フィットシャトルハイブリッド・P2/乗り心地など快適性

ホンダ・メーカー別の特徴と自動車評価
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 ホンダ
フィットシャトルハイブリッド)

フィットシャトル・ハイブリッド 試乗「2」

間違いいっぱいの自動車選び、ホンダ・フィットシャトル(GP2)の試乗レポート。グレードはハイブリッドのスマートセレクション

当ページは2ページ目です。「静粛性や乗り心地など車内快適性」などを記載。前ページからの続きになります。


  1. 分割page - フィットシャトル・ハイブリッド「1-1」・特徴と試乗感
  2. 分割page - フィットシャトル・ハイブリッド「1-2」・乗り心地など快適性
  3. このpage - フィットシャトル・ハイブリッド「1-3」・ライバル比較や総評

ハイブリッドでないガソリンモデルはこちら!フィットシャトル試乗・評価と比較

ホンダ
  • グレード:“スマートセレクション”
  • 型式:GP2
  • 車両価格:193万円
  • デビュー年:2011年

フロントシートでの快適性、良くなった!

前席ドライバーズシートに座ると、素のフィットより静粛性が上がったのがわかる。筆者の主観では、風切り音なんかはこんなものか、と感じられるようになった。つまり良くなったって事ね。人間の体は音を吸収するから、4人乗車すればフロントシートは一段と快適に。

またシート形状、初代フィットのように余裕を感じる大きさも肩部分のサポートも無くなった。初代フィットのシートは意味わかんないほど丈夫まで大きかった。しかしこのフィットシャトルだってそんなに悪くない。コンパクトクラスの平均よりいい。
全神経を集中されて運転、なんて一生懸命走ればちょっと不満も出るが、何も考えずに普通に利用する分には過不足無し。クラス内では良いと評価出来る。シート表皮だっていい感じだし、機能的も滑りにくさを感じた。
(夜間走って試乗の次の日、腰が痛かったがこのクルマによるものかわからず。Hな意図はないよぉ。他車とも比較試乗したってだけ)

風切り音は低減、シート表皮も良くなった。リアシートと比較すればドタバタ感も少ない。ダメなのはどこか?やはりタイヤからの音かな。エコタイヤによるタイヤ性能ということも考えられる。

リアシートの快適性、良くなった!

リアシートに乗ると、フロントシートより固いサスペンションを感じる。やはり実用性重視のワゴンだと、リアは固いのかな。それでも、普通のフィットより快適。ドタバタポンポンと跳ねることは跳ねますが、落ち着き感がアップしています。

全体的にはフィットならではピョコピョコ感がダイブ低減されています。このあたりショックアブソーバーが変わっているかもしれないし、剛性アップと重量増の効果なのかもしれません。ボディ剛性に関してはなんとボルトを何本も追加したとかいうハナシも。

以下、再試乗の際に真逆のことを感じたので大きく修正です。

単純に荷室分が延長されたのに直進性だって悪くない
※ここ大きく修正。改めて試乗すればやはりよくはない。試乗車の状態による差も少なからずあるのかな。

もとのフィットは高速道路でフラフラしやすく助手席に座るのが苦痛で苦痛で・・・。
※これは間違いありません。ドライバーにもよる。

いやフィットシャトルはその分お値段も高いので当然と言えば当然だが、トヨタや日産だったらこんな補強をしたかどうか怪しい。
※現在のトヨタ車や日産車、ホンダ以上に真面目に作られていると感じる事、多々あります。むしろホンダって真面目じゃないような。

タイヤの音はちょっと・・・

リアシートでの静粛性は、1500ccのワゴンと考えれば十分普及点。ただし、タイヤの音は標準的にうるさい。静粛性を強化したとアナウンスして、音を吸収する人間が4人乗った状態で標準レベル。ホンダ車の静粛性ってこんなもの??

4人乗車でリアシートに座りました。人が多ければ車内のイズは減ります。人間は様々なノイズを吸収します。だから乗員分、発泡スチロールを詰めたようなモノ。

試乗車のタイヤ銘柄はミシュラン・エナジーセイバー。率直に言ってあまりいいタイヤではなく、しかもエコタイヤ。これが原因かもしれません。ディーラーの営業マンに確認すると、お出ししているクルマは現在のところこの銘柄だけだと思うとのこと。
もしフィットシャトルの購入を真剣に考えているのなら、タイヤ銘柄は確認した方がいい。年次改良とかでも変わることがあります。

フィットシャトルハイブリッドの名誉のために書けば、フィットシャトルのリアシートはまんまコンパクトカーレベル。誰もがうるさいと感じるレベルでしょう(シャトルのページには騒音計チェックの参考数値も記載)。実際同じ日にノリ比べて比較した訳じゃありませんが、それと比較すればシャトルハイブリッドの方が静かだと思います。

ブラック x ブラウンの内装色

コクピットの各種スイッチ

スイッチ1スイッチ2

コクピット周りのスイッチについて。なんとなくでも見ておけばディーラー試乗にお出かけの際に役立つかもしれません。

写真左はエアコンのスイッチが8つ、4x2のカタチでレイアウトされています。機能的には風量や温度など一般的なもの。このスイッチ、触り心地は極悪ながら、運転中でも操作がしやすいんです。
スイッチ自体が比較的高い位置にあるのが一点。スイッチごとに切れ目に区切りがあるのがもう一点。これにより指先の感覚で押す場所がわかります。縦方向のミゾは工作上のチリかもしれないけど長所。

写真右、「1」の部分はドアミラーのコントロール。「2」のスイッチは左から横滑り防止装置OnOff、エコモード切替、ヘッドライト光軸調整。となっています。

ホンダ フィットシャトル

ホンダ

fit shuttle hybrid
(フィット シャトル ハイブリッド)

  • 試乗グレード:“スマートセレクション”
  • 年式:2012年
  • 型式:GP2
  • 新車時価格:193万円

当記事は「ヒラリー」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

シートベルト収納時
使っていないシートベルトは異音がでにくいようにフローティングされている(赤い矢印分だけスペースがある)。


リアシートを跳ね上げることも可能。


こちらは2代目フィット「G」の内装。価格的にはこちらの方ががんばってる感が強い。

運転席カップホルダー
助手席カップホルダー
カップホルダー個数は充分。ドリンク型の灰皿を置いてもちょうど良い位置に置ける。
素のフィットだとメッキリングが省かれる。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。