「N-BOX試乗」軽自動車比較・辛口の評価評論

自動車購入の比較と評価・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2016年記事 ホンダ N-BOX
著:桃花&ヒラリー男爵)

N-BOX・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車は、ホンダN-BOX(エヌボックス)型式JF1。年式は2015年式。グレードは“ターボ無しのG”。広いだけじゃない?軽自動車No1も記録するN-BOXの魅力と長所短所など。

N-BOXダッシュボードN-BOX内装・運転席
ホンダ
  • グレード:“G Lパッケージ”
  • 型式:JF1
  • 車両価格:127万円
  • デビュー年:2011年
  1. このpage - N-BOX試乗「1-1」・エンジンとミッションの印象
  2. 分割page - N-BOX試乗「1-2」・運転感覚と快適性
  3. 分割page - N-BOX試乗「1-3」・内装の質感と注目点
  4. 分割page - N-BOX試乗「1-4」・ラゲッジスペースと細部、評価総合

ホンダの大ヒット軽自動車N-BOX

N-BOX

2011年にデビューし、現在までに2回も!年間ベストセラーに輝いたというホンダN-BOX。背が高くて上に広いタイプの軽自動車で、それを生かしたリアシート足下だって広い。そして同じように背が高いバモスやアトレーワゴンと比較すれば圧倒的に乗用車。リセールも期待できる人気のタイプですね。

車両価格は約120万円〜。この価格のグレードでも意外に装備充実してて、贅沢言わなければ割高感は最小限。

N-BOXを極論すればタントのホンダ版なんでしょうが、試乗すれば全然別物。ハンドル握って感じる立派さはN-BOXが上。それ以外でも違いはいろいろあって、ならではの良さが感じられます。
N-BOXとタント、同じように見えるこの2台も実は特徴が違うから、選ぶ楽しみは他のクラスとなんら変わりなし!見るポイントがハッキリしていれば、趣味性が重視されたクルマと同じように楽しくクルマ選びができると思います。

試乗車概要

今回の試乗車は、N-BOX「G」。下から2つ目のグレードでターボ無し、ミッションはCVTで車重はカタログ値950kg。車両価格127万円。2015年式で現在までの走行距離は約2000kmと、ちょうど最も美味しいところ。

今回クルマのキャラクターを考え、日常的な道に絞って試乗。時間が許す限り、様々な日常走行をシミュレートしながらドライブ。乗員は女性スタッフを含む最大3名です。

相対的な比較対象には以前試乗したタント、ディーラーでみたデイズルークス/EKスペース、その他N-oneやダイハツ、スズキの各種軽自動車。スペーシアには未試乗です。

クルマのキャラクターを端的に

リアクオーターこの手のクルマはつまらない??いえいえN-BOXは違います。運転している感覚強いし、ステアフィールはちょっと神経質な部分もあるほどクイック感が強調されています。ハンドルを回す感触だって気持ち良いレベル。大きく見えるボディデザインだけでなくて、ドライバーが良いと思える点がいくつもあるんです。

キャラクターは立派さを感じやすいタイプ。それでいて市街地の快適性もバッチリ。大げさでなく60km/h以下ならフィットより快適かと。これは運転すればすぐに、売れてるのもなるほどと思いました。

立派感と相反するのは気軽さ、と仮定しキャラクターを表してみます。

日産/三菱 > ダイハツ > スズキ > ホンダ

左ほど気軽に”ちょっとそこまで”というタイプが多く、右ほど軽自動車ばなれした”上級車感覚”を持つ車種が多い印象。この中でN-BOXはスズキより。最もバランス良いと思えるワゴンRに近い感覚ですね。
同じ「Nシリーズ」でもN-oneは1番右。プレミアムな軽を目指したというけれど、逆に軽自動車の得意とすべき部分にクエスチョンマーク。

つまりN-BOX、クルマを運転している感覚があって運転席はアタリ席。しかも市街地での乗り心地も悪くない。乗り込んでエンジン掛ける瞬間から重ったるさはあるけれどその分、走り出しちゃえば高評価な部分がたくさん。

試乗:エンジンと加速感

エンジンルーム軽自動車であるからエンジン排気量は他車と横並びの660cc。そして試乗車はターボ無しで車重950kg。誰だって厳しいんじゃないと思ってしまうこの条件で、N-BOXのパワー感は予想外に高かった!

もちろんアクセル全開にすれば予想通りの加速力。普通に遅い。しかし中間領域では上手く力強さと落ち着きがミックスしている。ほんとにエンジンが力強いのかもしれないし、ミッション含むセッティングが凄いのかもしれない。
後述するがゆったりとした特性のCVTなのに、なぜかグイっと加速できる印象。間違ってもキビキビさはない。それでいて力強さを感じる。

ちょうど手元にあるミラココアやムーブと比較すると、そっちはシュビンと回転上げてキビキビ感を演出。その分飛び出し感あってしかも慌ただしい。N-BOXはもっとジェントル。アクセル操作もゆったりしている。

また手元にある三菱アイ(4AT)。車重が軽かった4AT世代の軽自動車と比較してもパワフルなのはN-BOX。速いクルマをお望みでなければ動力性能に過度の心配はいらないんじゃないかな。

落ち着いたタメのある加速開始

N-BOXの大きな特徴のひとつが、落ち着いたアクセル感覚。軽自動車の例に漏れずスロットル特性は早開き。なんだけど、踏み始めに少しタメがあって、ジワッと加速力が立ち上がる。”ガツン”と意図しない加速力が掛かることがないから非常に安心してアクセルを踏める。不要な神経も使わない。

ドライバーによっては反応悪いと感じるかもしれないが、クルマの特徴を考えればこれは長所。遅れてドカンと来るわけじゃないから。たしかに空ぶかしすればレスポンス悪い。でも乗りやすいという事実の方が重要でしょう。

車内に伝わる振動は少ない

体に伝わる振動の少なさ。これにも驚いた。ここはもうね、手放しで褒めたいレベル。軽自動車だけでなくコンパクトカーまで含めて全然良い!

筆者(ヒラリー)は軽くハンドルに触れるように運転するんだけど、すると振動が気になるクルマだと手がしびれる感じになる。結果、強く握ったりになっちゃって、クルマの動きがわかりにくいし、疲れるし、すぐに運転したくなくなる。

エンジン振動のシャットアウトはハンドリングなどとトレードオフもあるわけで、事情があるのかもしれないけれど、何よりまず!このレベルの低振動を望みます。

試乗:ミッション

ミッションはCVT。一口にCVTと言っても、メーカーなり車種なりで非常に大きな差がでる部分。セッティングという部分で本当に様々なタイプがある。クルマとマッチしていなければ乗りづらいと感じるし、ドライバーの好みもあるだろう。クルマ全体の印象が非常に変わってくるとても大きな部分。

シフトセレクターN-BOXのCVTは穏やかに変速するタイプ。ゆっくりジワッと踏み込んでいった時はゆっくり変速し、素早く踏み込んだ時もそんなにスパッとは回転を上げない。踏み込む速度に合わせてという感覚が強く好ましい

またDレンジで走行していれば、低い回転数から加速しようとする。そこでドライバーが”もっとパワーが必要”と、右足に力を入れ始めると、パワー不足を感じる前に回転を上げてくれる。
ここが有段ミッションだと、パワー不足のままアクセル開度が大きくなるか、ギヤを1段下げるか、という選択肢になるわけど、N-BOXのCVTはそこがうまーくセッティングされていて、絶妙なマイルド感で、不足も唐突も感じさせずに加速できる

N-oneではもっさり感が強いと感じたCVTも、クルマが変われば全然印象が異なる。全体でのマッチングってやっぱり需要と再確認。

もちろん欠点も無いワケじゃなくて、やはりモッサリしているのは確か。もっとキビキビという方も多いだろう。筆者も1瞬を争う場面では瞬発力が欲しいと思う。そんな時って、Lレンジに下げてる時間はない。
それからアクセルOFF時のレスポンスの悪さ。日常からアクセル開度が大きくなりがちな小排気量車では、特に空走感を感じやすい。ワインディング走るならココで左足ブレーキ当てるなんてのも有りだけどね。


CVTの「穏やか」という点について、N-ONEのページでは変速が遅いと表現させて頂いた。これがクルマとのマッチングから受ける印象の違い。N-ONEのサスはなんでカチカチなんだろう?同じ特徴もクルマ全体のバランスで使う言葉は自然に変わるモノ。行間を読むという事でご容赦ください。

N-boxメーター(昼)N-boxメーター(夜間)

試乗時の燃費

燃費

試乗中に100kmほど、燃費を意識して走行してみた。走行パターンは夜間21時〜0時。信号あるが流れの良い道をメインに、アップダウンがある道も一部含む走行。ドライバー2名が往路を半々で走行。

結果は「99.7km走行の区間で燃費はメーター読み17.6km/L」。まずまずという結果になった。

他車では燃費スペシャルなミライース、だいたい同じ道で20km/Lオーバーが表示された。この時は20km/Lを越えた時点で燃費重視運転をやめたので条件は異なるが、およそ2割ほどの違いがありそう。

またこの後、コンビニで30分くらい撮影や休憩していたら(ヒーターON、ACはOFF)、表示はあっという間に15km/L台に悪化した。排気量小さいからといってアイドリングもバカに出来ず

ホンダ N-BOX

本田技研

N-BOX

  • 試乗グレード:“G”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2015y
  • 車両型式:JF1
  • 新車時価格:127万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:S07A

その他概要

  • 車重:950kg
  • 発売開始時期:2011年

車両型式

  • JF1 - FF
  • JF2 - 4WD
当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします
桃花ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

N-BOX

JF1 - S07A 660cc 2011年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

普通の軽自動車用エンジンだが音質は耳障りじゃなくマイルド。

駆動系質感 5段階評価

ゆったり&もっさり系、でもクルマとのマッチングはいい感じ。

足回りの質感 5段階評価

フロントサス、軽自動車全般でレベル高い。

内装の質感 5段階評価

N-oneなどの方がまとめ方が上手いかな。

外装の質感 5段階評価

でかく見えるはそれだけで一つの魅力。

快適性 5段階評価

ちょっとうるさいけど、立派感高い。

シートの良さ 5段階評価

弾力あってシットリもしてて、相変わらずハイレベル。

お買い得度 5段階評価

買うならぜひ欲しい電動スライドドア。そこが惜しい。



センタークラスターの小物入れ、ゴムっぽい素材のマットが敷かれる。



中央の白いリング部分は走行中、白〜緑に変化。


ドアミラーの操作などは一般的なタイプ。迷うことはない。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。