。

個人的にはイキオイというか決断というか、やるならやっちゃおうというN-BOXの姿勢に魅力

バックミラー

サンシェード、大きなタイプだけどちょっと役不足。他車では2段階に伸ばせるタイプもあったがこれは普通に下ろすだけ。

身長高いドライバーでもバックミラーの後ろは大きな穴。こうしたクルマこそ、ここにサンシェードが欲しい。「意味ないだろw」ってクルマほどココにサンシェードあったりするからね。

N-boxメーター(昼)N-boxメーター(夜間)

ブレーキとアイドリングストップ

ペダルブレーキは軽くマイルドな効き心地。ドラポジ的にどうしても足がきつめになっちゃうんだけど、それに合っているというか、もしかしたら偶然なのか、はたまた個体差か? ダルな部分が逆にナイス。

絶対的なブレーキ性能としては、ゾクッとするほどの減速力はない。タイヤ銘柄や高い空気圧によりグリップ力が低そうだ。といっても、リアシートで60km/hからの強いブレーキを味わえば、体が持っていかれる状態になる。足だけじゃ踏ん張るの大変。足下に転がりたくなるw
フロントシート遠いからアシストグリップ常時握りっぱなし?可能ならシートベルトを装着したい。

アイドリングストップはクルマが停止する前にエンジンストップするタイプ。これにより、停止直前のブレーキフィールに変化が出る。わずかだけど動力切れるわけだからね。すると微妙にブレーキ抜いて停止するのが難しく、気を抜くと停止直前にエンジン始動してしまうw 燃費重視ならガツンと停止した方がいいかも。

再始動はやや時間掛かった。早いといわれるマツダ車と比較し、体感的にキュルという音1回分程、遅い感じ。
それから今回、エコモードOFFでは1度もアイドリングストップしなかったのもご報告。

ホンダ N-BOX

本田技研

N-BOX

  • 試乗グレード:“G”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2015y
  • 車両型式:JF1
  • 新車時価格:127万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
桃花ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。