フィットシャトル/試乗P2・快適性とラゲッジスペース

ホンダ・メーカー別の特徴と自動車評価
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 ホンダ
フィットシャトル 著:ヒラリー男爵)

ホンダ・フィットシャトル・試乗インプレ「2」

間違いいっぱいの自動車選び、ホンダ・フィットシャトル(GG7)の試乗レポート。グレードは「15X」
当ページは2ページ目。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

このページには「快適性とラゲッジスペースについて、参考データ」などを記載してます。


フィットシャトルのインパネ(昼)フィットシャトルのインパネ(夜)
ホンダ
  • グレード:“15X”
  • 型式:GG7
  • 車両価格:161万円〜
  • デビュー年:2011年6月
  1. 分割page - フィットシャトル試乗「1-1」・概要と内装、走行性能
  2. このpage - フィットシャトル試乗「1-2」・車内快適性(乗り心地や静粛性、広さ)
  3. 分割page - フィットシャトル試乗「1-3」・エンジン&ミッション、参考データ
  4. 分割page - フィットシャトル試乗「1-4」・他車比較とコストパフォーマンス、総評

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

試乗:快適性について

「乗り心地」や「静粛性」、「車内広さ」や「安心感」など快適性について。

乗り心地について

タイヤ乗り心地、素のフィットから大進化。なんといっても、フィット独特のピョコピョコ感が低減され、普通になった!まともなタイヤを履くという恩恵もあるだろう。

バランスとしてはフロントサスは柔らかい。運転すればショックアブソーバーの減衰力が弱く神経使う場面もあるけれど、助手席に座る分にはこれくらいが良いと思う。

リアサスは固め。これは荷物を詰めるワゴンでは仕方がない。リアシートに座るとリアサスの影響を大きく受ける。小さなボコボコに関しては問題ないけれど、段差や路面の荒れ、マンホールの盛り上がりなどショックのピストンスピードが上がる場面では思いっきりドタバタする。急な変化に笑っちゃうほど。
広さは十分だけど座りたくないシャトルのリアシート。荷物満載でちょうど良い!?

静粛性について

ホンダからのアナウンスや自動車ニュースによれば、フィットシャトルのリア周りではけっこうな遮音対策が行われたらしい。相当がんばったということだ。

以前、フィットシャトル・ハイブリッドに試乗した際、期待してリアシートに乗ったのだが、これがまた、「多少マシ」な程度。ボディが大きくなった分、もっと丁寧にがんばらなければ実感出来るだけの静粛性は得られないと言うことだろう。普通にうるさい拷問仕様だった。
そうなればフィットシャトル(ノンハイブリッド)がうるさいのは当たり前。今回このフィットシャトルに試乗することで、ハイブリッドの方と差があることがわかった。

ハイブリッドは前後席でなんとか会話ができるがこのシャトルでは会話が辛い
(ドライバーの声が小さいんだけど、なかにはそんな人だっている。また多分、筆者は難聴ではないと思う。)

まあ簡単に言って、リアシートは素のフィットと一緒フロントシートに関しては静粛性が一段レベルアップしているという意外性?を発見。タイヤの違いもある。フロントシートに居る限り、細かなガタピシ音を除けば、フロアからのノイズはなかなかにマイルドな音質となり聞こえてくる。

助手席の居住性について

カップルディスタンス助手席に座れば頭上のスペースは問題なし。身長180センチサイズの方でも乗れる。スペース面で欲を言えばシートがもう少し後までスライドして欲しい。
足を踏ん張って座る人なら良いんだけど、男性が足を伸ばしてダランとするにはスペース足りず。この辺からコンパクトカーらしさを感じてしまう。

フィットもそうだけどシャトルの助手席に座っていると、ドライバーが上手な人でない限り、フラフラ感が非常に気になる。怖いし精神的に落ち着けない。居眠り運転しちゃってるんじゃないかって感じ。

また写真のシート間距離、カップルディスタンスというやつだけど、ちょっと狭い。シートのサイドサポートが張り出しているというのもあるけど、男性2人で乗ることも考えれば、広ければ広いに越したことはない

シートベルト収納時

左の画像で見て頂きたいのはシートベルトのバックルと、Bピラーの隙間。ここの隙間はメチャクチャ重要で、走行中にカチャカチャノイズが出ないだけでなく、シートベルトの扱いやすさに直結。
ベルトを引っ張る時も戻す時も、神経使わず滑らかに戻せる事が望ましい。

リアシート居住性について

リアシートリアシート足下

頭上も足下も広さ的には問題なし。身長182cmの男性でも普通に座れました。

身長172センチの筆者がドライビングポジションを取った状態で・・・。

  • 身長182センチの男性 ・・・ ヒザ前 コブシ1.5個 / 頭上 コブシ1個
  • 身長172センチの筆者 ・・・ ヒザ前 コブシ2.5個 / 頭上 コブシ2個

素のフィットからするとシートバックが寝かされたらしいが、ヘッドレストを伸ばさなければマトモに座れない。この手のリアシートに座ると、安全性を無視してヘッドレストはゴミ箱行きにしたい気持ちにさえなってくる。いやいや自尊心を保って下さいませ。
率直に言って、カローラフィールダーのリアシートの方が良い。

ラゲッジスペースについて

ラゲッジスペース

ラゲッジ(荷室)の広さはなかなかに広大。これはもう、バンと言っても過言じゃないほど。実用性十分
サイズは実測で奥行き100センチ、幅98センチ。だいたいスクエアな形状になっている。

カローラフィールダーが奥行き97センチということだから、奥行きはほとんど一緒。ほんの気持ちだけシャトルの方が奥行きがある。

注目はラゲッジの開口部。入り口が低くほとんどフラット!地面からの高さは53センチで、重い荷物も入れやすいのは容易に想像出来る。

ラゲッジアンダートレイ

リアアンダートレイ、こちら凄い。パッと見、アッパーミドルクラスワゴンと同じような広さが確保されている。

寸法は奥行き60センチ、幅52センチ、高さ23センチ。仕切りの位置は移動可能。写真では奥に工具が入っている。

ハッチが開け閉めしやすい

ハッチドアって重くて開閉がおっくう。筆者はトランクだったら頻繁に利用するけど、ハッチはなるべく開けたくない。
そんなハッチドアだけど、フィットシャトルでは最低限の開け閉めしやすさをキープしている。ハッチ自体は軽くは感じない。でも、支えているダンパーがスムーズというか容量が足りているというか、動きが良い。
スコンと開いてスルリと閉められる。これと比較すればトヨタ車のダンパーはただの抵抗だ。未確認ながら、太さ自体が違う可能性がある。

フィットシャトルのメーター(夜)フィットシャトルのメーター(昼)

ベースのフィットとラゲッジ比較

素のフィットはこれくらい

ベースのフィット、ラゲッジ1ベースのフィット、ラゲッジ2

ベースとなる2代目フィットのラゲッジスペース。奥行きは70センチ〜72センチ。
Bセグメントのライバルからは1割〜3割ほど奥行きがある。
またシートを倒した時、段差(継ぎ目)が少ないと一定の評価ができる。

Bセグ・コンパクトとしては優位なフィットながら、当然、兄貴分シャトルと比較すればラゲッジ全てにおいてシャトル優勢。そのためのシャトルなんだから当然だよね。

やはり、奥行き1メートルほどフラットなスペースができるのはシャトルならでは。リアシートを倒さなくても広いから、日常ではそのまま使える。床はもちろんフラット。シートが倒れるから困らないってわけじゃないらしい。ラゲッジはフラットだからこそ使いやすい。
素のフィットでは、完全にフラットでないと困る大きな荷物とか大事な荷物は、例えばリアシート足下とか違う場所に積む必要がある。

ホンダ フィットシャトル

ホンダ

fit shuttle
 (フィット シャトル)

  • 試乗グレード:“15X”
  • 年式:2011年
  • 型式:GG7
  • 新車時価格:165万円

当記事は「ヒラリー」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


リアシート、ヘッドレストが邪魔だから利用時は延ばさなくてはいけない。カローラフィールダーなら普通に座れる。


リアシートを跳ね上げることも可能(写真はフィット)。


リアシートのステップ部分。段差はあるがお子様でも足を引っかけにくい形状と思える。マーチと比較すれば断然良い。


タイヤの銘柄はダンロップSPスポーツ2030というもの。しゃかりきのエコタイヤよりアタリは柔らかいと思う。


ラゲッジ標準 上段がフィットシャトル。下段がフィット。奥行きはおおざっぱに言って30センチの差がある。


ラゲッジアンダートレイ。奥行き60センチ、幅52センチ、高さ23センチ。奥行きは敷居を付けた場合(奥に工具がある)。


これはライバルのカローラフィールダーのアンダートレイ。横幅はいっぱいまで広がっているけれど、とにかく天地方向の高さが少なく、何を収納するか考えてしまう。秘密のDVDでもしまえって事かな。

シートベルト収納時
使っていないシートベルトは異音がでにくいようにフローティングされている(赤い矢印分だけスペースがある)。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。