ミニバン/ワゴン「フリード」・試乗比較と評価、新車と中古車

自動車購入の比較・ホンダ-メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 ホンダ フリード
著:ヒラリー男爵)

ホンダ・フリード・試乗インプレッション「1」

当ページで取り上げているのは、ホンダ・フリード(GB3)、グレードは「G」。フィットベースのミニバンタイプです。若干割高な価格でもそこそこ人気だったモビリオの後継車。モビリオから続く特徴はボディサイズの割に広めの車室内スペース。モデル途中からはハイブリッドモデルも登場しています。

ホンダ
  • グレード:“G”
  • 型式:GB3
  • 車両価格:165万円
  • デビュー年:2008年5月
  1. このpage - フリード簡単試乗「1-1」・概要と乗り心地キャラクター
  2. 分割page - フリード簡単試乗「1-2」・ボディサイズや価格、ボディカラー
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な印象を言葉に出来るよう心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

どんなクルマ?

ホンダ

フリードのポジションはモビリオの後継車。いかにもなワンモーションフォルムで質感向上し、またキリッとしたフロントマスクでワンランク上の車格感を持つボディデザインが特徴。
シートタイプは5人乗りまたは7/8人乗りのコンパクトミニミニバンで、ベースとなるのはご存じフィット。

3列シートのクルマとして必要最小限といってもいいディメンションながら、ホイールベースはかなり長め。それによりパッケージングはハイレベル。トヨタの同ジャンルのクルマ、シエンタなどより多少以上に広い室内空間を持ちます。
こういったジャンルのクルマは、絶対的に大きい方が使い勝手がいいのは当たり前ですが、小さい方に知的さを感じる趣味趣向に合わせたのがフリード。3列シートが欲しい。そして必要最低限という言葉に美徳を感じるなら、ちょうどいい選択肢になります。

ボディデザインが一つの特徴

フリードの外観デザインは特別変わったデザインではありませんが、このシャキッとして嫌みのないスタイルが特徴。例えば先代となるホンダ・モビリオと比較すれば、高級感を感じさせるデザインになったのは一目瞭然。ワンランクどころかツーランク質感アップ。またトヨタのコンパクトミニミニバンに属するクルマ、シエンタなどがありますが、それらと比較してもフリードの方が高級に見えるデザインでしょう。実用車でも人より新しいセンスで購入したいと思うモノですね。

今までこのジャンルのクルマでは、人畜無害なスタイルが基本。質感は2の次。積極的に格好いいと思って買える車は皆無だったわけです。

そこでこのフリード。好みさえ一致すればボディデザインも納得して買うことができます。
奇をてらわず万人受けするサイドのシルエットには、強いキャラクターラインが入り、トラッドなグリルにキリリとしたヘッドライトは、ワンランク上のクルマといっていい雰囲気。少なくともコンパクトカーで取られるデザインとは異なっています。

絶対的に小さいクルマのため、フリードもリア周りは妥協&手抜きで細部のこだわりが感じられないのは残念ですが、「第一は出来る限り室内空間を重視」といった目標に忠実なデザインだと思えば、自然と納得できるデザインです。

内装のイメージと質感

内装のデザインはベースのフィットとは全く異なるデザインで、フィットとはしっかり差別化されています。パーツの質感はフィットと同程度ながら、インパネにフラットなパネルが広く取られているために、プラスティック感が強調され、質感は低く見えます。
面積広いと目立っちゃうというわけです。

さらに、液晶表示部が少ないエアコン情報部、つや消しのような地味な色合いのスイッチ。気にしなければなんてことないかもしれません。ただ気にする人なら別のクルマを選んだ方がいい

ホンダのディーラーは現在、あらゆる車種を取り扱っているので、いろいろなクルマの内装がチェックできます。例えばホンダ・フィットシャトルなんていうのも、似たようなキャラクターのクルマです。

試乗:エンジンとパワー

エンジンは4気筒1500ccの一本。ホンダのエンジンの例に漏れず、同クラスライバル車より振動は少なめ。ただライバルと比較してとっても優れているわけではなく、ちょっとだけいい、そんな実用エンジン。
(4気筒2000ccクラス以上ではホンダのエンジン、かなり印象いいのが多い)。

車重は1280〜1300kgと、ちょっと重め。トヨタ・ウィッシュが1800ccで1360kg、同排気量ストリームが1400kg前後ということを考えれば決して軽くない。
しかし2人乗車なら全然普通に走ってくれるので心配はいりません。アクセルペダルに対するスロットル開度特性とCVTでなんとかなっちゃってる。

またミッションはCVTですが、感覚的に自然。アクセル踏み込んだときにエンジン回転が先に上がってキープされるような状態は最小限。これはフィットにもいえることながら、ホンダのCVTの利点。
嫌われ者といわれるCVTですが、人間の感覚に近いものなら問題は最小限。試乗される際は出来る限り多くの運転パターンで試乗してみて下さい。

ホンダのCVTはCVTオイルの交換が性能に直結しているといいます。クラッチの構造上スタート時にギクシャクするクルマもある。試乗車の状態によって評価も変わるので、疑問を感じたら営業マンに確認した方がいいです。

試乗:乗り心地とステアフィーリングなど

多人数乗車モデルは乗車人数によって大きくイメージが変わります。以下は2人乗車の場合にて。

フリードの乗り心地

乗り心地は固め。これは、幅が狭くて背が高いというフリードのディメンションを考えれば、仕方ないものなのかもしれません。決して快適でないのはどのミニバンでも一緒。アルファードだって乗り心地は悪いです。
フリードは小さい分だけひょこひょこし、あまりずっしりとはしていない。(速度を上げるほどハッキリする)。ただ意外と重さがあるのでコンパクトカーよりは落ち着きがある。総じてクイックに動くという評価もできるが、ゆったりと移動できるわけではない。

乗り心地に関しては、背が高くて横幅狭くて全長も短ければ、しょうがない部分もあります。初期振動は柔らかいゴムで吸収なんてすると、走っている実感のないクルマになっちゃいますから。
それ以外にもコストや車格との兼ね合いだってあるはず、だからモデルチェンジしても一気に解消されるものではありません。このクラスの乗り心地が良くなったとすれば、今度は高級なクルマが売れなくなるという問題をメーカーは抱えるわけですから。

ハンドルを切った感触

ステアフィールはなかなかに自然。電動パワステが一般的になってから、違和感多かったり、いただけないフィーリングだったり、路面の感触がなかったり、上質だけど運転してる感覚が希薄だったり・・・。

つまり納得できる電動パワステは皆無だった。そんな中でホンダは2代目ストリームで一つの答えをだし、ようやく、こういうのもいいね、と思えるようになってきた

ハンドリングは、通常では急にグラッとロールすることがないため、クネクネ道をよく走る人にはラクだと思います。ロール剛性が高めです。スタビライザーが固いのかアライメントのセッティングがロールしにくい設定なのか何なのかはわかりません。あまりロールしないクルマがラクというのは今風の考え方。
雨の日や雪の日、あまりロール剛性高いと神経使いますが、いくらなんでもそこまで固くはないので心配はありません。

乗り心地、ステアフィール総合

ということでフリード、箱形でハイトワゴンという、この手のクルマですから乗り心地にはある程度の妥協が必要です。それからブレーキングでフロントが沈みやすく一気に戻るのも、後ろに人が乗ってなければ仕方ないところ。トヨタ・ウィッシュなども同じような感じで、サスの固さから想像する以上にフロントが動くと、ちょっとビックリ。ただこれに関しては同じ箱形でも、上級ミニバンならけっこう良くできています。


フリードスパイクは2列シート ラゲッジには多くの小物収納スペース ただし利用すると、カタカタ音がする。

ホンダ車の走る感触は2タイプ?

ホンダという名前から想像するイメージってホント面白いほど人それぞれ。同じように車種ごとに走る感触が大きく違ったりもする。
ブランドイメージは統一感あるフロントマスクに任せ、走行キャラクターは個々のクルマに合わせて最適解を求めるって感じなのかな。

フィット系のモデルってどうも走りにくさを感じるし、直進安定性もダメダメ。助手席に乗って不安感を感じるほど。それでいてみなサスペンションは固め&ピョコピョコ系。

一方でストリームなどシビック系では、走りやすさも上質感も考えられているように感じる。まだ電動パワステが出たての頃、ストリームのステアフィールはライバルより大きく好ましいモノだった。油圧パワステと間違ってしまうような感触。回した感触が似ている。電動パワステがEPSと呼ばれたアコード/トルネオもそう。

筆者的にホンダといえば、ここぞという部分にはこだわってモノ作りをするという印象。本気の時のホンダって、わかりやすい魅力が凄いし、CMだって積極的にイケイケ。
そのぶん手抜きされる部分もよく目立つ。当たればドンピシャいい買い物。外せば気に入るように車に合わせなきゃ

ホンダ フリード

ホンダ

freed (フリード)

  • 試乗グレード:“G”
  • 型式:GB3
  • ミッション:CVT
  • 価格:165万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式:L15A

その他概要

  • ボディサイズ:4215/1695/1715mm
  • 車重:1280kg
  • 発売開始時期:2008年5月
  • 新車時価格帯:164〜249万円
当記事は「ヒラリー」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

フリード

GB3 - L15A 1500cc 2008年〜
42B19L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
パッケージング 5段階評価
お買い得度 5段階評価


フリード標準タイプ


フリードハイブリッド


チタン調カラーステアリング


FF車はCVT、4WD車は5AT


クルーズコントロールはステアリングスイッチ


大きなサンルーフ

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。