フィット(GK3)・試乗レポートと自動車比較

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2015年記事 ホンダ フィット13G
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

ホンダ
  • グレード:“13G”
  • 型式:GK3
  • 車両価格:130万円
  • デビュー年:2013年9月〜

フィット(3代目)・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車はグッとレベルアップした3代目フィット(GK3)の試乗レポート。グレードはベーシックな「13G」。約130万円という価格が大いに魅力なこのクルマ、フィットRSに続いての試乗です。


  1. このpage - フィット試乗「1-1」・特徴とエンジン・ミッション
  2. 分割page - フィット試乗「1-2」・乗り心地など快適性とハンドリング
  3. 分割page - フィット試乗「1-3」・リアシート快適性
  4. 分割page - フィット試乗「1-4」・他車比較や燃費の話題と評価総合

関連ページ-スポーティグレード・フィットRSの試乗レポ! / 2015コンパクト比較

フィットのインパネコクピット2

進化&個性強まった3代目

フロントマスク

”フィット3”とも呼ばれる3代目ホンダ・フィット。ホンダの末っ子ながら、1台で全てをこなせるクルマを目指しているという意欲作で人気も高い1台。小さくても広いということでお馴染みですね。

今回のモデルチェンジは気合いが入っているようで、車体もエンジンも新開発とのこと。もちろん2代目までの不完全な弱点だって煮詰めてくれるんじゃないかな、ということで筆者を含むスタッフは試乗する前から期待十分。

そんな感じで十分に進化を期待させてくれる3代目フィット。結果からいえばハード的にはとても立派になっていた。フロント回りの剛性感なんて、これは輸入車か?なんて思ったりするほど。
そしてまた個性が強い!キャラクターは運動性能重視に振られているよう。もちろんボディデザインだってアクが強いという表現がピッタリ。

試乗車概要

エクステリア(フロント)ここで取り上げている試乗車は2015年式のフィット13G。車両形式はGK3で駆動方式は前輪駆動、ミッションはCVTとなっている。現在までの総走行距離は約1万km。

「13G」というグレードはフィットの中で最もベーシック。1300ccエンジンを搭載する基本グレードで、車両価格は約130万円でエアコンがマニュアルタイプになるのが目立つ特徴。装備にこだわれば複数酒のパッケージオプションが用意されている。

13Gの価格は大きな魅力

評価どうこうの前に取り上げたいのがこの130万円という車両価格!直感的に安いと感じる。値引きはわからないがライバル車と比較して十分以上に競争力がある。

そしてこの価格、2013年のデビュー時から3万円のアップのみ。近年はマイナーチェンジの度に価格が上昇するのは当たり前だし、同じフィットでもRSは13万円アップしている。
初代フィットと価格を比較すれば、2001年のデビュー時は107万円。およそ22万円の値上げとなっている。これ、調べたワケじゃないけど為替相場の変化などによる部品価格の値上げを予想すれば、だいたい同価格のような感覚をうける。

人気分野は値上げされても仕方ないし、燃費が良くなったんだから車両価格あげても良いでしょ?そんな風潮の中でフィット13Gの価格にはとても好感がもてる。質感高いクルマが欲しければ上位車種があるんだしね。

FITらしさそのまま、FITらしい弱点改善

エクステリア(フロントハーフ)ホンダ・フィットといえば、「全て1台で事足りるコンパクトカー」とか「なんでも対応できるコンパクトカー」を目指しているというイメージがある。
また初代から主力グレードでは、軽自動車がライバルというような価格で販売されているから、正確には「100万円少々で全てがまかなえるクルマ」を目指しているということ。

フィットは初代から中国製パーツを多く使用すると聞く。想像以上に一生懸命作られているのだろう。さらにホンダ初だったかカヤバのショックアブソーバーとか、もちろんセンタータンクレイアウトとか。
つまり、パーツに妥協する部分多かれど、コンセプトに妥協せず。素晴らしいじゃないですか!

実際のところ初代〜2代目、出来上がったクルマに試乗すればフィットらしい弱点が目立った。それでも日産ノート(2代目)が出るまでは車内スペースの広さという魅力で強力なライバルなし。

ということで3代目フィット。らしい弱点は普通な感じになって運転しやすく改善された様子。しかしバランスはより走行安定性に振られ、新たな弱点を持ってきたw

もうほんとね、1台でなんでもカバーできるって、サーキット走行までカバーできるって意味かも。そんなフィットの特徴・長所短所をチェックしていきます。

※3代目フィット、以下フィット3と略。

試乗:内装チェック

内装となればまずはインパネ。「13G」というグレードはダイヤル式のマニュアルエアコン。上位グレードはタッチパネル式のオートエアコンになるから、タッチパネルがニガテなら必然的にこのグレードに。このダイヤル式スイッチはどちらかといえば少数派だろうから、そのあたりも含めた印象で続けていきます。

ボリューム感やサイズ感で、一クラス上の質感

エアコン操作部はセンタークラスターに大きくデザインされる。だから視覚的な質感に及ぼす影響も大。今回の13Gはダイヤル式のため、ここをメインに見渡せば普通にコンパクトカーという印象を受けると思う。

しかしそれ以外、インパネ全体ではなかなか立派!大きめな左右シート間の距離、ボリュームあるインパネ、開放感からくるゆったり感、さらには後述する立派なシートなど、総合的なイメージでより大きなクルマに乗っていることを想像させてくれる。

細部の質感やおしゃれな造形といえば今一つ。フィットは相変わらず無骨な感がある。例えばドアトリム周辺の質感やデザインなら4代目デミオの方が上だし、インパネデザインでは筆者はスイフトの方が立派に見える。

でもね、立派なクルマに乗っているという凄さは断然フィット細かいシボとか、手を触れる部分の剛性感とか、立派な色を組み合わせるデザイン性とか、それはぶっちゃけクルママニアの評価基準w 「高級には見えないけど大きなクルマみたいよね」、フィットの魅力はそこ。単純にデミオやスイフトに負けているわけじゃない。

女性とか女の子とか、子供とか、さあどっちを評価するだろうか?? でかい広い大きいが立派というのもわかりやすくていいでしょ

内装(フィットRS)こちらの写真はフィットRSのもの。エアコンがナビやエアコンがタッチパネル方式になる。
ナビは大きなディスプレイで魅力。表示される文字もデカイ。「大きい」と言うより「デカイ」w

一方でツルツル・テカテカなパネルが大きな面積を有し、ハザードスイッチの表面もテカテカ。これはね、たしか反射が気になる時があった。

相変わらず凄い「フロントシート」

フロントシート1フロントシート2

フィットの内装といえば、やっぱりフロントシートのボリューム感でしょう!初代フィットから大きく、当時は他メーカーよりチープなシートが当たり前のホンダだったから、初代フィットのインパクトは凄かった。
このフロントシートは2代目、3代目となってもやっぱりフィットの魅力。3代目はホールド感が強まって、大きさより立派な形状となった。特に座面は”適切”サイズ”だよね。どちらかといえばまだ男性向けサイズかもしれない。

初代フィット2代目フィットフィット&レカロシート2代目フィットシャトル

写真は初代と2代目。初代にシビックタイプRのレカロシートを付けたもの。それから先代フィットシャトル。
今までよりタイトといっても、十分に成人男性が必要なだけのサイズもボリューム感もある。「シートが小さくなった」とか「チープになった」という評価も多いようだが、座り心地の方が問題じゃないかな。このサイズのシートから想像出来るだけの座り心地ではないよね。

それから先述の通り、視覚的に大きなクルマみたいに見えるフィットの内装。それにこのシートボリュームも加わって、大きなクルマのような印象を乗員に与える。大きさや座り心地なら子供でもわかる=家族から評価される。「質感」という評価軸以外で立派。車両130万円でこの満足感。現状フィットだけの魅力

エアコンスイッチの操作感はちと厳しい

エアコンスイッチ

ダイヤル式とかロータリー式とか、正確な呼び方は分からないけど、とにかく回して指示するスイッチ。現在のポジションが直感的にわかったり、スイッチ自体が大きいから手探りで操作できるという魅力がある。

で、フィットのダイヤル式スイッチを回してみる。結果、100円均一の何かみたい
渋いとかチープとかそんな次元を越えてるんだよ。ゴムかなにかで作り出した抵抗で、無理矢理重くしているような、素人が材料ケチって作ったハンドメイドスイッチみたいな感触。とにかく固いです。チカラが入ります。

これはね、思った。マニュアル式エアコンのこのグレード、ホンダは売る気ないのかも。販売メインはオートエアコンのFパッケージで、これは他の理由でとりあえずラインナップされるグレードっぽい。カタログ燃費とか価格戦略とかね。


フィットのインパネ〜センターコンソールのデザイン、RV車風とセダン風の中間のような形状。カローラなど他のコンパクトクラスでも採用されている形状だが、これはホンダらしいイメージがある。

こんな形状で思うメリットは、エアコンスイッチがドライバー近くにレイアウトされる点と、ドリンクホルダーよりシフトセレクターの操作性を重視している点。
デザイン的には賛否両論あるにせよ、特にダイヤル式エアコンスイッチでは、近くて回しやすい位置にレイアウトされるのは大きなメリットだと思う。

試乗:エンジンの話題

エンジンルームフィット3・13Gのエンジンは「L13B」という型式。新しいエンジンでアトキンソンサイクル(ミラーサイクル)とのこと。
ただしスペックを見る限り単純なアトキンソンサイクルではない可能性。VTECとVTCでオットーサイクルとの良いとこ取り、それが可能だとどこかで耳にした気がする。

カタログスペックは「73kW/6000rpm & 119N・m/5000rpm」。わかりやすく言えば100psで12.1kg/mですな。
そしてマツダやトヨタで大々的にアピールされるエンジンの高圧縮比。 ホンダはさりげなく「13.5」となっている。たしかにデミオは14.0とかだけど、そこにあるのはロマンの差のみ。同じようなものか、逆にホンダのエンジンに凄さを感じる。

エンジンの印象・音が凄い!

とにかく音が個性的!フィットに試乗し、少し強めにアクセルを踏めるシチュエーションに持ち込めば、印象の大半がこのエンジン音。音量も大きく、”ク〜ン”というような音を出す。

クルマのコンポーネンツの中で最も凝った部分は動力源。今回の場合だとエンジンだね。クルマの特徴をハッキリと出す。また官能的な部分だから単に”エンジン音”と言われるだけでなく、「エンジンサウンド」「エンジンノイズ」などと反対の意味を持つ言葉で表現されたりする。

そんな部分だからこのエンジン音だけでフィット自体を”個性が強いクルマ!”と表現したくなる。評価出来る出来ないは抜きにして、個性の強いクルマが揃えば選ぶのが楽しいし、積極的に選んで買ったという満足感は購入後も続く。

思えば先に試乗した1500ccのRSもエンジン音は個性的だった。荒っぽいけど刺激的でクセになる。人畜無害なクルマよりよっぽど魅力的に思えた。
この1300ccのエンジンだって、個性の強い音といえば一緒。ハマれば他に選択肢はない

極端に燃費重視が続く現在、エンジンなんて燃費良ければそれでいいと思われがち。いわゆる黒子ですね。しかしホンダはエンジンでホンダらしさを打ち出す方針なのかな。コンパクトカーは万人に合わせてなんて思っていると、ビックリすると思うよ。
個人的にはRSの「L15B」というエンジンの音はイヤだけどヤミツキになったw 逆にこの13Gに搭載される「L13B」のエンジン音は笑ってしまう。印象に残ったけど、一晩寝て、次もこの音を聞きたいとはならなかった。

非常に好みが左右する部分だろうから、ディーラー試乗の際は強く踏んでみて、エンジン回転を上げてみて、音を聞いてみるのをオススメします。

エンジンの印象・モロに振動が伝わってくる

アクセルペダル筆者はフィット3を運動性能優先と感じていて、それはエンジンの振動が多く伝わってくることも要因の一つとなっている。このクラスによくある、ハンドルやペダルがブルブルするってだけじゃない。シートや助手席足下など、乗員の体に触れる気になる部分がブルブルする。

たしかにエンジンマウントゴムは硬そうだけど、理由はなんでだろう。希薄燃焼で振動がでるのか。エンジンマウントが貧弱なのか、ボディ剛性としなやかさのバランスなのか、特定の周波数を増強してしまうのか。なんにしてもメーカーが自信を持って出してくる主力車種なのだから、何かしらの理由でこうしたバランスになったのだろう。

単純に受ける印象は、改造車だったら「おお凄い!」。新車からこうだと「数年後が不安」。今はこの試乗車だけの個体差だったと思いたい気分かな。

”エンジントルクダンパー”ってご存じ?

ボディとエンジンの接続強度を高め、エンジンの揺れを押さえるのがエンジントルクダンパーというアフターパーツ。ダンパーと名が付いているが、振動を減衰するわけじゃない。

これを付けるとハンドリングやミッションのダイレクト感が増し、乗員に伝わるエンジン振動が増える。フィットは最初からちょっとしたエンジントルクダンパーが付いてるような感じかも。

エンジントルクダンパーって何?リンク先でチェックしてます。

メーター(昼間)メーター(夜間)

CVTの印象・低回転を多用するタイプ

シフトセレクターエンジンと同じくらいクルマの個性を左右する、ミッションとその制御プログラム。今回のCVTはドライバビリティを重視したタイプになっている。

2代目フィットは絶対的な動力性能を重視したタイプだった。効率重視でもあるのかな、アクセル踏むと一定回転数を保ったまま速度が上昇するタイプ。
今回は大きく代わり、低回転を多く使うタイプに。そしてアクセル開ければ回転数と速度がリンクしているように延びていく。ドライバビリティというかドライバーが違和感を感じにくいタイプになっていて好ましく思う。余計な事考えずに運転出来る

最近ではCVTといっても、「まず回転数を上げてそれから加速」とか「一定回転数をキープしたまま加速」というCVTは減ってきた。こうしたタイプは思い通りに希望速度まで加速するのが難しかった。しかし現在はドライバビリティとバランスが取られていることが多い。CVTも成熟してきたみたいね。

ダイレクト感という面では、依然として無反応領域や空走感が残る。細かなアクセルワークは無視され、オフ時には空走感がある。ただこのあたり、ホンダの軽自動車よりはダイレクトだし、競合他車と比較しても悪い方じゃない。こんなものということ。
機械的にはCVT特有の音などは気にならなかった。フィットの車体がうるさかったり振動大きかったりするからかもしれない。

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • テストグレード:“13G”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2015y
  • 型式:GK3
  • 新車時価格:130万円

エンジン概要

  • 排気量:1300cc
  • 型式:L13B

その他概要

  • ボディサイズ:3955×1695×1525mm
  • 車重:1020kg
  • 発売開始時期:2013年9月〜

FITモデル別の違いやマイナーチェンジ
その他の概要はリンク先で掲載中。

「元自動車整備士」監修、「ヒラリー男爵」著でお届けさせて頂きます。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

フィットのバッテリー適合詳細


フィット 3代目

GK3 - L13B 1300cc 2013年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

個性は強い、質感は音や振動がとってもダイレクト。

足回りの質感 5段階評価

単純に動きません。

内装の質感 5段階評価

まるで大きなクルマのように感じる。だからベースグレードから立派感。

外装の質感 5段階評価

好きか嫌いかハッキリしそうなアクの強さ。

快適性 5段階評価

音、振動、衝撃、様々な要素がダイレクト。スポーティカーのノリ。

パッケージング 5段階評価

やっぱり、fitだね!

自然な乗り味 5段階評価

やっぱり、fitだね!

お買い得度 5段階評価

ライバル他車が値上げされたことで相対的にお得感アップ。



ベースグレードでもメインメーターは上級グレードと大差ない。タコメーターだってちゃんと付いてる。


内装(フィットRS)
ナビゲーションを多用するなら、できればメーカーオプションのナビが使いやすい。画面大きいからね。周辺とのマッチングもいい。


ちょっと操作しにくい(回しにくい)感触が残念なエアコン操作部。



斜めにオフセット(ずれて)搭載されるバッテリー。努力の跡だね。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。