フィット(GK3)/

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2015年記事 ホンダ フィット13G
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

フィット(3代目)・試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車はグッとレベルアップした3代目フィット(GK3)の試乗レポート。グレードはベーシックな「13G」。約130万円という価格が大いに魅力なこのクルマ、フィットRSに続いての試乗です。

当ページは3ページ目です。 「リアシートなど車内の広さに関して」などを掲載中。


  1. 分割page - フィット試乗「1-1」・概要と内装・エンジン・ミッション
  2. 分割page - フィット試乗「1-2」・乗り心地など快適性とハンドリング
  3. このpage - フィット試乗「1-3」・リアシート快適性
  4. 分割page - フィット試乗「1-4」・他車比較や燃費の話題と評価総合
フィットのインパネコクピット2
ホンダ
  • グレード:“13G”
  • 型式:GK3
  • 車両価格:130万円
  • デビュー年:2013年9月〜

フロントシートのスペース

フロントシート助手席ホンダのセンタータンクレイアウトって、当たり前のように広いって評判になっている。もちろんラゲッジまで含め車内は広いと思うし、リアシート乗降性も高い。
だけどフロントシート足下が狭いと思うんだよね。助手席に座っている時くらいダラッとしたいじゃない。足を投げ出して座ろうとすると、スペース足りず。フロントシートは最大まで後ろに下げても、思うほど後ろに下がらないんだよね。

フロントシート優先ならデミオなんかの方が足下快適だったりするし、クラス違うけどBMW1シリーズもフロントシートの快適性に割り切られている。
この割り切りがね、「1台で全ての〜〜〜な」フィットにはない。全部で100点取れないならもう少しフロントシート優先して欲しいと思う。

フィットの助手席フロアは、大きなフットレストのような形状になっていて、座り方によっては足の落ち着きは良いんだけど、これはサーキットで助手席に座って踏ん張る状態。実はこんなトコロも、走行性能重視なのかも。

リアシートの快適性

リアシート1フィットだからして当然広い!さらに今回は2代目と比較して8cmも延長されたされたらしい。

しかし広ければ快適かといえばそうじゃないのは皆さんご存じの通り。広いのは当たり前として、良い部分と気になった部分、惜しい部分にも積極的に触れてみる。

良いと感じた部分

  • リアシート3人乗車が可能な作り。
  • ヘッドレストを伸ばさなくても、それなりに普通に座れる。
  • シート下の張り出し(かかとの部分)が凹んでいて邪魔にならない。
  • 乗り降りがしやすい。
  • リアドアの開閉が軽い。

フィットのリアシート、良い部分はなんと!お年寄りに最適されている部分かと思ってしまった。
おじいちゃんおばあちゃんをリアシートに載せる時もあるでしょう?そんな時、最も大事なのは乗降性の高さじゃないかな。この場合は乗り心地なんて2の次でしょ。

座面はミニバンじゃ高過ぎ、クーペじゃ低すぎ。ドア開閉はトヨタ車を除いて重く大きくなってきている傾向。筆者もお婆ちゃんをいろいろ乗せて思うのは、このフィットのリアシートはお年寄りにピッタリなんじゃないかって。
お年寄りがラクに乗り降りできるなら、誰でもラクに乗り降りできるよね。

悪いと感じた部分

  • シート座面に伝わるバイブレーション
  • 3人乗車可能、その分1人乗車では窮屈感あり。
  • 身長高い(180cmクラス)と気になる頭上の圧迫感。
  • けっこう背高感を感じる。
  • だらっと座るとフロントシートバックのフレームに不安。

乗降性が高いという長所。一方で短所は乗りこんだあとの快適性。上記の通りで一言でいえばあんまり快適じゃない。積極的に言えば不快です。

主立った不快な部分は、路面からの細かい振動がシート座面に伝わってくる点。まるでバイブレーションのようなブルブルとした周波数の振動、けっこうダイレクトに伝わってくる。もうね、マッサージ機能付きリアシートって表現したいw
ブルブルするのは座面のみで、シートバックは大丈夫。だからざらついた路面だとお尻と太ももだけ、マッサージ機に座っている気分になる。

またチャイルドシートを乗せた時を考える。お子様を乗せたり降ろしたりは問題ないだろうと予想。乗せた後は、ガラス窓までがけっこう近い感がある。サイドガラスもリアガラスも、なんか近い気がするんだよね。安全上問題はないだろうけど、精神的にはちょっと気になる。同じ理由で軽自動車を選択外にするなら、もう少し大きなクルマとか、フィットじゃないクルマを選んだ方が良いかもしれない。

レッグスペースは十分以上

リアシート2リアシート3

リアシートの足下、いわゆるレッグスペースはコンパクトカーに期待する予想以上の広さ。まじめなよい子ちゃんスタイルで座った場合、身長182cmのスタッフが座ってコブシ1個余裕があり、身長172cmの筆者なら2個くらい余裕がある。

フロントシートのシートバックは一見厚そうに感じるが、布張りの中に空間があり、その奧に固いフレームが触れる。座り方によっては急ブレーキ時に、ヒザが当たるかも、しれない。ベルトしてれば普通は大丈夫。

横方向は3人乗れるように考えられている。フィットはフロントシートもそうなんだけど、全体的に外寄りに配置される。実質敵には4人乗りと仮定すると、4人乗車なら隣の人との空間が広くリラックスできる。
一方で、外側は狭く、慣れないと座っていて落ち着かない。着座位置が外寄りに指定されるようなシートなんだよね。ここは軽自動車の、足下は前後に広いけど、腕のやり場に困るというのにちょっと似ている。

筆者としては、もっと4人乗りに最適化し、もっと5人目をエマージェンシーにする配置にして欲しいと思う。販売台数の多いグレードならオプションで4人乗りグレードがあってもウレシイ。

リアシートの快適性を望むならこっち

トヨタフィットと近い価格でリアシート快適性を考えるなら、最高のモデルがある。それはトヨタ・カローラ。何が凄いってリアシートの静粛性が高い。ほんと、安価でベーシックなクルマとは思えない静かさがある。

トヨタはユーザーが何を望んでいるかしっかりユーザーの方向を向いているのだろう。筆者の周りでは静かならそれで良いという方は多い。乗り心地はチープだけどね、それは平らで真っ直ぐ真っ平らな道を走れば気にならないし。

プラットフォームがヴィッツと共用とか、カローラという名前に嫌悪感を感じて、それだけで選択肢から省いてしまうのはあまりにもったいない!私ヒラリー、自分じゃ買いませんけど知人友人には積極的にオススメしたいクルマがカローラw

参考:カローラフィールダー試乗レポート

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

初代から相変わらずフィットのラゲッジスペースは広く、使いやすい。ライバルの日産ノートがフィットに”広さ”で追いついたといっても、使いやすさはフィットの方がまだまだウワテ。フィットとノート、寸法的には手元の計測で大きな差はない。でも細部が違う。

日産ノートのラゲッジスペース左の画像は日産ノートのラゲッジスペース。上の画像がフィット。フィットがウワテな部分としてはまず視覚的な部分

ホイールハウスの出っ張り形状を見ると、フィットの方が広く感じさせる形状をしている。そしてこの部分、フィットはラゲッジ内装と同じ素材でデザインされている。カーペット調という感じ。一方のノートはプラスティックによる一般的な内装素材。狭く見えるし、キズが気になるかもしれない。

また次にハッチ開口部の形状。ノートのラゲッジ寸法を測った時に気付いたんだけど、フィットと同数値といってもそれは中央の最も長い部分だけ。ノートは「くの字」型が強い。だから段ボールを入れる時など考えると、思ったより小さなサイズしか入らない。
その点フィットは開口部下側のボディラインが横に延び広がる形状で、最大寸法のスペースが大きい

エクステリア(リアハーフ)またフィットはリアバンパーが出っ張っていない。もう少しでボディとツライチかw 軽自動車のリアを想像してみるとわかりやすい。

バンパーとしての役目は微妙。ボディデザイン的にも微妙。だけど荷物を積む際にはバンパーなんてない方がいい。

ラゲッジアンダートレイそれからまだある。ラゲッジスペース下の収納部、リアアンダートレイなどと呼ばれるが、フィットのアンダートレイはものすごく大きい

発泡スチロールによって小物入れにされているけれど、これを外すと広大なスペースが登場する。上のフロアを支える部位がなくなっちゃうけど、それは木の板でも敷けば問題ない。

その他、リアシートを寝かした際は、ミニバンの2列目のようにたためるフィット。かなりフラットなスペースが出来上がる。ノートは普通のコンパクトカーのように、リアシートバックが前に倒れるだけ(だと思う)。大きく大事なモノを積むのなら、フィットの方が適している。

新車時装着タイヤについて

新車時装着タイヤ

試乗したフィットに装着されていたタイヤ銘柄は「エナセーブEC300」という銘柄。新車時装着タイヤだ。

多くの車種で新車時装着タイヤには知名度高いブランド名が付いているけど、実際には市販タイヤとは別物ということが多い。例えば「エナセーブ」というブランドより「EC300」という品番がタイヤの名前。
実際のトコロ、省燃費タイヤラベリングもわからないし、市販のエナセーブと同じモノかといえば、違う可能性が高い。

またエナセーブとかプレミアムとかアドバンdBとか別の銘柄が付いてくることもあるだろうけど、基本、ホンダの社内基準を満たしたモノだろうから、ほとんど同じ内容のタイヤだと思う


なんでこんなハナシをするかといえば、フィットの乗り心地。タイヤで改善できるか?なんて考えた。

一つはスズキのコンパクトカー・スイフト(3代目)。納入されるタイヤが決まっていて、それに合わせたセッティングを車体側で行ったらしい。筆者ヒラリーが聞いた話で、信憑性はけっこう高いけど、自分たちユーザーにとってそんな事はどうでもいいw でも実際スイフトは乗り心地いいよね。コンパクトカー1番と思える。

また一つはいわゆるエコタイヤって、微振動を強く伝えるタイヤが多い、もしくは多かった。輸入タイヤなら安くて乗り心地の良いタイヤもあるから、タイヤ原因で乗り心地悪い!と判断できれば、ミゾが残ってるウチに交換にしてしまう手もある。安くて満足できれば、金額に見合った改善なわけです。

輸入タイヤはどれも特徴が強い。乗り心地の良いタイヤだけじゃなくてカチカチの固いタイヤも多い。よかったらタイヤ使用感のページもご覧下さい。
参考:輸入タイヤ使用感・インプレ・評価

メーター(昼間)メーター(夜間)

使いやすいアイドリングストップ

ペダルレイアウト賛否両論あるアイドリングストップ。経済性はどうなのか?本当に快適なのか??あった方がいいと思う時もあるし、ウザイと思う時もある。ついでに12Vバッテリーも高く付くしね。

そんな感じでまだまだ発展途上のアイドリングストップ、ホンダ式はユーザーに選択権を与えてくれている。筆者は現状、この方式がとてもいいと思う。
停車時にどうやってクルマに指示を出すかといえば、ブレーキペダルの踏み込み量。強く踏みこむとエンジンが止まる。

フィットのこれはとても使いやすく、止まって欲しくないのに止まってしまったことは試乗中1度もなかった。例えばブレーキング時、速度が落ちるに従ってブレーキを抜いていくわけだけど、そこで微調整しても止まってすぐ掛かるなんて場面は体験してない。

不完全な全自動なら、ドライバーの判断による半自動がナイス!何でも一緒ですね。

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“13G”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2015y
  • 型式:GK3
  • 新車時価格:130万円

「元自動車整備士」監修、「ヒラリー男爵」著でお届けさせて頂きます。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。