フィット2代目(GE6)グレードはG・自動車比較

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2009年記事 ホンダ フィット
著:元自動車整備士)

フィット・試乗インプレッション「1」

今回の試乗レポートは2代目フィット(GE6)グレードはベーシックな1300cc、「G・Fパッケージ装着車」。スポーティグレード「RS」(CVT)については追ってレポートを掲載予定。
※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

2代目フィットのインパネ2代目フィットのメーター
ホンダ
  • グレード:“fit-G Fパッケージ”
  • 型式:GE6
  • 車両価格:119.7万円
  • デビュー年:2007年10月〜
  1. このpage - フィット試乗「1-1」・概要とエンジン&CVT
  2. 分割page - フィット試乗「1-2」・リアシートやラゲッジスペース、走行感覚
  3. 分割page - フィット試乗「1-3」・ライバル比較と総評

中古車をお探しならこちらもぜひ。初代フィット試乗レポート
1500ccモデルをお考えならこちらがおすすめ。フィットシャトル試乗レポート

試乗車概要

今回の試乗記ターゲット車は2007年デビューの2代目フィット(GE系)。カローラ33年連続No1販売台数をストップさせた「世界一コストパフォーマンス高いクルマ」として有名なホンダ自動車のフィット。その魅力は2代目になってまたまた進化しています。

試乗したクルマ、車体は2009年式フィット、G・Fパッケージ装着車。ベーシックな1300ccエンジン搭載グレードです。新車時価格は約120万円。軽自動車と同じ価格帯で一クラス以上の走行フィール、そしてボディディメンションや車両重量から感じる安全性能。また同クラスライバルと比較すればスペース的コストパフォーマンスは相変わらずの1番。

パッと見の長所は満載。しかし長い期間のお供なら、見えにくい短所を知っておけば、より納得して購入出来るし、何よりクルマ選びが楽しくなる。当記事では長所に対する短所にも注力して記載しています。

車格を超えたサイズ感と高燃費、それが「fit」

初代フィット、価格を超えたボディサイズで、ヴィッツクラスでありながらカローラの方が近いサイズ。他メーカーから見ればいわゆる「抜け駆け」的なズルイ車でした。そして2代目ですでに新設計のプラットフォームになるなど、お金の掛け具合からもヒットの度合いがわかります。
(トヨタは2〜3世代で新プラットフォームが基本。ただしフィットの変更点が如何ほどかは不明)

燃費の良さもアピールしていたのはご存じの通りで、フィットが2代目になっても重要なファクターなのがやはり燃費。ちなみに初代、自己所有の1500ccだと、長距離なら平均で燃費が20キロ(搭乗者3名有り)を記録しています。

基本的に燃費は加速なり。極端にキビキビ走れば燃費は悪くなり、筆者の場合は13キロぐらいに。逆にいえばそれでもリッター13キロともいえますが、キビキビ走れば他のクルマと変わらないのも事実。これはどんなクルマでも一緒です。

フィットの基本キャラクター

フィットの素晴らしい点は1にラゲッジの広さ、2にリアシートの余裕、3に比較的スムーズなエンジン。数あるコンパクトカーの中でフィットにしかない特徴です(のちに2代目ノートがデビュー)。

しかし、ハンドル握って良いかは別問題。
良いクルマだと勝手な先入観で試乗すると、大きなショック
を受けます。

当サイト編集員のヒラリーも巷の評価にだまされていた口です。

せっかくのお買い物、ご自身の感覚を大切にどうぞ

まず、これだけ立派に見えるうえに100万円ちょっとで販売されるクルマ。あれもこれも求めるのは間違っているというのは正論と思えます。長所があれば欠点もある、これが前提の上で、フィット、クルマとして走行感覚は日本車ワースト1を争うレベル。ただしコンパクトな商用バンとしては魅力いっぱい。ボディデザインはキリリでいいね!好みという感覚を差し引くとこのあたりが妥当な評価。

フィットはセンタータンクレイアウトによって良くも悪くも特徴の強いクルマ。そしてわかりやすい部分にお金がかかり、それ以外はとことん手抜き。ここら辺はまるで一昔前のトヨタ車のよう。

コンパクトカー選びの基本は間違いなくフィット。しかし自然に乗れるクルマをお望みならマツダ、トヨタ、スズキ、日産、他車も試乗して見て下さい。ということで以下、具体的な内容に触れてみます。

評価・初代フィットと比較して

フィットのイカリング先代フィット(特に前期)ですが、足回り、フィットのサスぺンションはライバルコンパクトカーと比べて乗り心地的には「ごつごつ」と段差を拾ったり渋い動きをしていました。これはホンダの中でもフィットだけ、ショックアブソーバーにカヤバを採用しているからという話があります(2009年現在)。
この2代目フィットでは、ホンダもカヤバの使い方をわかってきたのか、渋すぎるわけでもなく、ゴツゴツしすぎるわけでもなく、丁度いい柔らかさといえるかもしれません。

ヒョコヒョコした動きでショックの質感が低く感じられるのは変わらずですが、大人3人乗車ではずいぶんとマイルドな優しい感じも受けます。

追記:2代目になってショーワ製のショックに変わったというウワサもあります。未確認。

早くも新設計?新型プラットフォーム??

最も大きな違いを忘れていました。この2代目フィットは、早くも新設計シャシーに新設計ボディということ。わずか1世代で大きな進化を遂げたということです。これにより、若干ですが室内が広くなった点と、配線の短縮化など従来型から軽量化や総合的な効率アップを果たしたとのこと。
試乗すれば落ち着き感アップしたのが実感出来ます。

エンジンを見ると、1気筒2プラグの廃止、しかし大幅なエンジン出力アップを果たしています。それは、新開発のi-VTECエンジンに変更されたから。エンジンのカタログ値は20ps増加
質感だって初代と同感覚。実用車用エンジンと思えば悪くありません。ライバル他車と比較すればいくぶんマイルドな音質。単純に大幅進化しています。
(動力性能についてはミッションとの合わせ評価になるため後述)

装備面では一部簡略化されています。例えば1500ccの自発光メーターが簡略されたものに変更。カードキータイプのスマートエントリーシステムはベーシックなタイプに変更など。

エンジンやミッションも改善

そのほか、CVTのギクシャク感が減りました。ここも大きな進歩。またCVTの制御モードが変わり、特に擬似的にホールドできる機能が付いたグレード(RSなど)では、そのホールドが自動シフトアップするようになりました。これはキビキビ走りたい時には進化でなく劣化といっていいでしょう。
コーナーリング中に自動シフトアップしないようにタコメーターとにらめっこ。とか、連続でシフトアップしないように機械任せにする。とか、機械が人間に合わせてくれるんじゃなくて人間が機械に合わせる必要がある。

車体はホイールベースが伸ばされつつ、車重はほとんど一緒。乗り心地は進化し、エンジンはパワーアップ。組み合わされるミッションは多少ギクシャクするCVTであれれ?と思うこともある。しかし発進時のギクシャクは解消。

フィットのパワートレーン、実際に試乗して感じた加速力はどんなものか?100キロを過ぎても加速してくれるので、実用域として140キロ位までは使用できます。
内装や装備には一部コストダウンされた部分も見受けられます。クルマの本質的な部分では、前述した内容すべてが初代フィットより進化しています。

試乗:走行してみると

ステアリング周辺

筆者、個人的に先代のフィットを所有していましたが現時点では手元にナシ。そんな先代フィットの事を考えながら試乗してみると、様々な部分で進歩しています。参考:初代フィット試乗レポート

CVT、通常走行時のギクシャク感はかなり軽減

先代で大きな欠点だった走り出しの瞬間のギクシャクがなくなりました。アクセルを戻したときのギクシャク感もなくなりました。何度かそーと発進してみてもやっぱり普通。No1コンパクトカーとして期待値が高かったので相当注意して発進してみたけれど、普通に発進できました。
停止直前、”カコン”とショックがきますが時速20キロでNレンジにシフトするとなくなります。大事な方を乗せたとき限定の裏技です。

乗り心地、フィットらしさは継承

乗り心地に関して、こちらも基本、問題ありません。ライバルとなるヴィッツほど柔らかくはないがドタバタしづらいのが特徴。コンパクトカーなので決して快適な乗り心地とはいえませんが、昔のコンパクトカーのチープな感触はありません。フィットにしばらく乗って慣れてしまえば、こんなものと納得してしまうことでしょう。
この乗り心地に関しては、今回ホイールベースが延長された点も効いているはず。ホイールベースが長い方が揺れが早く止まるといいます。

クルマが好きな方限定、ちょっと厳しめに評価すると、ヒョコヒョコとしたフィットらしい乗り味は今回も継承。多少はストローク感ある。だけど、揺すられるのにギスギスしている、まるでバネのプリロード高すぎのような感覚。ただし今回、大人3人乗車(体重合計220キロ)ではずいぶんとマイルドな優しい感じも受けます。

驚きのフィットのエンジン

2代目フィットのエンジンルーム1300ccのエンジンは気合いが入っています。以前は86馬力だったものが100馬力と14馬力アップしました。コストをかけられないコンパクトカー、低燃費重視、実用性重視エンジンにも関わらず、効率を上げてきたのでしょうか。いや新型エンジンになりました。理屈だけのカタログ馬力ではなく、実際に中回転から上が伸びやかな感じです。(期待しすぎないで下さい、低回転ではそれなり)

ちょっと前のコンパクトカーは、たしかにこれくらいのカタログ馬力はありました。しかし今は燃費性能が重視される時代。そんな特性に合わせたエンジンが当たり前で、エンジン出力というカタログスペックが評価されなくなってきた今、ちょっとビックリしてしまうと同時にあまりに素っ気ないホンダは流石ホンダだと拍手したくなります。

1300ccと1500cc、2種類有り選択できるエンジン排気量。どちらがいいか聞かれれば、実用コンパクトカーなんだし、本来あるべき姿はやはり近所の足か通勤用。つまり燃費が一番重要。日常の足として働いてくれる経済性の良さが重要な訳です。答えは自ずとリッター24キロ?の1.3リッターがベストだと思います。

それに、ギア比の問題もあるでしょうが、1300ccと1500ccのパワー感、直接比較しなければそんなに差がないという意見も。また違いがわかないという意見さえ聞きます。
個人的には上り坂での余裕に大きな違いを感じました。なので通勤通学途中に上り坂がなければあんまり違いはないと思います。

試乗すればすぐわかる、クラス1番の動力性能

フィットの特徴と言えば1にラゲッジの広さ、2にリアシートの広さ。3にシートアレンジの使いやすさ。つまり車室内スペースが1番の魅力だけど、4つめの特徴といえるのがこのエンジン。なにしろ、日産ノートやマーチ、スズキ・スイフトなどライバルと比較すればすぐにわかるだけ、動力性能が優れているんです。
具体的には、低回転時の加速力は大差なし、違いはシフトセレクター「Sモード」での全開時。6000回転キープでの加速は違いを体感できるだけの差がある。効率の良い回転数をキープしたまま、速度だけ上がっていく。逆に例えばデミオのCVTなんかは速度と比例するような感じで回転数が上がっていく。好みで選べるのが嬉しいこの点、フィットならいざという時の余裕がプラスされる印象です。

CVTのフィーリングは?

クルマが好きな人の間ではゴミ以下の扱いをされる事もあるCVT、しかしこれ、仮に200段のATだと考えれば、もしかしたら走りやすくて効率よくてスムーズなクルマもあるかもしれない。もし可能なら自分でプログラムを考えてみたいモノです。

FITのCVT、Dレンジで低速域だと、それなりに速度に合わせてエンジン回転数を上げる。この領域では乗りにくさは感じない。いっぱいアクセル踏んでいこうとすると迷いがあるようなへんな挙動も極たまにみせるがご愛敬か。

Sレンジにすると、アクセル全開時は6000回転を保とうとする。エンジンは6000回転一定のまま、速度が上がっていく一昔前の感覚。レッドゾーンは6500回転〜になっているから、最高出力がでる回転数っぽい。

Lレンジにすると、Sにシフトすれば良いじゃんとだけ感じた。

燃費は?

車載の燃費イメージ試乗総合での燃費は「16.5km/L(満タン方)」。車載の燃費計はリセット出来なったので未確認だが、おそらく17キロくらいが表示されそう。

写真は都内走行時の数値。12.3km/Lが表示。

走行パターンは夜間の郊外をメインに、くねくね道、高速道路、市街地を含みます。エコランは特別意識せず、ドライバーによる違いをなくすために合計3名が運転。乗車人数は1〜3名乗車。最大では男性2人と女性1名が乗車しています。これで最終的な燃費は16.5km/Lでした。

感想は、十分です。常にこれくらい走ってくれれば満足です。

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“fit-G Fパッケージ”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2009y
  • 型式:GE6
  • 新車時価格:119.7万円

概要

  • 排気量:1300cc
  • ボディサイズ:3900/1695/1525mm
  • 車重:1010kg
  • 発売開始時期:2007年10月〜

FITモデル別の違いやマイナーチェンジ
その他の概要はリンク先で掲載中。

「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

フィットのバッテリー適合詳細


フィット 2代目

GE6 - L13A 1300cc 2007年〜
42B19L


フィット 初代

GD1 - L13A 1300cc 2004年〜
42B19L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

振動はある、でも、このクラスでは幾分マイルドな音質。

足回りの質感 5段階評価

フィットらしさは相変わらず。

内装の質感 5段階評価

インパネは立体感あって部品点数も多し。

外装の質感 5段階評価

初代からグッと洗練されました。

快適性 5段階評価

アイドリング時の静かさはトヨタ並み。

パッケージング 5段階評価

特にラゲッジの広さは感動モノ。

自然な乗り味 5段階評価

こんな人もいます。(できれば助手席にも乗りたくない・・・)

お買い得度 5段階評価

2代目もコンパクトカー比較の中心。



上:基本はCVT。シンプルなシフト回り。ストレートタイプだが意外に剛性感ある。
下:RSは6MTが選択可能。少しグニャグニャなフィールが残念。だけどラインナップしてくれるだけでうれしい。

シートベルト収納時
使っていないシートベルトは異音がでにくいようにフローティングされている(赤い矢印分だけスペースがある)。


ペダルレイアウト
ペダルは若干内側にオフセットしてレイアウトされる。欧州車ほどではないのでそれほど違和感はない。大きめなフットレストはちょいのりには邪魔かもしれないが、左足で踏ん張りたい時は大きな味方になる。





上:メーター(標準グレード)液晶表示部は良い感じで光る
下:メーター(グレード「RS」)。先代フィットの質感重視の自発光メーターは普通に。残念。メーター内液晶パネル

2代目フィットのエンジンルーム

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。